<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先日、「カフェ・スプリングバンク」にて、モルトウイスキー愛好家が
集まって「モルトの会」をして頂いた時に、またレアでスペシャルな
ヴィンテージモルトウイスキーを開けてしまったのでした~~!!

「バルヴェニー、シグナトリーヴィンテージ社、1974ヴィンテージ」です。
a0353718_13261549.jpg
このシングルモルトウイスキーは、スコットランドはスペイサイド
地区・ダフタウン郊外にある「バルヴェニー」蒸留所で造られたモルト
ウイスキーを、シグナトリー社がボトリングしたモノです・・・。

「シグナトリー社」は、1988年にアンドリューさんとブライアンさん
のシミントン兄弟が、エジンバラで設立したボトラーズ会社です・・・。
まだモルトウイスキーが全くメジャーではなかった1980年代頃から
いろんな蒸留所のモルトウイスキーを販売しています。その当時は
ゴードン&マックファイル、ケイデンヘッド、そしてシグナトリー
ぐらいしかボトラーズ会社は無く、モルトウイスキーはとても珍しい
マイナーなウイスキーだったのです・・・。この太めの通称ダンピィー
ボトルは、約30年程前のシグナトリー社の初期のオールドボトル
なのです!!!


a0353718_13262099.jpg
「バルヴェニー」蒸留所は、世界一(最大)のモルトウイスキー蒸留所
「フレンフィディック」の第2工場としてダフタウン郊外に1892年に
建てられました・・・。「バルヴェニー」とは、ダフタウンにある古城の
名前です。(現在は廃墟になってます・・・)

「バルヴェニー」では、「グレンフィディック」と全く同じ原料の大麦
と酵母を使って造られますが、この2つは全く違うタイプのモルト
ウイスキーになっています。バルヴェニーではフロアモルティング
が今でも行われていて、スペイサイド地区トミントゥールで取れた
ピートを使って乾燥させます。そしてボール型の面白い形をした
ポットスチルで蒸留して造られます。(創業当時はラガヴーリンの
中古ポットスチルだったのです!)


このシグナトリー社の初期のボトルの「バルヴェニー」、味わいは
とてもまろやかで優しいタイプの味わいです。ヴィンテージボトル
なので、この後味わいは変わっていくと思われますが、こんなに
レアで珍しいヴィンテージモルトウイスキー、飲みに来て下さい!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
モルトウイスキーファンの皆様、よろしくお願いします~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-07-31 07:24 | お店からのご紹介 | Comments(0)

梅雨が明けたらしいのに、梅雨明け宣言されてから雨ばかりで
湿気を感じる先週の乗鞍高原でした・・・。 でも、そんな中でも
楽しめることはたくさんあるのです~~。

雨が止んでちょっと陽が射してきた時間を狙って、僕は自転車
に乗って、今が一番「見頃」の高山植物の花を見に行ってきた
のでした~。

a0353718_20235777.jpg
涼しい乗鞍高原で気持ちイイのは、サイクリングです~~。
風が冷たくて爽やかで、と~~っても気分がイイですね~。

a0353718_20241648.jpg
「オカノラノオ」
虎の尾っぽのような形をしているから、このような名前がついた
らしいです・・・。 その中にも小さな花がい~っぱい集まって
咲いています。今の乗鞍高原では、この「オカノラノオ」が
満開になっています!!


a0353718_20242159.jpg
「オオバギボウシ」
小さなランの花がたくさんまとまって咲く薄紫色のキレイな花です。
地元乗鞍高原の人は、ナゼか「ウリッパ」と呼んでいるらしいです。


a0353718_20242779.jpg
「ノアザミ」
ウイスキーの聖地であるスコットランドの国花である「アザミ」。
葉っぱにトゲトゲがあり、触ると痛いです・・・。
その棘のせいでイングランドから攻めて来た兵士が逃げ帰ったので、
スコットランドの国花になったとか・・・。


a0353718_20243340.jpg
「ウツボグザ」
足元に小さく咲いているムラサキ色の花です。ワサビの茎の
ようなところからムラサキ色の花びらが出ていて特徴的です。
「ウツボグサ」という名前は、海の怪物ウツボからではなく、
昔 武士が弓矢を入れて背中に背負った道具「靫」=「ウツボ」
から来ているらしいです・・・。


