<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

乗鞍高原の自然保護センターの主催で、秋のガイドウォークが
開催されます~~!!

a0353718_21145459.jpg
紅葉の美しい色合いに染まった乗鞍高原を散策を、自然保護センター
のガイドさんと一緒に行く「ガイドウォーク」のイベントに参加して
楽しく歩きませんか~?

日時:善五郎の滝コース、10月7日(土)、8日(日)
  :一の瀬園地コース、10月14日(土)、15日(日)

費用:一人=¥300- 

※詳しくご覧になりたい方は「こちら」をクリックしてください。

自然保護センターの職員さんのガイド、とても楽しいと思います!
ぜひぜひ!、秋の紅葉カラーに染まる乗鞍高原のガイドウォーク、
ご参加下さい~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-09-30 07:14 | イベント | Comments(0)

ワイン 466

僕達は「安旨ワイン探検隊」と自称しながら、今回も高級ブルゴーニュ
に突入しちゃいました~!! 高級ブルゴーニュの誘惑には、抗う事は
出来ませんね~~・・・。

「ラトリシエール・シャンベルタン、フェヴレイ」1998年です~!!
a0353718_10473581.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方、ジュヴレ・シャンベルタン村
にある、9つの特級畑の一つ「ラトリシエール・シャンベルタン」で作られた
ピノ・ノワール種のブドウで造られたワインです!!

造り手は、ブルゴーニュの大手ネゴシアンでもあるドメーヌ「フェヴレイ」
です。ブルゴーニュ地方最大のブドウ畑を所有するフェヴレイ社。総面積
125ヘクタール以上もの畑を、ブルゴーニュのあらゆる地域に所有している
優秀なネゴシアンです! 老舗の「フェヴレイ」の創業は1825年! 何と
200年近くもの間ワインの専門家として商売をしているのです! 1930年代
には「ジョルジュ・フェヴレイ」さんが友人と一緒に、ブルゴーニュで初めて
「タストヴィナージュ=(利き酒騎士団)」を結成します。これはブルゴーニュ
ワインの販売促進協会のようなもので、現在でも重要な役割として後世に
引き継がれています。2005年にはフランソワの息子の「エルワン」さんが
現在のドメーヌの当主になって、大手ネゴシアンの利点を生かしてコスト
パフォーマンスの非常に高いワインを造りだしています。

1.2haのフェヴレイの「ラトリシエール・シャンベルタン」畑で手摘み採れた
ブドウを100%除梗。その後、木桶の発酵槽で10日間の発酵がなされます。
マロラクティック発酵もされた後、約65%の新樽比率で16~18ヶ月間の
熟成がなされます~!!


「ラトリシエール・シャンベルタン」は、比較的珍しい特級ワインなのです。
なのでK8が今回も探しに探して、また激安で買って来たのでした~!!
なので、今回も高級ブルゴーニュを頂きますっ!! オープンです~~。
a0353718_10473905.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!!
甘い漢方薬、麝香、古民家の土間、腐葉土、高級コーヒーなどの香り
が一気に立ち上がりますっ!! 古酒なので、果実感を表現するのが
難しいですね・・・。味わいもとても滑らかでシルキー。酸味も十分に
ありますが、すでに熟成のピークは過ぎているように思いました・・・。
どんどんと変わっていき、最後の1杯は至福の液体になりました~!!

また僕達「安旨ワイン探検隊」は、越えなくてはならない特級の壁を
1つ経験として重ねたのだと思います。文句なしに最高に美味かった
です~!!

