<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

またやってくれました!!
美ヶ原ヒルクライムレース、
Mr.Cが3位入賞ですっ!!

a0353718_10095110.jpg
先週末に美ヶ原で行われた自転車ヒルクライムレースで、
チーム・スプリングバンクの自転車レース部隊長のMr.C が、
何と!年齢別クラス3位入賞!! 表彰台ゲットです~!!

今年の春も、八ヶ岳7位、榛名山10位とイイ感じで来ていて、
美ヶ原での3位入賞!!また今年もポディウムゲットです~!


a0353718_10095633.jpg
これは、本当に本当にスゴイ事なのです!!ヒルクライムレース界
の中でも「マウンテンサイクリング in 乗鞍」や「富士山」とかと
同じレベルのビッグレースである「美ヶ原ヒルクライム」での3位
入賞!! いやぁ~・・・、本当にスゴイです~~。

当日は雨のレースになってしまい、最後の美ヶ原に上がった高速の
セクションでは濃霧で前が見えないぐらいだったらしいのですが、
それでも最後まで自分を追い込んでの3位!! 何度も言いますが
本当にすごいです~~。この勢いで、本命の乗鞍でも入賞目指して
頑張って欲しいと思います~!!


a0353718_10100161.jpg
去年に続いてのポディウム、表彰式の彼は光っていますね~!!
このレースの詳細は、彼のブログを見て下さい→「Aziminist


そして、もちろん大本命は「マウンテンサイクリング in 乗鞍」です!
今年もチーム・スプリングバンクの自転車レース部のMr.C から目が
離せませんね~~。自転車ヒルクライマーな皆さん!、乗鞍高原へ
走りに来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~。
よろしくお願いします。ご来店お待ちしています~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-06-30 07:08 | イベント | Comments(0)

意外と涼しかった6月のせいで、なかなか満開になってこなかった
一の瀬園地の「つつじ園」のレンゲツツジが、やっと満開になって
きました~!!

a0353718_12132983.jpg
6月の朝晩はとても寒いぐらいで、霜にヤラれてしまってないかと
ちょっと心配していた一の瀬園地のレンゲツツジだったのですが、
やっと満開になってきて、とってもキレイです~!!


a0353718_12133563.jpg
今年も何だかんだ言いながら、結局例年よりも少し遅れた感じ
ですが、やはり満開になって、一の瀬園地が一面オレンジ色に
染まると、とってもキレイです!!


a0353718_12134082.jpg
アップにするとこんな感じです。今年は今が一番キレイです!!


a0353718_12134444.jpg
そして今回も僕は、レンゲツツジが満開になっている一の瀬園地を
涼しい風を感じながら自転車で爽快にサイクリングしながら、見に
行ってきたのでした~!! と~っても爽やかですよ~~。

もう都会では30℃を越える暑さで汗ダクなのでしょうが、乗鞍高原
は、素晴しいほどの爽やかさです!! なので、都会を抜け出して
乗鞍高原へ遊びに来て下さい~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-06-29 07:12 | お花 | Comments(0)

ワイン 455

6月のイベントの仕事を何とかこなして、先日の僕の5.11bの
レッドポイントした祝杯をK8と一緒に飲んだのでした~~。

「ベンチ、ピノ・ノワール」2014年です~!!
a0353718_19342649.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州のソノマコーストで
造られたピノ・ノワール種のワインです・・・。

造り手は、「ブラック・マウンテン」です。25年もの間建設業だった
「ジェイソン・イーノス」さんと「クリス・フィッツジェラルド」さん
が2人組んで2008年に立ち上げられたばかりのブランドなのですが、
すでに各コンペで賞を受賞していて、17ものブランドのワインを
立ち上げて成功している驚異的なワイナリーなのです!! そして
ワインを醸造するのは、ジェイソンの義理の息子である「ダニエル」
さんですが、彼は大学を卒業後、あのカリフォルニアピノ・ノワール
で最高の「ウィリアム・セリエム」にて天才醸造家の「ボブ・カブラル」
にピノ・ノワールのワイン造りを教わります!! その後もナパの
名門「ロバート・シンスキー」、オーストラリア最高のピノ・ノワール
「コールドストリームヒルズ」でも修行し、カリフォルニアに戻って
「ペレグリーニ」のヘッドメーカーに抜擢されます!そして2016年
のSFCワインコンペでも2本のピノと1本のシャルドネがダブル受賞
して、ソノマ随一の実力者になっていったのでした~。

