カテゴリ:アウトドア( 141 )

昨日は乗鞍高原でも、かなり雪が降り積もりました!! 
「カフェ・スプリングバンク」の夜のバータイム営業が終わる時間には
雪がシンシンと降っていて、10cmほどの積雪となっていたのです!

なので、これは!、やはり!!、と言うか絶対に!、
行くでしょう!!!
という事で、ドパウダーで初滑りをしに、カモシカ斜面へと向かって
行ったのでした~~!!

a0353718_10423267.jpg
まだ真っ暗な早朝5:30に起きて、スキーの準備をして、6:30頃に
乗鞍の休暇村駐車場から出発!・・・。ちょうど朝焼けになってきて
幻想的な色合いの朝焼けの中をスキーにシールを付けて、休暇村の
ゲレンデを登って行ったのでした~。


a0353718_10423801.jpg
そして、カモシカ斜面へ上がってくると、予想通りホイップクリーム
のようなパウダーが降り積もったノートラックのゲレンデが、僕達を
待っていてくれたのでした~!!  もう、これだけでも、
最高ですぅ~!!


a0353718_10425267.jpg
朝焼けで少しピンク色に染まったカモシカ斜面を、どんどん登って
いきます・・・。全ては、ノートラックのパウダーを滑るために!!、
そして、「Earn Your Turn」、自分の滑る分は自分で稼げ!という
シンプルで一瞬の快楽を得るためにです!!・・・。


そして、初滑りが達成されたのでした~!!
「カフェ・スプリングバンク」の2018シーズンも、ここから始まります!!
a0353718_10452843.jpg
まず最初は、僕のファーストランからです~~。カモシカ斜面の雪質は
本当にサラッっサラの超ドライなパウダーで、何でも出来そうなぐらい
気持ちよかったです~!! スプレーも良く上がりました~。


a0353718_10432583.jpg
そして、スプリングバンクN のファーストランです~!!!
今シーズン初滑りで、この超ドライパウダー!!・・・。
そしてバックは紺碧の青空!!、もぅ本当に最高でした~~。


a0353718_10434549.jpg
まさかの3番手は、僕たちよりも先を歩いていた、岐阜県から来た方
です~。 Mt.乗鞍にはよく滑りにいらっしゃる方のようで、僕たちは
名乗っていないのに、チーム・スプリングバンクを知っていらっしゃる
ようでした・・・。スキー上手かったので、撮影させて頂きました。


a0353718_10455983.jpg
お互いに初滑りのファーストランを終えたら、もちろん登り返しです!
スキーにシールを貼りなおして、時間の許す限りガンガン行きます!!


a0353718_10452014.jpg
そして、パウダーランは、2本目、3本目と続きますっ!!!
この画像は、スプリングバンクN の3本目の滑走です~~。
慣れてきたようで、テレマークターンが決まっていました~。


a0353718_10435327.jpg
そして、僕も3本目に突入して行きました~!!
朝イチは気温もマイナス8℃と冷えていたので、本当にサラッサラの
超ドライな40cm程のパウダーで、初滑りにも関わらず、
膝~腰パウ!!!
a0353718_10435965.jpg
そして、そのまま、上がったスプレーに消えてしまいそうになって
いったのでした~~。
あ゛ぁ、快感っ!!・・・。


a0353718_10440566.jpg
朝8時頃には、3人で滑っていたので、もうかなりのシェプールが
入りました・・・。「ツワモノどもの夢の跡」ですね~。
この後にも、5人ほどのPJな方々が登ってこられていました~。

今シーズンも、ここから始まります~!! パウダージャンキーな
皆さん、乗鞍高原へ最高のパウダーを滑りに来て下さい~~!!!
そして「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~。ご来店
お待ちしています~!! 今シーズンもよろしくお願いします~。




[PR]
by springbk2 | 2017-11-22 07:41 | アウトドア | Comments(0)

先日のある晴れた某日・・・。今シーズン最後かも知れないクライミング
をしに、隊長であるK8と一緒に向かって行ったのでした~・・・。

a0353718_14392773.jpg
行き先は、ココ、「太刀岡山」・・・。
ルートは、「ハッピーバースデイ(5.11a)」です・・・。

なぜか?!と言うと・・・、「ハッピーバースデイ(5.11a)」のルートは、
クライマーの皆さんが口を揃えて、「5.11aのスタンダードだな!」と
言われているので、やはり僕たちも登っておかなければ!と言う事、
そして今シーズンの最後かも知れないクライミングはスッキリ完登
して、今シーズンをビシッと締めくくりたいと思ったからなのです!
そして先日の鳶岩では、5.11aオンサイト出来たので、まあオンサイト
はダメでも5.11aなら登れるでしょう!と言う事で、今回もオンサイト
狙いで「ハッピーバースデイ(5.11a)」へトライしてみたのでした~。

