<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

明日からは、もう早くも3月になってしまいます!!・・・。
本当に、季節の移り変わり、月日の経つのは早いです・・・。

そして今シーズンも、早くもモンベルの春夏カタログが
届きました~~。

a0353718_14254805.jpg
2017春夏カタログの表紙写真は、また「立山」でした~。
右のギアカタログは「黒部川源流の十字狭」の写真です!
そして、左のウェアカタログは「立山・雄山」ですね~~。
もちろん美しいのですが、去年の秋冬カタログも「剱岳」の
写真で2回連続で立山なので、そろそろ乗鞍岳も使って欲しい
なぁ~・・・、とか思っているのでした~~。


a0353718_14261710.jpg
「カフェ・スプリングバンク」併設の「モンベル・ショップ」では、
シャツやフリース、防水シェル、靴下や手袋など、いろいろ販売して
います~~。ぜひ!お立ち寄りください~~。

そして、モンベルのカタログは「カフェ・スプリングバンク」の
カウンターに置いてありますので、気になっている方は、ぜひ!
見て下さい。ご来店お待ちしています。よろしくお願いします!




[PR]
by springbk2 | 2017-02-28 07:24 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今日は乗鞍に関するTV放送のご案内です!
本日2月27日(月)午後8時 NHK BSプレミアム
※再放送は3月6日(月)午前8時です。
ワイルドライフ」!!!
「北アルプスの四季 ホシガラスが雲上の森を作った!」

主役はこちら。。。

a0353718_14372818.jpg
我が乗鞍岳で暮らす野鳥の「ホシガラス」さんです!
白、黒、茶系のシックな色でまとめた この出で立ち。。。
地味なようですが、よく見るとお洒落な雰囲気ですよヽ(^。^)ノ

a0353718_14374443.jpg
厳冬期は高山帯から少し降りて過ごすので、春に山頂付近へ戻って行きます。
この写真は、春にエコーラインの途中で、道路脇のトウヒの樹に
とまっていたものです。これから帰って行く山頂方面を眺めている
ように見えました。

a0353718_14381052.jpg
そして、山頂付近に広がるハイマツ帯の雪が融けると、、、
こんな風に忙しく飛び交っています。


a0353718_14381679.jpg
ジッ〜と様子を見ていると、ハイマツの大きなボックリを咥えて
飛んで行くのが確認できます。

a0353718_14382319.jpg
飛んで行った先を覗いてみると、こんな感じになっています。
これを「ホシガラスの台所」って言うそうです。
ハイマツの実を食べた場所なんですね。
ちょっと食べ散らかした雰囲気もナチュラルでいいですね。

a0353718_14404873.jpg
乗鞍岳で「ホシガラス」さんに会うのは、結構簡単です。
シャトルバスに乗って、大雪渓や畳平に行き、登山道を
歩いていれば、こんな風に待ち伏せしていたり。。。^^;;


a0353718_14410295.jpg
エコーラインを歩いていても、ガードレールにちょこんと
佇んでいたりします。
もちろん、ハイマツ帯を眺めていれば、きっとその姿を
見つけることができるでしょう。

身近な野鳥のようですが、実はその生態は明らかになっていない
ことが多かったようで、昨年乗鞍岳で調査が行われていました。
それらの調査の様子と結果が、この番組となって放送されることに
なったようです。

地元の詳しい方にお聞きしたのですが。。。
「ホシガラス」は乗鞍岳ではごく普通に目にされていた野鳥ですが、
営巣などは全く記録されていませんでした。
何と!日本で初めて発見された「ホシガラス」の巣は、1956年4月に
乗鞍岳の冷泉小屋付近で確認されたものだそうです005.gif

今回、この番組でどんな新しい発見が公開されるのか、
とても楽しみです。
乗鞍岳の美しい山岳風景と併せて楽しんでいただけそうです。
ぜひ!! 今夜はNHKの
「ワイルドライフ」をご覧ください034.gif




[PR]
by springbk2 | 2017-02-27 07:35 | アウトドア | Comments(0)

先週の木曜日は、土砂降りの雨が降ってしまいました!!・・・。
なので、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデはどうなっている
のか?・・・。ちょっと不安だったのですが、ゲレンデの偵察に
行って来ました~。

a0353718_11150853.jpg
ゲレンデに到着するまでの道路は、ツルツルのアイスバーンで
スキーブーツでは歩けない程のスケート場のようになっている
箇所もありましたが・・・・、
が、しかし!!、
ゲレンデに1歩踏み入れると、そこには、キュッ!と鳴るような
素晴しい雪質の圧雪ピステンバ-ンが広がっていたのでした!!
さすがは乗鞍です!!

