<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先週の土曜日から、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデ下部で
モーグルコースがオープンしています~!!

a0353718_10542370.jpg
今シーズンも12月は雪がかなり少なかったので、パークなどの
アトラクション・コースが造れていなかったのですが、やっと
モーグルコースもオープンしましたので、ちょっと1本試し滑り
をしに行って見ました~~。

コースはまだまだ発展途上で、コブコブを示す小さなオレンジの
マーキングが立っています。でも、もう半分ぐらいはコブコブが
掘れてきているので、コブコブターンは楽しく出来ます~。


a0353718_10543000.jpg
この日の朝イチも、モーグルコースのディガーの方々が頑張って
エア台やコース整備をされていました。スキー場のコース整備は
時間と労力がとてもかかるのです!・・・。 それを支えているのは、
やはりスキーが大好き!だという情熱だと思います。その情熱に
感謝しながら僕はスキー場を滑らせて頂くのです~。

a0353718_10543592.jpg
しかし、僕は今シーズン初のコブコブ滑走だったので、1本目は
メッチャ緊張しました!!・・・。コースから外れるとせっかくの
整備されたコースを荒らすことになりますし、何より恥ずかしい
です・・・。そしてモーグルコースは抑えて滑るとかえって難しい
のですが、攻めすぎるとオーバーしちゃいます・・・。

a0353718_10543956.jpg
うりゃぁぁぁ~~~!!!・・・と、気合を入れてドロップイン!!
何だかバックカントリースキーよりも緊張したかも知れません・・・。
でも、何とかコースオーバーもせず、ちゃんとターンして下まで
滑りきることができました~!! あぁ~よかった、よかった・・・。



最後は、Mt.乗鞍スノーリゾートのオフィシャルモーグル動画を
貼り付けておきます!! これ、メッチャカッコイイです~!!
今シーズンも、もう少ししたら、こんな感じでモーグルコースが
完成すると思います~~。 みなさん、モーグルコースを滑りに
来て下さい!! そしてコブコブ滑るのが苦手な方もモーグルの
全日本の選手の滑りとエアを見に来て下さい~~。

そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で皆さんのご来店を
お待ちしています。お立ち寄り下さい、よろしくお願いします~。






[PR]
by springbk2 | 2017-01-31 07:53 | Comments(0)

乗鞍が大好き〜💕 という方のために登場した「のりくら天空ふぁんCLUB」では、
毎年数回のツアーイベントを募集しています。
そして、この冬のツアーは。。。

a0353718_20342369.jpg
その名も「女将と夜遊び第2弾 ★ムーンライト雪上車ツアー★」です〜〜〜!
第1弾はもちろん昨年2月に実施された 一の瀬園地へのナイトスノーシューツアー。
天候は今ひとつだったのですが、お客様に喜んでいただけため、
また新しいテイストで第2弾を催行することになりました〜♬
→ 昨年のツアーの様子は こちら


a0353718_20343571.jpg
ツアーは満月の頃に行われるので、月明かりの下、白銀の世界へ進むことになります。
これがびっくりするほど、明るいのです。
念のため、ヘッドライトを持参するのですが、殆ど使うことなく済んでしまうことも。。。

a0353718_20345259.jpg
今回は、この真っ赤な「スノービートル」に乗って、スキー場へ繰り出します!
普段はMt.乗鞍スノーリゾートが昼間の乗車ツアーを実施しているのですが、
この時は特別に天空ふぁんCLUBで借り切って、プライベートのナイトツアーに
仕立てました!
予定では、三本滝駐車場(かもしかゲレンデ下)まで行く予定です。
途中のビューポイントでは、月明かりに照らされて浮かび上がる乗鞍岳を
眺めながらホットドリンクを楽しんでいただくティータイムもご用意 !^^!


