今年も食欲の秋に合わせて開催です!
乗鞍高原の美味しい「食」のイベント、
「おやきときのこフェスタ」です~!!

a0353718_13473301.jpg
今年も、美味しい「食欲の秋」のシーズンが乗鞍高原にやってきました!
10月の乗鞍高原では、「おやきときのこフェスタ」が開催されます~!!

「おやきときのこフェスタ」とは、地元乗鞍高原で採れた「天然きのこ」を
これでもかっ!と使った料理と、長野県の郷土料理である「おやき」を
自分で作って自分で食べる、楽しくて美味しいイベントなのです~!!

おやきときのこフェスタ」は、自分でおやきを作って自分で食べるという
体験型イベントです。コースもそれぞれ3コースあります~。
フルコース」は、乗鞍高原の女将さん達に教わり、おやきを自分で作って、
天然きのこ料理と一緒に食べるという、文字通りのフルコースです!!
人気コースで20名限定となっていて、予約が必要になっています~。
おやきミニコース」は、好きな具材から選んでおやきを2種類作ります!
コチラは予約なしで30分程で出来ますので、お手軽コースです~~。
乗鞍茶屋コース」は、この「おやきときのこフェスタ」の味を特設会場
にて食べることが出来ます。でも自分でおやきは作ることは出来ません。
天然きのこ汁=\200-、おやき小=1個\150- などなどです~。


でも!、せっかく自分で作って食べられる「おやきときのこフェスタ」
なので、自分で作って食べるのが美味しいし、楽しいですよね~。
ぜひフルコース予約してご参加下さい~~。



のりくら観光協会の公式HPにある下記のイベント案内ページをご覧ください。

「おやきときのこフェスタ」を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~~。よろしくお願いします~~!!






[PR]
# by springbk2 | 2017-09-19 07:47 | イベント | Comments(0)

今回僕達が向かったのは、乗鞍岳の主峰「剣ヶ峰」の向こう側へと
さらに続く、いにしぇの古道、
千町登山道です!! 

a0353718_20292822.jpg
「千町尾根・登山道」は、乗鞍岳・剣ヶ峰のその先に続いている登山道
なのです。

昔むか~し、その昔、乗鞍岳が宗教の信仰の山だった頃のこと・・・。
「上牧太郎ノ助」さんと言う人が、明治29年から岐阜県側の旧朝日村
青屋地区から~乗鞍岳大日岳まで続く登山道を切り拓いたのです!
そして道中の安全祈願のために88箇所に2体ずつ石仏を安置された
ようです・・・。それがこの「千町尾根・登山道」なのです! その後、
乗鞍畳平への車道が出来て、各方面からの登山道が整備されたので、
戦後の近代の時代、この「千町登山道」は廃れていったのでした・・・。
しかし現在、この「千町登山道」の廃道化を惜んで旧朝日町の有志の
方々で、整備とペンキでのマーキングをされているようなのです!
そして未だに見つかっていない石仏も探していらっしゃるようです・・・。

「千町尾根」とは、そんな、いにしぇの古道なのです!!・・・。
僕は以前1度だけ千町避難小屋までは歩いたことがあったのですが、
スプリングバンクN は1度も行った事が無かったので、今回僕達は
この「千町登山道」へ行ってみたのでした~~!! 千町登山道へと
入るために、とりあえず剣ヶ峰へ登頂しました~。


a0353718_20293556.jpg
「千町登山道」へは、剣ヶ峰山頂から長野県側へと15m程少しだけ下り、
南斜面にある、この大きくペンキで書かれたところからスタートです。
ここから赤ペンキの印を辿って踏み跡があるので、そこを歩いて行き
ガレた岩場を少し下っていきます・・・。