ブドウは、サン・パブロ湾北側の「サン・ジャコモ・アマラル・ランチ」
から供給され、そこへ「ルシアン・リバー・ヴァレー」エステイト産の
ブドウをブレンドして使われます。天然酵母を使って発酵させますが、
30%は全房発酵です。マロラクティック発酵も100%成されます!
そして、新樽比率30%のフレンチオーク樽で約11ヶ月の熟成です~。


こんなに面白いカリ・ピノがまだまだあったんですね~!!本当に
カリフォルニアワインは、隠れた逸品の宝庫です!! 元々僕達は
カリ・ピノ大好物なので、一気にテイスティングです~。オープン~。
a0353718_19343383.jpg
このワイン、開けてスグからとても芳醇で濃い香りが広がります!
完熟プラムやアメリカンチェリーのような果実感いっぱいです!!
味わいも、イチゴのような甘ささえ感じられるぐらいで濃厚です!
酸味も穏やかにあり、森林浴のような複雑さもあり、とっても美味
でした~!! 最後の1杯は素晴しいワインに変化していきました。

「ベンチ」はこれで3千円台!! これはメチャお薦めピノです!


乗鞍高原にお泊りの夜に、こんなワインはいかがですか~?!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-06-28 07:32 | お店からのご紹介 | Comments(0)

戸隠山、登山(その②)

戸隠山山頂で景色を見ながらゆっくりと休憩した後は、稜線を縦走
するように歩いて、「九頭竜山」→「一不動」→「戸隠牧場」→「奥社」
と進んでいったのでした~。

a0353718_19504052.jpg
戸隠山~九頭竜山~一不動の稜線歩きは、けっこうアップダウンが
ありました・・・。そして時々、この画像のように右側がスッパリと
断崖絶壁に切れ落ちているところがたくさんありました! 覗いて
みると遥か下方まで垂直に落ちているので、足がすくんでゾクゾク
としてしまいます!!・・・。


a0353718_19513913.jpg
「戸隠山」を過ぎてから30分ほどで「九頭竜山山頂」に到着です。
でも「九頭竜山山頂」は、登山道横の広場のような感じの広場だけ
だったので、何だか山頂という雰囲気ではなかったです・・・。


a0353718_19511021.jpg
「九頭竜山山頂」を過ぎても、かなりアップダウンを歩きます・・・。
最後は一気に下っていき、疲れたなぁ~と思った時に「一不動」の
避難小屋に到着しました~。ここでも大休止をして、お昼ご飯を
補給したのでした~。

この裏手に、携帯トイレ用の小屋がありました。 戸隠周辺では
携帯トイレの施設がとても充実しています。携帯トイレ用小屋も
もちろんですが、使用済み携帯トイレを捨てるゴミ箱もちゃんと
設置されていて、登山者は快適に感じます。これは乗鞍高原でも
参考にしなければならないと思いました!


a0353718_19521053.jpg
「一不動」の避難小屋から~「戸隠牧場」までは一気に下ります!
沢状の登山道を少し下ると「氷清水」という水場があり、そこから
水が流れて川になるので、川の中を歩くことになります・・・。靴が
ゴアテックスの防水でなければ、水びたしになってしまいます!
ここを歩く時は、完全防水の靴が必須ですね!・・・。


a0353718_19524046.jpg
川の中を歩いて下っていくと、その川が滝になっている箇所が
ありました~!! これは「不動滝」です。登山道はこの滝の
上に出るのですが、左へと巻いて下っていくのです~。

a0353718_19534118.jpg
不動滝をこの鎖に沿って下りて行きます・・・。足元が濡れた岩場
なので、細心の注意が必要です!!滑ったらアウトですね・・・。


a0353718_19541577.jpg
「不動滝」で滝セクションは終わりかと思っていたら、もう1箇所
小さな「滑滝」を下りるセクションがありました~。 ここでは
滝のスグ横に鎖があって、そこを降りて行くのでした~。スリル
満点でした~~。


a0353718_19544648.jpg
滝セクションを過ぎても、何度も川の中を歩いたり渡ったり
しながらドンドン歩いて下りていきます・・・。そしたら今度は
沢の深部に「雪・セクション」がありました~! 標高は低い
のにたくさん雪が残っている事に、ちょっとビックリでした。