a0353718_20350270.jpg
そして、2日目はスノーシューで冬の森へ散策に出発です!
これはつい先日下見に行った時の画像です。雪が降り続いた後の晴れの日で、
森の中はとても穏やかで素敵な光景が広がっていました。
場所によって、木々の枝や幹に積もった雪の様相もいろいろで、それらを
眺めながらラッセルして進むのが、心地良くて楽しいのです。


a0353718_20350991.jpg
子りすの径を下って「東大ヒュッテ」前に着いたら、雪の平原と乗鞍岳が
迎えてくれます。この素晴らしい展望ポイントで、休憩タイム♬
女将さんの手作りおやつとお茶で、癒しのひと時を。。。

a0353718_20351958.jpg
冬の森では、実際に動物に出会うチャンスは少ないですが、雪の上に残された
足跡をたくさん見かけます。特にノウサギは多いですね。
動物たちが雪原を走り回る様子を空想しながら、歩く時間を楽しみましょう。


a0353718_20352981.jpg
まだ誰も歩いていない平原があったら。。。気持ち良く初めの一歩を
つけてしまいましょう!これが意外と楽しいんですよ、大人でも。。。

スノーシューで休暇村まで到着したら、最後はお昼ご飯で締めくくり。
これも昨年好評だった「とうじそば」をご用意します。
ツアーを楽しんだ皆さんと、スタッフの女将さんが一緒に鍋をつついて
おすすめの郷土食で温まります。


ツアーの詳細は、のりくら天空ふぁんCLUBのFacebookページをご覧ください。
会員限定のツアーですが、会員登録は無料ですから、ツアー参加をきっかけに
申し込まれる方もいらっしゃいます。

ツアーの催行日は、2/12(日)〜13(月)の1泊2日です。
お申し込み締切り日は、2/1(水)です。Facebookのイベントページから
「申込みフォーム」をクリックしてお進みください。

ご参加、お待ちしています〜〜〜!!







[PR]
by springbk2 | 2017-01-30 07:32 | アウトドア | Comments(0)

昨日の続き、平標山バックカントリースキーの滑走編です!!
でも、スキー滑走のドロップ・インの前に、山頂からの景色の
画像を少し載せたいと思います~~。

a0353718_21135372.jpg
「苗場山」(2415m)。
平標山から西側を見ると、一際白い台形の山が見えます・・・。
これが「苗場山」らしいです。有名なスキーリゾートである
苗場スキー場はこの南側(左側)にあります・・・。見えている
この東斜面はスッパリと切れ落ちていて崖のように見えますが、
支尾根づたいに滑れないかなぁ~?・・・と思って見てました。


a0353718_21142347.jpg
「浅間山」(2568m)。
南方面に、これまた真っ白な独立峰が見えました。これは長野県
軽井沢の北側に位置する「浅間山」です。活発な活火山で現在も
噴煙が上がっているのが見えました。


a0353718_21150104.jpg
「谷川岳連峰」(1977m)。
平標山から仙ノ倉山を見越して向こう側に白く広がっている
のが「谷川岳」の連峰ですね・・・。でも、僕たちは初めて来た
ので、どこがどの山なのかは分かりませんでした・・・。谷川岳
山域も滑りたいとは思っていますが、危険なので条例により
スキー滑走も入山さえも禁止されているようです・・・。



そして!ここから僕たちの本領であるスキーが始まります!!
最初は登っている時に見えていた「平標山」の斜面をピストン
だけで帰ろうと思っていたのですが、山頂からバックボウルに
広がる斜面があまりに良さそうなので、「西ゼン」ルートへと
1本、バックボウルに滑り込むことにしました~!!
a0353718_21153732.jpg
ドロップ・インです!!
最初はもちろん、AM君のライディングです~~。 山頂から
少し降りたコルから、いつもの思い切りのドロップ・インを
決めて滑って行ってくれました~~!!
a0353718_21160675.jpg
そして、そのままファットスキーでノートラックパウダーを
蹴散らして滑って行ったのでした~~。


a0353718_21164901.jpg
そして、2番手に僕の滑りですぅ・・・・。 有名(らしい?)な
「西ゼン」ルートの上部のオープンバーンを、AM君に続いて
出来るだけ安全運転な僕の滑走の中でも、出来るだけ頑張って
滑って行ったのでした~~。