この「千町登山道」と書かれた赤ペンキ・・・。たぶん今年新しく書かれた
のだと思います。 登山道の印も再度塗られていて、とても分かり易く
なっていました~。


a0353718_20294244.jpg
乗鞍・剣ヶ峰を裏側から見ると、こんな感じです!・・・。結構尖って
見えますね・・・。ガレた岩場を抜けると、「奥の院」との間の砂礫で
ザレた登山道になります。ここまで来るとロープが張ってあるので
登山道が分かりやすくなります。


a0353718_20295078.jpg
剣ヶ峰から少し下りたこの場所は、「コマクサ」の大群生地です!!
たぶん、7月下旬から~8月にここに来ると、美しい「コマクサ」の
ピンク色の絨毯になっているのだと思います!・・・。

a0353718_20295501.jpg
今回は9月中旬にもなっていたのに、まだ咲いているコマクサさんが
けっこういらっしゃいました~。濃いピンク色がキレイです~~。


a0353718_20300525.jpg
そして!、「上牧太郎ノ助」さんが設置した2体づつの「石仏」が
ありました~!! この石仏は「十五番」と書かれていますが、
剣ヶ峰から下りてきて最初の番号は「十六番」の石仏があります。
これが、どこからスタートで「一番」なのかは、分かりません・・・。
「上牧太郎ノ助」さんは88箇所も石仏を設置したらしいのですが、
剣ヶ峰直下が「十六番」だと、2×16=32という事で現在は32体
だけしかないコトになりますね・・・。半分以上はまだ見つかって
いないのでしょうか??・・・。 


a0353718_20301569.jpg
登山道を先へと歩いていって、「奥の院」の向こう側へと回り込むと、
そこは「ハイマツの海」になっていました~!! 文字通り雲上の
広大なハイマツの海になっていて、メチャキレイです~!!

この辺りが、登山道を切り拓いた「上牧太郎ノ助」さんが愛したという
「千町ヶ原」なのでしょうか?!・・・。歩いていても、本当に誰にも
会わない、とっても静かで落ち着いた、雲海の上のハイマツの海に
なっている、とっても気持ちイイ広がりの場所でした~!! これぞ
パラダイスです!!


a0353718_20310498.jpg
コチラは「十四番」の石仏さんです。 右のは顔が壊れていて、左は
アタマの上が割れていたのを修理した跡があります・・。かなり風化が
感じられ、朽ち果てそうになっていますが、存在感はあります!・・・。
左は摩利支天に似ている手が10本以上ありそうな石仏ですが、何の
神様なのでしょう??・・・。ちょっと気になりますね・・・。


a0353718_20304288.jpg
コチラは「十二番」の石仏さんです。岩と岩の間にありました~・・・。
この「十二番」の石仏は、かなり風化はしていますが、壊れていなくて
五体満足でした・・・。


a0353718_20305138.jpg
そして、「ハイマツの海」の中を泳ぐようにして進んでいきます~~。
突き抜けるような青い空!・・・、まさに雲上を歩いていく道!・・・、
あぁ~~、この「千町登山道」は、本当に気持ちイイ道でした~!!


a0353718_20311476.jpg
そして、今回の目的地である「中洞権現」の分岐点に到着しました。
昔、ここには「社」や鳥居もあったようですが、今はその跡や面影も
見つかりません・・・。あるのは「十一番」の石仏さんだけでした・・・。
その「十一番」の石仏も、左側のは頭が無くなっていました・・・。

そして、我らが「乗鞍岳」を裏側から見ると、こんな感じなのです~。
長野県側から見ると端正な三角形に尖っているのですが、岐阜県側
から見ると、優雅に丸い形をしていますね~。これは「大日岳」です。
一番右の頂が「奥の院」ですね・・・。 剣ヶ峰は、その少し向こう側に
隠れていて、山頂は見えてないのです・・・。


a0353718_20312104.jpg
ここ「中洞権現」でお昼ご飯をゆっくりと食べて、コーヒーも頂いて、
紺碧のノリクラブルーな空の下で、ゆ~っくりと寛ぎました~・・・。
とても気持ちよかったです~!! 

