今年の夏シーズンに向けて、またレアでスぺシャルなビールを
取り寄せましたので、ご紹介して行きたいと思います~!!
第一弾は、イギリスの老舗醸造所の、最近流行りのIPAです!

「フラーズ、インディア・ペールエール」です~~!!
a0353718_09464214.jpg
「フラーズ」は、1845年にロンドン郊外のハウンズロゥー地区の
チジックで創業された、イギリス最古のビール醸造所なのです。
「ジョン・バード・フラー」さんが、1654年にビール醸造を始めた
「グリフィン醸造所」を買収して、その後1845年に友人であった
「ヘンリー・スミス」さんと「ジョン・ターナー」さんが加わり3人の
共同経営によって創業されました。 ロンドンでは最古のビール
醸造所として、現在も伝統的なビールを造り続けてきています!
そして2005年には「ジョージ・ゲール醸造所」も買収して、現在は
ロンドンで約360件ものパブ、ホテルも6件をも経営する巨大な
企業になっています!! 

「フラーズ」のビールのスゴイ所は、何と言ってもラインナップ!
ロンドンプライド、ESB、チジックビター、ゴールデンプライド、
XXストロングエール、1845、ロンドンポーター、ゲールズHSB
などなど、限定商品も数えたらきりが無いほどのたくさんの種類
のビールがあるのです!! 特にビターエールは最高の味わいで,
「Champion Beer of Britain」や、「ワールド・ビア・アワード」に
何度も何度も選ばれているのです!!

そんな「フラーズ」のIPA、爽やかなホップが香るエールタイプ
ビールです!! ぜひぜひこの夏にご賞味下さい~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!
よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-25 07:46 | お店からのご紹介 | Comments(0)

「笠ヶ岳山荘」に到着してから、山荘前で休憩をさせて頂いてから
いよいよ「笠ヶ岳」の山頂へと向かっていきました~~。


a0353718_13470356.jpg
この「笠ヶ岳山荘」で僕たちがゲットしたモノは・・・、魅惑的な
ドリンク、缶ビールでした~!! やはり、汗をかきまくって、
カロリーを消費して、ここまで登って来て山頂で飲みたい物と
言えば、ビールだったのでした~~。


a0353718_14335354.jpg
僕たちは缶ビールを持って、笠ヶ岳山頂へとアタックです~~。
山荘から山頂までの最後の登りは、良い感じの「岩畳」の登山道
でした。でもちょっと浮石に注意でした・・・。


a0353718_14340174.jpg
そして、11:00ちょっと過ぎに、「笠ヶ岳」2898mに登頂です!
今回もヤリました~!!
約5時間ジャストぐらいで「笠ヶ岳」に登頂出来たので、何とか
面目を保てたように思います・・・。来シーズンの冬に来る時の
参考になればイイかな・・・、と思いました。

この登頂の頃から東側の斜面から雲が湧いてきていて、登頂の
後は一気に真っ白になってきてしまったのでした・・・。僕達は
ギリギリセーフで全ての景色を堪能できて本当に良かったです。


a0353718_14340858.jpg
笠ヶ岳山頂の西側は、晴れていたのでした。山頂で缶ビールで
AM君とカンパイをしてから、お昼ご飯を一緒に食べました。
このランチが、ナゼか最高に気持ちよかったのでした!!・・・。
缶ビールのほろ酔いもありますが、最高の景色、最高に気持ち
イイ爽やかな風、そして山頂と、全てが完璧なランチだったの
でした~!!・・・。 もぅ、寝てしまいそうな程でした。