a0353718_21180208.jpg
そして僕たちは「西ゼン」と言われる急斜面の落ち込みの手前
まで滑って行き、斜面が緩やかになったところで風をよける事
ができる&雪崩地形をなるべく避けた所で、大休憩&ランチを
しちゃったのでした~。谷川連峰の山々と、その向こう側には
南魚沼の平地が延々を続いていて、日本海までも見えそうな?
この景色に感動しながらの贅沢なランチになったのでした~。


a0353718_21183940.jpg
その後、再び「平標山」まで登り返しです!!・・・。昨日の
(登攀編)の時に見えていた、広大なオープンバーンを滑って
帰るためです・・・。滑った分登り登った分滑れる。BCスキーは
なんてシンプルで高尚な遊びなんでしょう!!・・・。突き抜け
そうに青い紺碧の空が美しすぎます・・・。



そして、2本目の
ドロップ・イン!!
a0353718_21253172.jpg
2本目のドロップ・インも、もちろんAM君からです~!!
30~35°ぐらいの超広大なオープンバーンにも臆すること
無く、AM君は思いっきり全開で滑って行ったのでした~!
a0353718_21263091.jpg
そして豪快なスプレーを上げて滑っていかれたのでした~。
この日は、本当に文句なしの最高の天気、そして平標山の
最高の斜面、最高のパウダーで、素晴しいバックカントリー
スキーとなったのでした~~!!


a0353718_21271385.jpg
そして、2本目の僕の滑りですぅ~・・・・。
AM君のシェプールに導かれるようにして、紺碧の大空を
バックに、ドロップ・インからボトムまでノンストップで
一気に滑り切ることが出来ました~!!
a0353718_21274897.jpg
そして、下部のブナ林の中のツリーランでも、パウダーで
スプレーを上げて滑ることが出来ました~~。
あ゛ぁ、快感!!・・・。



a0353718_21283393.jpg
そして、平標山の斜面の続く限りどこまでも落ちて行って、
最後は自分たちの登ってきたトレースを辿ってラストまで
滑って帰れたのでした~~。

この「平標山」、メロウな斜面が360°広がる、山スキーに
最高の山でした!! でも、乗鞍高原からはかなり遠くて、
なかなか来れないなぁ~・・・とも思ってしまったのでした・・・。
でも谷川連峰は、機会があればまたスキー滑降に挑戦して
みたい斜面がたくさんあります。また機会があれば、ぜひ
きたいと思いました~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-01-29 07:20 | アウトドア | Comments(0)

今回の「カフェ・スプリングバンク」の定休日は、ず~~っと
雪だった日々の間の、つかの間の晴れに恵まれたのであった!!
なので、久しぶりの遠征に行こうと、車を走らせたのだった・・・。
これまでの大雪でたくさん雪が降り積もったであろうと思われる
北へ!!!・・・。

a0353718_20135099.jpg
高速の長野道を北へ向かって走り、そこからまだまだ北へと
向かう!!・・・。 飯山市を過ぎて、野沢温泉や木島平などの
素晴しいスキー場をもスルーして、今回僕達が向かったのは、
新潟県・湯沢方面の谷川連峰の西端にある「平標山」という
山だった。僕は湯沢方面に行くのは初めてだったので今年は
谷川方面をターゲットにしていたのだ。なので今回はとても
楽しみにしていたのだった~。

今回は北へ走れば走るほど、雪がどんどん深くなっていく
ので、期待に胸が膨らんでいったのであった~・・・。

a0353718_20135742.jpg
乗鞍高原を出発して4時間もかかって、やっと平標山の入り口
である「火打峠」に到着した。国道17号線の火打峠のところ
から、BCスキーの用意をして、いざ、ツアースタートだ!!