しかし!、先日の5.11aをオンサイト出来た心の過信が、最後に来て
「仇」となってしまうのでした~・・・・。


a0353718_14393358.jpg
K8のオンサイトトライが一気に始まりましたっ!!
下部は傾斜が無いのでサクサクと登って行きます・・・。
そして上部の核心部分でも、ムーブが分からないままですが、
何とかデッドポイントで無理くり登って行きました!!
そして!、何と終了点まで到達してあとはもう一手!!、
ロープを終了点にクリップすればオンサイトだ!!!という所で
フォール!!!
メチャメチャ惜しいクライミングだったのでした・・・・。

a0353718_14393801.jpg
オンサイトトライで無理をして登っていたせいで、1本登っただけで
かなり腕がパンプアップしてしまい、2本目のトライもしたのですが、
K8はまたもや終了点直前まで辿り着いた所でチカラ尽きてしまって
フォール!!!・・・・。 2回ともメッチャメチャ惜しい、惜し過ぎる
クライミングだったのでした~・・・。

でも、さすがです!!


a0353718_14394205.jpg
そして、僕のオンサイトトライのクライミングです~・・・。
僕も最初のオンサイトトライで、ホールドもムーブも分からずで
無理やり登っていた感じだったので、上部の少し前傾したハング
部分で頑張りすぎてしまって、腕の保持力が耐え切れなくなって
フォール~!!!


a0353718_14394689.jpg
なので僕の2回目のレッドポイント狙いのクライミングでも、
もう腕がパンプアップしてしまっていて、2時間ほどレストをした
後にトライをしたのですが、やはり1度かなりパンプしてしまった
腕はスグに元には戻らずで、結局上部の核心部分でフォール~~。
結局、スグ登れるだろう!と思っていた「ハッピーバースデイ」は、
登ることが出来ませんでした・・・。
ハッピーバースデイ、
ナメてました!・・・。

でも、全く難しいとは感じなかったので、たぶんカラビナを掛けて
ホールドとムーブを確認してからのレッドポイント狙いにすれば、
登れたとは思うのですが、やはりオンサイトトライをしてみたい!
と思ってしまったのでした・・・。 1テンションでスグに登れるので、
たぶん!、次回に腕がフレッシュな時にトライすれば必ず登れると
思います・・・。が、しかし!、次回がいつになるのか?が問題・・・。 
あぁ、残念でした・・・いや、情けないクライミングなのでした・・・。

また修行し直してきます~。クライマーの皆さんよろしくです~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~!!






[PR]
by springbk2 | 2017-11-17 07:38 | アウトドア | Comments(0)

おそらく今シーズン最後になると思われる、AM君と行った
「錫杖岳」の1ルンゼルート、マルチピッチクライミング~!!
昨日の続きです~!!

a0353718_10415646.jpg
5ピッチ目を行く、僕のクライミングです~~。この凹角状のピッチは、
たぶんこの1ルンゼルートの核心のピッチになると思われます。なので
スッキリとした垂直の岩壁のピッチになっていて、やはり!ここが一番
楽しいピッチとなりました~。

バックには「白壁」がありますが、その向こうに雪を少しだけ纏った
錫杖岳本峰が大迫力で見えていました~~!!


a0353718_10421535.jpg
そして、5ピッチ目の最後のスラブ状のセクションを越えてくるAM君
です~~。通常の人だと、いきなりこの高度感だとかなり怖くなるの
ですが、AM君は全く怖がらないで、むしろメチャ楽しそうでした!
もぅ本当に、さすがです~~。


a0353718_10422556.jpg
6ピッチ目の僕のクライミングです~。ここから一気に狭い岩と岩の間の
ルンゼ状のピッチになっていきました。スタートは、ちょっと広いスラブ
なのですが、そこから一気に狭くなっていきました・・・。


a0353718_10423540.jpg
その狭いルンゼの中を一気に登って来るAM君です~。バックに聳える
ビルディング状の岩壁が、一層高度感を醸し出していますね!!・・・。
このピッチも垂直の狭いルンゼだったので、難易度的には核心部分だと
思いました~~。 それでもAM君はピースサインで楽しそうです~。


a0353718_10425094.jpg
そして、その上の短い7ピッチ目を登って、終了点まで来ちゃいました!
今回もヤリました~!!
登る前は取り付きで岩壁が濡れていたので、どうなるかと心配だったの
ですが、最終ピッチの終了点までトップアウトできて、良かったです!
バックには少しだけ白い「焼岳」も、輝いて見えました~!!


a0353718_10431185.jpg
でも!・・・・、
終了点まで登っても、まだその上には岩が続いているので、もう少し
だけ登ってみよう!という事になり、1ルンゼルートは終了している
ハズなのですが、もう1ピッチだけ登っていったのでした~。

その最後の1ピッチも、けっこう垂直の岩壁セクションが続いていて、
楽しかったです~。 最後の最後でのトラバースを決めるAM君です。
素晴しい高度感のある写真を撮らせてくれました~~!!


a0353718_10431996.jpg
そして、やっと稜線の見える「横断バンド」らしき所まで来ました!
ここから上はもうクライミングではなく「歩き」になるようです・・・。
なので、僕達のクライミングも、ここで終了としたのでした~。


a0353718_10433636.jpg
最上部の「横断バンド」のところで、穂高連峰の絶景を見ながら、
お昼ご飯をゆっくりと食べました~。左から涸沢岳、奥穂高岳、
真ん中ちょい右の尖ったのが西穂高岳です。いつも思うのですが
錫杖岳から見る穂高連峰は、まさに絶景ですね!!