この画像の西側の眺望もとても素晴しくて、雲海の雲の出方が
モクモクしていて、とてもカッコ良かったです。


a0353718_14341902.jpg
笠ヶ岳山頂でランチを食べて缶ビールを飲んでメッチャゆっくり
した後は、やはり帰らなければなりません・・・。標高の高い山頂で
缶ビールを飲んだので、ほろ酔い的な足取りで帰りはユルユルと、
また来た道をピストンで、稜線を歩いて帰っていったのでした・・・。


a0353718_14343273.jpg
帰りの雪渓の上で、何やらこんな物体が!!・・・。僕たちは
雷鳥発見だ~!!
と思ってしまったのですが、ただの雪の塊だったのでした・・・。
コイツは行きの時は雪ダルマだったのです。でも帰りの時には
雷鳥にソックリな、こんな形になっていたのでした・・・。


a0353718_14343943.jpg
ワンデイの日帰りの僕たちは、それからも来た道をそのまま
稜線→杓子平→笠新道→新穂高温泉と、帰っていきました・・・。

この帰り道がツラかったです!!・・・。
登山をしたことが無い人は、下りの帰り道ほうが楽チンなんじゃ
ない?と思われるのですが、急坂登山道の帰り道は本当にツラい
のです!!・・・。足と膝と腰が下りの衝撃で悲鳴を上げてくるの
です。そして、疲れてくるのでだんだんと意識が低下して来る中
滑ったりするので、下りの方が何倍も危険なのです・・・。今回の
僕達も、左俣林道に出る前のラスト20分間の下りは、意識の無い
ぐらいだったのでした~・・・。


a0353718_14344479.jpg
それでも何とか笠新道の下りを終えて左俣林道へ出ました~。
最後はかなり疲れました・・・。 新穂高に着いたのは3:00過ぎ。
全部で10時間程のワンデイ登山となりました~・・・。

左俣林道の奥にあるヘリポートでは、山小屋への荷上げ作業
があり、何度も何度もヘリコプタ-が、スゴい爆音を立てて
飛び回っていました~。僕はこの作業を見ると、自分が春に
していた涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業を思い出します・・・。
(また「涸沢ヒュッテ」に行かなければっ!!・・・。)

僕たちの登山は、忙しい夏を乗り切ってから9月になると
思います。またいろんな山へ登りたいと思います~~。
夏シーズンの「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-24 07:33 | アウトドア | Comments(0)

僕たち「カフェ・スプリングバンク」の夏は、皆さんに乗鞍高原へ
遊びに来て頂けるお陰で夏は忙しいのです。ありがたい事です!

なので、夏は忙しいのでなかなか夏山登山に行けてないのです。
それでも少ないチャンスで登ろうと、今年の夏山登山は今まで
ほとんど行けていなかった岐阜県側の山々へと、登りに行って
来ました~!! 

a0353718_11312692.jpg
今回の僕たちのターゲットは、「笠ヶ岳」ですっ!!・・・。
なぜ「笠ヶ岳」なのか??・・・。それは、やはり冬の山スキーで
来シーズンこの「笠ヶ岳」を山頂から→穴毛谷を、滑りたいと
思っているからです~。 今まで「チーム・スプリングバンク」の
バックカントリースキーでは、長野県側の山々を滑ってきたの
ですが、来シーズンは裏側(?)の岐阜県側も滑りたいと思って
ます~・・・。 なので下見も兼ねて今回は「笠ヶ岳」へと行って
きたのでした~~。

朝5:00に新穂高温泉を出発しての、ワンデイで「笠ヶ岳」へと
トライです~!!


a0353718_11313025.jpg
登り始めてスグの「左俣林道」は、砂利とアスファルト舗装の
入り混じった広い林道を歩いて行きます・・・。これから登って
いく左側の山肌が、垂直の岩壁が所々突き上げるように聳えて
いて、メッチャカッコ良かったです。

今回の夏山登山のパートナーは、冬にバックカントリースキー
でいつも一緒に滑ってもらっているAM君です! 彼は体力が
あって若いので、僕の足腰と体力が付いていけるかどうか不安
ですが、頑張ってきました・・・。


a0353718_11313528.jpg
早足で歩いていくと、30分もしないウチに「笠新道」の分岐点に
到着しました~。ここに水場があるので、水筒を美味しい水で
満タンにして、笠新道を上がって行きました~。


a0353718_11313974.jpg
「笠新道」は、これまた超急登で、一気に高度が上がって行きます!
少し登ると視界が一気に開けてきて、我らが乗鞍岳も見えました!
急登なのですが、岩の階段がとても歩きやすい歩幅で作られていて
とてもイイ感じでした。 


