奥穂高岳・扇沢BCスキー!!(登攀編)

人には、越えなければイケない壁がある!・・・。
人には、守らなければいけない約束がある!・・・。
人には、無理しなければならない時がある!・・・。
人には、達成させなければイケない夢がある!!

そして、僕達の前には「奥穂高岳ワンデイ」があった!!!
・・・・・・・・・・・・・。


僕が、バックカントリースキーを初めて経験した時から、
いや、この山を見た時から、この奥穂高岳のド真ん中を
滑る自分を、ず~~~っと憧れて、夢見てきたのだった・・・。
ここ数年秘かに狙っていた「奥穂高岳ワンデイBCスキー」・・。

a0353718_11105078.jpg
しかし、奥穂高岳のこの「扇沢」を滑るのには、かなりの条件が
揃わないと滑れないのだ。 「完璧な晴れ!」という気象条件は
もちろん、斜面の雪質、雪崩の危険性、パートナーとの条件など、
その全てが揃わないと挑戦出来ないのだった・・・。

去年から仲間と何回かチャンスを伺がっていたのだが、天気が
悪かったり、ここまで行く事ができていなかったのだった・・・。

しかし、今年は山に雪が少ないのだが、この4月にパートナーの
皆の休みが揃った晴れの日だったので、一度突っ込んで見よう!
という事になり、奥穂高岳BCスキーに行ってみたのだった~!!


a0353718_11105632.jpg
朝というか、まだ真っ暗な深夜2:00にスプリングバンクに集合。
そこから少しアクシデントをこなして、3:30に暗闇の釜トンネル
からスタートだ!・・・。 まだ上高地がオープンしていないので、
上高地ターミナルまで自転車で、激坂の釜トンネルに突っ込んで
行ったのであった~・・・。

今回のメンバーも、最近チーム・スプリングバンクの固定メンバー
になってきている、SZ 君と、百戦錬磨のガイドのNJさんだ!・・・。

a0353718_1111441.jpg
上高地にも全く雪は無く、例年なら岳沢登山口からスキーにシール
で登り始める事が出来るのだが、全く雪が無いので今年は登山道を
スキー道具一式全てを担いで、登山道を登って行かなければならな
かった・・・。 そして、岳沢に来ても、

岳沢にも全く雪が無い!!

しかし、激重のスキー道具一式担いでいる僕たちの「肩」が限界に
近くなってきていたので、このアミダくじのようにかろうじて残っている
残雪を、スキーにシールで縫うようにして進んでいったのであった・・・。

a0353718_11111274.jpg
スキーにシールを貼って岳沢を登って行く。やはり僕達スキーヤー
は、これだよ!・・・。と、みんなで荷物が軽くなったのを喜んでいた・・・。

この辺りで5:30頃。バックの西穂高山頂に、朝日が当り始める・・・。
真っ暗な闇から薄く明るくなっていく、朝日が上がる前の蒼い世界。
マイナス8℃の、とても荘厳な雰囲気の岳沢だった。

a0353718_11111872.jpg
雪に埋まっていない岳沢小屋を越えてから、南稜の取り付きで
装備をアイゼン&ダブルアックスに持ち替えて、またスキー一式
を担いでいく・・・。ここからは、雪と岩のクライミングの世界だ!!
もちろん、ハーネスにロープも使ってのフル装備である!・・・。

a0353718_11112542.jpg
出だしの2ヵ所の凍った滝の部分を越えていく。その後は南稜の
「トリコニー」と呼ばれる、岩峰が3つ横に並んだ箇所を目指して
進んでいく。僕がリードでアイゼンを蹴り込んでアイスアックスを
2本差し込む!を延々と繰り返して、情熱だけを燃やしてチカラに
変えて、雪の超急斜面を登攀していった・・・。

a0353718_11114986.jpg
登攀していくと、さらに雪の斜面はどんどん急になっていく!!!
こんな画像のような、約65°から~70°ぐらいのセクションもあった。
しかし、ここまで来てビビッても、どうしょうもないのである!・・・。
行くしかない!!

