<   2016年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今回のカフェ・スプリングバンクの秋休み中で、
インナーミッションを遂行完了してから、その後
知り合いに誘われて、食事会に行ったのでした・・・。

a0353718_15101967.jpg
行き先は、ココ・・・。 「あつた蓬莱軒」さんです!!

「あつた蓬莱軒」は、熱田神社の門前町として栄えた
この地に明治6年創業のうなぎ専門店なのです!!
そして、名古屋地域の名物「ひつまぶし」の、元祖の
お店なのです!!

a0353718_15102451.jpg
僕は行くまで知らなかったのですが、超有名なお店で
僕たちが行った時も、何十人もの行列がお店の前に
出来ていて、ビックリした程だったのでした!・・・。
何店舗もあるのですが、僕たちは本店に行きました。
昔ながらの歴史あるような建物で、雰囲気も良かった
です~。

a0353718_15103047.jpg
そして!待つこと20分程・・・、ついに出てきました~!!
「ひつまぶし」!!

この「ひつまぶし」と言ううなぎ丼は、ここ「あつた蓬莱軒」
さんが元祖で、昔、出前をしていたときに出前持ちさんが
器を割って帰ってくるので、割れないように木の器にして
おおきな「おひつ」に数名分のうなぎ丼のごはんと細かく
切ったうなぎを混ぜて入れて、出前をしていたのに由来
しているらしいです! 大きなおひつで鰻とご飯を混ぜる
=「まぶす」、これが「ひつまぶし」の名前なのです。

そのまま丼で食べてもよし、付属の茶だしでお茶漬けに
してもよし!、他の薬味を混ぜてたべてもよし!、という
3回美味しい、元祖「ひつまぶし」は、僕の想像を超えた
美味しさでした!! メッチャ美味しかったです~!!
久しぶりに、グルメなミッションだったのでした~~。
みなさんも機会がありましたら、行ってみて下さい!!
やはり、食べるなら「元祖」のモノが一番ですよね~。

  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-30 07:09 | Comments(0)

やっと、ついに僕も
今シーズン初滑りに
行って来ました!!


a0353718_18504679.jpg
今シーズンインの11月もまた、雪が非常に少なくて、
立山へ初滑りBCスキーに行く事が出来なかったので
僕の初滑りはいつになるのか?!という感じで、また
非常事態になるかと思われました・・・。しかし!、急遽
カモシカスポーツ・テレマーククラブさんから、お誘いの
連絡が入り、それに便乗してゲレンデで初滑りをしに
行って来たのでした~!!

a0353718_18505151.jpg
行って来たのは、「志賀高原・熊の湯」スキー場です!
朝起きて乗鞍高原を出発する時は、約5cmの積雪が
あったのですが、中野のインターを降りたときは雨が
激しく降っていたのです!!・・・。カモテレのメンバー
の皆さんと一緒に、「これは温泉に入って帰るか?!」
と、半ば諦めモードだったのですが・・・、志賀高原の
サンバレーを過ぎた辺りから雪になってきて、路面も
真っ白になっていきました!! そして、ゲレンデに
到着したときは完全に雪が降っていて、約10cm程の
パウダーが積もっていたのでした~~!!!
まさかの、奇跡の
パウダーです!!


a0353718_18505919.jpg
まずは、カモテレ隊長のYDさんです~!!
初滑りで奇跡のパウダースノーは、YDさんの行いの
お陰らしいです~!! ありがとうございました~。

a0353718_1851410.jpg
2番手は、遠方からわざわざ参戦のDMさんの滑りです。
モチベーションの高いガッツある力強い滑りでした~。

a0353718_18511375.jpg
3番手は、カモテレメンバー、SSさんのテレマークです。
彼はアルペンスキーもテレマークも出来る二刀流らしい
です~~。 スゴイですね~~。

a0353718_18511896.jpg
4番手は、この日に「立山初滑りBCスキー」に一緒に
行く予定だったAMさんです~。仕方なく行ったゲレンデ
スキーで、まさかのパウダーだったので、嬉々として
ガッツリ滑っていました~!!

a0353718_185122100.jpg
5番手は、NJさんのテレマークライディングです~!!
いつもながら、さすがのカッコイイ切れるテレマークです。

a0353718_18512859.jpg
そして、最後に僕の滑りですぅ~・・・。
初滑りなのに、奇跡!のパウダーを、食べこぼし無い
ように端っこまでノートラックを滑って行きました~。


a0353718_18513267.jpg
この日の熊の湯スキー場は、結構イイ雪の降りで、
真っ白な中を滑っていたのですが、雨にはならずに
パウダーも10cmぐらい積もっていて、それだけでも
このコンディションの中なので、僕たちにはこれ以上
無い最高の出来だったと思います~!! みなさん
今回も本当にありがとうございました~~。