a0353718_20243804.jpg
「ヤマホタルブクロ」
コチラも非常に特徴的な丸い袋のような形のムラサキ色の花です。
「ヤマホタルブクロ」は道路脇にたくさん見る事ができます~。

a0353718_20244320.jpg
「カラマツソウ」
まるで打ち上げ花火のような形をしている「カラマツソウ」です。
針葉樹の唐松の葉と感じが似ているから、この名前なのでしょう。


a0353718_20244991.jpg
「ヤブカンゾウ」
何枚も花びらが重なっている八重の形の「ヤブカンゾウ」です。
とっても鮮やかで主張が強いオレンジ色をしている大きな花です。

a0353718_20245446.jpg
「キリンソウ」
この日見つけた唯一の黄色い花だった「キリンソウ」。コチラも
乗鞍高原のいろんなところに咲いています。とても小さい花です。


a0353718_20250091.jpg
「ヤナギラン」
現在の乗鞍高原のどこでも見る事ができます。辺り一帯に咲く
のでムラサキ色がまとまっていて、とてもきれいです~~。

乗鞍高原の高山植物&山野草の花は、今がピークです~!!
ぜひこの可憐な花たちを見に来てコンプリートして下さい~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-07-30 07:22 | お花 | Comments(0)

今年の春~夏にかけて、もう1本5.11グレードを墜とそうと思い、
今シーズンは甲府幕岩へと2回通いました・・・。でも、ナゼか一手
どこかで滑ってしまい、未だにレッドポイント出来ていません!
・・・・・・・、、、。
このままでは、僕達は8月の夏シーズンは忙しくてクライミング
には行けないので、秋シーズンに持ち越しになってしまうのです・・・。
でも、登れなかったイメージを引きずって悶々としながら、夏の
忙しい仕事をこなすのはイヤだ!・・・と言うことで、夏前の最後の
トライをしに、また甲府幕岩へと向かっていったのでした~。

a0353718_09302650.jpg
今回もトライするルートは、甲府幕岩の「ブラッキー(5.11b)」です。
ここまで僕達は、5.11a~11bぐらいのルートは、数回のトライで
レッドポイント出来ているのですが、なぜかこの「ブラッキー」は
極小の窪みのようなホールドなのでどこかで滑って、フォールして
いるのです・・・。 もうホールドもムーブも分かっているので全てが
繋がればレッドッポイント出来ると思うのですが・・・出来ません。

今回も忙しい中K8に時間を作ってもらって、雨の多い日々の中、
朝日が上がる前に乗鞍高原を出発して、クライミングに行って
きました~・・・。



a0353718_09303501.jpg
この真ん中の四角いブロック状ルートが「ブラッキー」です!!
5クリップで10~12mぐらいです。左手はカンテ(角)を使って
登ります・・・。 カラビナをボルトに掛けてから、いざっ!、
クライミング・オン!!


a0353718_09304156.jpg
まずは、チーム・スプリングバンクのクライミング部隊長である
K8のクライミングです~~。彼も僕と同じで、どこかで滑って
全てが繋がらずにレッドポイント出来ないでいました・・・。一回
でも全部繋がればイイのにな~と思うのです。 そして、最後の
トライで核心を越えて5ピン目まで行き、レッドポイントか?!
と思ったのですが、最後の最後の一手が滑って
フォール~!!・・・。
メッチャ悔しい終わり方になってしまったのでした~・・・。


a0353718_09304509.jpg
そして、僕のクライミングですぅ~~・・・。
僕も何回もトライを繰り返してみたのですが、どこかで一手が
滑ってしまいフォールしてしまいます・・・。カンテ(角)を持つ
左手が、上部で苦しくなってどこかで一手が離れてしまうの
でした・・・。

a0353718_09305121.jpg
これでレッドポイント出来なかったら、本当に夏の間持ち越し
してしまう!!という危機感から焦って、ガムシャラに登った
のですが、どんどん乱雑なクライミングになってしまい、結局
3本トライしたのに、同じようなところでフォールしてしまい
レッドポイントできなかったのでした~・・・・。
あ゛ぁぁ!!・・・。
悔しいぃ~!!
今回は絶対に墜とそうと思って意気込んで行ったのに、またもや
フォール続きで、レッドポイントにはなりませんでした~・・・。
また「ブラッキー」は秋シーズンに持ち越しですぅ~・・・。
とっても情けないです・・・。


こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
クライマーの皆さん、よろしくお願いしますぅ~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-07-29 07:27 | アウトドア | Comments(0)

今年も始まりました!、乗鞍高原の某所にあるじいちゃんの畑の
ブルーベリー狩りです~~!!

a0353718_12013130.jpg
去年に引き続き、今年もまた
大豊作になっていました!!
じいちゃんのブルーベリー畑には、もうすでに採りきれない
程たくさんの、濃紺に熟した美しい超特大のブルーベリーが
た~くさん実っていました~!!! このじいちゃんの畑の
ブルーベリーは、乗鞍高原の気候が良いのか、手作りだから
なのが、いつも味が濃厚でメチャ美味しいのです~~。


a0353718_12013610.jpg
ブルーベリー狩りというのは、悦な作業です。一旦採り始めたら
止まりません!・・・。あっちにもコッチにもブルーベリーの実が
まるでブドウの房のように鈴なりになっていて、目移りして手が
伸びていってしまい、あれもコレも採りたくなるのです~・・・・。
この日もひたすらブルーベリーを採りまくっていて、気がついたら
営業時間をオーバーしてしまっていました・・・。


a0353718_12014101.jpg
そして、僕が手摘みしてきた、じいちゃんの畑のブルーベリーは、
これから「カフェ・スプリングバンク」のケーキやスイーツなどに
使っていきます~~。 乗鞍高原の夏の旬な味わいですね~~。

もし、乗鞍高原でブルーベリー狩りをしてみたいと思われる方は、
「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい。ご案内します~。
ご来店お待ちしています~。よろしくお願いします~~。
(忙しい時間は僕がお店から出られませんので、ご了承下さい・・・)


a0353718_12014549.jpg
そして!、ブルーベリーを使った極上のフレッシュカクテル、
ブルーベリーマティーニ!!
いかがですか~?! ぜひご賞味下さい~~。



[PR]
by springbk2 | 2017-07-28 07:00 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ワイン 459

今回は、「幻」なぐらいに見つからない、ネットでも一切販売は
していない、地元長野県・塩尻で造られている渾身のワインです!!

「ヴォータノ・ワイン、洗馬-K4、カベルネ・フラン」2015年です!
(今回は僕が写真を撮り忘れてしまったので、K8の画像です・・・)
a0353718_12072285.jpg
このワインは、長野県は塩尻、洗馬で造られたカベルネ・フラン種で
造られたワインです。

造り手は「ヴォータノ・ワイン」の孤高の造り手、坪田満博さんです!
坪田さんは神奈川県生まれ。東京の設計事務所に勤め、建築コンサル
タントとして働いていたらしいです。 しかし!、39歳の時に飲んだ
イタリアワイン「バローロ」の美味しさに衝撃を受け、いつの頃からか
「自分でワインを造ってみたい!」と思うようになったらしいです・・・。
やがてお子さん達が皆社会人になった頃、坪田さんは栃木県足利市
にある「ココファーム・ワイナリー」を訪れます! 「ココファーム」は
知的障害者入所更正施設「こころみ学園」の園生の自立を目的にした
ワイナリーがあるのです。 当時「ココファーム」では、醸造責任者の
「ブルース・ガットラブ」さんや、現在は小樽の「ドメーヌ・タカヒコ」の
「曽我貴彦」さんも働いていらっしゃって、当時からすでに品質の良い
ワインが造られていました。坪田さんは「ココファーム」の門を3回も
叩いて働かせてもらうようになります。そして「ココファーム」園内の
生徒さんと寝食を共にし、栽培は曽我さんに、醸造はブルースさんに
教わっていきます!!  そして坪田さんは、捜し求めていた土壌の
畑を塩尻市洗馬に見つけ、「ココファーム」の研修を終えた2002年に
自身のワインを造るため、自分の畑でブドウ栽培を始めたのでした!
その後5年間、愛でるようにブドウを育て、自然と共に生き、カラス
や虫や蜂などの天敵と戦い、一粒一粒に愛情を注ぐようにして栽培し
て、ようやく2007年に委託醸造で自分のワインをリリースされたの
でした~!! そして2012年からは自社工場でワインが醸造される
ようになりました。