a0353718_11115781.jpg
そしたら今度は、岩のクライミングになってしまったのであった!!
穂高連峰のド真ん中で、スキー道具一式を担ぎながら、しかも足元
はスキーブーツにアイゼンで!!・・・、のクライミングだった~!・・・。
奥穂高岳・南稜のクライミングルートで、ここが核心らしい!!・・・。
もちろん!このセクションは、百戦錬磨のガイドNJさんにリードして
頂いたのであった~!!

a0353718_1112534.jpg
NJさんをビレイする僕・・・。ピナクルテラスは久々の平坦だったの
だが、景色を眺めるという感じで、ゆっくりとコーヒーとはいかない
のであった・・・。

a0353718_11121494.jpg
その後、僕達もフォローで何とか核心の岩場をミックスクライミング
で切り抜けていく・・・。そして核心を抜けて登って行くと、また雪の
リッジをいくつもいくつも延々と登って行ったのであった・・・。

バックには、4年前に滑った「明神岳1峰~2峰」から流れるラインが
美しく見えていたのであった~!!・・・。

a0353718_11122449.jpg
時には、こんな、ピッケルを差し込めば崩れてしまいそうに脆そうな
ナイフリッジに身体を預けて先へと進んでいったり・・・、

a0353718_11123054.jpg
時には、こんな、両側がスッパリと切れ堕ちている狭いリッジを
渡っていったりもあった・・・。 「奥穂高岳・南稜」クライミングは
僕のバックカントリースキーの今までの経験で間違いなく一番の
技術と経験&モチベーションが必要な山行であった・・・。

a0353718_11151441.jpg
テクニカルなミックスクライミングのセクションを抜けて、また広い
雪の斜面に出た。 この後も、少しでも滑ったら終わり!という
超急斜面を、ダブルアックスを差込みながら一歩一歩と確実に、
ただ上へと目指していったのであった。 標高3000mを越ると
風が強くなってきて、気温もまたグッと下がってくる。 都会では
20℃を越える晴れの日でも、ここは「奥穂高岳」なのだ!!・・・。
マイナス5℃で雪面に刺すアックスを持つ手が凍り付いてきた。

それでも、僕たちは止まらない!!
あの奥穂高岳の扇沢を滑走して歓喜に咆哮している自分達を
イメージしながら、最後の斜面を登っていったのであった・・・。

a0353718_11123982.jpg
そして!ついに!!、「南稜の頭」に出たのであったぁ~!!!
ここはもう「吊り尾根」の上である。 バックには「前穂高岳」や、
明神岳が輝いて圧倒的な大迫力で見えていた!!ここからは
奥穂高岳の山頂の祠を見ながら、ここまでの僕たちの登攀を
反芻しながら、自分達のクライミングに浸りながら、一歩ずつ
確実に進んでいったのであった~~。

a0353718_11125058.jpg
そして!!、釜トンネルをスタートして、全てヒューマンパワーで
自転車と、スキーと、クライミングで、奥穂高岳・南稜を登りきり!、
10時間と少しで、奥穂高岳山頂に登頂成功したのであった!!
今回もヤリました!!

a0353718_11125817.jpg
しかし、僕たちの挑戦は南稜の登攀だけで終わりでは無いのだ!
ここから、あの「奥穂高・扇沢」へのスキー滑降が待っているのだ。
この奥穂高岳山頂に登頂した僕たちだったが、まだ半分なので、
これから始まるスキー滑降への緊張感でいっぱいだったのだ・・・。
登頂できた嬉しさと、これから始まる扇沢スキー滑降の緊張感で
半分半分な、デリケートな気分なのであった・・・。

a0353718_11153074.jpg
今回の4月の奥穂高岳山頂は快晴だったので、想像を超えた
素晴しい景色が広がっていたのであった!! もちろんバック
には「槍ヶ岳」が遠くに見えて、隣には「前穂高岳」が圧倒的な
迫力で見えて、そして雪をまとった「ジャンダルム」があった!!
岩と雪の、厳しければ厳しいほど美しい世界があった!!

ジャンダルム!!
扇沢スキー滑走編へと続く!
                     
                    
                       
                       
[PR]
by springbk2 | 2016-04-17 07:08 | アウトドア | Comments(0)