「カモテレ&スプリングバンク」のコラボレーションで、
やっと僕も、これで2017シーズンイン出来ました~。
これから雪が降り積もれば、乗鞍でも北アルプスでも
ガンガン滑って行きたいと思っています。スキーヤー
の皆さん、よろしくお願いします~~。
  
  
   
    
[PR]
by springbk2 | 2016-11-29 07:49 | アウトドア | Comments(0)

ワイン 423

一気に寒くなって、やっと雪が降った乗鞍高原です。
その寒い夜に、極秘にというワケではありませんが、
またまた「安旨ワイン探検隊」が出動です~~。

「レ・チカーレ、キャンティ」2013年です~~。
a0353718_1350211.jpg

このワインは、イタリアの中部にある「トスカーナ」という
地域で造られる一番有名なワイン「キャンティ」です~!

造り手は、今や一躍醸造家の「ビービー・グラーツ」さん
です。アーティスト一家に生まれ育った「B.B.グラーツ」
さんは、1996年に自分の飲みたい最高のワイン造りを
わずか15haの小さな畑で始めます。そしてほんの数年
で、彼の造ったフラッグシップのワイン、「テスタマッタ」は、
世界最大のワインの品評会である「ヴィネクスポ2003」
で、3万本の中から「最優秀赤ワイン」に選ばれて、その
名を世界に轟かせました!!更に、2004年のイタリア・
ソムリエ協会が選ぶベスト・プロデューサー最終選考の
「最後の3人」に選ばれて、名実共にイタリアを代表する
ワイン生産者となりました~。

「B.B.グラーツ」さんのワイン醸造法は、過去に例の無い、
「新しいバリック」=「新樽」に直接ブドウを入れ、醗酵から
熟成までを全て樽内で行ってしまう「バリック醸造」という
モノなのです!! 新樽を立ててその中にブドウを入れ、
櫂付きをしつつ発酵をさせるらしいです! これで十分に
成分抽出が出来るので、発酵後にマセレーションをする
必要が無い!」らしいです・・・。そして「キャンティ」なので
品種はサンジョヴェーゼ100%です。



トスカーナワインの怪物と言われた「BBグラーツ」さんが
「キャンティ」を造っているのを僕たちは見逃していました。
なので今回、一気にテイスティングとなりました~~。
a0353718_1350887.jpg
このワイン、開けてスグからフルーティーと香ばしい感じ
が2つ一気に香ってきます!! 干しブドウのような香り
と、漢方薬(?)や古民家のような複雑さがあります・・・。
古典的なイタリアワインにあるタバコのようなニュアンスや
皮製品のようなひねたような感じは少なくて、フルーティー
なワインとのちょうど中間のような味わいだと感じました。

これで2千円台!!、さすがは「BBグラーツ」でした~。
こんな面白くて美味しいワインは、いかがでしょうか~?
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~。
  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-28 07:49 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今年の11月も、エヴェレスト・トレッキングを思い出して、
あの!、大町市内の某所へ行ってきちゃいました・・・。
山を愛する人の中では超有名な、アノお店です!・・・。

a0353718_10592563.jpg
ネパール料理店、「ヒマラヤン・シェルパ」さんです~!!

大町のとても良い感じの商店街の中で、ここだけいかにも
怪しいような電飾が付いていて、色彩も鮮やかで、異国の
雰囲気!・・・。そして「アマダブラム」の大きな看板!!・・・。
この怪しくも懐かしい、ネパールの雰囲気に包まれに行って
きちゃったのでした~・・・

a0353718_10593252.jpg
今回は、「エヴェレスト」ビールも頂いてしまいました~!!
このビールもカトマンズ市内でたくさん買い込んで、ホテル
の部屋で昼間から飲んでいたのでした・・・。薄くてひねた
味わいは懐かしくて、あのカトマンズ市内のゴチャゴチャと
したタメル地区の町並みを思い出してました・・・。

a0353718_10593850.jpg
そして、待つこと15分程・・・、ネパール料理の決定版であり
代名詞!、「ダルバール・タリカリ」が出てきました~!! 
「ダルバール」とは、ネパール料理の定食です。カレー味の
豆スープとライス、つけそえでジャガイモやほうれん草(?)
などが添えられている一皿です! 通常のカレーとは違う
ので、最初は「?!」と思うかもしれないのですが、慣れると
これがとても美味しくて、僕にとっては懐かしく感じられます。
豆のスープであるダルスープはお代わり自由なシステムも、
ネパールと同じでした。