a0353718_11314751.jpg
「笠新道」の上部は、岩がゴツゴツしている中を登って行きます。
向かう先にはバットレスのような岩峰が見えてきました!!・・・。
この辺りでは陽射しがとても強くてメチャ暑かったのですぅ~。


a0353718_11315919.jpg
バック(東)を見ると、槍~穂高連峰が全て見渡す事が出来ます!
この眺望は、本当に素晴しくて最高です!!! いつも僕たちが
長野県側から見ているのと逆の裏側の景色に感動ですね!!・・・。


a0353718_13462383.jpg
そして!、「笠新道」を抜けてコルから「杓子平」に到着です~!!
到着すると向こう側の景色がまた一気に開けて、向かう「笠ヶ岳」
が見えました!! 圧倒されるぐらいの広がりがある景色です!

ここでやっと休憩&カロリー補給をしました・・・。新穂高温泉を
スタートして、ここまでで3時間かかりませんでした!


a0353718_13463154.jpg
休憩でリフレッシュしてから、「笠ヶ岳」を目指して「杓子平」を
登って行きます・・・。ここの景色は本当に最高なぐらいに美し
かったです~! この斜面を雪のある時に思いっきり滑ったら、
どれだけ気持ちイイんだろうか?!という話ばかりしてました。


a0353718_13464041.jpg
「杓子平」を登り切ってやっと「笠ヶ岳」へと続く稜線に出ました!
ここまで来ると、やっと「笠ヶ岳」が近づいてきたように思えたの
でした~。 稜線に出ると冷たい風が吹いていてメッチャ気持ち
良かったです~!!


a0353718_13464866.jpg
目の前に「笠ヶ岳」を見ながらの、この稜線歩きが、もうトンデモ
ないぐらいに気持ちよかったのでした!! 歩きはもう平行移動
で楽チンだし、風が冷たくて気持ちイイし、景色は最高だし!で、
乗鞍高原と同じように、天空の楽園のようでした!


a0353718_13465526.jpg
所々、まだ雪渓が残っていました。緩い斜面のトラバースですが、
雪が硬くて、一度滑ったら止まれない感じだと思いました・・・。
でも僕たちはスキーヤーなので、スキー板が無いのが残念でした。


a0353718_13470356.jpg
そして!、新穂高温泉を出発して約4時間半ほどで「笠ヶ岳小屋」
に到着出来ました~!! AM君の予想通り、5時間ぐらいで
何とか山頂に登頂できそうです~~。 (良かった・・・・)


写真の都合で、
登頂はその②へ続く!!・・・・。






[PR]
# by springbk2 | 2017-07-23 07:32 | アウトドア | Comments(0)

先日の某日・・・、お店のバータイムのオープン時に外を見てみると、
少しだけオレンジ色に色付いていたので、カメラを持って外に出て
久しぶりに夕焼けを写真に収めたのでした~・・・。

a0353718_10500130.jpg
今年はなかなか夕焼けの写真を撮る機会がなかったのです・・・。
この日も色付きは淡い感じだったのですが、それでも美しい、
空に近い乗鞍高原の夕焼けなのでした~~。


a0353718_10501014.jpg
飛行機雲でしょうか?・・・・。筋状の雲も、少しオレンジ色になって
いて、儚くも美しいかったです~。


a0353718_10501400.jpg
そして、漆黒のシルエットになった乗鞍岳を見上げると、
夕焼けはどんどん最後のチカラを振り絞ったような、濃い
色合いになっていったのでした~~。

a0353718_10501810.jpg
いつも書いているのですが、朝焼けや夕焼けの色づきは、約5分
程の、とても短くて、とても儚く、とても美しい瞬間なのです!
心がジ~~ンとしてしまいます・・・・。

ぜひ、乗鞍高原に1泊して、こんな美しい夕焼けを見て下さい。
感動すること間違いなしですよ~~。夕焼けを楽しんだ後は、
ぜひ!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-07-22 07:49 | 日常 | Comments(0)