1.2haの小さな小さな畑には、シャルドネ、甲斐ブラン、ピノ・ノワール、
カベルネ・ソーヴィニョン、ソーヴィニョン・ブラン、ケルナー、シラー、
メルロー、そしてこのボトルの「カベルネ・フラン」と多数にわたります。
そしてもちろん、バローロのブドウ品種「ネッビオーロ」もあるようです。
畑は全て1人で見て回ってブドウを育てているようです・・・。


生産量が本当に少ない、坪田さんの渾身のワイン「ヴォータノ・ワイン」。
やはり僕たち「安旨ワイン探検隊」も長野県民なので、このワインは
飲んでおきたいワインだと思っていたのでした!!なので今回は一気に
突入させて頂きます~~。いざっ、オ~~プンですぅ~~!!
a0353718_12073759.jpg
このワイン、開けてスグから海外のワインには無いいろんな香りが
してきます! 薄っすらベリー系の果実感と香草スープ(?)、青芝、
腐葉土、ジンのような香草っぽい香りが特徴的です。味わいも濃厚
で濃縮感があり、酸味もとても穏やかで、メッチャ美味しいです!!
この香草や土のような感じが、塩尻・洗馬の「テロワール」=その土壌
の味わいなのでしょうか?! とても不思議でとても美味しい驚きの
ワインでした~!!

坪田さんが「将来、死ぬまでに造りたい!」と言われている「ネッビオーロ」
や、僕たち「安旨ワイン探検隊」が好きな「ピノ・ノワール」も飲んでみたい
と思いました~。でもたぶん、非常に入手困難になるんだと思います・・・。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。こんな
ワインを飲みませんか?! よろしくお願いします~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-07-27 07:06 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今年の5月にも書きましたが、この2017年の春から~夏~秋まで
1シーズンかけて乗鞍高原の「いがや・レクリェーションランド」は
改装工事中になっています~・・・。 

その経過報告です・・・。この画像は先週の「いがや」のようすです。

a0353718_19591655.jpg
「いがや・レクリェーションランド」は、乗鞍高原内の中腹にある
ファミリー向けの小さなスキー場を含むレジャー施設でした・・・。
しかし、もうすでに築20年以上経っていて老築化していたのです。
小さな「乗鞍高原・いがやスキー場」はすでに閉鎖され、娯楽施設
なども現在のレジャーのニーズとは合わなくなってきていたので
少し寂しかったのです・・・。 なので今年の夏シーズンいっぱい
改装工事をして、新しいレジャー施設へと生まれ変わる予定です。

今年、乗鞍高原へ遊びに来て「いがや・レクリェーションランド」を
利用予定のお客さまには、大変ご迷惑をお掛けすると思いますが、
リニューアル工事中なのでご了承下さい。よろしくお願いします。



a0353718_19592532.jpg
「レストラン・シヨン」も、外観工事が始まっていました~。
シヨンの前のテラスもかなり老築化で古くなっていたので、
その辺りも今回のリニューアルでキレイになると思います!


a0353718_19593005.jpg
「バッハアルプ湖」の前には、アスレチック施設が新設されて
いました~!! まだまだ工事中だったのですが、子供たちが
楽しそうに遊んでいるようすが、目に浮かびますね~。 


a0353718_19593768.jpg
そして、メインの施設である「オートキャンプ場」の場所の工事も
着々と進んでいるようでした・・・。今までは砂利が積み上げられて
いて何も無かったところには、芝生が敷き詰められて、キレイな
オートキャンプ場になるのです!! この真ん中のコンクリート
は、たぶんトイレ施設や水場になるのだと思います~~。


a0353718_19594271.jpg
「音楽堂」の前の芝生広場は、今までと同じ、とてもキレイな芝生
広場だったのでした~。オートキャンプ場もこんな雰囲気になるの
でしょうか~?! 来年のオープンがとても楽しみです~!!