a0353718_10441081.jpg
そして、また来たルートを懸垂下降で帰って行ったのでした~・・・。
さ~よ~ならぁ~~。
シュルルゥゥゥ~~。

1ルンゼのスタート地点である取り付きでは、岩壁が濡れていたので
どうなるか?と思ったのですが、終わってみれば快晴のキレイな青空
の中で陽射しがとても暖かくて、快適なクライミングを楽しめたので
ありました~~。トップアウトできて稜線まで行けたので、良かった
です。

もう北アルプスでのクライミングのシーズンは終了してしまいます。
なので、「次回はバックカントリースキーで!」と、AM君とお互いに
言い合って帰っていったのでした~。この「晩秋」という切ない季節は、
クライミングのシーズンが終わる寂しさと、雪が降ってスキーシーズン
が始まる楽しさと期待感が、心の中で渦巻く奥ゆかしい季節ですね~。
うつろいゆく四季を、どの季節もそれぞれ楽しめる心を育んでくれる
山でのアウトドアは、本当に最高だと思います~。

それでは、みなさん!、雪が降り積もった乗鞍岳バックカントリー
スキーで会いましょう~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。 









[PR]
by springbk2 | 2017-11-11 07:41 | アウトドア | Comments(0)

今年の秋、10月は特に雨ばかりだったので、なかなかアルパイン的な
マルチピッチ・クライミングには行けなかったのでした・・・。

そして11月になり、乗鞍岳を含む北アルプスには雪が降ってきたので
もう今シーズンのマルチピッチ・クライミングは、終了かな~と思って
いたのです・・・。

しかし!、11月も半ばになってきてからスッキリ晴れの日が多くなって
きていた、そんな中!・・・、チーム・スプリングバンクのAM君から1本の
電話が掛かってきて、「今シーズン最後のマルチに行きましょう!!」
というお誘いがあったのでした~。

a0353718_10324223.jpg
でも、もう北アルプスの山頂は積雪で真っ白になっているのですが、
まだ「錫杖岳」ならいけるかな~と思って、行ってみたのです!・・・。

なので、今シーズンは「錫杖岳」にはまだ行ってなかったのと、冬に
アイスクライミングの1ルンゼで、氷のコンディションがかなり悪くて
トップアウト出来ていなかったのと、グレードがAM君にはピッタリな
感じなので、錫杖岳の1ルンゼ狙いで行って来て見ました~~。


a0353718_10324950.jpg
しかし!、錫杖岳1ルンゼの取り付きに到着してみると、ルートには、
数日前の積雪が山頂付近に残っていて、それが融けて流れてきていて、
1ルンゼ内のルート上の岩壁が濡れていたのです!!・・・。登るか?!
どうしようか?、メッチャ悩みましたが、AM君と相談してとりあえず
行けるところまで登ってみようという事になりました・・・。
クライミング・オンです~。


a0353718_10330942.jpg
1ルンゼの出だしの1ピッチ目~2ピッチ目は、ルンゼ内のルート上が
流れる水で濡れていたので、エスケープバンドからトラバースをして
3ピッチ目からスタートしました・・・。なので、この3ピッチ目が僕達
の1ピッチ目になりました~。


a0353718_10331545.jpg
2ピッチも上がってくると、事実上4ピッチ目になるので、もうかなり
高いところまで来ていました~!!ここですでに、かなりの高度感が
ありました!!バックに聳えているビルディング状の「V字岩壁」が
スゴくカッコ良かったです!!


a0353718_10334509.jpg
そして、3ピッチ目も快適にサクサクと登って来るAM君です~!!
この辺りまで来ると、なぜか水が滴って濡れている所が無くなって
きて、快適に登れるようになってきていました~。 陽が当たった
からでしょうか?・・・、とにかく、上部まで登れそうな感じになって
きたので良かったです~。


a0353718_10392093.jpg
4ピッチ目の僕のクライミングです~。このピッチは、トポで見ると
左に横切ってから上るようにラインが引かれていたのと、ルンゼ内が
少し濡れていたので、写真のようなカンテ~フェイスを登りました。
初めて登るルートだと、どこが本当のラインか分からないところも
ありますね・・・。


a0353718_10392752.jpg
まあ、それでもグレードが「V+」なので、たぶん(体感)「5.9」ぐらい
だったので、一気に登って行きました~。このピッチも垂直の岩壁
になっているので、登っていてとても楽しいピッチでした。


a0353718_10400975.jpg
バックに「白壁」!!!
「白壁」には、有名で高難易度のルートがたくさんあるのです!!・・・。
ここから見ていても、素晴しいと分かるほどで、挑戦欲をそそられて
しまいますね~。また腕を上げて、挑戦してみたいと思いました~。

その②へ続くっ!!