毎年6月の最初の週末に、「アードベッグ・デイ」と言うイベントが
あります!!・・・。そこで毎年、1年に1回、限定品アードベッグが
販売されるのです!!・・・。 

2013年は「アードボッグ」・・・。 2014年は「オーリヴェルデ」・・・。
2015年は「パーペチュアム」・・・。 2016年はこの「ダークコーヴ」!
そして今年、2017年は「ケルピー」でした・・・・。

アードベッグ蒸留所200周年の2015年からは熱狂的な流行になって
しまって、このイベントも限定ボトルも狂気の如く高騰してしまった
のでもう手が出ませんので、今年の「ケルピー」を買う事は出来ません
でしたので、去年のボトル「ダークコーヴ」を開けたいと思います!!
a0353718_09165826.jpg
この「アードベッグ」と言うアイラモルトは、スコットランド西南端
に浮かぶ小さな島「アイラ島」で造られるシングルモルトウイスキー
です。アイラ島で造られるモルトウイスキーは、どこの蒸留所でも
ピートを焚き込んで煙で燻して原料の麦芽を造るので、どの銘柄も
スモーキーなフレーバーがあるので有名なのです。

「アードベッグ」の創業は1815年。「ジョン・マクドゥーガル」さんが
家族で経営していた小さな蒸留所でした・・・。その後、100年近くも
マクドゥーガル家が経営されてきました。しかし、20世紀後半には
経営が不安定になってきて、操業停止したり、再会したりが続いて
ついに1980年には、操業停止したままになってしまいました!・・・。
もうダメなのか?と思われた時!、モルトウイスキーの大手の一つ
である「グレンモーレンジ」社が1997年に買収して立て直します!
そしてそれ以降は世界的なアイラモルトのブームが一気に来たので
「アードベッグ」は劇的な復活を遂げ、一躍アイラモルトのスターに
なっていったのでした~!!


a0353718_09170403.jpg
この「ダークコーヴ」は、アードベッグの歴史上最もダーク=「謎」な
1本!!シェリー樽でもダークシェリーの樽で熟成されたものらしい
です!! 昔むかしの密造時代に、アイラ島の海辺の暗い洞窟の中で
見つからないようにウイスキーを造っていた事や、密造や密貿易が
全盛だった頃の「アイラ島」の暗黒時代をオマージュとして2016年の
アードベッグ・デイにたった1度だけ販売された限定品です~!!

ダークシェリー樽熟成の「アードベッグ」の美味しさは、本当に格別
なのです! なので、この「ダークコーヴ」を開けたいと思います!!
アイラモルト・ファンのみなさん、そしてもちろん!アードベッグ
愛好家のみなさん!、ぜひ「ダークコーヴ」飲みに来て下さい~!!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いしますぅぅ~~。












[PR]
# by springbk2 | 2017-07-21 07:14 | お店からのご紹介 | Comments(0)

この春も、5.11グレードのルートが墜ちてきていて、ナゼだか
分かりませんが調子良かったので、もう1本墜としたいルートが
あるので、この夏の3連休の前に今春シーズン2回目の甲府幕岩へ
と遠征に行って来ました~。

a0353718_22121759.jpg
この某日も、雨の予報だったのですが当日は晴れました~!!
何だか今年の梅雨は、関東では本当に雨が少なくて「空梅雨」
ですね~・・・。僕たちアウトドア~な人にはイイですが、農業や
水の貯水には、厳しい夏になるかも知れませんね・・・。


a0353718_22122416.jpg
僕たちが狙っているルートは、前回と同じ「ブラッキー(5.11b)」
です・・・。5月に1回来ているのですが、スグにはレッドポイント
は出来ませんでした・・・。なので今回は絶対に墜としたいと思い、
最初にカラビナを掛けてトップロープでムーブを確認してから
一撃必殺のトライをかけたのでした~!!