今回も、とても美味しく、そして懐かしく、頂きました~。


a0353718_114811.jpg
僕たちが「エヴェレスト・トレッキング」に行ったのは、もう
すでに4年前になるんですね・・・。月日の経つのは本当に
早いです・・・。 実際に見た「エヴェレスト」、とても美しく、
気高い山に感じました・・・。
  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-27 07:50 | 日常 | Comments(0)

今回の歴史探索ツアーは、先日のポタリングで行ってきた
「諏訪大社」の龍神伝説です~!! この「龍神伝説」とは、
乗鞍岳には竜神様が住んでいると言う話で、頭は乗鞍岳の
権現池にあり、胴体は乗鞍高原の御池にあり、心臓はその
御池の真ん中にある「祠」だったらしく、尾っぽは諏訪湖に
までつながっているといわれるのです!!

この「歴史探索ツアー」、地図に載ってはいるが山の奥深くで、
道はすでに廃道となって、入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかどうかも分からない・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです・・・・。


今回は、「乗鞍・龍神伝説」の大本命である「諏訪大社」へと
満を持して、乗り込んでみたのでした~~!!!
a0353718_12152390.jpg
まず最初は、やはり大本命である「諏訪大社・本宮」でしょう!

「諏訪大社」の龍神伝説は、「信濃の国には神無月が無い」と
いう話があることからきているらしいです・・・。その伝説とは、
昔むかしのこと、毎年十月になると神様が出雲の国へ集まり
国造り会議をしていたのです。なので十月は日本中の神様が
留守になったので「神無月」というようになった事は皆さんの
知っている通りですが、その十月の出雲の神様の会議の時に
信濃国の神様の姿だけが、どうしてもみえませんでした・・・。
全国の神様が不安に思っていた時!、天井から声がします!
全国の神様が上を見ると、天井中に巻きついている竜の姿を
した信濃の神様の姿があったらしいです!!信濃の神様曰く、
「信濃の国は遠いからこうして龍神の姿になって飛んできた」
らしいです・・・。信濃の国の龍神様が皆の所へ下りてこようと
したところ、大きすぎて社に入りきれないので、全国の神様
たちが断ったので、信濃国の諏訪湖へ帰っていって、湖の底
深く姿を消しました。それ以来、信濃国の神様は十月の出雲
の会議には出なくても良い事になり、信濃国には「神無月」は
無いらしい!という事のようです・・・。

諏訪側からすれば、尾っぽが乗鞍岳の山頂にまで伸びている
という伝説らしいですが、乗鞍側の僕達からすれば逆で、頭が
乗鞍岳の山頂の権現池にあり、尾っぽが諏訪湖にあるという
話です。 でも、同じ神様で同じ龍神伝説が残っているという
事が、タイヘン興味深いことなのだと思います!!


a0353718_12153355.jpg
「諏訪大社」の主神は「建御名方命」で、これも乗鞍高原にある
「梓水神社」と同じ神様です。伝説も全く同じで、「古事記」など
の古代書によれば、天照大神の孫・瓊瓊杵尊の降臨に先立ち、
武甕槌命(たけみかづちのみこと)が大国主命に国譲りするよう
迫った時、これに対して大国主命の次男である「建御名方命」が
国譲りに反対して、武甕槌命に相撲を挑んだが負けてしまった
ので長野県の諏訪まで逃れたという事です・・・。 信濃の国=
長野県、特に諏訪~松本の起源はこの神話にあるといわれて
いますね・・・。