乗鞍ファンの皆さん、来シーズン新しくリニューアルオープンする
「いがや・レクリェーションランド」にご期待下さい~!! そして
もちろん「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-07-26 07:00 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

今年の夏シーズンに向けて、またレアでスぺシャルなビールを
取り寄せましたので、ご紹介して行きたいと思います~!!
第一弾は、イギリスの老舗醸造所の、最近流行りのIPAです!

「フラーズ、インディア・ペールエール」です~~!!
a0353718_09464214.jpg
「フラーズ」は、1845年にロンドン郊外のハウンズロゥー地区の
チジックで創業された、イギリス最古のビール醸造所なのです。
「ジョン・バード・フラー」さんが、1654年にビール醸造を始めた
「グリフィン醸造所」を買収して、その後1845年に友人であった
「ヘンリー・スミス」さんと「ジョン・ターナー」さんが加わり3人の
共同経営によって創業されました。 ロンドンでは最古のビール
醸造所として、現在も伝統的なビールを造り続けてきています!
そして2005年には「ジョージ・ゲール醸造所」も買収して、現在は
ロンドンで約360件ものパブ、ホテルも6件をも経営する巨大な
企業になっています!! 

「フラーズ」のビールのスゴイ所は、何と言ってもラインナップ!
ロンドンプライド、ESB、チジックビター、ゴールデンプライド、
XXストロングエール、1845、ロンドンポーター、ゲールズHSB
などなど、限定商品も数えたらきりが無いほどのたくさんの種類
のビールがあるのです!! 特にビターエールは最高の味わいで,
「Champion Beer of Britain」や、「ワールド・ビア・アワード」に
何度も何度も選ばれているのです!!

そんな「フラーズ」のIPA、爽やかなホップが香るエールタイプ
ビールです!! ぜひぜひこの夏にご賞味下さい~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!
よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-07-25 07:46 | お店からのご紹介 | Comments(0)

「笠ヶ岳山荘」に到着してから、山荘前で休憩をさせて頂いてから
いよいよ「笠ヶ岳」の山頂へと向かっていきました~~。


a0353718_13470356.jpg
この「笠ヶ岳山荘」で僕たちがゲットしたモノは・・・、魅惑的な
ドリンク、缶ビールでした~!! やはり、汗をかきまくって、
カロリーを消費して、ここまで登って来て山頂で飲みたい物と
言えば、ビールだったのでした~~。


a0353718_14335354.jpg
僕たちは缶ビールを持って、笠ヶ岳山頂へとアタックです~~。
山荘から山頂までの最後の登りは、良い感じの「岩畳」の登山道
でした。でもちょっと浮石に注意でした・・・。


a0353718_14340174.jpg
そして、11:00ちょっと過ぎに、「笠ヶ岳」2898mに登頂です!
今回もヤリました~!!
約5時間ジャストぐらいで「笠ヶ岳」に登頂出来たので、何とか
面目を保てたように思います・・・。来シーズンの冬に来る時の
参考になればイイかな・・・、と思いました。

この登頂の頃から東側の斜面から雲が湧いてきていて、登頂の
後は一気に真っ白になってきてしまったのでした・・・。僕達は
ギリギリセーフで全ての景色を堪能できて本当に良かったです。


a0353718_14340858.jpg
笠ヶ岳山頂の西側は、晴れていたのでした。山頂で缶ビールで
AM君とカンパイをしてから、お昼ご飯を一緒に食べました。
このランチが、ナゼか最高に気持ちよかったのでした!!・・・。
缶ビールのほろ酔いもありますが、最高の景色、最高に気持ち
イイ爽やかな風、そして山頂と、全てが完璧なランチだったの
でした~!!・・・。 もぅ、寝てしまいそうな程でした。