a0353718_22123356.jpg
今回は最初に僕のクライミングですぅ~・・・。
気合十分でトライしていったのですが、核心部分の4~5ピン目の
上部でカンテの左手が滑ってしまいフォール!!・・・・。 その後
十分レストをして2回目のトライも掛けてみたのですが、またもや
同じ核心部分でフォール!!・・・・。この日は何だか、左が上手く
行きませんでした・・・。


a0353718_22123944.jpg
僕の後、隊長のK8のクライミングです~!! 今回彼は、本当は
隣の「シルキー(5.11b)」へとトライすると思っていたのですが、
フォールした僕に気を使ってか、同じ「ブラッキー」へと挑戦して
くれました~。 しかし、慣れていないせいか、K8も同じ部分で
フォール!!・・・。
本当に気合十分で行った甲府幕岩遠征だったのに、今回も完登は
出来なかったのでした~・・・。 今回も非常に悔しいクライミング
になってしまったのでした~~。


この甲府幕岩の「ブラッキー」!、夏の忙しくなる前にもう1回
行って墜としたいと思うのですが!・・・。僕たちは夏が忙しくて
1ヶ月以上休みがなくなるので山やクライミングには行けないの
です・・・。 そうなる前にもう1回トライしたいと思います~~。
クライマーの皆さん、よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-20 07:11 | アウトドア | Comments(0)

書くのが遅れて、もう3連休のもう一週先週末の事になりますが、
「鈴鹿サンデーロードレース」が行われていました。そのレースに
僕たち「カフェ・スプリングバンク」が一緒に鈴鹿8耐を戦ってきた
TKさんがまた参戦されました~!!

a0353718_12071580.jpg
僕たち「カフェ・スプリングバンク」は、2013年~2015年まで、
「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に、サポート&スポンサーとして
参戦していました。(その時のレースの様子はコチラ→「鈴鹿8耐」)
いろいろ事情があり、現在は鈴鹿8耐には参戦出来ていませんが、
ライダーのTKさんは今も鈴鹿サーキットのサンデーロードレース
インター1000クラスで走られているのです! 

今回のレースは鈴鹿西コースのレースだったようです・・・。僕には
メッチャ懐かしいパドックの画像です~・・・。


a0353718_12072194.jpg
そして、今回も!!、
TKさんのレーシングバイク、GSX-Rに「カフェ・スプリングバンク」
のステッカーを貼って頂きました~!! 今回は新品のカウルなの
です!!なので、僕がステッカーを送るのが間に合わなかったので
昔の仲間が温存していた(らしい?)、四角い旧ステッカーを貼って
頂いていました~・・・。

鈴鹿サーキットを走っている1000ccクラスのレーシングマシンに、
僕達「カフェ・スプリングバンク」のステッカーが貼ってあるのです!
TKさん、今回も本当にありがとうございます!! 感謝感激です!


a0353718_12072638.jpg
今回のチーム名も「日野精機&京都トヨタfeat.フェニーチェ」です!!
予選ではベストタイムが出たらしく、14位! そして決勝レースは
スタートが決まって一時10位!まで順位が上がったらしいのですが、
セッティングがピッタリ決まらなかったらしく、14位でフィニッシュ
だったようです~~。前回の5月のレースは転倒だったので、今回は
完走で良かったです!! でも、ライダーのTKさんはやはり悔しそう
なコメントでした・・・。


モーターサイクルレースファン&カフェ・スプリングバンクのファン
の皆様、鈴鹿サーキットで「日野精機&京都トヨタfeat.フェニーチェ」
を応援よろしくお願いします~!! 「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店もお待ちしています~!! よろしくお願いします~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-07-19 07:05 | イベント | Comments(0)

ついに!今年もまた、
この時期が来ました!

「カフェ・スプリングバンク」の、夏のカクテルといえば、コレ!、
フレッシュスイカを使った「スイカ・ソルティードッグ」です~。
a0353718_14032496.jpg
今年も、夏は農家のテル先生にスイカを頂きました~!!なので
「カフェ・スプリングバンク」の夏の味、夏の風物詩カクテルの、
「スイカ・ソルティードッグ」を造りたいと思います~!!