「建御名方命」は水の神様だったようなので、竜に姿を変えて
いろんなところに出没していたようですが・・・諏訪湖に住んで
居たらしいので、「諏訪には龍神が棲む」という「龍神伝説」に
なったようですね~・・・。


a0353718_12154032.jpg
やはり、手水舎は「龍口」です。これは「下社・秋宮」の龍口
ですが、この龍口から出るのは、暖かいお湯だったのでした。
水といえば龍。龍といえば水・・・。やはり「龍神伝説」は、乗鞍
から諏訪湖まで繋がっているのでしょうか?!・・・。


a0353718_1325828.jpg
諏訪大社の龍神伝説は諸説ありますが、諏訪湖の全面凍結
が寒さで膨張して割れる現象の「御神渡り」も、龍神様の仕業
だとも言われています。 諏訪湖を眺めながら自転車で走って
いると、龍神が棲む諏訪湖というのも、伝説としてはアリなのか
と思ってしまいますね・・・。


a0353718_12154752.jpg
そして!!、「すわひめ」、いました・・・。

「すわひめ」は、諏訪市公認の宣伝キャラクターであり、諏訪警察
署公認の交通安全キャラクターらしいです・・・。羊羹や、たくあん、
カレーが好き。 500年前の戦国時代に、武田信玄の側室である
「すわひめ」は天然気味の元気な女の子。ある日に時空の歪みを
見つけて、こっそり現代の時代にやってきたらしいです!!・・・。
現在は、諏訪市内の女子高生として未来(この現在)での生活を
楽しんでいるらしいです。 詳しくはコチラ。→「すわひめ


今回の「諏訪大社」の調査は、肝心の課題である「乗鞍・龍神伝説」
の痕跡は、同じ神様で全く同じ伝説という事で行ってみたのです・・・。
乗鞍高原の「梓水神社」から、神社と祠などが諏訪まで続いていると
いう話もあるので、やはり伝説通り深い関係があるという事でしょう!
「龍神伝説」では、確実に諏訪と乗鞍高原と繋がっているという事だと
思います!

この部分に関しては、乗鞍~諏訪間の神社や祠を探して、もう少し
詳しく調べて行きたいと思いますので、また「歴史探察ツアー」も
よろしくお願いします~。そして「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店もお待ちしています~。 よろしくお願いします~!!
  
   
   
    

[PR]
by springbk2 | 2016-11-26 07:14 | 趣味の部屋 | Comments(0)

先週の某日、今シーズン最後のクライミングになるかも?!
という事で、隊長のK8と勇んで行った「甲府幕岩」だったの
ですが、5.11aのルートが一気にレッドポイント出来たので、
その勢いそのまま、もう1本5.11を墜とそう!ということで、
また「甲府幕岩」へと遠征に行ってしまったのでした~!!

a0353718_19285395.jpg
2017スキーシーズンはもう始まっているハズなのですが、
立山にも乗鞍にも雪が全くありません!!・・・。少~しだけ
白くはなっているのですが、スキーで滑れる程に十分には
雪が無いのです!!・・・・。 もう11月も後半なのですが、
これはまたもや、
今シーズン始めも、
異常事態です!!


でも、そうは言っても大自然のことなので、雪が無いのは
どうしょうもありません。雪が無くて暖かいなら、もう一回
怒涛の勢いのまま、クライミングに行っちゃったのでした~。


a0353718_1929144.jpg
もちろん!1番手は、隊長であるK8のクライミングです~。
彼は、先週墜とし切れなかったルート「WORK ON(5.11a)」
を墜とすために、また一撃必殺のトライをかけました!!

今回も1撃目はなぜか上手くムーブが繋がらずにフォール!

a0353718_192989.jpg
しかし!、2撃目はしっかりとムーブを立て直して、スルスル
と言う感じで、またもや簡単そうに登って行き、一気に終了点
まで上がっていきました~!!
ヤリました~!!
今回もまたもや、
レッドポイント!!

もう、本当に、さすがです!!!

a0353718_1929136.jpg
そして、2番手は、いつもバックカントリースキーにお付き合い
頂いている、BCスキーヤーのSZ君です~!! 彼は山を
滑る抜群のセンスで、クライミングもこなしてくれます!!

a0353718_19291890.jpg
あまりクライミングはしないSZ君なのですが、山を滑るには
登らなければいけないので、登攀技術を上げるために!と
言うことで、メッチャ頑張って登っていました!!・・・。


a0353718_19292327.jpg
そしてラストに、みんなのクライミングに刺激されての、僕の
クライミングですぅ~・・・。 先週の、一気のレッドポイントで、
勢いそのまま、今度は「ブラッキー(5.11b)」にトライです!!

a0353718_19293084.jpg
1撃目のオンサイトトライは、やはり難しいので逃しました・・・。
でもその後、ちゃんとホールドを確認してムーブを考えてから
2撃目のトライです!!・・・。腕がかなり疲れていたのですが、
なぜかムーブが繋がって一気に5ピン目まで上がれて、もう
あと1手!!という所で手が滑ってフォール~!!・・・。でも、
1テンションだけで登れたので、もう一回、腕が疲れていない
フレッシュな時に、トライ出来れば登れる!と思えました。
自分の中に勢いが感じられました・・・。

果たして、今回が正真正銘の今シーズン最後のクライミング
になるのでしょうか?!・・・。 それは「雪」次第ですね~。
  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-25 08:27 | アウトドア | Comments(0)

雪が積もりました!!!