この画像の西側の眺望もとても素晴しくて、雲海の雲の出方が
モクモクしていて、とてもカッコ良かったです。


a0353718_14341902.jpg
笠ヶ岳山頂でランチを食べて缶ビールを飲んでメッチャゆっくり
した後は、やはり帰らなければなりません・・・。標高の高い山頂で
缶ビールを飲んだので、ほろ酔い的な足取りで帰りはユルユルと、
また来た道をピストンで、稜線を歩いて帰っていったのでした・・・。


a0353718_14343273.jpg
帰りの雪渓の上で、何やらこんな物体が!!・・・。僕たちは
雷鳥発見だ~!!
と思ってしまったのですが、ただの雪の塊だったのでした・・・。
コイツは行きの時は雪ダルマだったのです。でも帰りの時には
雷鳥にソックリな、こんな形になっていたのでした・・・。


a0353718_14343943.jpg
ワンデイの日帰りの僕たちは、それからも来た道をそのまま
稜線→杓子平→笠新道→新穂高温泉と、帰っていきました・・・。

この帰り道がツラかったです!!・・・。
登山をしたことが無い人は、下りの帰り道ほうが楽チンなんじゃ
ない?と思われるのですが、急坂登山道の帰り道は本当にツラい
のです!!・・・。足と膝と腰が下りの衝撃で悲鳴を上げてくるの
です。そして、疲れてくるのでだんだんと意識が低下して来る中
滑ったりするので、下りの方が何倍も危険なのです・・・。今回の
僕達も、左俣林道に出る前のラスト20分間の下りは、意識の無い
ぐらいだったのでした~・・・。


a0353718_14344479.jpg
それでも何とか笠新道の下りを終えて左俣林道へ出ました~。
最後はかなり疲れました・・・。 新穂高に着いたのは3:00過ぎ。
全部で10時間程のワンデイ登山となりました~・・・。

左俣林道の奥にあるヘリポートでは、山小屋への荷上げ作業
があり、何度も何度もヘリコプタ-が、スゴい爆音を立てて
飛び回っていました~。僕はこの作業を見ると、自分が春に
していた涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業を思い出します・・・。
(また「涸沢ヒュッテ」に行かなければっ!!・・・。)

僕たちの登山は、忙しい夏を乗り切ってから9月になると
思います。またいろんな山へ登りたいと思います~~。
夏シーズンの「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-07-24 07:33 | アウトドア | Comments(0)

僕たち「カフェ・スプリングバンク」の夏は、皆さんに乗鞍高原へ
遊びに来て頂けるお陰で夏は忙しいのです。ありがたい事です!

なので、夏は忙しいのでなかなか夏山登山に行けてないのです。
それでも少ないチャンスで登ろうと、今年の夏山登山は今まで
ほとんど行けていなかった岐阜県側の山々へと、登りに行って
来ました~!! 

a0353718_11312692.jpg
今回の僕たちのターゲットは、「笠ヶ岳」ですっ!!・・・。
なぜ「笠ヶ岳」なのか??・・・。それは、やはり冬の山スキーで
来シーズンこの「笠ヶ岳」を山頂から→穴毛谷を、滑りたいと
思っているからです~。 今まで「チーム・スプリングバンク」の
バックカントリースキーでは、長野県側の山々を滑ってきたの
ですが、来シーズンは裏側(?)の岐阜県側も滑りたいと思って
ます~・・・。 なので下見も兼ねて今回は「笠ヶ岳」へと行って
きたのでした~~。

朝5:00に新穂高温泉を出発しての、ワンデイで「笠ヶ岳」へと
トライです~!!


a0353718_11313025.jpg
登り始めてスグの「左俣林道」は、砂利とアスファルト舗装の
入り混じった広い林道を歩いて行きます・・・。これから登って
いく左側の山肌が、垂直の岩壁が所々突き上げるように聳えて
いて、メッチャカッコ良かったです。