そしてまた、来た道を歩いて帰っていったのでした~・・・。


a0353718_20312770.jpg
秋の紅葉の気配も少々・・・。 今年の乗鞍岳山頂方面の紅葉は、
例年よりも少し色づきが遅い気がします・・・。


a0353718_20314129.jpg
そして、足元には、ガンコウランの森の幾何学模様が敷き詰めて
ありました~~。黒い実もチラホラありました・・・。

いにしぇの古道「千町登山道」、ハイマツの海、雲海の上を歩けて
石仏の歴史も感じられる、とっても気持ちよく快適に静かに歩ける
登山道でした~。 いつかは日影平まで踏破したいと思いました~。


乗鞍岳を散策して楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2017-09-18 07:28 | アウトドア | Comments(0)

今回は久しぶりに、ビール大国であるベルギーのビールですっ!!

今回のビールは、「ウルフ、8」です~~!!
a0353718_19410955.jpg
この「ウルフ」と言うビールは、ベルギーでは珍しい新しい醸造所の
ビールです。2003年に「ピーター・ファン・デル・ボーフト」さんにより
「ループス醸造所」が新しくオープンしました! そして2008年に、
「リュック・セムペルス」さんと「ジョー・ディ・スカルト」さんが仲間に
加わって、正式に「ウルフ醸造所」として設立されたのでした~!!
最近では新進気鋭の3人が造り出す、伝統を取り入れた中でも新しい
ビールに注目が集まっているようです~!!

ベルギービールと言えば、何百年もの歴史と伝統のあるスタイルの
ビールが目立ちますが、そのベルギーの中でも新しくオープンした
ビール醸造所というのが、今回は面白いと思いました~~。


a0353718_19411729.jpg
この「ウルフ 8」は、通常のビールの材料の他にも、オレンジピール、
コリアンダー、小麦、などを使った、アルコール8%のベルジャンダーク
のビールです~!! オオカミのラベルがとってもカッコイイです!

オレンジピール、コリアンダー、小麦を使ったベルギービールと言えば、
「ヒューガルデン」なのですが、「ヒューガルデン」は白ビール・・・・。
でも、この「ウルフ」はダークビールなのです!!・・・。全く同じ材料
を使っても、全く違うスタイルと味わいのビール・・・。これは、とても
気になりますね~。

こんなビールを「カフェ・スプリングバンク」へ飲みに来て下さい~~。
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-09-17 07:40 | お店からのご紹介 | Comments(0)

カフェ・スプリングバンクに、
マルク・マルケスが来たよ!!

a0353718_10462825.jpg
と言っても、コレは写真のような「絵」なんです。 見たら思わず、
「えぇっ?!」と2度見してしまうような、素晴しさなのです!!
カフェ・スプリングバンクの常連のお客様の、絵を描くのが好きな
Imさんから頂いてしまったのでした~。
(Imさん、本当にありがとうございました!)

ご興味のある方は、ご来店して頂いた時に、ぜひ!見て下さい!
「うぅ~~ん~・・・!!」と唸ってしまうコト、間違いないです。
結構大きめの絵なので、ビリヤード・テーブルのある方に飾って
あります・・・。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
マルク・マルケス、見に来て下さい。よろしくお願いします~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-09-16 07:53 | 日常 | Comments(2)

この3連休で、「乗鞍・ご来光バス」の運行がファイナルになって
しまいますっ!!・・・。 なので、今週の良く晴れた某日に、僕は
今年始めて!の「乗鞍・ご来光バス」に乗って、ご来光を見に行って
きたのでした~!!

a0353718_21105946.jpg
「乗鞍・ご来光バス」とは、早朝の4:10に乗鞍高原観光センターを出発
して、乗鞍エコーラインを登って行き、「標高2716m」の県境バス停に
5:00頃到着し、バスを降りたその場所から「ご来光」を見る事が出来る、
「ご来光」を見に行く専用で運行されるバスなのです~!!