もちろん、使うスイカは地元・波田産の「下原スイカ」です~!!
この「下原スイカ」は、食べた人なら分かって貰えると思いますが、
日本一美味しいスイカなのです!! 爽やかに甘くて、味わいが
とても濃厚で、本当に美味しいのです!!


a0353718_14032982.jpg
この極上の「下原スイカ」を、カウンターでジュースにして作る
「スイカ・ソルティードッグ」は、この時期だけの特別カクテル
なのです~!! ぜひ一度ご賞味して下さい。スイカが好きな
方は病みつきになるカクテルです~~。

この時期だけの「スイカ・ソルティードッグ」飲みに来て下さい~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~!
よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-07-18 07:03 | お店からのご紹介 | Comments(0)

ワイン 458

みなさん、猛暑の都会から抜け出して涼しい乗鞍高原で美味しい
ワインはいかがでしょうか~?! 今回も「安旨ワイン探検隊」が
安くて美味しいワインを飲み尽くしますぅ~~。

「ジュヴレ・シャンベルタン、ドメーヌ・トルトショ」2012年です!
a0353718_14463983.jpg
このワインは、いつも通りフランスはブルゴーニュ地方の銘醸地
である「ジュヴレ・シャンベルタン」で造られているピノ・ノワール
種のワインです~~。

造り手は「ドメーヌ・トルトショ」です。1865年に先代の「ポール・
トルトショ」さんが創業。以来4世代に渡って常に高品質のワイン
を造り続けてきました。中でも「ジュヴレ・シャンベルタン」村の
ワイン委員会の会長であった「ガブリエル」さんが、自身のドメーヌ
のワインの品質を向上させて名声は一気に高まっていったようです。
現在は、「ブリジット」さんと「シャンタル」さんの2人の娘さんへと
受け継がれています。

「ドメーヌ・トルトショ」では「ジュヴレ・シャンベルタン」村の畑を
中心に自然農法であるリュット・レゾネ、2010年にはビオロジック
で農薬不使用でブドウが造られています。ブドウは100%除梗され、
4~5日間の低温浸漬をします。そして天然酵母で12~15日の発酵
が成されます。そして25%~50%の新樽比率で15~18ヶ月ほどの
熟成が成されます~~。


こんなに手間隙かけて造られる村名ワインが、「トルトショ」だと、
何と!3千円台後半なのですっ!! こんなに格安なブルゴーニュの
ドメーヌはなかなかありません。 今回は一気にテイスティングと
なりました~~!! オ~プンですぅ~~。
a0353718_14464429.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!
イチゴのような果実感と高級コーヒーのようなロースト香があり、
奥の方に甘い漢方薬のような複雑さもあり、素晴しい香りです!!
味わいも滑らかで、穏やかな酸味とのバランスが非常に良いです!
難を言えば、少し薄く感じるぐらいで、他は全てクラス以上です!

「トルトショ」のワイン、驚愕のコストパフォーマンスで素晴しい
ワインだったのでした~!! これで3千円台は即買いレベルの
安旨ワインだと思いました~!!

乗鞍高原へお越しの際には「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-07-17 07:45 | お店からのご紹介 | Comments(0)

先日の7月1日から「乗鞍・シャトルバス」が運行開始になったので、
今シーズン初めて「畳平」へと上がってきました~。天空の楽園の
ような乗鞍岳山頂方面のようすをご紹介したいと思います~。

a0353718_19424779.jpg
「畳平」に到着してから、鶴ヶ池を回り込んで駐車場に向かいます。
鶴ヶ池の北側にはまだ雪渓が残っていました~。この日は快晴では
ありませんでしたが、雨上がりの後の青空の色がとってもキレイで、
乗鞍ブルーと雪渓のホワイトがたまらなくgoodなコンビネーション
でした〜~*\(^o^)/*


a0353718_19460899.jpg
「畳平」を訪れた観光のお客様の殆どが散策される「お花畑」。
今年は残雪が多く、エコーラインとスカイラインが開通しても、
オープンできない状態が続いていました。「お花畑」は駐車場
よりも1段下にあるので、階段部分の融雪が進まないと、下り
の道が危険で解放できないらしいのです。除雪を進めて7/11に
ようやくオープンできたそうです~。こんな風に雪の壁を通り
抜けていく「お花畑」は初めてかもしれません。