a0353718_20140431.jpg
スタートしてスグは、完璧に除雪された林道のような道を奥へ
入っていく・・・。これは、別荘のための道らしい。完璧すぎる
ほど除雪されている美しい道を、ドキドキしながらブナの森の
中へと進んでいったのであった。


a0353718_20141602.jpg
ブナの森の中を少しの間進んでいくと、平標山の今日滑る斜面が
目の前に思いっきり見えてきたのだった!! スキー場のような
素晴しい程のオープンバーンで、あそこをスキー滑走する自分を
想像すると、思わずヨダレが出てしまう程だった~。


a0353718_20142783.jpg
早く滑りたい思いでドキドキする胸を押さえて、ブナに覆われた
美しい森の尾根を稜線目指してジグを切りながら登って行く・・・。
この日は数人の先行者がいらっしゃったので、彼らのトレースを
使わせて頂いたのだった。

a0353718_20143797.jpg
稜線に出ると一気に景色が広がっていく!! 滑る斜面は左奥に
輝いて見えている!! 焦るので足取りは速くなっていく!・・・。
しかし、足元はアイシーなクラスト斜面になってきて、かなり
登り難くなってきた・・・。それでも僕たちの登攀は止まらない!


a0353718_20144567.jpg
稜線に出ると、向こう側には「仙の倉山」が大きく見えていた!!
「仙の倉山」も素晴しい斜面で、山スキーには最高の山だ~。
(山頂からの景色は、②(滑走編)に画像を載せます・・・。)

a0353718_20145877.jpg
広い稜線をガンガン進んでいく。バックには浅間山や八ヶ岳、
苗場スキー場から苗場山、そして富士山まで見えていた!!


a0353718_20152030.jpg
そして、スタートしてから約2時間45分ほどで「平標山」の山頂に
到着したのであった~~!!
今回もヤリました~!!
しかし、この日の「平標山」の山頂は超爆風で、メッチャ寒くて!、
立っていられない程だったのだ・・・。 なのでスグにスキー滑走の
用意をして、ドロップ・インすることにしたのであった~・・・。


a0353718_20153317.jpg
ドロップ・イン!!
(続く!!)




[PR]
by springbk2 | 2017-01-28 07:13 | アウトドア | Comments(0)

鳥さんの日♬

ある日、10時にお店をオープンして、お客様を待って店番をしていたら、
視界の中に何やらチラチラ動くものが。。。

a0353718_21153623.jpg
スプリングバンクの店の入口前には、ベンチが1つ置いてあるのですが、
その足元に小鳥さんが来ていたのです!
人間ではなくて、野鳥のお客様が先に店に来る ということはたびたび
あるのですが、いざ見つけると慌てます。。。カメラ〜カメラ〜〜!と。

a0353718_21155061.jpg
この時は可愛い「シジュウカラ」さんでした💛
胸に黒いネクタイのような線があるのが目印です。
そのネクタイが この個体のように太めだとオスで、細めだとメスだそうですよ。

a0353718_21234950.jpg
背中の淡い黄色もとっても綺麗です。
しばらく床板の間などを突ついて何かを食していたようですが、
やがて向かいの家の庭木に飛んで行きました。


そして場所を移動し、同じ高原内のお宿さんにお邪魔した時に、素敵な野鳥との
出会いがありました〜〜〜*\(^o^)/*

a0353718_21235708.jpg
前から気になっていた「アオゲラ」さんです💕
遊歩道で見かけたり、スプリングバンクの裏庭にやってきたり、
出会ったことはあるものの、いつも遠目でチラッ〜としか
観察できませんでした。


a0353718_21240424.jpg
この時は、ガラス窓越しに眺めていたのですが、何回も飛来するので、
じっくり写真を撮ったり、様子を伺うことができて、ラッキーでした♬


a0353718_21241559.jpg
網の中にあるバードケーキをつつく様子も観察できました。
不安定なぶら下がり状態ですが、器用に体勢をキープしています。
お腹の模様も見えて、いいポジションです。


a0353718_21242347.jpg
こちらはドイツトウヒのぼっくりを利用して作ったバードケーキに
「コガラ」さんがやってきたところです。
松かさの隙間に詰まったバードケーキを突ついて食べるには
これぐらいの小鳥がちょうど良さそうです。


a0353718_21243728.jpg
そんなことは関係な〜い!と言わんばかりに。。。「アカゲラ」さんが登場です。
ちょっと苦しい体勢ながらも果敢にバードケーキに喰らいついていました。
お腹の赤い色がよ〜く見えて可愛かったですね。


a0353718_21244369.jpg

小雪が舞う中、木の幹に佇む「アカゲラ」さん。。。
どこか哀愁を帯びているようにも見えました。

a0353718_00045580.jpg
こちらは、スキー場のレストランやまぼうし近くにあるチケット売り場で撮影した
「ジョウビタキ」くんです。ツルウメモドキの実を食べに来ていたようです。