「ご来光」は、通常であれば、登山をして何時間もかかって山を登って、
稜線に一泊して、次の日朝が晴れていればやっと見る事が出来るという
有り難いモノなのですが、ここ乗鞍高原では乗鞍エコーラインという、
日本一標高の高い道路があるので、バスに乗って身に行く事が出来る
のです~!! こんな場所は日本中探しても、他にはありません!!


a0353718_21082238.jpg
先日僕がご来光を見に行った時は、「乗鞍・ご来光バス」を降りてから
北側の「大黒岳」へと上がって行きました・・・。バスを降りたその時間
から、もうすでに空はオレンジ色~ムラサキ色のグラデーションに
なっていて、雲海があり、メッチャキレイでした~!!


a0353718_21111067.jpg
そして、東の空が燃えそうな程に真っ赤に輝いて焼けてきました!!
この燃えるような真っ赤な色合いは、先日の太陽の爆発「太陽フレア」
は、関係無いんでしょうかね~??・・・。


a0353718_21112746.jpg
大黒岳山頂には、この日ご来光バスに乗って「ご来光」を見に来た
た~くさんの人で盛り上がっていました~~。 そして大黒岳の
向こう側には、槍~穂高連峰の山々がシルエットになり、美しい
色合いに染まって来ていました~~。


a0353718_21112039.jpg
そして!!・・・、5:30頃に東の空がさらに真っ赤に染まっていって、
その真ん中から、光を爆発させる「火の玉」のような「ご来光」が
上がってきたのでしたぁ~~!!!・・・。


a0353718_21113292.jpg
そしてご来光が上がってくる瞬間は、まさに感動的な瞬間なのです!!
時間にすると約5分ぐらいなのですが、この素晴しき色合いは見に行く
価値がある素晴しいモノなのです~!!

今回は上空に雲が無くて空が染まりませんでしたが、その分色合いの
グラデーションを見る事が出来ました。本当に感動的な色合いが見る
事が出来るのを期待して、「乗鞍・ご来光」バスに乗って見に行ってきて
下さい~~。



その後にっ!!・・・、
a0353718_21085957.jpg
雷鳥さんのファミリーにバッタリ出会うことが出来たのでした~。
もうお母さんと同じぐらいの身体の大きさの雛が4匹とお母さんの
計5匹で、登山道を占拠されていました・・・。

a0353718_21090968.jpg
この雷鳥ファミリーのお母さんは、とても優秀ですね~。通常だと
雛が5~6匹生まれても、夏の間天敵にヤラれてしまって、この時期
2匹ぐらいしか雛が居ないのですが、この雷鳥お母さんは、何と!、
4匹も大きく育てているのです~~。 素晴しいですね~!!
これだけ大きくなったら、もう大丈夫でしょうかね?!・・・。


a0353718_21114630.jpg
その後は、双六岳に
そっくりの、僕達の
お気に入りの場所へ~。
いつ来ても、素晴しい眺望です!! コレを見に来るだけで感動です~。


「乗鞍・ご来光バス」は18日が最終運行になります~。みなさん!急いで
下さい~~。この3連休、もし運と天気が良ければ、この「ご来光バス」
に乗ってご来光を見に来て下さい~~!! よろしくお願いします~~。
その後は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。



[PR]
# by springbk2 | 2017-09-15 07:06 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

天空でお汁粉を〜〜〜!