こんな面白くて美味しいワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」
へご来店下さい~。お待ちしています~!よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-09-29 07:46 | お店からのご紹介 | Comments(0)

やっと!、やっとK8と一緒に僕たち自身の限界グレードに挑戦する
クライミングに行く事が出来ました~。


a0353718_13221680.jpg
エキストリーム出社での早朝クライミングなので、行った先はまた
僕達のホームゲレンデである「坊抱岩」です!!・・・。その坊抱岩で
ついに!、僕たちも、手をつけてしまったのでしたっ!!・・・。
今までは難しすぎて触ることすら憚られた5.11cという高難易度の
アッサーⅡ」というルートに、取り付いてしまったのでした~。

今年の春のクライミングシーズンでは、5.11bの難易度までは登る
ことが出来てきていたので、この秋はあの「アッサーⅡ(5.11c)」に
とうとう取り付いてしまおう!ということになっていたのです!・・・。


a0353718_13220839.jpg
そして、やはり最初はK8のクライミングからです~~。
7月中旬から、約2ヶ月間もブランクがあるので、最初は慣らしから
始めると思いきや、いきなりアッサーⅡへと取り付いていきました!

最初は、とりあえずカラビナをアンカーボルトに掛けて、ムーブを
確認しながら登っていきましたが、K8でもかなり難しいらしくて、
珍しく長いハングドックで何回もリサーチ&トライをしていました・・・。
彼曰く、今までで一番ムーブが分からなかった!らしいです~・・・。
それでも、核心のデッドポイントを決めて、トップアウトして行き
ました~!! いやぁ、本当にスゴイです~~。


a0353718_13222297.jpg
そして僕のクライミングですぅ~・・・・。
K8のデッドを見せつけられた後のクライミングなので、こんな僕も
ホールドを確認しながら、ムーブを探り、一つ一つこなしながらも
上部まで行き、K8のデッドを決めたところで僕も「エイッ!!」と
右手を伸ばしていきました~~。


a0353718_13222799.jpg
それでも、この「アッサーⅡ」は少し前傾しているので、小さいホールド
だけだと手が耐えられずに、スグに身体が剥がされてしまいます・・・。
これは、メッチャ難しいです!!・・・・。一応終了点まではトップアウト
出来ましたが、これが下から~終了点まで全部繋がってレッドポイント
出来るとは、現在のところ思えません・・・。それぐらい難しく感じました。

「アッサーⅡ」・・・。ちょっと長い戦いになりそうですぅ・・・・。







[PR]
by springbk2 | 2017-09-28 07:21 | アウトドア | Comments(0)

もう早くも、2017~2018スキーシーズンのMt.乗鞍スノーリゾート
単体のシーズン券の「早割り」が告知されました~!!
11月1日からの、
販売開始です~!!

a0353718_12015463.jpg
この時期、来シーズンのシーズン券がいろんなスキー場からも
販売され始めています。マックアースグループのシーズン券も
ありますが、Mt.乗鞍スノーリゾートをメインに滑るスキーヤー
&スノーボーダーは、やはり単体のシーズン券がお得です!!


大人=¥34000-です!! 平日券=¥28000-もあります~~。
他にも、ヤングバリュープラン、3人以上の申し込みでさらに!
割引き!!、などなど、いろんなプランに合わせてシーズン券が
ありますので、ぜひぜひご検討下さい~~。
詳しくは下記のリンクからMt.乗鞍のホームページをご覧下さい。

冬のスキーシーズンにMt.乗鞍スノーリゾートで、フッカフカの
パウダーを滑った後は、「カフェ・スプリングバンク」へご来店
下さい~~。お待ちしています。よろしくお願いします~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-09-27 07:01 | 乗鞍高原情報 | Comments(2)

先日、「乗鞍岳山頂方面の紅葉が、始まりました~。」と書きましたが、
その後劇的に変化して、一気に色付いてきました~!!!

a0353718_10521545.jpg
昨日(25日)は超快晴の青空が広がったので、また自転車で乗鞍岳山頂
方面の紅葉のようすを偵察しに行ったのです・・・。 そしたら、紅葉は
ビックリするほど劇的に色付いてきていたのです!! 位ヶ原山荘の
ご主人に話を聞くと、朝と夕方でもかなり違うらしいです~。


a0353718_10523253.jpg
位ヶ原山荘を過ぎて森林限界まで上がっていくと、真っ赤に染まった
ナナカマドが道路沿いに立ち並んでいました~!! 紺碧の青い空と
真っ赤なナナカマドのコントラストが、メッチャキレイです~!!