冬は、広葉樹の葉が無いので、野鳥の観察にはある意味適したシーズンです。
種類はもちろん冬鳥に限られますが、鳥さんたちの行動をよりリアルに感じることが
できるのがいいですよ。

冬こそ、カメラを持って高原へ繰り出しましょう♬
その痺れるような寒さ以上に、素敵な出会いが待っています!






[PR]
by springbk2 | 2017-01-27 20:04 | 日常 | Comments(0)

ワイン 433


今回はまた、ネットで「激安旨ワイン!」と噂になっている、
あの!ワインを取り寄せてテイスティングしてみました~~。

今回のワイン、「モンテ・アンティコ」2011年です~!!
a0353718_15244506.jpg
このワインは、イタリアはトスカーナ州のモンタルチーノの丘
から南西部にある「モンテ・アンティコ」という畑で造られる、
サンジョヴェーゼというイタリア固有のブドウ品種のワインです。

造り手は「モンテ・アンティコ」の「フランコ・ベルナベイ」
さんです。彼はイタリアのコネリアーノ・ワイン醸造学校や、
ボルドー大学醸造コースなどを卒業後、ブルゴーニュなどで
ワイン造りを経験し、1979年から醸造コンサルタントとして
頭角を現します。そしてトスカーナ地方のワイナリーで主に
ワインを造ってきて、「サンジョヴェーゼの神」と呼ばれる
までになりました!!「モンテ・アンティコ」とは「古い山」
と言う意味です。高級イタリアワインを輸出している会社の
エンプソン夫妻がオーナーで、上記のフランコさんと一緒に
この「モンテ・アンティコ」を造り出しているのです~。

サンジョヴェーゼ主体で、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン
などをブレンドし、スロヴェニアンオークやフレンチオーク樽
で約12ヶ月の熟成をさせます。


「フランコ・ベルナベイ」さんが造る「モンテ・アンティコ」、
パーカーが「ポケットマネーで帰るスーパータスカン」と絶賛
したために、一躍噂のワインとなっていますが、驚くのはその
価格です!! 何と!¥1500-程なのです~。これを、僕たち
「安旨ワイン探検隊」が見逃しはしません!いざ、オープン~。
a0353718_15251506.jpg
このワイン、開けてスグからスッキリした香りがグラス中に
広がってきます~~。カシスジャムのような濃厚な果実感と
煮詰めた漢方薬のような苦味や渋みがあるような(?)香り
がありますが、とてもバランス良くスッキリしています~!
味わいも酸味のバランスが良いのか、嫌味な感じが全然無く
美味しいですね~。イタリアワインらしからぬスッキリした
美味しい安旨ワインでした~。

皆さんの「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-01-26 07:23 | お店からのご紹介 | Comments(0)

ここ最近の数日も、ず~~っと雪が降っていたのでした・・・。
でも風も強くて、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデの状態が
どうなっているのか?練習も兼ねて、昨日見に行ってきました~。

a0353718_11042308.jpg
昨日は、今シーズン一番冷え込んでのではないか?!という
ぐらいに冷え込んでいて、朝の気温はマイナス14℃!!・・・。
しかも吹雪いていたのです・・・。でもその冷え込みのお陰で、
雪質は最高の状態です!! 歩いていても、キュッキュッと
イイ感じの音がします。

a0353718_11043110.jpg
僕たちが向かったのは、先週末にやっとオープンできた
鳥居尾根ダウンヒルコースです~!! 僕はこのコースが
Mt.乗鞍のゲレンデの中で一番好きです。一番スピードが
乗るコースなのと、急斜面なのと、ロングコースなのと、
パウダーが降っても圧雪カービングでも最高に気持ちイイ
コースなのです~~。 この画像のように、どこまででも
落ちて行けるダイナミック感が最高ですね~~。


a0353718_11043905.jpg
そして僕は、一通りカービングの練習をしたあとは、やはり
残っているノートラックのパウダーを頂いてしまいました~。
弧を描いて舞い上がるスプレーが、最高の雪の状態を物語って
いますね~~。メチャ気持ちイイですぅ~!!

