平標山、バックカントリースキー~!!①(登攀編)

今回の「カフェ・スプリングバンク」の定休日は、ず~~っと
雪だった日々の間の、つかの間の晴れに恵まれたのであった!!
なので、久しぶりの遠征に行こうと、車を走らせたのだった・・・。
これまでの大雪でたくさん雪が降り積もったであろうと思われる
北へ!!!・・・。

a0353718_20135099.jpg
高速の長野道を北へ向かって走り、そこからまだまだ北へと
向かう!!・・・。 飯山市を過ぎて、野沢温泉や木島平などの
素晴しいスキー場をもスルーして、今回僕達が向かったのは、
新潟県・湯沢方面の谷川連峰の西端にある「平標山」という
山だった。僕は湯沢方面に行くのは初めてだったので今年は
谷川方面をターゲットにしていたのだ。なので今回はとても
楽しみにしていたのだった~。

今回は北へ走れば走るほど、雪がどんどん深くなっていく
ので、期待に胸が膨らんでいったのであった~・・・。

a0353718_20135742.jpg
乗鞍高原を出発して4時間もかかって、やっと平標山の入り口
である「火打峠」に到着した。国道17号線の火打峠のところ
から、BCスキーの用意をして、いざ、ツアースタートだ!!


a0353718_20140431.jpg
スタートしてスグは、完璧に除雪された林道のような道を奥へ
入っていく・・・。これは、別荘のための道らしい。完璧すぎる
ほど除雪されている美しい道を、ドキドキしながらブナの森の
中へと進んでいったのであった。


a0353718_20141602.jpg
ブナの森の中を少しの間進んでいくと、平標山の今日滑る斜面が
目の前に思いっきり見えてきたのだった!! スキー場のような
素晴しい程のオープンバーンで、あそこをスキー滑走する自分を
想像すると、思わずヨダレが出てしまう程だった~。


a0353718_20142783.jpg
早く滑りたい思いでドキドキする胸を押さえて、ブナに覆われた
美しい森の尾根を稜線目指してジグを切りながら登って行く・・・。
この日は数人の先行者がいらっしゃったので、彼らのトレースを
使わせて頂いたのだった。

a0353718_20143797.jpg
稜線に出ると一気に景色が広がっていく!! 滑る斜面は左奥に
輝いて見えている!! 焦るので足取りは速くなっていく!・・・。
しかし、足元はアイシーなクラスト斜面になってきて、かなり
登り難くなってきた・・・。それでも僕たちの登攀は止まらない!


a0353718_20144567.jpg
稜線に出ると、向こう側には「仙の倉山」が大きく見えていた!!
「仙の倉山」も素晴しい斜面で、山スキーには最高の山だ~。
(山頂からの景色は、②(滑走編)に画像を載せます・・・。)

a0353718_20145877.jpg
広い稜線をガンガン進んでいく。バックには浅間山や八ヶ岳、
苗場スキー場から苗場山、そして富士山まで見えていた!!


a0353718_20152030.jpg
そして、スタートしてから約2時間45分ほどで「平標山」の山頂に
到着したのであった~~!!
今回もヤリました~!!
しかし、この日の「平標山」の山頂は超爆風で、メッチャ寒くて!、
立っていられない程だったのだ・・・。 なのでスグにスキー滑走の
用意をして、ドロップ・インすることにしたのであった~・・・。


a0353718_20153317.jpg
ドロップ・イン!!
(続く!!)




[PR]
by springbk2 | 2017-01-28 07:13 | アウトドア | Comments(0)