a0353718_10523945.jpg
森林限界に上がると、そこは標高2500m程!! なので雲上の人に
なれるのです~!! 下界は雲海の下ですね~。 ハイマツの中に
点在しているナナカマドの紅葉も、幻想的でキレイです。


a0353718_10524874.jpg
乗鞍岳山頂方面の今年のナナカマドは、真っ赤や深紅の色合いの株は
ちょっと少ないように感じますが・・・、でも赤~オレンジ色でもとても
キレイです。 自然の色付き具合なので、毎年見ていても、色合いの
違いや色付き具合など、感動しますね~!!


a0353718_10525863.jpg
コチラは、富士見岳の沢です。ここも毎年赤~オレンジ~黄色の
グラデーションが色彩のパレットのようになって、とてもキレイ
なのです~!! 右奥には穂高連峰が見えていました。


a0353718_10530552.jpg
コチラは、高天原からの沢です。ハイマツの海の中にナナカマドの
赤色がとっても映えますね!!


a0353718_10532678.jpg
そして僕は、紺碧の青い空に吸い込まれていったのでした~・・・。
ノリクラブルーの濃厚な青い空、陽射しが暖かくて、雲海の上!、
メッチャ気持ちよかったですぅ~~。


乗鞍岳山頂の紅葉は、もう7分ぐらい色付いているような気がします。
ピークはもう3~4日ぐらいでしょうか?!・・・。次の週末は一番良い
のではないでしょうか?!! みなさん、ぜひ!感動的な色合いの
乗鞍岳の紅葉を見に来て下さい~!!

そして、乗鞍岳山頂方面の紅葉散策を楽しんだ後は、高原へ戻って
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-09-26 07:51 | 紅葉 | Comments(0)

「甲斐駒ケ岳」へ上がる、修験者の道である伝説の登山道。そして
日本3大急登で、その中でも標高差2200mと最大の超ロングルート、
「黒戸尾根」ワンデイ登山!!
昨日の続きです!!

a0353718_13294784.jpg
七合目にある「七丈小屋」で大休止した後、再び「甲斐駒ケ岳」山頂へ
向けて、スタートしていきました~。 この画像は「七丈第二小屋」
です・・・。コチラは宿泊者のみのご利用になっています。


a0353718_13295304.jpg
少し上がっていくと八合目の石碑がありました。ここに大きな石柱が
あったのですが、これは石の鳥居が倒壊した跡だったようです!・・・。
1913年に駒ケ岳神社の奥社として山頂に祠を建てようとしたらしい
のですが許可が下りずにこの八合目に建立されたようです。しかし、
2003年に倒壊・・・。ここに建つ鳥居見たかったですね・・・。残念です。


a0353718_13300139.jpg
八合目を過ぎて、またしばらく鎖の岩場が続きます!! ここの岩場
には足の置き場が掘られたような感じになっていました!! これは
みんなが通るので自然に掘られたのでしょうか?? それとも人工的
に岩を削って足場を作ったのでしょうか?!・・・。この変形した岩が
面白いと思いました。


a0353718_13301020.jpg
その後も、連続して鎖と岩場が続きます!! ちょっとアスレチックの
ような、クライミングのような感じで、僕にはとても楽しいセクション
でした~。 この辺りから僕たちはハンガーノック気味になってきて、
だんだんとペースが落ちていってしまったのでした・・・・。