日に日に秋深まってくる乗鞍高原です・・・。乗鞍高原の「秋」と言えば
やはり乗鞍岳山頂方面の、山全体が色彩のパレットのように色づく
紅葉が素晴しいのです!!

a0353718_14425383.jpg
乗鞍岳山頂付近の紅葉は、例年だと9月中旬〜下旬に始まります。
標高2350mにある位ヶ原山荘がこんな風に紅葉に包まれるのも、
あともう少しです。。。


a0353718_14430231.jpg
と言うことは、山頂へサイクリングへ行くことができる日も残り僅か
なのです。 そんなことを考えている最近、とある情報が耳に入って
きました〜〜〜!!・・・。


a0353718_19494982.jpg
その噂とは!、この
「お汁粉」なのです!!
個人的には、位ヶ原山荘に立ち寄った時には、お腹が空いていたら、
うどんやおでんをいただきます。喫茶の時は、コーヒーを頂くことが
多いのですが、、、今この「位ヶ原山荘のお汁粉」がサイクリストの
間では、とてもホットな話題らしいです~!!


a0353718_19501910.jpg
それは、この『ろんぐらいだぁす!』8巻に位ヶ原山荘が登場している
からなのです~!!

どうですか?! 表紙には位ヶ原山荘前の様子が忠実に描かれています!
三宅大志さんの漫画ろんぐらいだぁす!』は、自転車の初心者である
女子大学生の倉田亜美ちゃんが主人公の漫画で、サイクリングの楽しさ
や厳しさを体感しながら長距離イベントに参加するのを目指すストーリー
だそうです・・・。

そして、去年発売された第8巻では、「自転車乗りにとって特別な場所」
として乗鞍に挑む姿が書かれています。その中で、乗鞍ヒルクライムの
途中にこの位ヶ原山荘で休憩をした際に「ここに来たらお汁粉は外せない
わよね~~♪」と、皆でお汁粉を食べるんだそうです~~。110.png


a0353718_19511937.jpg
先日、マスターと一緒に乗鞍ヒルクライムしたHさんも、このお汁粉で
癒されたそうですよ111.png  この笑顔!とても美味しそうに召し上がって
いらっしゃいます~~。(その日のヒルクライムレポートは、こちら
ご覧ください。)

実は、位ヶ原山荘のご主人もこの漫画掲載の事を知らなくて、去年から
サイクリストさんからお汁粉のオーダーが一気に増えて、よく注文される
なぁ~と思っていたそうです。 掲載の話をお客さまから聞いてビックリ
&ハッピーだったことでしょう113.png


a0353718_19504979.jpg
これは位ヶ原山荘の入口に貼ってあるメニューです。良心的なお値段で、
ご主人が1品ずつ丁寧に作ってくださるので、いつも美味しくいただいて
います。コーヒーには、ルマンドとナッツのおつまみがサービスでつきますよ。

お汁粉に関して、ご主人のアピールは。。。
「疲れた身体に甘味がピッタリ、汗で失われた塩分も補充し、プックリ膨れた
焼き餅が残り5キロのエネルギーとなります! ぜひみなさんも乗鞍に来たら
位ヶ原山荘のお汁粉をどうぞ~。」とのことです109.png


a0353718_19515301.jpg
天空の風を感じながらエコーラインを走る秋のサイクリングは最高の気分です。
マイカー規制になって不便になった部分もありますが、こうして一般車両が全く
通行しない高山帯をヒルクライムできる快適さと爽快感は素晴らしいですね〜102.png


a0353718_19522365.jpg
位ヶ原を染める紅葉の景色や、穂高の眺めを満喫しながら、夏とはまた違った
秋のサイクリングを楽しむことができます。でもこの季節、下りはかなり体が
冷やされるので、防寒着やフルフィンガーの手袋が必要です。


サイクリングの後は、下山して「カフェ・スプリングバンク」へのご来店も
お待ちしています〜〜〜。よろしくお願いします!!








[PR]
# by springbk2 | 2017-09-14 07:40 | アウトドア | Comments(0)

秋の涼しい季節になってきたので、そろそろ僕たちも次の5.11へと
挑戦したいと思います・・・。 が、肝心の隊長であるK8がまだ忙しく
なかなかクライミングには行けてません・・・・。

a0353718_13443037.jpg
それでも先日、冬のBCスキーで一緒に行っている、乗鞍ローカルの
KH君がクライミングを始めてみたい!というので、KH君の初めての
クライミングにお付き合いしてきたのでした~!!

