2017年 12月 01日 ( 1 )

ワイン 475

最近、僕達「安旨ワイン探検隊」は、日本産のワインのレベルの高さ
に驚いています!・・・。今回もそんなワインの1本なのでした!!・・・。

「天橋立ワイン、彩雲」2013年です~!!
a0353718_11570501.jpg
このワインは、京都北部にある日本三景の一つである「天橋立」の麓にある
ワイン界では超有名なコレクターであり、「ワインとお宿・千歳」のオーナー
である「山崎浩孝」さんがオーナーになって造っている、京都北部・天橋立に
ある「天橋立ワイナリー」のワインです!!

「山崎浩孝」さんがワインの世界で有名なのは、ワインのコレクターとして
凄いからなのです! その数、5万本とも言われるワインが、400年程の
歴史のある自身のお宿、「ワインとお宿・千歳」のセラーの中に並んでいる
からなのです!!
「山崎浩孝」さんは、元々公立高校の教師だったのですが、ワインに興味を
持ち、やはり自分のワインを造りたいと思って、京都・丹後に農業生産法人
「たんごワイナリー」を設立して研究を始めます。さらにその後、ワイン醸造
の研究をするために妻子を残して北海道ワインに就職・・・。同社で10年間
に渡ってワイン造りに携わった後に帰郷。奥さんの実家である上記のお宿
「千歳」の旅館経営に従事する傍ら、1999年に北海道ワインと共同出資で、
地元の京都・宮津にワイン醸造所を設立しました!そしてワインコレクター
=インポーターとしても活躍して、世界のワイン生産者との交流から日本に
ワインを輸入販売されていらっしゃいます。

「天橋立ワイナリー」は、「天橋立」のスグ傍に建っていて、畑もスグ近くに
あるようです。醸造はドイツ仕込の醸造方法らしく、畑では除草剤などは
一切使用せずに、天橋立産牡蠣の殻を使用して栽培されているようです。
この「彩雲」は、京都産ブドウ「サペラビ」、「レジェンド」、「セイベル13053」
をブレンドして造られています。約16ヶ月もの樽熟成がなされます。


今回は、この「彩雲」をオミヤゲで頂きましたので、「千歳」の「山崎浩孝」さん
のスゴさを感じながらのテイスティングとなりました~。オープンです!
a0353718_11571125.jpg
このワイン!、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!
甘い樹液のようなオーク樽由来の香りがトップノートに広がってきて、
その後に、ドライフルーツやドライマンゴーのような果実感が広がり、
白木の木材、タルト生地(?)、煮詰めたリンゴ(?)、香ばしいです!
味わいは甘さが一切無いのに甘くさえ感じられる程で、酸味も渋みも
バランスが良く溶け合っていて、とっても美味しいです~!!これは
オミヤゲの領域を超えている美味しさだと思いました。

実は、このワイン・・・、京都産の聞いた事が無いブドウ品種だったので、
また、ありがちな甘口の日本国産ワインかな~と、思っていたのですが、
驚愕の美味しさのワインだったのでした~!! やはり「ワインとお宿
千歳」のオーナーが造るワイン、「天橋立ワイン」恐るべしでした!・・・。


「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
乗鞍へ来た時にはお立ち寄り下さい。 よろしくお願いします~。







[PR]
by springbk2 | 2017-12-01 07:56 | お店からのご紹介 | Comments(0)