乗鞍高原でも
やっと!雪が!、
積もりました!!


a0353718_741125.jpg
昨日の夜から雪が一気に降ってきて、
今朝起きたら、約15cmほどの積雪になっていて、
世界が一気に真っ白な雪景色になり、
「カフェ・スプリングバンク」も冬モードになりました~!! 

a0353718_741711.jpg
道路も完全に雪です・・・。これが根雪になるでしょうか?・・・。
現在も雪は降り続いていて、雪はこれからさらに積もると
思います~。僕はスキーヤーなので、このまま振り続けて
さらに積もって、山で滑れるようになれば嬉しいです~!!
車の運転には、十分ご注意下さい~~。


たいへん申し訳ありませんが、「カフェ・スプリングバンク」は
今日24日(木)から~12月1日(木)までの一週間「秋休み」
でお休みさせて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、よろしく
お願いします~。ブログは更新していきますので、よかったら
見て下さい。
  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-24 07:46 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

明日の24日(木)から、~12月1日(木)までの1週間、
「カフェ・スプリングバンク」は秋休みを頂きます~・・・。


a0353718_2153332.jpg
タイヘン申し訳ありませんが、1週間の間お休みさせて頂きます。
ご迷惑を掛けるかもしれませんが、よろしくお願いします~・・・。

その間、僕たちは山に篭りたい!とは思っていますが、今年の
11月もまだ山に全く雪がありませんので、初滑りBCスキーに
立山へ行けるのかどうか?!、分かりません・・・。 早く雪が
たくさん降って欲しいと思います・・・。 ブログはアップしていく
予定なので、まあ、あまり大きな期待をしないでご期待下さい・・・。
  
  
  
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-23 07:52 | お店からのご紹介 | Comments(0)

晩秋の一の瀬園地

乗鞍高原のカラマツの黄葉もいよいよ終盤、紅葉シーズンから
初冬へと季節が移り変わってきました~。 先日の晩秋散歩の
時の画像をご紹介します~♬

a0353718_13284058.jpg
よく晴れた気持ちの良い朝、まずは梓水神社へ。。。 神社裏に
ある鳥居からは、ちょうど剣ヶ峰が望めるような位置関係になって
いるのです~。 とってもキレイに見えます。

a0353718_13284932.jpg
そして、作業も兼ねて一の瀬園地へ向かうと、こんな景色が迎えて
くれました〜*\(^o^)/*
広葉樹の葉が落ちて、ちょっと枯れた感じもまた風情がありますね。
この時期、乗鞍岳にはもう少し雪が冠っているはずなんですが、、、
それがちょっと残念です。

a0353718_13291050.jpg
高原には冬鳥として飛来する野鳥の姿が目立つようになりました。
ツグミの群れがコナシの木に集まって、バイキングランチ♪を楽しんで
いるかのようでした。

a0353718_13293771.jpg
白樺などが落葉すると、こんなまん丸の巨大なボール状の物体が
ぶら下がっているのが、見られます。 これは「ヤドリギ」です。
木の葉が茂っている期間はあまり目立たないのですが、
この時期は誰でも見つけられるほど、よく目立ちます。
寄生して生きている常緑樹なんですね。
実は、黄色と赤色(アカミノヤドリギ)がありますよ。

a0353718_13294142.jpg
こちらは同じヤドリギでも、「ホザキヤドリギ」です。
葉が落葉するので、その分黄色い実が鮮やかで目立ちます。
冬にスノーシューやクロカンで高原を巡っている時にも見かけます。
この実を好んで食べるレンジャクがやってくるもの、もうすぐでしょうね!