a0353718_11151885.jpg
硬く締まっている圧雪バーンは、最高のカービングターンが
キマります!! 何でも出来るぐらいにイイ感じで、ギュンッ
と思い通りに曲がってくれます!! 雨の影響は全く無い程
の最高のバーンでした~~。でも未圧雪の箇所はバリバリで
かなり滑りにくいと思いますので、気をつけてください・・・。


a0353718_11152264.jpg
雨の影響を受けたモーグルバーンも、週末は選手のみなさんが
揃って来ていらっしゃったので、スグにコブコブが整備される
と思います~。1回薄く雪が降り積もったら、モーグルコースを
滑るには丁度良い時だと思います~。Mt.乗鞍スノーリゾートの
モーグルコースは、全日本強化選手の人達で整備されているので
とても滑りやすく本格的です!! ぜひコブコブ好きな皆さん!
滑ってみてください~!!


a0353718_11160193.jpg
そして僕は、カービングターンの練習をダウンヒルコースで
ひたすらしていました~・・・。山で安全に、そして快適に滑れる
ように練習ですぅ~~。

雨の影響を心配してスキーに行こうかどうか?悩んでいる方!
Mt.乗鞍スノーリゾートは、本当に!最高に滑りやすいです!
ぜひこの標高の高い場所の雪質を実感して下さい~~。

そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店を
お待ちしています~~。 よろしくお願いしますぅ~~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-02-26 07:13 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

今回は、Mt.乗鞍スノーリゾートのCMのご紹介です!!
ハッキリ言って、
これはヤバイです!!
このCMを見たら、心をキュンッと鷲掴みにされてしまい、
初恋に似た気持ち?にさせられて、絶対に行きたくなって
しまいます!!・・・。


「松本市街から車で60分で来れちゃうMt.乗鞍なら
 温泉スキー旅行だけじゃなく松本観光だってできちゃう♪
 観光に温泉にスキーに星空までロマンチックな雰囲気を
 ご希望の方からのんびり過ごしたい方まで、色んな思い出
 作りにどうぞ!」らしいです~・・・。

そして僕個人的には、Mt.乗鞍スノーリゾートは、松本ICから
車で60分なので、実際には白馬方面のスキー場よりはかなり
近いのと、温泉が最高なのと、プラネタリウム状態に見える
絶景の星空だと思います!! これを見たらMt.乗鞍へ旅行に
行くしかないでしょう!!・・・。キュンッとした気持ちのまま
ぜひ来て下さい~~。 「カフェ・スプリングバンク」へも
ご来店下さい~~。 お待ちしています~~。




そしてコチラは、長野県内のローカルで流れているCMです~~。
「ありじゃな~い」
コチラのCMを見た人は、「ありじゃな~い?!」というノリで、
スキー&スノーボードを滑りに来て下さい~~。よろしくお願い
します~~。   





[PR]
by springbk2 | 2017-02-25 07:33 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

僕は、「スキーを中心に1年中人生が回っている!」と言って、
11月から~7月までスキーを滑れる乗鞍でスキーバカを自称して
きましたが、やはりどの世界にも上には上が居るもんです!・・・。
カフェ・スプリングバンクの常連のお客様の中に、かぐらローカル
のスノーボード集団の人達がいらっしゃって、彼らは1年中ずっと
良質のパウダーや雪の斜面を求めて彷徨い、10月から人工雪の
ゲレンデからシーズンインして~乗鞍大雪渓が猫のヒタイみたい
になる9月まで、まさに1年中滑っている人たちなのです!!

a0353718_09444566.jpg
そのチームかぐらローカルのスノーボーダーさんたちが、今回
乗鞍バックカントリースキーで、山頂方面へ行きたい!という
オーダーがあり、僕も一緒に行ってきたのでした~!!