a0353718_19553168.jpg
その後は、眩しい程の新緑の美しい森の中を抜けていく登山道
を気持ち良く歩いて下っていきました~。でも、ここまででも
もう6時間ほども歩いてきているので、足は痛かったです・・・。


a0353718_19560220.jpg
戸隠牧場に到着です~~。緑溢れる新緑の季節はと~っても
キレイにみえますね~。牧場の施設には、牛さんも馬さんも
いましたよ~~。


a0353718_19564756.jpg
戸隠牧場から~奥社の参道までは「ささやきの小径」を歩いて
帰っていきました~。約3kmの森の中の道なのですが、かなり
疲れていたので、とても長く感じました・・・。


a0353718_19571824.jpg
そして、スタート地点である「奥社」参道の入り口に帰って
きました~。ゴールです~!!無事に帰ってくる事が出来て
よかったです~。

今回の登山は、今シーズン1回目の夏山登山だったのですが、
スプリングバンクN が現在ハマっている岩場歩きも兼ねて、
「戸隠山」になったのでした・・・。危険箇所な岩場で有名な
「蟻の塔渡り」も何とか無事に切り抜けられて良かったです。
この某日は、僕たちが稜線を歩いている時に、県警のヘリが
飛来していたので遭難があったのかな?と思っていたのです
が、西岳へ向かう稜線で滑落死亡事故があったようです・・・。
それを帰ってから聞いたのですが、僕たちもさらに安全登山
を心がけたいと思いました~・・・。

またこれからも、いろんな山へ行って楽しみたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-06-27 07:49 | アウトドア | Comments(0)

戸隠山、登山(その①)

先週の僕たち「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日は、
梅雨の最中ですがまた晴れたので、今シーズン初めての夏山登山に、
スプリングバンクN のオーダーで戸隠山へと登ってきました~~。

a0353718_08431372.jpg
やっと北アルプスでも雪が融けてきて、夏山のシーズンになって
きました。なので今シーズン最初の夏山登山はどこにしようか?、
と考えていたところ、スプリングバンクN がワンデイで行きたい
山、「戸隠山」へと行ってきたのでした~。 1日でちょうど良い
コースタイムと、行った事が無い山というのと、岩場が登れると
いう事で、戸隠山に決まったのでした~~。


a0353718_08432065.jpg
奥社の入り口の駐車場に車を止めて、そこから登山がスタートです。
荘厳な雰囲気の、大きな杉並木の参道を奥社へと歩いて行きます・・・。
途中には「随神門」という、大きな萱葺屋根の朱色の門を通ります。
「となりのトトロ」が本当に出てきそうな、そして自分の心が神に
触られているかのような荘厳な雰囲気があります!!・・・。


a0353718_08432815.jpg
そして「随神門」からもう少し行くと、「戸隠奥社」に到着です。
もちろん僕たちは、この日の安全登山祈願をしました~・・・。


「戸隠奥社」
日本神話にある「天照大神」が天の岩屋にお隠れになった時、無双の
神力を持って「天の岩戸」をお開きになった「天手力雄命」をこの
戸隠山の麓に奉斎した事に始まるらしいです。この時の「天の岩戸」
が戸隠山になったとのがい伝えです。 さらに西暦800年代の中頃、
「学門」という名の行者が法華宗の功徳によって、9つの頭を持つ龍を
退治してこの岩戸に閉じ込めたという言い伝えもあるらしいです・・・。
そして、平安末期の後白河法皇によって編集された歌謡集「梁塵秘抄」
に「信濃の戸隠」が登場しているようです。それから1200年もの間
修行の山となり、信仰の山と神社として現在まで在るのです~!


a0353718_08433526.jpg
奥社の左横から戸隠山へと登山道は始まります。が、いきなりの
超急登が延々と続いていきます!!・・・。そして1時間程経った頃、
このような岩場が急に登場してきました~。この岩場の横を通る
セクションは「百間長屋」と名前が付いていました。


a0353718_08434336.jpg
「百間長屋」の先の岩壁に、一筋の鎖がぶら下がっていました。
上を見ると大きな穴が開いていて、その中に古い建物のような
屋根が見えました・・・。僕はどうしても気になってしまったので
鎖でのクライミングをして垂直の岩場の登って、何があるのか
見に行ってしまったのでした~・・・。