a0353718_13294985.jpg
一の瀬園地の奥まで車道を進むと、スーパー林道A線のゲート
があります。 この日はまだ冬期閉鎖前でしたが、既に閉鎖に
なっていることでしょう。

a0353718_13295598.jpg
ゲートのそばにある「ミズナラ」の大木も、今シーズンのお勤めを
終えて、スッキリした姿になりました・・・。 幹と枝の影だけが、
地面に力強く映っていました。

a0353718_1330528.jpg
女小屋の森へ行ってみたら、周回する木道に修繕が施されていました。
長い間、川にかかる橋の部分が壊れて、傾いていたのですが、
これで安心ですね。良かったです~。

a0353718_1330103.jpg
オソメジッケに向かう分岐のコーナーの損壊部分も綺麗に
補修されていました。先月に行った時にはまだ壊れていた
のですが、いつの間にか!です。

a0353718_13301957.jpg
まだ本格的な冷え込みがないので、まいめの池は端っこが
少しだけ凍っている程度でした。 一面氷に覆われるのは、
まだまだ先になりそうです^^;;

a0353718_1330458.jpg

ここは、すもも祭りなどを開催するイベント広場です。
乗鞍高原の定番イベントとして定着してきた「ヨガ・リトリート」
会場も、この素晴らしい眺めの場所です。

晩秋の高原散歩、朝晩は少し寒くても、天候が良い場合は
日中はポカポカと体が温まって、楽しく歩くことができます。
 
そして!、
「カフェ・スプリングバンク」は、11/24(木)から12/1(木)までの
1週間、秋のお休みを頂きます~。たいへん申し訳ありませんが
よろしくお願いします。 それ以外は、木曜定休の通常営業と
なりますので、お気軽にお立ち寄りくださいませ~~~。
  
  
   
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-22 07:06 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ワイン 422

また今シーズンのシーズンインも、雪が全く降らなくて
とても暖かい秋になっています!・・・。 なので、もう
ほとんどヤケ酒のように、せっかく謎の提供者さんが
提供してくれた高級ブルゴーニュを飲んでしまいました~。

「モレ・サン・ドニ、オー・シェゾー、ルイ・レミー」2001年です!
a0353718_11311955.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の一大銘醸地で
ある「モレ・サン・ドニ」村の1級畑「オー・シェゾー」で造られた
ピノ・ノワール種で造られたワインです。

造り手は、200年近くの歴史を誇る老舗ドメーヌ「ルイ・レミー」
です!!創業は1821年。モレ・サン・ドニ村で小さく始めます。
先代の「ルイ・レミー」さんが1982年に死去した後、ドメーヌは
娘の「シャンタル」女史とフィリップさんが引き継いでいますが、
フィリップさんの方の畑は1989年にあの!「ドメーヌ・ルロワ」
に多くを売却しました!!、という事は「ルロワ」が欲しがった
ほどのポテンシャルを持った畑だったという事なのです!!
でも、シャンタルさんは最上の区画は残し、「シャンベルタン」、
「ラトリシエール・シャンベルタン」、「クロ・ド・ラ・ロッシュ」など
の錚々たるグラン・クリュをはじめ計4haを所有しています。

生産される約3分の1のワインは長期熟成用として保存され、
「シャルタン・レミー」さん本人が飲み頃と判断したものだけを
リリースするというブルゴーニュの伝統的手法がとられます。
そして、手摘みで収穫後、90%を除梗。低温浸漬は行わず、
木製の大樽で約3週間の自然発酵。ポンプを使わず重力で
ワインを樽に移し、22~24ヶ月熟成がなされます・・・。


このドメーヌ「ルイ・レミー」のラベルは、もう2009年からは
「シャンタル・レミー」さん自身のラベルに変更になりました
ので、「ルイ・レミ-」のワインは無くなっていくのでしょう・・・。
この古典的ブルゴーニュを今回は頂きます!謎の提供者
さん、いつもありがとうございます~。いざ、オープンです!
a0353718_11312580.jpg
このワイン、開けてスグはとても堅くてあまり香りが立って
きませんでしたが・・・、1時間ぐらいすると素晴しい香りに
なっていきました~。ダークチェリーやブラックベリー系の
黒フルーツの果実感と、古民家や古い樹木(?)や深い森
のような複雑さがとてもバランス良く重なっていきます!!
そして味わいもとても滑らかでエレガント!、酸味が丸いの
です!! 最後の1杯は至福のワインになっていきました。
新樽をほとんど使わないシャンタル女史の古典的ワイン!
ブルゴーニュの真髄だと感じました!、メチャ美味しかった
です~~。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」で楽しみませんか?
ご来店お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。

  
  
   
   
[PR]
by springbk2 | 2016-11-21 07:30 | お店からのご紹介 | Comments(0)