ゲレンデトップに集合して、そこからいつも通り登り始めます。
今回はスノーボーダーの人達なので、スノーシューやスプリット
ボードの登攀なので、いつもとはちょっと違います・・。でも僕は
1年中滑りまくる彼らに置いていかれないように、気合を入れて
行ったのでした~~。


a0353718_09445017.jpg
ツアーコース内は前日の降雪でクリーミーパウダーが積もって
いて、とても快適に登れていきます! そして天気は快晴!!
この時は、山頂から素晴しいパウダーに覆われたノートラック
斜面へとドロップ・インしか考えていませんでした~・・・。


a0353718_09445599.jpg
やはり、チームかぐらローカルの人達は!、情熱を燃やして
ガンガン登って行きます!! たぶん彼らも厳冬期の乗鞍を
滑るイメージで、頭の中がセルフドーピング状態だったので
しょう!! 登っている最中でも奇声が上がっていました~。


a0353718_09445927.jpg
しかし、ツアーコースを抜けて「位ヶ原」の雪原に出ると・・・・、
厳冬期の非常に厳しい乗鞍の大自然が、僕たちに牙を剥いて
きました!! 
超爆風です!!
時折吹く強烈な爆風で、スノーボードを背負っている彼らだと
立っていられない程だったのです!!・・・・。


a0353718_09450562.jpg
それでも、この乗鞍岳の厳冬期の素晴しい山岳景色は、彼ら
にはとっても新鮮で美しく思えたようで、カメラを向けると
このポーズ!!・・・。 もうさすがです!!


a0353718_09451084.jpg
飛ばされそうな爆風に耐えて、一歩ずつ稜線へのドロップ・インに
向けて進んでいったのですが、摩利支天岳の稜線でさらに強烈に!
なっていったのです・・・。もはや何をすることも出来ないぐらいの
強烈な爆風で、少し低体温症気味な感じの人も出てくるぐらいに
なってきて、稜線まであと100mぐらいだったのですが、この先も
稜線に出るとさらに風は強くなることは間違いないので、少し危険
を感じたので、稜線からのドロップ・インは諦めて、大雪渓の所の
非難小屋へと非難して行ったのでした・・・・。


a0353718_09451551.jpg
非常に、非常に残念なのですが、強風が僕たちの行く手を
阻んだのでした!・・・。天気は良くて景色も最高だったのに、
進むことが出来ない悔しさ・・・。でも命には代えられません。
非難小屋の影で風を避けると快適でした。風が無いだけで
こんなに快適なんだという、強風の影響を、感じたツアー
になったのでした~・・・。


a0353718_09452111.jpg
仕方が無いのですが、去年に引き続き、今年もここから
ドロップ・イン~。


a0353718_09452987.jpg
まずは、チームかぐらローカルの重鎮であるHgさんの滑りです!
唯一のグーフィーでスプリットボードの彼の、位ヶ原の急斜面の
気合のライディングです~!!


a0353718_09453346.jpg
チームかぐらロ-カルで一番パワフルに感じたKBさんです。
難しいウィンドパックのパウダーだったのですが、ボードには
関係がないみたいに、みなさん簡単そうに滑っていかれます!


a0353718_09453959.jpg
乗鞍大雪渓の常連で、1年中がシーズンだというミドリンさんの
ライディングです~。シーズンオフが全く無い彼のライディング
スピリッツは、僕も見習いたいです!! そして、スノーボード、
ウェア、小物など、持ち物全てがミドリ色という彼のこだわりも、
本当に素晴しいです~!!


a0353718_09454545.jpg
ラストは、今回初めての乗鞍バックカントリースキーに参加の
NTさんです!! 初めての乗鞍BCツアーでこの非常に厳しい
爆風のコンディションにも関わらず、メッチャ頑張って登って、
気合のライディングを魅せてくれました~。本当にありがとう
ございました~~。


a0353718_09460578.jpg
そして、僕の滑りですぅ・・・・。
チームかぐらローカルの皆さんに負けないように、何とか頑張って
滑っていったのでした~・・・。 が、ヘタレな1アウトをしてしまい
ました・・・。まだまだ修行が足りないようです・・・。(スキー画像は
前回のモノです、スイマセン~・・・)

今回は天気が晴れていたのに、非常に厳しいほどの爆風で、今年も
稜線までは到達出来なかったのでした・・・。それでもまた、来年の
リベンジを誓ってくれた、チームかぐらローカルの皆さんでした~。
ありがとうございました! また僕も彼等のライディングスピリッツ
を見習って、さらに滑りに磨きをかけて精進したいと思います~。
これからも「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~。