a0353718_08435422.jpg
岩室の中には、お地蔵さんが並んでいました・・・。これは、昔の
岩室の中で修行した修行僧の名残りですかね??・・・。


a0353718_08451719.jpg
その先は、一気に岩場&鎖場の連続する登山となりました!!・・・。
僕はちょっと怖かったのですが、スプリングバンクN は岩場登山が
楽しいらしく、このセクションもけっこう楽しんでいたのでした・・・。


a0353718_08452690.jpg
そして岩場セクションのハイライトの一つである「胸突岩」です。
ここは、一気に空へと続くような長い鎖を使って真っ直ぐ登って
行きます!!・・・・。


a0353718_08453458.jpg
そして「胸突岩」の後、スグに悪名高い最難関「蟻の塔渡り」が
出てきました~!! 50m程のナイフリッジな感じの岩場です!
スプリングバンクN は座ったり跨いだりして、何とかズリズリと
越えていったのでした~。

この岩場セクションの頃から、白い雲が湧いてきたのでした・・・。
戸隠側の景色は白く曇ってしまって、残念ながら見えなくなって
しまいました・・・。


a0353718_08454920.jpg
「蟻の塔渡り」を越えると、スグに稜線に出ます。稜線に出たら
向こう側には雲は無く、スッキリ青空で晴れたいたのでした~。
そして、稜線の分岐を右へと進んでいくと、スグに「戸隠山山頂」
に到着しました~~。
今回もヤリました~!!
バックには「高妻山」が迫力ある姿を魅せてくれていました~~。


a0353718_08455857.jpg
稜線の向こう側で晴れてくれて良かったです!! 稜線からの
景色も白馬方面まで見渡すことが出来ました~。(頭上部分の
白い山々が白馬連峰です・・・)岩場セクションを楽しめたので
スプリングバンクN はご満悦な様子でした~~。

この後、戸隠山の稜線を縦走して帰っていったのですが・・・、
まだまだいろんなセクションがありました~・・・。
続くです!!








[PR]
by springbk2 | 2017-06-26 07:42 | アウトドア | Comments(0)

今回の「チーム・スプリングバンク」の、夏のニューアイテムは・・・、
コレはもう「秘密兵器」と言っても過言ではないかも知れません!!

クライミングの時スタートの前に手に塗って使うリキッドチョーク、
マムート、リキッドマグネシウム、チョーク」です~!!
a0353718_14254967.jpg
最近の僕たちのクライミングは、やっとターゲットのルートの
グレードが「5.11」台になってきていました。5.11グレードと
言うと、もう大きなホールドは無く、大体が極小のカチホールド
なので、ほんの少しでも手が滑ったらフォールしてしまうんです。
そして僕の個人的な体質なのか、いつも手汗でヌメるんです・・・。
それを何とかしたい!と、カモシカスポーツ松本店に行って相談
すると、コチラのリキッドチョークを勧められたので即買いして
みたのでした~!!

先日の「凧(5.11b)」のレッドポイントの時に、この「マムート
リキッドチョーク」を使ってみたのですが、かなりイイ感じです!
コレを塗ると手のひらと指がカサカサして、チョークの保持力も
良くなかなか取れずにず~っと白くて、滑らない感じがします。
ココ一発のトライの時の不安が、少しでも無くなるように感じる
ので、ちょっとこの夏はこの「秘密兵器」でさらに5.11グレード
のルートを完登して行きたいと思います~~!!


クライマーの皆さん、またよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。




[PR]
by springbk2 | 2017-06-25 07:24 | 趣味の部屋 | Comments(0)

前回レッドポイントし切れなかったルート、「凧(5.11b)」を、
墜とすために、K8と一緒にまたまた鳶岩へと向かったのでした~。

a0353718_13544632.jpg
先週の長野県は、梅雨入りしたのに超快晴の日がず~~っと
10日間以上も続いて、素晴しい晴れの天気だったのでした~。
僕たちがクライミングに行った日も、高速から北アルプスが
全部見渡せました~。メチャキレイでした~~。


a0353718_13543372.jpg
そして、K8の「凧(5.11b)」へのクライミングです~~。
ここ1週間ほど、イメージトレーニングをガッチリしてきて
ムーブを固めてのトライです~。しかし!、どこかで何かが
ズレたり滑ったりして、完登なりませんでした・・・。


a0353718_13542833.jpg
そして、K8の後の、僕のクライミングですぅ~・・・。
僕もこの1週間ほど、目をつぶればそこにこの「凧(5.11b)」が
あるかのように感じるまでイメージトレーニングをしてムーブを
反芻しまくって来てのトライです~!! そしたら、確認作業の
ように全てのムーブが繋がって一気に終了点まで届きました~!!
今回もヤリました~!!
レッドポイントです!!
今回もメッチャメチャ嬉しくて、思わず咆哮してしまったのでした!
この「凧(5.11b)」は、K8が最初に手をつけたので、彼より先に
登れるとは思っていませんでしたが、僕の方が運がよかったみたい
です~~。まさかの4トライ目でのレッドポイントでした!