a0353718_13301895.jpg
最後の登りでは、花崗岩が風化してザレた砂礫の岩場になりました。
疲れた脹脛にはとてもツラい時間帯でした・・・。


a0353718_13303126.jpg
八合目を越えて行くと、やっと山頂の「祠」が見えました~!!
(右側が甲斐駒ケ岳山頂。 左の尖ったところは九合目です。)
ようやくラストスパートですっ!!・・・。

a0353718_20170914.jpg
山頂直下には、「駒ヶ獄神社奥社」が建っていました。この画像は
昔の石碑群です。とってもたくさんの石仏や石碑があり、昔の人々
はこの石を持って登ってきたんだと感心してしまいます! どれも
「駒獄大権現」と書かれているモノが多いです・・・。
この画像の右側には、真新しい「駒ヶ獄神社奥社」のピカピカした
石の祠がありました!


a0353718_13303992.jpg
そして、真っ暗な中AM5時にスタートしてから、5時間半かかって
10時半頃に、甲斐駒ヶ岳山頂(2967m)に到着しました~!!
今回もヤリました~!!
日本3大急登で標高差2200mの「黒戸尾根」、ワンデイ制覇です~!!

今回のこの「黒戸尾根」は、僕の夏山登山の中でも一番の標高差なので
やはりメッチャ疲れました・・・。それでも、チーム・スプリングバンク
の屈強なメンバーがいたから、このタイムで登ることが出来ました~。
そして、甲斐駒ヶ岳の山頂からの景色は、本当に最高でした!!



ここからは、「甲斐駒ヶ岳」山頂から見た景色です!!!
a0353718_13310541.jpg
まずは、やはり「富士山」でしょうっ!!
南アルプスの山頂からは富士山がとても大きく見えて感動的だ!
とは聞いていたのですが、まさに圧巻の大迫力な感じで大きく
見えました~!! そして手前の山は「鳳凰三山」です。左側に
針のように尖った山は「オベリスク」と言うらしいです~。


a0353718_13311468.jpg
そして、日本第二位の高さを誇る「北岳」です~!!
端正な形で、この周りでは一際高く見えていたので、スグに分かり
ました~。北岳には「バットレス」という岩場があるので、次回には
クライミングで「北岳」へ挑戦してみたいですね~!!


a0353718_13312007.jpg
そしてコチラは「御嶽山」です~!!
乗鞍岳山頂から見る「御嶽山」は、端正な形をしているのですが、
甲斐駒ヶ岳からみると、台形を3つ並べたように横に広がっていて
迫力があるように見えました~。「御嶽百草丸」のラベルの御嶽山
はこんな感じの山容なので、この見た目が御嶽山の本当の形なの
かな~とか思いました・・・。


a0353718_13351096.jpg
そして、ちょっと遠いですが「槍~穂高連峰」も見えました!!
この形は絶対に間違うことはありませんね~!!


a0353718_13312827.jpg
最後は、やはり!、
我らが「乗鞍岳」です!!
でも、ちょっとタイミングが悪くて、なぜか乗鞍岳周辺には雲が
出ていて剣ヶ峰山頂だけしか姿が見えませんでした~。それでも
甲斐駒ヶ岳側から乗鞍岳山頂が見えて、ちょっと感動でした!


a0353718_13313638.jpg
晴れ渡った甲斐駒ヶ岳の山頂の景色をゆっくりと楽しんだ後は、
また来た道「黒戸尾根」を帰っていったのでした~・・・。KH君の
頭の上に見えるあの町のあるところまで下らなければいけません。
標高差2200mは気の遠くなるぐらいの距離だと、改めて僕達は
下り始めたときに感じて、ちょっとビビッていたのでした・・・。



a0353718_13314233.jpg
そして下りの時も、「七丈小屋」で大休止をしました~・・・。ちょっとした
アクシデントでカロリー不足だった僕達3人は、みんなでカップラーメン
を頂いて、一気に食べてしまったのでした~~。


a0353718_10284083.jpg
そして、山頂から4時間ほどかかって、何とかスタート地点の
「竹宇・駒ケ岳神社」へと帰ってくる事ができました~。
ゴールです~!!