早朝練習で向かったのはもちろん、僕達のホームゲレンデでもある
坊抱岩です~。KH君は、初めて使うハーネス、ATCビレイデバイス、
ロープなど念入りに操作を確認して、興味津々のようでした~~。


a0353718_13450266.jpg
そして、KH君初めての
クライミングオン!!
最初は、坊抱岩のAボルダーで、簡単なルートから始めてみました・・・。
初めてのクライミングシューズを履いて、外岩の手触りを確かめながら、
でも気合十分で登っていきました~~!!


a0353718_13453207.jpg
そしてKH君は、何本も何本も一気に気合で登っていました~~。
そして、誰もが最初にクライミングしたら味わうパンプアップを
感じながら、「ウオォォ~~!!」と叫んで登っていってました!


a0353718_13460269.jpg
そして僕は、KH君の気合のクライミングのお手伝い&ビレイをして、
その合間に「石の華(5.10c)」を何とかレッドポイントでした・・・・。

これからの秋のクライミングシーズン、KH君にもお付き合い頂いて、
K8と一緒にもう何本か5.11を登って行きたいな~と思っています~。
クライマーの皆さん、またよろしくお願いします~~。


乗鞍高原にお越しの際には、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~!!





[PR]
# by springbk2 | 2017-09-13 07:43 | アウトドア | Comments(0)

ワイン 464

先日の「MIE IKENO、ピノ・ノワール」で、日本国内産ピノ・ノワール
初体験だった「安旨ワイン探検隊」ですが、今回も引き続き日本国内産
ピノ・ノワール第2弾です~!!

「おたる、ピノ・ノワール」2014年です~!!
a0353718_12275654.jpg
このワインは、北海道の余市の限られた畑で丹精こめて造られてきた
ピノ・ノワール種のブドウで造られたワインです・・・。

造り手は、「北海道ワイン株式会社」です。札幌の北東に位置する「鶴沼」
に、1972年に当時は原野だったこの地を切り開き、2年後の1974年に
最初のブドウ苗が植えられて始まります。当初はなかなかブドウ苗が
根付かずに枯れてしまったり、野ウサギに食べられてしまったりして
苦難が続いたようですが、1977年にドイツ留学していた「本間恒行」
さんがドイツ人の「グスタフ・グリュン」さんを連れて帰国された事が
キッカケになり、グスタフさんの指導でブドウ畑が良くなっていった
ようです・・・。

そして現在、本社と醸造所は小樽にあり、畑は余市町やニセコ町と、
鶴沼などにあります。契約ブドウ農家は400軒にもおよびます!!
そしてブドウの使用量は年間約2500トンにもなります!! これは
北海道全体で収穫されるブドウの全量の4分の1にもなるのです!!

このピノ・ノワール種のブドウは、余市町の畑で造られたモノを使い、
ステンレスタンクでの発酵が成され、一部をアカシアの木を使って
造られたフレンチオークの古樽とアメリカンオークの樽で約16ヶ月
の熟成がなされます・・・。


北海道ワイン株式会社さんのワインは、やはり寒い北海道のワイン
なので白ワインが中心ですが、限定品でピノ・ノワールが出ていたの
でした~。これをK8がゲットしてくれたのです~。なので、一気に
テイスティングとなりました~!! 国内産ピノ・ノワール第2弾!
いざ、オープンです~!!
a0353718_12280149.jpg
このワイン、開けてグラスに注ぐと、ロゼと間違うかのように薄い
色合いです。しかし味わいも香りもしっかりしていて、ラズベリー
系の果実感とほんのりしたオーク樽由来のロースト香があり、良い
感じです~。味わいは、最初は酸味がキツいかな?と思いましたが、
時間が経つにつれて落ち着いてきて、最後の方はとっても美味しい
ワインへと変化していったのでした~。

この「おたる、ピノ・ノワール」も国産なのでちょっと高い目なの
ですが、ご興味あるピノ好きな方はぜひご賞味下さい~~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~!!