もちろん、一般のお客さまのご来店もお待ちしています。Mt.乗鞍へ
スキーをしに来たら、お立ち寄り下さい。よろしくお願いします~。





[PR]
by springbk2 | 2017-02-24 06:43 | Comments(0)

ワイン 437

今回の「安旨ワイン探検隊」は、カリフォルニアワインの歴史を
感じられる重要な、そしてレアなワインです~~。

今回のワイン「ザカ・メサ、シラー」2012年です~~!!
a0353718_14570432.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州の南部に位置する
ワイン産地「サンタ・バーバラ」で造られる、シラー種のワイン
です・・・。

造り手は「ザカ・メサ」です。この名前はアメリカ先住民族の
言葉で、「ザカ=安息の地」、「メサ=台地」を意味するので、
「安息の台地」という事でしょうか・・・。1972年、不動産業者
である「ジョン・クッシュマン」さんが設立した、完全独立の
ワイナリーで、300エーカーもの自社畑を購入して、全て自社
畑からブドウを造り、醸造から~瓶詰めまで全てを行います!
「サンタ・バーバラのガレージワイナリーの元祖」とも言われて
います。 その理由として、数々の素晴しいワインメーカーが
この「ザカ・メサ」で修行をして独立していったからです!!
「バイロンのケン・ブラウン」「オーハイのアダム・トルマック」
「オー・ボン・クリマのジム・クレデネン」、「レーン・ターナー」
「キュペのボブ・リンドクィスト」など、今ではカリフォルニア
のワイン界でもシンデレラワイナリー達が、この「ザカ・メサ」
でワイン造りを学び、自らのワイナリーを立ち上げ名声を得て
いったのです!! そしてこの「ザカ・メサ」もサンタ・バーバラ
の生産者として唯一のワインスペクテイター誌、年間トップ100
ワインの第6位や、ワイン十傑にランクインしているのです!!

シラー種99%にヴィオニエ種1%を加え、ローヌ系にこだわって
ステンレスタンクで醸造され、新樽比率25%のフレンチオーク樽
で約16ヶ月の熟成がなされます・・・。


カリフォルニアワインが好きな僕たちは、このワインは飲んで
おかなければならない歴史的なワインです。いざ、オープン~。
a0353718_14573413.jpg
このワイン、開けてスグから濃厚でスパイシーな香りがします!
シラー種特有の革製品のような感じやタバコのようなニュアンス、
そしてインクのように濃い果実感があり、それを酸味がバランス
をとっていて。とても美味しいです~。最後まであまり変わらず
そのままでした~。

この「サカ・メサ」は2015年に売却されるという噂だったので、
もしかしたら、この先飲めなくなるワインになるかも知れません。
もし見つかれば、買い!だと思います~。そして、こんなワイン
を飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~~。
お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-02-23 07:53 | お店からのご紹介 | Comments(0)

まだまだマイナス気温で、かなり寒い乗鞍高原なのですが、
夏の自転車レースである「マウンテンサイクリング in 乗鞍」
のエントリーが始まります~!! 自転車レーサーの皆さん、
よろしくお願いします~~。

a0353718_15180710.jpg
なぜ?!、今シーズンは「マウンテンサイクリング in 乗鞍」
事をこのブログで書くのか?というと、今年からはエントリー
先着順になるのです!!

3月1日の0:00からの
一斉にスタートです!

「マウンテンサイクリング in 乗鞍」に毎年出場されている方、
これまで抽選だったので出場したことが無かった方、今年は
チャンスかも知れません!! ぜひ!下記の特大リンクから
エントリーして下さい~~。
「エントリー!!」


a0353718_15183790.jpg
一週間後の3月1日は、自転車ヒルクライムレーサーの人達に
とって、かなりアツい0:00時になると思います!! 皆さん、
頑張って下さい~。そして「マウンテンサイクリング in 乗鞍」
に出場して下さい!! 