行きの時は真っ暗で何も分からなかった「竹宇・駒ケ岳神社」を
帰り際に改めて参拝して、200年も昔の人たちがこの黒戸尾根を
登っていた事は本当にスゴイ事なのだと思ったのでした~・・・。

ちなみに、今回のメンバーのSZ君は、「剱岳・早月尾根」ワンデイ
よりもかなりシンドかった!!、自分の夏山登山の中でも一番の
シンドさだった!!と言っていました・・・。次は僕も、「剱岳」の
早月尾根へと挑戦しなければならないですね~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-09-25 07:31 | アウトドア | Comments(0)

久しぶりに奇跡的に晴れ渡ったカフェ・スプリングバンクの定休日・・・。
そして、どこからともなく集まったハード山行を所望するメンバー達!
そんな中、僕達が挑戦したのは、南アルプスの「甲斐駒ヶ岳」に上がる
日本3大急登で標高差2200mもある最長の超ロングルート、「黒戸尾根」
のワンデイ登山ですっ!!

a0353718_13222323.jpg
まだまだ若輩者の僕なので、これまでは北アルプスを中心に登山を
してきたのですが、僕はまだ一度も南アルプスには登ったことが
無かったのです!!・・・。なので今年はぜひ!北岳や仙丈ヶ岳など、
南アルプスに登りたかったのです!・・・。

でも今回集まったチーム・スプリングバンクのSZ君とKH君の2人は
屈強なメンバーだったので、普通に北沢峠へバスで上がって登山は
許してくれるハズがありません!・・。なので今回は「甲斐駒ケ岳」の、
昔むかし修験者の拓いた、標高2200mもある、日本3大急登である
「黒戸尾根」ルートへと挑戦しに行ってきたのでした~!!


a0353718_13223024.jpg
またもや!、早朝と言うか、まだ真っ暗な闇が支配するAM3時に
松本市内の某所に集合・・・。そこから高速に乗って「甲斐駒ケ岳」の
登山口である「尾白川」へと向かっていったのでした・・・。登山口の
駐車場に着き、素早く用意をして、登山届を出して、ヘッドライトの
明かりで、AM5時前に真っ暗な中スタートです~~。


a0353718_13223527.jpg
「竹宇駒ケ岳神社」を越えて、いきなりの急登をしばらく登って行くと
太陽が空を真っ赤に染めながら東の稜線から上がってきたのでした~。
この日のスタートはかなり寒かったのですが、太陽が上がってきて、
やっと快適な温度になっていきました~・・・。


a0353718_13224829.jpg
スタートスグの九十九折の急登をこなしていくと、登山道はしばらく
笹の海が広がる美しい場所を歩いて行きます・・・。まるで「もののけ姫」
の森のような幻想的な雰囲気でした~。


a0353718_13225903.jpg
そしたら、穏やかに広がる笹の海の登山道がどんどん狭くなってきて
今度は鎖場のテクニカルな岩歩きになっていきました!!・・・。


a0353718_13230404.jpg
岩場の次は、ハシゴの連続です~!! どんどんアスレチックな
感じになっていきました~・・・。 ハシゴの下は崖なので、下を
覗くとゾクゾクしてしまいますね~・・・。


a0353718_13231275.jpg
この「黒戸尾根」は、昔の修験者の修行の登山道だったらしいです!・・・。
なので、黒戸尾根の登山道には、道端にた~くさんの石仏や祠、石碑
などがあるのです!! コチラは「刀利天狗祠」です~。