[PR]
# by springbk2 | 2017-09-12 07:27 | お店からのご紹介 | Comments(0)

最近、心も身体も健やかになれるという事で、大人気になっている
「ヨガ」ですが、ここ乗鞍高原の大自然の中で思いっきりやって、
さらにもっと気持ち良くなろうという大人気になっているイベント
「ヨガ・リトリート in 乗鞍」が、またまた開催されました~~。

a0353718_10583875.jpg
もう早くも3年経って4年目に入っている「ヨガ・リトリート in 乗鞍」!、
乗鞍高原の大自然の中で思いっきりやるヨガが最高に気持ちイイ!と
大評判で大人気のイベントとなっています~。

そして!、この「ヨガ・リトリート in 乗鞍」、外で開催されるイベント
なので天気が心配なのですが、
今回も晴れました~!!
これまで開催された10数回のほとんどが「晴れ」という、まさに奇跡
のような晴天率を誇っていらっしゃいます!!・・・。 この98%程の
晴天率!、僕の冬のBCスキーの時にもお願いしたいですね!・・・。
僕もこのイベントに参加して「ヨガ」をした方が良いですかね?ww


a0353718_10585107.jpg
最近の社会現象にもなっている日頃のハードな仕事のせいで、凝って
固まった身体を「ヨガ」をしながらほぐしていきます。大自然の中で
伸び伸びとヨガをして、みなさん気持ち良く&楽しんでいらっしゃい
ました~~。 やはり自然の中でやると、都会のビルの中とは違って
皆さんとても気持ち良さそうでした~~!!


a0353718_10584613.jpg
今回の開催も、晴れて陽射しがとても暖かいのどかな日になって、
本当に良かったです~。

この「ヨガ・リトリート in 乗鞍」のイベントは、いつもスグに定員が
いっぱいになってしまうのですが、今年も10月にもう一回開催され
ます。なので、もしかしたらキャンセルなどがあり参加出来るかも
知れません。詳しくはホームページをご覧下さい。→「コルリ
(追加開催、2017年、10月28日~29日)

ヨガで心も身体も気持ちよくなったら、「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2017-09-11 07:57 | イベント | Comments(0)

蓼科山、登山。

「カフェ・スプリングバンク」は、毎年恒例の長い無休の8月が終わり、
やっと9月になり、約1ヵ月半ぶりの定休日となりました~!!

夏の間、みなさんが素晴しい登山をしているのをSNSの投稿で見て
いて歯軋りしていたので、晴れたらどこかの山へ歩きに行きたいと
思っていたのですが、何だか僕達の休みの日に限って天気は不安定。
a0353718_10320710.jpg
でも、天気予報も目まぐるしく変化していて、前日の予報だと晴れの
エリアが広がってきました・・・。そして南部の方が晴れそうな感じに
なっていたので、出来るだけ確率の高い方面へと言う事で、八ヶ岳へ
向かっていったのでした~・・・。 (画像は八ヶ岳です・・・)


a0353718_10323686.jpg
でも朝早くに出発したのですが、諏訪を越えたあたりでは雨!・・・。
前日の雨がまだ残っていたのですぅ~・・・。八ヶ岳のワンデイだと
かなりハード山行になるので、雨だとリスクも高いです。 なので
急遽ターゲットを変更して、「蓼科山」へ登りに行って来たのでした。