[PR]
by springbk2 | 2017-11-10 07:31 | アウトドア | Comments(0)

先週の、朝焼けでピンク色に染まった乗鞍岳が美しい某日に、
またクライミングに行ってきちゃいました~。 

a0353718_10461534.jpg
前回は、いよいよ5.11cにに挑戦しようと坊抱岩へと行ったのですが
台風の影響で冠着山の登山口までの林道が、土砂崩れで通行止め!に
なっていたのです・・・。役場へ電話して道路状況を聞いてみたのですが
修復は未定という返事だったので、今シーズンは「坊抱岩」へ行くのは
諦めて、鳶岩へと行ってきたのでした・・・。あぁ、残念!・・・。


a0353718_10441424.jpg
それでも、チーム・スプリングバンク、クライミング部隊隊長のK8の
モチベーションは下がることはありませんっ!! 鳶岩でも5.11aの
ルート「フィッシュアイ」へと一気にトライ!! 最初は僕がカラビナ
を掛けてからK8がトライして行きましたが、最初の2ピン目下での
トラバースがちょっとバランシーな感じだったのですが、スルスルっ
と越えて行き、一気にトップアウトして行きました~!!
ヤリましたぁ~!!
5.11aグレードを
オンサイトですっ!!
もぅ、本当にスゴイですぅ~~!!・・・。


a0353718_10462399.jpg
カラビナ掛けに登った僕のクライミングですぅ~・・・。
僕は最初、ルートが分からずに直上してしまったので、もしかしたら
ルートから外れてしまっているのかも知れません・・・。でも、それでも
一度もフォールすることなく一応トップアウト出来たので、5.11aを
オンサイトになるのでしょうか?!・・・。ちょっと疑惑のオンサイト
になってしまいました~・・・。でも登れたので嬉しいです!!


a0353718_10462965.jpg
「フィッシュアイ(5.11a)」はオンサイトだったので、その後珍しく時間が
余ったので、「みかん」へ直上するルート「デーモン(5.10d)」へとトライ
してみました~。でも、もう腕が少しパンプアップしていたので、途中で
フォール!!・・・。グレードが低い5.10dルートなのに完登ならずでした。


a0353718_10463305.jpg
そして、僕の敵を討つように、K8もトライしてくれました~。しかし、
K8も僕と同じようなセクションで、フォール!!・・・。そのまま帰った
ので、せっかく5.11aがオンサイト出来たのに、5.10dが登れなかった
悔しさだけが残った、帰りの車内だったのでした~・・・。


これからドンドン寒くなってきて、長野県ではクライミングシーズンが
残り少なくなってきています。今秋シーズン、あと何回クライミングに
行けるのか?! あとどれぐらいのルートを完登する事が出来るのか?!
もう少しだけ頑張りたいと思います~~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-11-06 07:43 | アウトドア | Comments(0)

先週の、台風と台風の間の、つかの間の晴れの日に、またクライミング
に行ってきたのでした~。今回僕達が向かったのは、今年の秋シーズン
に墜とそうと思っている、「アッサーⅡ(5.11c)」というルートがある、
ホームゲレンデ、坊抱岩です~・・・。 でも、台風の影響で車で走って
いく林道が土砂崩れになっていて、通行止めになっていたアクシデント
がありました!!・・・。 なので、もしかしたら今秋シーズンこれ以上
坊抱岩へ行けないかも知れません・・・。


a0353718_12502434.jpg
「アッサーⅡ(5.11c)」には10月の最初に1度目を触っているのですが、
それからもう約1ヶ月ぐらい間が開いてしまったので、ホールドなども
忘れてしまっています・・・。なのでK8はまた念入りにホールドとムーブ
を確認しながら登っていました・・・。

a0353718_12503002.jpg
そして、核心部分も何度もホールドを確認しながら、デッドポイントを
ガッツリと決めて、いました~。この次は登れそうな感じになってきて
いるように思いました~・・・。


a0353718_12503659.jpg
そして、僕のクライミングです~・・・。 僕もホールドとムーブを確認
して行きましたが、最後には一度挑戦してみたくなり、1トライを掛けて
みたのでした~~。


a0353718_12504189.jpg
5ピン目まではスムーズに登っていくことが出来ましたが、やはり核心の
部分での保持力が足りずに剥がされてしまって、フォール!! やはり
核心部分が難しいと思いました・・・。 ダメダメでした~~。

それでも、もう後数回登りに来ることが出来れば、レッドポイント出来る
と感じていました~・・・。 でも、林道の通行止めがどうなるのか?!・・・。
通行止めのせいで、もしかしたら来春シーズンに持ち越しになってしまう
かも知れません・・・。 早く土砂崩れを直して通行止め解除して欲しいです。

クライマーの皆さん、またよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
乗鞍高原へ来たら、コーヒーにでもお立ち寄り下さい~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-11-03 07:49 | アウトドア | Comments(0)

「限界のその先までペダルを漕ぎまくる自転車ツーリング」!!、
走行距離=200km、獲得標高差=3000mの奥只見1周ルート!!、
昨日の続きです~~!!

a0353718_14041967.jpg
意識が地球の裏側までブッ飛んでしまいながらも、何とか登り切った
沼山峠の御池駐車場から、檜枝岐までのダウンヒルに突入していった。
ここからの道路は一般道ぐらいに広くて、やっとちゃんとスピードに
乗ったダウンヒルが出来たのであった~・・・。コレだよ、コレ!!・・・。
やはり登ってきた分ダウンヒルは楽にスピードに乗せて時間を稼いで
いかないと!


a0353718_14042925.jpg
そして、一気に檜枝岐・尾瀬に到着したのであった~。登りは何時間も
かかってやっと10kmとかなのに、高速ダウンヒルでは約40km以上の
スピードが出てしまうので、数十分で数十kmを走ることが出来るのだ!