「甲斐駒ケ岳」の登山の歴史は、1816年に弘幡行者の小尾権三郎さんが
現在の横手駒ケ岳神社から、この黒戸尾根を登って開山されたと記録
されているようです・・・。1902年には、あの「ウォルター・ウエストン」
も登られているようです! そして古代には、「聖徳太子」も登られた
とか?!・・・。(真偽は不明・・・。)


a0353718_19300788.jpg
たくさん並んでいる石仏の中でも、この石仏は僕の興味を引きました・・・。
これは「不動明王」さまらしいです!!・・・。バックには「炎」をまとって
いて、手には剣、怒ったような目は赤く塗られていて眼光鋭いです!!
ちょっと怖いぐらいの「不動明王」さまの石仏でした・・・・。


a0353718_13232265.jpg
どんどんいろんなセクションをこなして登って行くと、少しだけ下り
になっていった先に、少し広くなっている場所に出ます。 ここには、
五合目小屋があったらしいです。2007年には解体されてしまったの
ですが、その五合目小屋を作った「植松嘉衛」さんのレリーフが飾って
ありました~!!

黒戸尾根の登山道は日本最大標高差の登山道なので通常なら1泊~2泊
して「甲斐駒ケ岳」に登頂するのです。なので、途中の山小屋は非常に
重要な施設だったのです・・・。


a0353718_13232996.jpg
五合目小屋跡を越えて行くと、また一気に急登ハシゴセクションが
続きます!! このハシゴは超ロングでした~~。


a0353718_13233798.jpg
その後も、岩場の急登な道を、手も使ってガシガシと登って行き、
ハシゴ&ロープも駆使して一気に登って行きました~~。


a0353718_13234715.jpg
そして、「吊り橋」も出現っ!!・・・。ハシゴのような吊り橋なので
下を見ると、遥か彼方まで切れ落ちていて、ここでも思わずゾクゾク
してしまいました~~。


a0353718_13241951.jpg
そして、スタートしてから4時間弱で、やっと!「七丈小屋」に到着
出来たのでした~!!・・・。ここでやっと大休止をして、カロリー
補給をし、お水も頂いて、再び山頂に向けてスタートして行った
のでした~。

「七丈小屋」は小さな山小屋施設なのですが、いろんなザービスが
あり、売店も充実していて、とても良い感じでした。黒戸尾根の
ルート内では現在唯一の施設なので、貴重なサービスですね・・・。


a0353718_13363669.jpg
登っている最中、常に僕達のバックには「八ヶ岳連峰」が
ドオォォ~~ン!!
と、ず~~っとキレイに見えていたのでした~~!!・・・。
この黒戸尾根登山道から見える「八ヶ岳連峰」は、本当に圧巻の
大迫力の、感動モノの山岳景色でした~!! 


その②へ続くです!!



[PR]
by springbk2 | 2017-09-24 07:21 | アウトドア | Comments(0)

紅葉のスイッチ、
入りました~!!

a0353718_15203109.jpg
先週の某日、畳平から乗鞍岳の紅葉のようすを見ながら歩いて
きたのですが、赤く染まってきたナナカマドがチラホラ出てきて
いました~!! 乗鞍岳の紅葉がスタートした感じです~~。


a0353718_15203622.jpg
今年の乗鞍高原は、寒くなるのが少し早い目に感じていたので、
紅葉も少し早まるのかなぁ~と思っていたら、山頂方面の紅葉は
例年通りぐらいでした~。


a0353718_19131786.jpg
これからどんどんナナカマドの赤やダケカンバの黄色に染まって
行きますね!! 僕の予想では、ピークは来週末だと思います!
皆さん、ぜひ!、山全体が色彩のパレットのように染まる乗鞍岳
の美し過ぎる紅葉を見に来て下さい~~。


そして紅葉を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~!!






[PR]
by springbk2 | 2017-09-23 07:19 | 紅葉 | Comments(0)

ワイン 465

今回のワインは、またK8が激安で購入してきた高級ブルゴーニュ
のワインです~!! 