「蓼科山」は、白樺湖の南、八ヶ岳の北端に位置する、端正な容姿の
山です。そして、目立たない存在なのですが、「百名山」の一つにも
なっているのです~。 スプリングバンクN は行った事が無いので
今回は「蓼科山」です~~。


a0353718_10330646.jpg
すずらん峠の登山口からスタートしましたが・・・、ついさっきまで
雨が降っていたので、登山道は泥だらけのドロドロ&ヌルヌル!!
腰の辺りまである笹薮も濡れていて、スグにズボンがドロドロ~&
濡れ濡れ~になってしまいました~。モチベーションガタ落ち・・・。


a0353718_10342052.jpg
笹薮セクションを越えて行くと、岩の急登セクションになります!
一気に急な登りになるので、息を整えながら登って行きます・・・。
オマケに岩も濡れ濡れ~なので、滑らないように慎重に一歩ずつ
登って行きました~~。


a0353718_10342645.jpg
延々と続く岩の急登をこなして行くと、山頂直下の「縞枯れ地区」と
言う、立ち木が枯れているセクションに来ました~。僕は昔むかし
に冬のBCスキーで来たことがあるのですが、その時には幻想的な
感じだったのですが、今回は霧で真っ白になっていたのでちょっと
不気味な雰囲気だったのでした・・・・。


a0353718_10343219.jpg
「縞枯れ地区」を抜けると、一気に山頂付近の岩場になります!!・・・。
雲に覆われて真っ白の霧の中「晴れないかなぁ~、晴れて欲しいな~」
と思いながら、半ば諦めモードで岩場をこなして、山頂まで上がって
行きました・・・。


a0353718_10343927.jpg
そして、霧で真っ白なまま、山頂小屋に到着してしまいました・・・。
オマケにこの時、横殴りの雨がザーザーと言う勢いで降ってきたの
です!!・・・。 昼頃までには晴れる天気予報だったので回復して
くると思っていたのに・・・・。あぁ・・・(´;ω;`) ブワッ


a0353718_10344416.jpg
雨宿りで山頂小屋に入って、お昼にラーメンを頂いてしまったの
でした~・・・。地元八ヶ岳山麓の渡辺製麺の生麺の暖かいラーメン、
冷えた身体に沁み込む美味しさでした~~。


a0353718_10344836.jpg
そして、雨が止んだ頃を見計らって、山頂の標識があるところまで
上がって行きました・・・。 一応今回も「ヤリました~!!」ですが、
ガスガスの真っ白なので、何だか「ダメだった~...」という気分・・・。


a0353718_10345648.jpg
山頂の三角点の奥に、蓼科神社があるのです。一応そこで「晴れ」を
祈願してみました・・・。

すると!!・・・・、
a0353718_10350721.jpg
ドッカぁーーーン!!!!

一気に雲が抜けてきて、晴れの青空が広がったのでした~~!!!
これは本当に奇跡のような感じで雲が抜けてくれて、時々素晴しい
眺望が見渡せたのでした~~!!!


a0353718_10351368.jpg
それでも雲に入って真っ白になったり、一気に抜けて雲上の景色が
広がったりを繰り返していました・・・。この日は、他の山でも雲が
多かったようで、となりの八ヶ岳は山頂の辺りだけ雲に覆われてて、
今日はコッチ=蓼科山で正解だったかも?と思いました・・・。


a0353718_10354146.jpg
さっき居た、「蓼科神社」が、この平たい岩場の真ん中にあります。
僕の右上方面の人が数人居る辺りが、山頂の標識のある所です・・・。
この「蓼科山」の山頂はとても不思議な景色の山頂です。岩場なのに
丸く円を書くようにクレーター状に平たくて、まるで「賽の河原」?
のような雰囲気でした・・・。


a0353718_10355271.jpg
何度も何度も、雲の中から出てくる紺碧の青空の景色を楽しんだ後は、
また来た道をピストンで帰っていったのでした~・・・。苔生した道は
晴れて日が差してくると幻想的で荘厳な雰囲気を携えていたのでした。


また、乗鞍高原へお越しの際には、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!



[PR]
# by springbk2 | 2017-09-10 07:31 | アウトドア | Comments(0)