a0353718_11044461.jpg
鳥居尾根ダウンヒルコースから、未圧雪のチャレンジコース
へと落ちていきます!! そこでもパウダーが残っているので
バフバフと頂きました~~。 ここは強風によって少しパック
されたパウダーでしたが、何とか蹴散らしながら滑っていった
のでした~~。


a0353718_11045558.jpg
朝イチはメッチャ寒かったのですが、少しすると雲が切れて
太陽も見えてきました~。ちょっとでも風が収まって太陽が
出てくると寒さも収まってきますね~。

雪が良いとスキーもターンが気持ち良くキマりますね~~。
こんなMt.乗鞍スノーリゾートへ滑りに来て下さい~~!!
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~~!! よろしくお願いしますぅ~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-01-25 11:03 | Comments(0)

2017年になってから新しいモルトウイスキーを数本仕入れて
いますので、ご紹介していきたいと思います~~。

「キルホーマン、サナイグ」です~!!
a0353718_12353747.jpg
「キルホーマン」蒸留所は、ウイスキーの聖地の島である
「アイラ島」で造られるシングルモルトウイスキーです!
アイラ島には今まで8つのモルトウイスキー蒸留所があった
のですが、1983年に「ポートエレン」が閉鎖になってから
7つになっていました。しかし!現在のウイスキーブームの
中で2005年に124年ぶりに新しく「キルホーマン」蒸留所
がオープンしたのでした~!!

「キルホーマン」は、アイラ島の北西部の太平洋側にある
「リン半島」の「ロックサイド・ファーム」という農場の
中に建てられています。「ファーム・ディスティラリー」と
自らを称しているように、アイラ島最小のマイクロ蒸留所
です。しかしウイスキー造りはこだわりで、麦芽を造るの
に自社で契約しているロックサイド・ファームのアイラ島
産の麦を使って「フロアモルティング」という昔ながらの
伝統の製法で原料のモルトを造っているのです。そして、
ボトリングもアイラ島の水を使って、ブルイックラディの
(隣の蒸留所の)工場でボトリングまでしているのです!
これは、モルティングから~発酵~蒸留~熟成~ボトリング
までの全ての工程をアイラ島の自社の工場で行っていると
言う事で、「100%アイラ島産」を名乗れる唯一のアイラ
モルトウイスキーなのです~!!


a0353718_12360795.jpg
この「サナイグ」(右側)は、シェリー樽熟成されたボトル
です~。 左側のオレンジ色のラベルの「100%アイラ」は
上記のロックサイド・ファームの麦を使って造られたアイラ
産100%のモルトです。以前からの在庫で、まだあと少しは
残っていますので、この機会に両方ハーフずつで比べてみて
下さい~。よろしくお願いします~~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-01-24 07:34 | お店からのご紹介 | Comments(0)

昨日のMt.乗鞍スノーリゾートは、「さんぞくっくの日」として
全身コスプレをしてれば、
1日リフト券が無料!!
の日だったのです~!!

でも昨日の朝イチはけっこう雪が降っていて、寒かったのです。
そんな中でも、全身コスプレをして滑りに来てくれたお客さん
がいらっしゃいました~~。

a0353718_11242168.jpg
1人目は、全身ミドリ色のゴリラさんがいました~!!
でもバックパックはカメの甲羅でした・・・。スノーボードの
コスメも痛板でした~。かなり気合い入っている感じです。

a0353718_11243048.jpg
その全身ミドリのゴリラさんと一緒の方は、これは何でしょう?
学生服のような?制服のような?コスプレの方です~。同じく
スノーボードも痛板で、一緒に撮影させて頂きました~~。