ここで何か食べるモノを売っているお店を探したのだが、商店は1件も
無かったのであった!・・・。でも、さすがにハンガーノックでガクガク
している領域になっているので何も食べないワケにはいかず、仕方なく
お土産を売っているお店で「オレオ」とチョコレートだけ買って一気に
食べただけで、先を急いだのであった~・・・。 せっかく「尾瀬」に来て
いるのに、観光はゼロ・・・。 時間が無いので仕方が無いのだった・・・。


a0353718_14044093.jpg
檜枝岐から~伊南までの国道352号線は、緩やかな下りになっている
ので、ここでも約32km/hぐらいのスピードに乗った高速で飛ばして、
お互いのスリップストリームを使いながら、快適に走っていったので
あった・・・。 この時間はやっとこさ順調に走れたのであった~・・・。


a0353718_14044838.jpg
そして、檜枝岐から約30kmほど走った南会津町で、やっと!1件の
商店「Vチェーン・わかまつや」さんを見つけて、駆け込んだので
あった~!!魚沼からスタートしてから、初めての普通の食料品店
なのだった!!・・・。こんなにコンビニも商店も何も無い100km以上
の道は、僕達でも初めての体験だったのであった・・・・。

僕たちはこの「Vチェーン・わかまつや」さんで、消化に良さそうな
パンなどを一気に買い込んでガツガツと食べまくった。レジ係りの
お姉さんは、小汚くてあまりの空腹で目が血走っていた僕達を見て、
さぞ驚いたに違いないと思う・・・。でも、優しくパンを売ってくれた
お姉さん・・・、本当にありがとう~~。 この地域をツーリングする
チャリダーにとっては、「Vチェーン・わかまつや」さんはとっても
貴重なお店だと思うのであった・・・。

a0353718_21441973.jpg
「Vチェーン・わかまつや」さんのお陰で、なんとかカロリー補給が
出来て、その後も平坦を快適に高速に乗せて走っていくことが出来た。
風が強かったのにも係わらず平均で30km以上のスピードで走るMr.C
の鬼引きが凄かったのであった!!・・・。 なので通常はスリップの
後ろだとペダルを漕がなくても良いぐらいにメチャ引かれるのだが、
僕は後ろでもMr.C に付いて走るのが精一杯なぐらいだったのだ~。

なので、これまた一気に只見町に到着できた。前半のヒルクライム
セクションで遅れた時間を、ここで一気に取り戻した感じであった。
この只見駅前を越えると、残り約60kmで、残り時間が3時間程・・・。
何とか明るいうちに帰り着けるかどうか?という計算が出来る所まで
来たのであった・・・。


a0353718_14050924.jpg
只見町を抜けて「田子倉ダム」まで来た。ここからこのルート最後の
登攀が始まる・・・。登りの残り距離は約11km・・・。ここまで150km
獲得標高差は2500m以上を走ってきて、もうすでに満身創痍状態。
乗鞍だと10kmの登りだとスプリングバンクから三本滝までなので
スグなのだが、果たして時間内に登りきれるのか?!・・・。


a0353718_14071571.jpg
最後の登りなので、もうゆっくりとしか登れないのであった・・・。
が、しかしタイムリミットはどんどん近づいてくる!!・・・。
だんだんと陽も傾いてきて、空が淡くオレンジ色に染まってくる。
だが、満身創痍の僕たちにはどうする事も出来ないのであった・・・。


a0353718_14051857.jpg
「田子倉湖」での最後のヒルクライムは、九十九折の坂も多いのだが
登ったり下ったりを繰り返しながら登って行く感じの坂だった・・・。
スノーシェードの中を第一級品のMr.C のコーナリングが風を裂く!!


a0353718_14054759.jpg
それでも何とか1時間以内で最後の登り坂を登りきったのであった~。
「六十里越」に到着して、これでもうヒルクライムは無いのだと思うと、
大きな安堵の溜め息が出たのであった・・・。トンネルを越えたら、もう
一気にダウンヒルで下って帰るのだ~~!!


a0353718_14055544.jpg
トンネルを越えたところから、新潟県なのであった。少し帰ってきた
という感じである。


a0353718_14060375.jpg
「六十里越」からは、またスピードに乗って一気に下る高速ダウンヒル
でブッ飛ばして行ったのであった~!! 