夏の忙しくなる前に、もう1本「5.11」グレードを登りに行きたいと
思います!! クライマーの皆さん、よろしくお願いします~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-06-24 07:15 | アウトドア | Comments(0)

ワイン 454

今回は、僕達「安旨ワイン探検隊」がなかなか飲む事が出来なかった
ブルゴーニュの隠れた精鋭ドメーヌのワインです~!!

「オート・コート・ド・ニュイ、オーレリアン・ヴェルデ」2014年です!
a0353718_10274796.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地域の、アルスナン村の
東側の畑「レ・プリュレ」で造られたピノ・ノワール種のブドウで
造られたワインです~。

造り手は「オーレリアン・ヴェルデ」です。 ヴェルデ家は17世紀
初頭からアルスナン村に続く名家らしいです~。先代のアランさん
からビオロジックという自然農法でブドウを造っていたのでした。
そして2004年から、息子の「オーレリアン」さんが、父親である
アランさんからこの「オート・コート・ド・ニュイ」の畑を受け継いで
ワインを造り始めたのでした。現在は完全にビオディナミ農法へと
切り替わって、「オーレリアン」さんが造るワインは、より自然な
ワイン醸造になってきています。

アルスナン村の「レ・プリュレ」の畑で、ビオディナミ方法で栽培、
手摘みで収穫されたピノ・ノワールを使い、ステンレスタンクにて
17℃に温度管理された中、野生酵母で発酵。そしてオーク樽に移し
変えてマロラクティック発酵がなされます。その後新樽比率30%で
約18ヶ月の熟成がなされます~~。


この「オーレリアン・ヴェルデ」、最近の若手新鋭ドメーヌの中で
最高評価のドメーヌなのです!!ワイン雑誌「リアルガイドワイン」
の中でも「今回見つけた見事な優良生産者のトップ3の中の筆頭!」
や「フーリエの再来じゃないか?!」とベタ褒めだったのです~!! 
そんなオーレリアン・ヴェルデのワイン、格下クラスの安いワイン
ですが、今回テイスティングです~~。いざ、オープンです~!!
a0353718_10275398.jpg
このワイン、開けてスグから濃厚な香りがグラスに広がってきます!
アメリカンチェリーや完熟プラムのような果実感と、烏龍茶のような
複雑さがあります。味わいもピノ・ノワール種にしては濃厚で、香り
高いです!! 甘みも感じられるようで、酸味が上手い具合に融けて
いる感じです~。 最後はさらにバランス良くなっていきました~。

廉価版なのですが、オーレリアン・ヴェルデの片鱗を感じられて
良かったです!! これは村名や畑名ワインをぜひ飲んでみたく
なりました~~。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」にて飲みませんか?
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-06-23 07:26 | お店からのご紹介 | Comments(0)

忙しい春が過ぎて、ようやく落ち着いてきた6月の高原。
暑すぎず、寒すぎず、快適な気候、梅雨もあるのか無いのか?、意外と晴れの日が
続くことが多くて、散策のベストシーズンでもあります。
山肌を昇っていく新緑も徐々に濃さを増していき、眼に優しい色彩になっていきます。


a0353718_19552042.jpg
ある日の朝、牛留池に行ってみたら。。。こんな風景が待っていました*\(^o^)/*
「ミツガシワ」はほぼ咲き終わり、水面を覆うように葉が広がって、逆さ剣ヶ峰は
ほんのちょっぴりだけ映っていました106.png
「モリアオガエル」のコロコロコロ〜♬という合唱が何とも心地よくて、
写真撮影にいらしていた中年ご夫婦と一緒に「綺麗ね〜」と言いながら、
しばし寛いでいました。