a0353718_11243718.jpg
次に見つけたのは、全身ポケモンのピカチュウの方と、
これはクッキーモンスターなのでしょうか?、全身が
ブルーのモジャモジャな方です~。 カモシカ斜面を
かなり攻めて滑っていらっしゃいました~~。


a0353718_11244203.jpg
そのパウダーに覆われたカモシカ斜面をファミリー全員で
コスプレで滑っていらっしゃる方々がいらっしゃいました!
ワンピースのチョッパー」、「マリオブラザーズのマリオ
そして子供さんは「忍者」ですね~!! かなり気合入って
いました~~。

a0353718_11250090.jpg
リフトに乗ってカモシカ斜面を上がっていくと、3人グループ
カッパさんがいらっしゃいました~!!
a0353718_11250527.jpg
カッパさんは全身ミドリでちょっと分かりにくいのですが、
上から見ると、頭のお皿とくちばしがちゃんとあるのです!
とってもカワイイ3人グループさんでした~~。

a0353718_11251128.jpg
ラストは、去年も見かけた方で、「トトロ」さんです~!!
毎年毎年、さんぞくっくの日に来て頂き、感謝ですね~~。


毎月第4日曜日は、「さんぞくっくの日」です!!!
なので次のさんぞくっくの日は、2月26日(日)です~。
ぜひ!皆さん、「さんぞくっくの日」にコスプレをして
Mt.乗鞍スノーリゾートへ滑りに来て楽しんで下さい~。

そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」で、皆様の
ご来店をお待ちしています~!!よろしくお願いします。






[PR]
by springbk2 | 2017-01-23 07:22 | イベント | Comments(0)

今シーズンは、ここまでなかなか善五郎の滝が氷つかなくて、
そして1月からはパウダースノーがドカドカと降り続いたので
パウダースキーに忙しくて、アイスクライミングには行けて
なかったのでした・・・。

a0353718_10152716.jpg
でも先日やっと、ある理由からいつものNJさんに誘われて
善五郎の氷瀑へと、アイスクライミングに行けたのでした~。

つい先日までは全面凍結していた「善五郎の滝」ですが・・・、
僕たちが行った時は、右側が少し割れ落ちてしまっていて、
水が流れていました・・・。


a0353718_10153668.jpg
まず最初は、ガイドのNJさんのクライミングです~。いつも通り
安定したクライミングです。新しくしたアイスアックスの歯先の
突き刺さり具合も、かなり良い調子だったようです~。


a0353718_10154288.jpg
そして、僕のヘボいアイスクライミングですぅ~・・・。
僕は、今シーズンもたぶん行くであろうビッグマウンテン
ツアーの、クライム&ライドの登攀の練習なのです~・・・。
バックカントリースキーのスティープ&ディープなツアーは
登れないと滑れないのです!!・・。この、とてもシンプルな
ところが、僕はとても好きなのです。

a0353718_10154888.jpg
そして、アイスクライミングはかなり久しぶりな僕でも、
何とか終了点までは完登出来たのでした~。 

乗鞍高原の「善五郎の滝」は、駐車場からスグのアプローチで
大きな氷瀑のアイスクライミングが出来るので、最近は大勢の
アイスクライマーの人が来て、アイスクライミングを楽しんで
いらっしゃるようですね・・・。だんだんとメジャーになりつつ
あるという事でしょうか?!・・・。


a0353718_10155391.jpg
最後は、ラペルダウンも練習させて頂きました~~。
ギアも全て回収して、久しぶりのアイスクライミングで
僕はとっても楽しかったです~。NJさんいつも本当に
ありがとうございます~~・

1月のドカ雪豪雪がやっと過ぎて、北アルプスの山々の中で
この雪が落ち着けば、僕達もやっとビッグマウンテンツアー
のクライム&ライドのバックカントリースキーに行けると
思います・・・。この練習で、本番もバッチリだとイイなぁ~
と思います。 今シーズンのチーム・スプリングバンクにも
ご期待下さい~~。 よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-01-22 07:14 | アウトドア | Comments(0)