今回の夏山登山のパートナーは、冬にバックカントリースキー
でいつも一緒に滑ってもらっているAM君です! 彼は体力が
あって若いので、僕の足腰と体力が付いていけるかどうか不安
ですが、頑張ってきました・・・。


a0353718_11313528.jpg
早足で歩いていくと、30分もしないウチに「笠新道」の分岐点に
到着しました~。ここに水場があるので、水筒を美味しい水で
満タンにして、笠新道を上がって行きました~。


a0353718_11313974.jpg
「笠新道」は、これまた超急登で、一気に高度が上がって行きます!
少し登ると視界が一気に開けてきて、我らが乗鞍岳も見えました!
急登なのですが、岩の階段がとても歩きやすい歩幅で作られていて
とてもイイ感じでした。 


a0353718_11314751.jpg
「笠新道」の上部は、岩がゴツゴツしている中を登って行きます。
向かう先にはバットレスのような岩峰が見えてきました!!・・・。
この辺りでは陽射しがとても強くてメチャ暑かったのですぅ~。


a0353718_11315919.jpg
バック(東)を見ると、槍~穂高連峰が全て見渡す事が出来ます!
この眺望は、本当に素晴しくて最高です!!! いつも僕たちが
長野県側から見ているのと逆の裏側の景色に感動ですね!!・・・。


a0353718_13462383.jpg
そして!、「笠新道」を抜けてコルから「杓子平」に到着です~!!
到着すると向こう側の景色がまた一気に開けて、向かう「笠ヶ岳」
が見えました!! 圧倒されるぐらいの広がりがある景色です!

ここでやっと休憩&カロリー補給をしました・・・。新穂高温泉を
スタートして、ここまでで3時間かかりませんでした!


a0353718_13463154.jpg
休憩でリフレッシュしてから、「笠ヶ岳」を目指して「杓子平」を
登って行きます・・・。ここの景色は本当に最高なぐらいに美し
かったです~! この斜面を雪のある時に思いっきり滑ったら、
どれだけ気持ちイイんだろうか?!という話ばかりしてました。


a0353718_13464041.jpg
「杓子平」を登り切ってやっと「笠ヶ岳」へと続く稜線に出ました!
ここまで来ると、やっと「笠ヶ岳」が近づいてきたように思えたの
でした~。 稜線に出ると冷たい風が吹いていてメッチャ気持ち
良かったです~!!


a0353718_13464866.jpg
目の前に「笠ヶ岳」を見ながらの、この稜線歩きが、もうトンデモ
ないぐらいに気持ちよかったのでした!! 歩きはもう平行移動
で楽チンだし、風が冷たくて気持ちイイし、景色は最高だし!で、
乗鞍高原と同じように、天空の楽園のようでした!


a0353718_13465526.jpg
所々、まだ雪渓が残っていました。緩い斜面のトラバースですが、
雪が硬くて、一度滑ったら止まれない感じだと思いました・・・。
でも僕たちはスキーヤーなので、スキー板が無いのが残念でした。


a0353718_13470356.jpg
そして!、新穂高温泉を出発して約4時間半ほどで「笠ヶ岳小屋」
に到着出来ました~!! AM君の予想通り、5時間ぐらいで
何とか山頂に登頂できそうです~~。 (良かった・・・・)


写真の都合で、
登頂はその②へ続く!!・・・・。






[PR]
by springbk2 | 2017-07-23 07:32 | アウトドア | Comments(0)

先日の某日・・・、お店のバータイムのオープン時に外を見てみると、
少しだけオレンジ色に色付いていたので、カメラを持って外に出て
久しぶりに夕焼けを写真に収めたのでした~・・・。

a0353718_10500130.jpg
今年はなかなか夕焼けの写真を撮る機会がなかったのです・・・。
この日も色付きは淡い感じだったのですが、それでも美しい、
空に近い乗鞍高原の夕焼けなのでした~~。


a0353718_10501014.jpg
飛行機雲でしょうか?・・・・。筋状の雲も、少しオレンジ色になって
いて、儚くも美しいかったです~。


a0353718_10501400.jpg
そして、漆黒のシルエットになった乗鞍岳を見上げると、
夕焼けはどんどん最後のチカラを振り絞ったような、濃い
色合いになっていったのでした~~。

a0353718_10501810.jpg
いつも書いているのですが、朝焼けや夕焼けの色づきは、約5分
程の、とても短くて、とても儚く、とても美しい瞬間なのです!
心がジ~~ンとしてしまいます・・・・。

ぜひ、乗鞍高原に1泊して、こんな美しい夕焼けを見て下さい。
感動すること間違いなしですよ~~。夕焼けを楽しんだ後は、
ぜひ!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-07-22 07:49 | 日常 | Comments(0)