この「奥只見1周ルート」は、本当にスノーシェードが多い道だった・・・。
このタイムトンネルのようなスノーシェードも、出口を出たら違う国
になってないか?!と思うぐらいに幻想的な雰囲気だった!・・・。


a0353718_14061278.jpg
「入広瀬」までは下り坂なので高速ダウンヒルで飛ばして走れたのだが、
その後はまた平坦なので、ペダルを漕がなければならないのだ!・・・。
そしてこの平坦セクションが、平坦道ではなくて上下に波打つように
アップダウンしている道だったので、少しの登りがあるのであった!
下りでスピードに乗せていても、もう僕のお亡くなりになった太もも
さんでは登り坂を上がり切ることが出来ずに、ズルズルとスピードが
落ちていき、最後の最後でもとても苦しいアップダウンなのであった。

そして空は、陽が落ちていき夕焼けになっていく・・・。美しいと思う
反面、タイムリミットが迫っている焦燥感の中、精一杯ペダルに力を
入れて漕いで、前に進んでいったのであった・・・・。


a0353718_14061811.jpg
そして!、今回も何とか
ゴール出来たのであった~。
夕陽が落ちて真っ暗になりかけたPM5:30、やっとスタート地点の
「道の駅・ゆのたに」へ帰り着くことが出来たのであった~!!・・・。
今回も本当にギリギリの、そして限界のツーリングとなったので
あった~~!!・・・。

総走行距離=217km!!、獲得標高差=2995m!!・・・、標高差は
僅か5mだけ3000mには届かなかったが、もう概ね3000m・・・。
補給=エナジージェル×3つ、菓子パン×2つ、アミノサプリ×2つ。
オレオ・ミニ×1袋。 スポーツドリンク×3本。

今回も、度重なる試練に耐えて、時間が刻々と過ぎていく焦りと
「帰り着けないかもしれない?」と言う恐怖に打ち勝ち、お尻の痛み
に泣かされながら、真っ白な灰になる程自分達の限界までペダルを
漕ぐことが出来たと思うのであった~・・・。

来年は、この「限界のその先までペダルを漕ぎまくる自転車ツーリング」
は、どこへ向かうのだろうか?!・・・・。また来年、乞うご期待~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
乗鞍高原へお越しの際はお立ち寄り下さい。よろしくお願いします~。





[PR]
by springbk2 | 2017-10-31 07:03 | アウトドア | Comments(0)

ついに!、今年もこの季節がやってきてしまったのだった!!・・・。
悪い事が起こりそうな予感100%な「ジョーズのテーマ」が聞こえて
きそうな感じで、Mr.C と共に限界のその先までペダルを漕ぎまくる
自転車ツーリングの時が、キテしまったのだった!!・・・。

そして今年はついに!、走行距離=200km以上、獲得標高差3000m
の、自分達の限界に挑戦してしまったのであった!!・・・。 これは
Mr.C の夢の一つでもあったらしい。なので、去年は標高差3300mを
とりあえず越えてみたので3000mはクリア。そしていよいよ今年は
自分達の限界だと思われる、走行距離=200km以上、得標高差3000m
へと挑戦してみたのであった~!!

コースは、もう去年の段階から構想を練っていた「奥只見一周コース」だ。
このコースは、前半の九十九折の激坂ヒルクライムや、後半のロング
高速ダウンヒルもあり、道のコンディションが悪い上に、一度スタート
したら後戻りも出来ない、覚悟を要求される試練のコースなのであった!

a0353718_12441250.jpg
またもや、まだ真っ暗闇な深夜12:30に乗鞍を出発・・・。松本市某所で
Mr.C と合流して一路魚沼市を目指して車を飛ばす・・・。そして、魚沼市
の「道の駅・ゆのたに」で自転車ツーリングの用意をして、まだ真っ暗
なAM5:20にスタートを切っていったのであった・・・。

今年の奥只見一周コースは、魚沼スタートで→樹海ライン→奥只見湖、
→檜枝岐・尾瀬→伊南→南郷→只見→入広瀬→魚沼ゴール!と、今まで
でも一番厳しいコースになるのであった・・・。
が、しかし、今年も
行くしかない!!!


a0353718_12454227.jpg
走り始めてスグに、向かう先の空が薄っすらを明るくなり、キレイな
朝焼けが空全体に滲んでいったのであった~。しかし、スタート時の
最大の敵なのは激寒い気温で、この時の気温も3℃!!・・・。自転車で
走ると体感温度はさらに低くて、全然朝焼けを楽しんでいる状況では
無かったのであった・・・。とりあえず先を急いでいった。

毎年の事ながら、このスタート時には「よし!やったろう!!今年も
限界のその先までペダルを漕ぎまくってやろうっ!!」と気合十分な
感じと、「果たして今回は生きて帰ってくる事が出来るのだろうか?」
という際限ない不安感が、僕たちの心の中でグルグルと渦巻いていた
のであった・・・・。


a0353718_13570289.jpg
「樹海ライン」を進んでいくと、スグに激坂の登攀が始まった!!
この頃になると、陽も上がってきて登り坂なので、暖かくなって
きていた・・・。バックに美しく聳える山は「八海山」だと思う・・・。

ここは、自転車ヒルクライム界では有名なコースらしいのだ・・・。
だからMr.C はここへ来たかったんだな・・・。でもヒルクライムが
ヘタれな僕には厳しすぎる登攀なのであった・・・。枝折峠に上がる
魔女の三段腹」という名前のついた最後の超激坂があり、魔女に
僕の体力は出だして奪われてしまったのであった・・・。。。


a0353718_13571957.jpg
魚沼をスタートしてから1時間半もかかって「枝折峠」に到着した!!
すでに標高差1000mほども一気に登ってきてしまっていたのだ!・・・。
しかし僕達は、今回はここでゆっくり景色を楽しんで観光をしている
時間は全く無かった。 エナジージェルでカロリー補給をしてスグに
ダウンヒルをスタートさせていったのであった~!!