a0353718_19552969.jpg
そこに響いてきたのは「アオジ」さんのさえずり♬
少し緑を帯びた黄色のお腹に貫禄を感じる印象的な鳥です。
目の周りが黒いためか、いつもお顔がクッキリ撮れないのが悩みです^^;;


a0353718_19554414.jpg
毎年この頃に必ず出会う「ビンズイ」さん。
7月になって、位ヶ原へのエコーライン沿いを歩いていても見かける鳥です。
木のてっぺんに留まっていることが多いので、発見しやすいのがいいですね。
まるで、これから登って行く山を見上げているような雰囲気でした。


a0353718_19555132.jpg
森の中で出会った「コゲラ」さん。
黒と白の横縞の背中で見分けやすい鳥ですが、キツツキの中で一番小さいので、
近くないと見つけにくいです。この時は「ギイー」という地鳴きで気づきました。


a0353718_19555932.jpg
足元には可愛いお花がどんどん咲いてきました。
「マイヅルソウ」の綺麗なプチ群生に喜んでいたら。。。

a0353718_19560607.jpg
何と!、赤い実を見つけました~!!
昨年の秋の残りものですね、よく残っていたものです146.png

a0353718_19565555.jpg
「ツマトリソウ」の二人羽織。。。?も可愛いな~~110.png


a0353718_19570173.jpg
「ゴゼンタチバナ」もようやく咲き始めた感じです。
朝晩の気温が低い日が続いていたので、少し躊躇しているように感じます。


a0353718_19573617.jpg
「スズラン」もコロコロと小さな鈴をぶら下げるように咲いていますヽ(^。^)ノ
リンリンという音が聴こえてきそうです♬
きっとゲレンデでもたくさん咲いている頃でしょう。


a0353718_19571265.jpg
冒頭の牛留池に行ったのは、この「ギンリョウソウ」チェ〜ック114.png
のためでした・・・。原生林の径を少し歩いてみましたが、まだ少し
早かったようです。頭を出している姿をいくつか見つけました。
雨が降って、来週にはもっと成長した姿を見れそうな気がします。


a0353718_19571849.jpg
最後は「かもしか」さんに出会いました~~113.png
観光センターの横を流れるわさび沢という川を遡っているところでした。
川沿いの草の新芽をムシャムシャと食みながら、ゆっくり進んで行きました。
暖かい日だったので、何だかとても気持ち良さそうでした!


こんな動植物の営みが日常的に観察できる環境が素晴らしい乗鞍高原。
ゆっくり息抜きに来ませんか〜?デジタルデトックスにも最適らしいですよ。
そして散策を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!






[PR]
by springbk2 | 2017-06-22 07:54 | お花 | Comments(0)

乗鞍高原で悠久の天の川に出会う旅、「スターライトツアー」の
第1回目が、今週末の6月24日(土)に開催されます~~。

a0353718_13012158.jpg
乗鞍高原は、日本でも有数の天体観測スポットなのです~!
なので、地元乗鞍高原の星空ガイドと星景写真撮影講師の人が
同行し、とっておきの星空をおたのしみ頂けるツアーとなって
います~。日程は、星空観察に適した「新月」に近い土曜日を
セレクト! 肉眼でも「天の川」がクッキリ見えるので圧巻の
星空を楽しむことが出来ます! そして、デジタル一眼カメラを
お持ちの方には、「天の川」などの美しく幻想的な星景の撮影
をサポート!! 星が見えない日には、まいめの池付近を
「ナイトウォーク」する予定のようです~~。                            
                         
今週末の6月24日から始まり、今年は7月22日、9月16日、9月23日、
合計4回の開催が予定されています。 晴れたら、このポスターの
ような満天の星空を見ることが出来ますよ~~


a0353718_13012733.jpg
*「天の川観察コース」:¥1500-/1名様。(定員30人)。
*「天の川撮影サポートコース」:¥2000-/1名様。
  ※デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼を持参の方のみです。
どちらのコースも、ホットドリンク、一口軽食付きです~。
最低催行人数:5名様から~。乗鞍高原観光協会加盟施設にご宿泊の
お客さま限定のツアーとなっています。

*申し込み方法:乗鞍高原観光案内所へ電話でご予約下さい。
                  TEL 0263-93-2147。
乗鞍公式ホームページはコチラからどうぞ。→「スターライトツアー

星空観察の絶好の地である乗鞍高原で、絶景の星空を楽しんで下さい!
そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店をお待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-06-21 07:00 | Comments(0)