※2016年大会で入賞された方(各クラス1位~6位)には
 2017年大会の優先エントリーの案内を
 昨年登録のメールアドレスに送っているそうです。


公式FBもあります ⇨ こちら


そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店
をお待ちしています~!! よろしくお願いします~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-02-22 07:11 | イベント | Comments(0)

今シーズンも、もう早くも2月の終盤になってきています!・・・。
1月は、あんなに大雪が何日も降り続いてパウダーばかり滑った
のですが、2月はあまりゲレンデパウダーに当っていません!・・・。

でも!、
昨日の天気予報は1日中雪が降り続く感じだったので、朝イチに
パウダー狙いで、「Mt.乗鞍スノーリゾート」のゲレンデに行って
みたのでした~~。
a0353718_10285838.jpg
前日の夜からの積雪は、なぜかあまり積もっていませんでした・・・。
でも、ゲレンデの状態はとてもイイ感じで、キレイに圧雪された
バーンの上に10~15cmほどの積雪が薄っすらと乗っかっている
美味しそうなバーンでした~~!!


a0353718_10291769.jpg
リフトに乗っていると、ゴンゴンと降り積もってきています!
気温は高めだったので、丸い粒の「あられ」のような雪です!
この粒雪は、滑った時の感触はどうなのか?!、いざっ!!、
朝イチのノートラックに突っ込んでいきました~~!!


a0353718_10292272.jpg
ブッファァ~~!!!
ちょっと重さはあるものの、と~ってもクリーミーな感触の
パウダーが楽しめました~~。スプレーも上がる程の雪質は、
やはり標高の高い乗鞍ならではだと思います!!久しぶりに
とっても気持ちよかったですぅ~~!!


気温が高かったり、雨の予報でも、1500m以上の標高の高い
Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデでは、まさかのパウダーが
滑れるかもしれません!! パウダーフリークのスキーヤー
の皆さん、ぜひ!乗鞍へパウダーすべりに来て下さい~~!!

そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店を
お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-02-21 07:28 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ワイン 436

今回の「安旨ワイン探検隊」は、僕たちが大好きな生産地、
カリフォルニアのプロジェクトワインです~!! そして、
スキーヤーとしても飲んでみたい名前のワインです~~。

「ダブルダイヤモンド、アンバーノールズ」2009年です~!!
a0353718_19324462.jpg
このワインは、アメリカは、カリフォルニア州のナパ・ヴァレー
にある「アンバーノールズ」という畑で造られたワインです。

造り手は、「ナパ・ヴァレー」の絶対王者として君臨し続けている
「シュレイダー」です!! 「シュレイダー」は、オークションの
会社として知られる「サザビーズ」のワイン部門コンサルタントを
勤めていた「アン・コルギン」女史と「フレッド・シュレイダー」
さんにより、完璧なワインを造る事を目的に1992年に創業します。
そして!!、設立当初の醸造家はご存知女帝「ヘレン・ターリー」
女史!! 2000年からは「ターリー・ワイン・セラーズ」に在籍
していた「トーマス・リヴァー・ブラウン」さんが就任。その後、
11回もののパーカー100点満点ボトルを排出し、ナパ・カベルネの
絶対王者として頂点に君臨しています!!(ちなみに「コルギン」
も「シュレーダー」も、7~8万円もします!!!)

この「ダブルダイヤモンド」は、お手軽に買うことの出来るように
品質を最高にして価格を最小限に抑えた、シュレーダーのスマート
ヴァージョンのワインらしいです。ですがセカンドワインではなく、
ブドウは「ベクストーファー」の畑「アンバーノールズ」から供給
されています。そして「シュレーダー」と同じように、ステンレス
タンクで100%の発酵、フレンチオークの樽で18ヶ月の熟成です。


「シュレーダー」を僕たちが飲むのは、限りな~く無理に近いの
ですが・・・、この「ダブルダイヤモンド」は7千円ほど! なので、
今回はK8が激安で購入してきたのでした~。果たして僕たちは、
「シュレーダー」の片鱗を感じることが出来るのでしょうか?!
いざ、オープンですぅ~~!!
a0353718_19331590.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しく香ばしい香りがグラスに
広がってきます!!カシスジャムと最高級のコーヒーのような
ロースト香がスゴイです~!! 味わいも、とっても滑らかで
シルクのようにスルッと喉を流れていきます。アフターはまた
甘ささえ感じられるようなロースト香で、パンケーキのような
感じです!! どこまでも美味しいワインだったのでした~~。

やはり「シュレーダー」が造るワイン、最高のナパ・カベルネ
だったのでした~~。 こんな感じの、面白いワインを飲みに
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-02-20 07:31 | お店からのご紹介 | Comments(0)

昨日の続き、「四ッ岳バックカントリースキー」滑走編です!!