今回のワイン、「ニュイ・サン・ジョルジュ、オー・ペルドリ」です!!
a0353718_22294337.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方、ニュイ・サン・ジョルジュ村
にある1級畑「オー・ペルドリ」で造られた、ピノ・ノワール種のワインです。
「オー・ペルドリ」の畑はモノポール(単独所有)です!!

造り手は「ドメーヌ・ペルドリ」です。この「ドメーヌ・ペルドリ」は、元々
ベルナールミュニュレ家が所有していたいくつかの畑を、ブルゴーニュ
最大のネゴシアンとして有名な「アントナン・ロデ」社の管理責任者である
「ベルトラン」さんと「クリスチャン」さんのドゥヴィラール夫妻が1996年
に引き継いだのが始まりです。元々の畑は最高の畑、特級「エシェゾー」
と、ニュイ・サン・ジョルジュ村で最高の1級「オー・ペルドリ」だったのと
醸造責任者「ナディーヌ・ギュブラン」女史が手掛けるので、一躍注目を
集めました!! 「ナディーヌ・ギュブラン」さんは、翌年の1997年に
女性で始めて「最優秀醸造家(ベスト・エノロジスト・オブ・ザ・イヤー)」
に選ばれたほどの女性なのですっ!!・・・。なのでドメーヌ・ペルドリは
創業時から最高の評価を受けています! 2003年からはドゥヴィラール
さんが社長職を退いてドメーヌ・ペルドリに専念。アントナン・ロデ社は
息子と娘さんの名前になっていて、3つの自家ドメーヌの管理をしている
らしいです・・・。

ブドウは手摘みで収穫された後、100%の除梗されます。オークの樽で
発酵され、マロラクティック発酵も100%行われます!! そして新樽
比率50%で約15ヶ月ほどの熟成がなされるようです・・・。


山ウズラの可愛いラベルのボトルに詰められた高級ブルゴーニュ!!
しかもマロラクティック発酵100%という別物のようなワインです!
これを今回は「安旨ワイン探検隊」で頂いちゃったのでした~~。
いざっ、オ~プンですぅ~~!!
a0353718_22294835.jpg
このワイン、開けてスグからとても濃厚で素晴しい香りがグラスに
広がってきました!! プラムジャムやラズベリージャムのような
濃厚な果実感とハーブやナツメグのようなスパイス感もあります!
味わいは、とってもとっても滑らか!!甘くさえ感じられます~!
開けてスグはちょっとだけ還元臭がありましたが少し時間が経つと
消えていって、最高のワインに変化していきました。最後の1杯は
至福のブルゴーニュになっていきました~!!


最近、急騰しているブルゴーニュの高級ワインですが、まだまだ
探せばいろんな美味しいワインがありますね~。また、ワインを
飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~~。お待ち
しています~~。 よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-09-22 07:29 | お店からのご紹介 | Comments(0)

夏の終わりに・・・。

約1ヵ月半ほど休みなしで、今年の夏も「カフェ・スプリングバンク」を
何とか営業することが出来ました・・・。なので今年も、夏の終わりに、
労をねぎらって、美味しい食事をしに出かけてきたのでした~。

a0353718_10344460.jpg
僕もスプリングバンクN も、食べたかったモノと言えば・・・、ココ!
いつもの「かつ玄」さんのとんかつです~~!! 

1年に数回行きますが、「かつ玄」さんのとんかつとカキフライは、
本当に極上のとんかつなのです~。


a0353718_10344962.jpg
いつも冬に来るとカキフライなのですが、カキフライは冬限定なのです。
今回は9月なので、まだカキフライはありませんので、「ロースとんかつ」
です~!!(僕はとんかつはヒレよりもロース派・・・)

とろけそうな味わいの極上のとんかつを一気に頂いてしまったのでした~。
あぁ!・・・美味ですっ!!

1年で数回の、僕達の贅沢です・・・・。
次は、カキフライの時期に行きたいと思います~。





[PR]
by springbk2 | 2017-09-21 10:43 | 日常 | Comments(0)