a0353718_13572790.jpg
枝折峠から~銀山平までのダウンヒルは、真っ白な濃霧の中での
先の見えない、霧で路面がとてもスリッピーな恐怖のダウンヒル
となってしまったのであった!・・・。 なので、思ったよりも全然
スピードが出せなくて、距離を稼ぐ事が出来なかったような感じ
だった・・・。 出だしの1/10で早くも焦りが出てしまう・・・。

この奥只見コースの山道には、スノーシェードがたくさんあった。
冬はとてつもない程の雪が降り積もるのだろう・・・。でも、この
樹海ラインは、そもそも冬は通行止めだと思うのだが・・・。


a0353718_13573696.jpg
銀山平の平坦なストレートを、奥只見湖へと向かって突っ走る!!
太陽の日が山肌に当ってきて、ようやく霧が少しずつ晴れてきた。


a0353718_13574987.jpg
そして、奥只見湖セクションを走っていく。 ルート図で見るとこの
セクションは少し下り基調の快適なルートのハズだったのだ・・・が!、
奥只見湖セクションの道が、乗鞍のスーパー林道よりもガタガタで
悪くて石や砂利だらけ、そして沢から溢れた水が流れていて路面に
川が流れているようになっていてスリッピーで、川のたびにブレーキ
かけなければならず、全くスピードに乗れなくて、今回でも一番の
ストレスフルなセクションだったのであった・・・。

ここでも、また予想外のコース状況だったので、時間がどんどんと
過ぎていくばかりで、焦りが大きくなっていくのであった・・・。


a0353718_14453209.jpg
しかし、そんなストレスフルな奥只見湖セクションだったのだが、
紅葉はまあまあキレイなのであった・・・。 でも、乗鞍高原の紅葉
を見ている僕は、やはり乗鞍高原や北アルプスの紅葉の方が美しい
と思うのであった・・・。


a0353718_13575598.jpg
奥只見湖畔の樹海ラインにも、2つの小さな峠がある。1つ目は
「恋ノ岐乗越」で、2つ目も同じような名前の「恋ノ岐出越」だ・・・。
それぞれに6kmぐらいの登りなので、サクッと越えて行きたいの
だが、ここまでず~~っと峠道ばかりだったので、まだ行程では
1/5なのに、少しずつフトモモさんに異変が来ていたので、スグ
には登れなくなってきていたのであった・・・。僕達の心の中の焦り
は、だんだんと大きくなってきていたのだった・・・。


a0353718_13580383.jpg
そして、この橋を越えたら「福島県」に入ったのであった~!!
ここからが、この奥只見一周ルートのハイライトとなる「沼山峠」
への登攀が始まるのだった。 奥只見1周ルートは、前半の1/5に
登攀の殆どが集約されていて、標高差は2400mになるらしい!!
そして、ここまでの行程でいつもと同じ問題が出てきていた!・・。
それは!、
基本的に最奥地の山の中なので、コンビニはおろか、商店でさえ
何も、1店たりとも無かったので、補給が全く出来なかったので
あった!!・・・。少しずつハンガーノックの症状が出始めていた
のだが、どうすることも出来ない!!・・・。この沼山峠を越える
しか無いのであった~・・・。


a0353718_13581111.jpg
その後の、このコース最大であり最高地点の「沼山峠」への登攀は、
完璧にカロリー不足のハンガーノックになってしまって、前半の
「枝折峠」でのスピードは無くなり、もうインナー×ローでヘロヘロ
と少しずつ上がるしかなかったのであった・・・。僕は、頭がクラクラ
していて、息も吸えないような感じで、非常に苦しかったのであった・・・。
それでもMr.C はヒルクライマーの羽根を羽ばたかせて颯爽と登って
いったのであった~。もぅ、本当にスゴイですぅ~・・・。


a0353718_13584360.jpg
永遠とも思われた「沼山峠」の御池駐車場へのヒルクライムを、何とか
こなして、生きて辿り着けた時には、僕の中には安堵と、ここはまだ
奥只見1周コースの1/4しか進んでいないという大きな不安が広がって
いたのであった!!・・・。この時点で時間はもう6時間近くもかかって
いて、11:30ぐらいだったのだ!!・・・。 残りはまだ140kmぐらい
も残っているのだ!!・・・。

果たして、この奥只見1周ルートをワンデイで走りきって無事に帰る
事が出来るのだろうか?!・・・。
その②へ続くっ!!・・・。






[PR]
by springbk2 | 2017-10-30 07:43 | アウトドア | Comments(0)