ですが、スキー滑走の前に、四ッ岳山頂からの絶景の山岳景色を
お届けしたいと思います~~。
a0353718_09002644.jpg
まずは、やはり我らが「乗鞍岳」です~!!
四ッ岳山頂から見ると、こんな感じにひと塊に見えますね・・・。
この「四ッ岳」の山頂には登山道が無く、夏は立ち入り禁止
なので、雪の在る冬の時期にしか来ることが出来ないのです。
なので、この角度からの乗鞍岳の眺望は、レアですね!・・・。


a0353718_08595704.jpg
2番手は、「穂高連峰~笠ヶ岳」です~。
いつもの乗鞍位ヶ原や乗鞍・剣が峰から見るよりも、かなり近く
そして大きく見えた感じがしました!! 一番右が「穂高連峰」、
手前の白い台形が「焼岳」、一番左にちょんと尖っているのが
「笠ヶ岳」です。


a0353718_09005616.jpg
そして、最後は「白山」です~!!
この日は本当に雲ひとつ無い快晴だったので、「白山」も浮いて
いるように真っ白で、クッキリと見る事が出来ました~!!


a0353718_09012658.jpg
いつもはスグにスキーで滑り込みたいと思うのですが、今回は
本当に最高の景色だったので、珍しく滑り込むのが名残り惜し
い感じがしました・・・。 しかし、風も強くてジッとしていると
かなり寒くなってくるので、スキーの滑走の用意をして、
穂高連峰に向かって
ドロップ・インです!!


a0353718_09060349.jpg
今回は珍しく、僕のスキー滑走からです~~。
穂高をバックに「四ッ岳」山頂から一気に滑って行きます!!
沢になっている箇所はパウダーが吹き溜まっていて、イイ感じ
でスプレーを上げていくことができました~!!



a0353718_09063731.jpg
同じく「四ッ岳」山頂からドロップ・インする、AM君の
ライディングです~!! メチャカッコイイスキー画像に
なりました!!!

a0353718_09070897.jpg
そしてAM君は、その勢いのまま、ロックバンドセクションも
素晴しいパウダーの中を大きくスプレーを上げて滑って行って
くれました~!! この辺りのパウダーは本当に軽くて最高に
気持ちよかったです!! 激ラッセルに耐えて、ここまで来た
甲斐がありました~!!


a0353718_09080850.jpg
僕は調子に乗って、小さい雪庇から
ジャンプっ!!!
a0353718_09083807.jpg
そして、そのままハーフパイプ状になった沢の中の最高の
パウダーを、森林限界のところまでいつも通りスピードに
乗せて一気に滑っていったのでした~!! 
あ゛ぁ、快感!!!


a0353718_09092396.jpg
そしてブナ林のツリーランパウダーに入って行きます~!!
ここは北面のツリーランで、林のお陰でパウダーがそのまま
残っているパラダイスなのでした~!! もう何日も降雪が
無いのに、フトモモまで埋まるバフバフな感じでした~。


a0353718_09095420.jpg
が、しかし!!・・・、
だんだんと標高が下がってきて、お昼の時間も過ぎて、気温が
一気に上昇してくると・・・、サラッサラのパウダーだった雪が、
だんだんと重くなってきて、最後の方はドロドロ、ザブザブの
ノートラックになってきてしまいましたぁ~・・・。 オマケに
僕たちのフトモモさんは、登りの時の激深ラッセルに何時間も
耐え続けてきたので、この時点でのこの仕打ちで、もう完全に
お亡くなりになっていたのです・・・。上部は天国のような世界
だったのに、標高の低い下部では、同じスキーで滑っている
という事なのに、まるで地獄のようにシンドかったのでした・・・。
でも、これが山岳バックカントリースキーという事なんだと
思います・・・・。


a0353718_09104096.jpg
そして、ブナ林の複雑な地形と腐りきった雪にも耐えて、何とか
ゴールの平湯キャンプ場へと無事に帰りつくことが出来ました~。
この帰り着いた瞬間に、AM君の咆哮が響き渡ったのでした~~。

今回も最高の天気で、最高の絶景を山頂から見れて、そして最高の
パウダーが滑れて、延々と続く激ラッセルと、地獄のような重雪に
悩まされた、素晴しきバックカントリースキーだったのでした~!!
AM君と2人で、無事に帰ってこれた事を喜び合ったのでした~~。

また、皆さん「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
よろしくお願いします~。 お待ちしています~~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-02-19 07:39 | アウトドア | Comments(0)