2017年 05月 09日 ( 1 )

ワイン 449

ゴールデンウィーク明けて一発目のワインは、謎の提供者さんに
提供して頂いた、オールドヴィンテージ・イタリアンです~!!

「バローロ、ボルゴーニョ、レゼルヴァ」1971年です~!!!
a0353718_10132305.jpg
このワインは、イタリア北部ピエモンテ州にある「バローロ」と言う
地域で造られる、イタリア固有ブドウ品種「ネッビオーロ」で造られた
ワインです。この「バローロ」というワインは「イタリアワインの王様」
と言われている高級ワインの銘醸地なのです。

造り手は「ボルゴーニョ」です! 「バローロ」には「ボルゴーニョ」
と言う同名の造り手がたくさんあるので、かなり紛らわしいのです・・・。
このラベルの「ボルゴーニョ」は1848年創業のようですが、それ以前
からもワインを造っていて、すでに1761年にはワインを造っていたと
いう記録が残っているようです。この「ボルゴーニョ」のワイナリーは
小規模ながら歴史と品質の高さは広く知られていて、1861年のイタリア
統一の祝賀会などの重要なイベントで飲まれていたり、1867年のロシア
皇帝が建国を祝ってロッコギーニ城での晩餐会に供せられたほどだった
らしいです~。

以前の「ワイン412」でも、同じ「ボルゴーニョ、バローロ」を飲んだ
のですが、コチラは「1971年レゼルヴァ」のオールドヴィンテージ!!
その頃の造りは分かりませんが、現在の「ボルゴーニョ」では、手積み
したネッビオーロを、22℃~29℃で発酵を12日間、そして22℃という
一定温度で約30日間ものマセレーションが行われます。 その後さらに、
マロラクティック発酵を22℃で15日間も行われます!! そして熟成は
4500Lの超巨大なスラヴォニア産オーク樽で4年間も行われるのです!
まさに、イタリアでも古典的なバローロの造りなのです~!!


45年以上も昔のオールドヴィンテージ!、しかも1971年のリゼルヴァ
ですっ!! このボトルを謎の提供者さんが僕達がゴールデンウィーク
を頑張って仕事をしたご褒美に頂きました~!ありがとうございます!
一気にオープンです~!!!
a0353718_10132830.jpg
このワイン、45年前のモノなのでコルクが抜けるのか不安だった
のですが、何とか無事に抜くことが出来ました~・・・。開けてスグ
から繊細でか細い香りがします。革製品、腐葉土、麝香、森林浴、
ゴム製品(?)などのとても複雑な香りです・・・。 飲んでみると
味わいは甘酸っぱいような感じで干し柿のような感じと、プラム
のような感じもします。とても滑らかでした~。 最後の1/4は
細かい澱があり濁っていて飲むことはできませんでした~・・・。
でも!、45年モノの古いボトルの中で生きていたのがスゴイ!と
思いました~!!

ワイン飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
(古いヴィンテージボトルはいつもありません。ご予約下さい)






[PR]
by springbk2 | 2017-05-09 07:12 | お店からのご紹介 | Comments(0)