a0353718_19462376.jpg
でも「お花畑」自体には残雪はありません。木道もしっかりと
露出していて、ぐるりと1周気持ちよく歩くことができます~。


a0353718_19463035.jpg
「お花畑」の出入口付近でまず咲いていたのは「ハクサンイチゲ」です。
まだ白玉のような蕾の株も多かったので、これからが見頃でしょう。
お花畑を白く染めるようにたくさん咲くので、とても綺麗です。


a0353718_19463708.jpg
そして「ショウジョウバカマ」の鮮やかなピンク色も見つけました。
木道の奥の方では「クロユリ」なども咲き始めているそうです。
昨年は7月上旬に既に「クロユリ」が満開になって驚きましたが、
劇的に雪が少ない年でしたので、特別だったようです。今年は
ゆっくりと進みそうな感じです。

a0353718_19464464.jpg
高山植物は、鶴ヶ池の周囲でも早々に咲き始めていました。
「ハクサンイチゲ」「ミヤマダイコンソウ」「ミヤマキンポウゲ」
「ヨツバシオガマ」「ミヤマハタザオ」「ヤマガラシ」「イワツメクサ」
など、白と黄色の花が多いです。


a0353718_19465058.jpg
高山植物の女王「コマクサ」も順調に開花しているようです。
鶴ヶ池を囲むように聳える魔王岳や、大黒岳、富士見岳など、
それぞれの斜面で咲いていて、簡単に見つけることができます。
頂上まで登って穂高や乗鞍山頂の眺めと一緒に楽しむのもイイ
ですし、登るのがキツイ人は池の周囲を歩くだけでも観賞できます。


a0353718_19465997.jpg
これは、畳平よりも少し下の車道沿いで咲いていた「チングルマ」。
花から綿毛まで、ず〜っと見ていて楽しいお花です。


a0353718_19471032.jpg
そして、今年は雪が多かったので、まだこんな景色をご覧いただけます。
大雪渓より少し上、3号カーブ付近からの眺めです。中央の白い部分が
「大雪渓」です。その右側にも摩利支天岳の斜面に雪渓が残っています。
ここもちょっとした雪の壁になっていますので、7月に雪の壁を見られる
場所としてお薦めです。



a0353718_19471507.jpg
春山バスの運行期間中、最も高い雪の壁を楽しめる4号カーブは、
こんな感じになっていました~!!だいぶ融けてきていましたが、
今がもう7月であることを考えると、やはりスゴイな〜別世界だ147.png
と思います。


a0353718_19472196.jpg
こちらは4号カーブよりも少し下、「宝徳霊神」バス停のある5号カーブです。
ここも毎年7月下旬まで雪が残る場所ですが、今年は特に見応えがあります。
1週間前にこの雪渓を歩きましたが、高さは3mほどでした。
この日は2.5mほどになっていました。こういう雪渓のそばを通過する時に
感じる"冷気"もたまりませんよ〜104.png 都会にお届けしたいくらいです。



a0353718_19472707.jpg
乗鞍エコーラインを歩いたり、自転車で走ったりしていると、野鳥の
「ホシガラス」を見かけます。つがいでしょうか? 最初は岩に2羽で
留まっていたのですが、写真を撮っていたら1羽が飛び立ってしまい
ました・・・。



a0353718_19474312.jpg
そして、その後「位ヶ原山荘」にも久しぶり立ち寄ってきました。
美味しいうどんを頂いて、休憩タイム♬  本当に晴れた日の
ここからの眺めは最高ですね~~~。


a0353718_19475044.jpg
富士見岳の斜面を見上げると、まだダケカンバの新緑が眩しい
感じでした。 この辺りはやっと新緑の季節なんですね~~。
残雪の白やオオシラビソなどの常緑樹と並んでいると、新緑の
その明るい緑色がより美しく見えるのかもしれません。


a0353718_19475666.jpg
帰り道の乗鞍エコーライン沿いでも、可愛いお花をたくさん見ることが
できました~~。中でもオレンジ色の「クルマユリ」が目立っています。


3連休いかがお過ごしでしょうか?? 暑過ぎる猛暑の都会を逃げ出して
標高が高くて涼しい乗鞍高原で、気持ちよくなりませんか~?!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-07-16 07:42 | Comments(0)