先週はもうず~~っと雨・・・。そして週末は超大型台風で大雨でした・・・。
なので、カフェ・スプリングバンクの定休日も、またもや雨でした!・・・。

本当なら、前穂高岳東壁のアルパインクライミングに行く予定でしたが、
大雨で中止になったので、また大町の人工壁へと行ってきたのでした~。
a0353718_11352423.jpg
10月は雨ばかりで、なかなか外岩クライミングには行けてません・・・。
こんな事では、今秋シーズンの課題が墜とせない感じですね~・・・。
でも、天気だけはしょうがないので、人工壁クライミングで練習です。


a0353718_11353002.jpg
前回と同じく、今回も5.11c~5.11dグレードのルートへとトライして
みました~。 最初は登れなかったのでオンサイトは成らずでしたが、
ホールドを確認してからルート中のムーブを繋げて、もう一回トライ!
そしたら、水色の5.11dのルートと茶色の5.11cのルートまでが今回も
レッドポイント出来ました~!! こんな僕でも少しは上達している
という事でしょうか??・・・。雨でしたが今回も嬉しかったです~。


a0353718_11353586.jpg
今回一緒に行った、パートナーのAM君のクライミングです~~。
彼はBCスキーヤーなのですが、去年からクライミングも始めていて、
今回も僕のクライミング練習にお付き合い頂いたのでした~~。


a0353718_11354093.jpg
今までトップロープでしが登ったことが無かったAM君だったのですが、
今回AM君は、この人工壁でリードクライミングに挑戦したのでした!!
クライミングは、リードとトップロープでは、全く別物なのです!!!
リードは、自分でロープを下から持ち上げていく、ロープに頼らない
クライミングなので、落ちる可能性があるので怖いのです・・・。でも、
AM君は、ロープをクリップする練習をした後、5.9と5.10aグレード
のルートに果敢に挑戦していました~!!  そして!、
5.9はレッドポイント!!
素晴しかったです~!!

だんだんと寒くなってきている乗鞍高原なのですが、もうあと少しは
クライミングを頑張りたいと思っています~。5.11グレードのルートを
もう1本登りたいですね~。また皆さん、よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-10-27 07:31 | アウトドア | Comments(0)

初冠雪の画像をまだ撮ることもできず、、、10月も下旬になります137.png
でも、スキー場オープンへの道は着々と進んでいます。
来月11月1日、いよいよMt.乗鞍スノーリゾートの単独シーズン券が
発売開始となります!! 早割期間は11月30日までとなっています150.png
チラシデータは下記の通りです。(裏面が申込書になっています。)

a0353718_10385077.jpg
表面のPDFはこちらをクリック


a0353718_10385876.jpg
裏面のPDFはこちらをクリック


a0353718_10590711.jpg
今はカラマツの黄葉が見頃になるスキー場は、ウィンターシーズン本番になると、
こんな景色でお客様をお迎えします。
ただ滑るだけでなく、せっかくの冬の休日は、是非綺麗な景色の中で過ごしてもらいたいですね113.png


a0353718_10592099.jpg
少し湿り気のある雪が降った翌朝は、木々に着雪した幻想的な風景が綺麗です。
パウダースノーに覆われた魅惑の鳥居尾根コースを今年も滑るのが楽しみです♬


a0353718_10592615.jpg
ふわふわのい〜い雪が降った翌朝は、かもしかコースのパウダー争奪戦に
行きましょう~!!


a0353718_10593222.jpg
バックカントリーで撮ったの?と思われるような かもしかコースの
パウダースキー!!   見ているだけで気持ち良さそうです124.png


a0353718_10594126.jpg
テレマーカーが多いMt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデ!! 
これはダウンヒルコース下部(通称「ヤマモト」)で撮影したFさんの滑りです。
こんなお手本にしたくなるカッコいいテレマーカーに出会える確率ですよ。
フレンドリーな方が多いので、ちょっと話しかけてみてください。
嬉しい滑り方のアドバイスや、道具類の相談にも乗ってもらえるかも〜109.png


a0353718_10595299.jpg
同じダウンヒルコース下部(通称「ヤマモト」)のピステンバーンも魅力的です!
広めの一枚バーンは練習に最適なんです。


a0353718_11000082.jpg
親子スキーに最適な「夢の平コース」、ファミリースキーで楽しそうに
滑っている姿をよくお見かけします。 迂回コースも設定されていて、
レベルにあわせて林間のコースなど、子供たちが楽しめる選択ができます。
シーズン券では「家族割」もありますから、お得な期間に購入してくださいね。
大人がシーズン券を買うと、家族である小学生〜高校生までの子供はそれぞれの
価格帯でシーズン券が半額になります! 子供がシーズン券を買うほどは滑らない
という場合は、大人シーズン券にプレゼントでついてくる同伴者の割引券5枚を
利用するのもお薦めです164.png


a0353718_11001076.jpg
おちゃめなマスコットキャラクター「さんぞくっく」がゲレンデに登場することも!
喋ることができない「さんぞくっく」は、昨シーズンはプラカードを持ってお客様と
コミュニケーションをとっていましたね129.png


こんな嬉しいこと、楽しいこといっぱいの乗鞍へ2017−2018シーズンも
ぜひ滑りに来てください。お得なシーズン券購入をご検討くださいね〜124.png

滑った後は、シーズン券の特典「湯けむり館入浴無料」を利用して、ほっこり疲れを
癒して帰りましょう。そしてスプリングバンクへのご来店もお待ちしています。











[PR]
by springbk2 | 2017-10-22 07:37 | アウトドア | Comments(0)