ゴールデンウィークが過ぎ去って、また静かな乗鞍高原に戻った
のですが、静かになったのをイイ事に、相変わらずダラダラ~っと
お店のカウンターの隅っこで惰眠を貪っているスプリングバンクの
重役役員たちです・・・。でもこのままだと5月病になってしまうので、
またミーティングを開いて頂きました~~。

a0353718_09075526.jpg
議題はいろいろ~~・・・・・。
「この春の乗鞍高原の営業について」(お客さん来ないと→僕達のお店が困る)
「自然環境保護問題について」(中国の川は水質汚染で赤い川になっている!)
「北朝鮮はミサイル打ちまくり!」(僕達が束になっても叶わないのか?!)
「フランス大統領選挙でマクロンさん勝利」(投票率が78%ってのがスゴイ!)
「安倍政権は問題発言ばっかり」(でも核心は安倍首相本人の森友学園問題!)
「春は美味しいモノの季節~」(やっぱり山の春は、山菜天ぷらでしょ~!)


どれもこれも地球規模の目が回るぐらいタイヘンな問題??・・・、です・・・・。
(えぇっ?!、違う???・・・・。)
・・・・・・・・・、、、、、、、、、、。








今回のミーティングは「春」なので、春の環境問題といえば、やはり
中国から飛散してくる「黄砂」と「PM2.5」などだと思います・・・。
なので今回は「大気汚染問題」にフォーカスしたいと思います!・・・。
a0353718_10061779.jpg
大気汚染と言えば、僕達日本人は中国が最悪だと思い浮かびますが、
大気汚染は、アフリカやインドでも凄まじいレベルになっているの
です!!・・・。 特に、人口増加が激しいインドで去年から大気汚染
が凄まじいらしく、汚染物質PM2.5は政府基準の16倍もあり、これは
世界保健機構(WHO)の基準の約70倍!!、普通に生活しているだけ
で1日にタバコ2箱を吸っているレベルだそうで、もう街全体が煙って
いて、青空はほとんど見えないようです!!・・・。

これは、他の国の話ではなく、僕達の住む地球全体の問題なのです。
空気も水も、国境はありません。どこかの国の汚染は、自分の住む
地球の問題なのです!!・・・。 なので、これを知って、日本に住む
僕達も出来るだけ謙虚に、慎ましく、自然環境に優しい「ECO」な
生活をしなければならないと思います~~。原発に頼っていては
イケませんね・・・・。


これからも僕達「カフェ・スプリングバンク」は、自然環境問題に
敏感に、そして出来るだけエコに頑張って生きたいと思います~。
みなさんよろしくお願いします~。ご来店お待ちしていますぅ~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-17 07:07 | 日常 | Comments(0)

今週末の5月21日(日)は、乗鞍高原の開山祭である
「すもも祭り」が開催されます~~!!

a0353718_19292535.jpg
乗鞍高原の開山祭である春のイベント、「すもも祭り」が
今週末の5月21日(日)に開催されます~。 毎年行われる
一の瀬園地の広場で、残雪の白い乗鞍岳と白いすももの花
を未ながら、美味しい地元乗鞍の手打ち蕎麦や山菜料理を
楽しむことができます~。そして今年は乗鞍高原生まれの
シンガー「高橋あずみ」さんのミニライヴも、聞くことが
出来ます!! すももの白い花のな花見を楽しみに、ぜひ
「すもも祭り」ご来場下さい~~。

日時:5月21日(日) 朝9:30~
場所:乗鞍高原、一の瀬園地特設会場

詳しくは、乗鞍高原公式ホームページをご覧下さい。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-16 07:26 | イベント | Comments(0)

バックカントリースキーの世界でスティープラインハンター達が
目指す課題である「白馬・杓子岳東壁」・・・。確実に50°を越える
狭い尾根に区切られた厳しい斜面である!!・・・。ここまで僕達
「チーム・スプリングバンク」は北アルプス中心にいろんな山の
斜面を滑ってきたのだが、この「白馬・杓子岳東壁」は、なぜか
まだ未滑降になっていたのだった・・・。なので課題をクリアする
ために、突っ込んでみたのであった~。

(昨日の続きです~~)
a0353718_17292142.jpg
登攀中は真っ白な雲の中だったのだが、奇跡的に山頂に着いた
時ピッタリに一気に晴れてきたのであった!!・・・。もちろん、
このコンディションを僕達が逃すハズは無く、杓子岳東壁へと
ドロップインだ!! しかし、今回も1ミスすれば=即死亡!
という厳しい超急斜面なので、ドロップポイントで雪の状態や
滑走ライン、クレバスなどをチェック・・・。 そしてスキーを
履いて滑走用意をして、目をつぶり深呼吸して集中していく。
「生きて帰る!」と心につぶやいてから、
ドロップ・イン!!!
a0353718_17293593.jpg
まず最初は、AM君のドロップ・インだ!! 杓子岳の左端から
約50°以上の、文字通り「壁」のような斜面へとエントリーだ!!
a0353718_17295296.jpg
この日はとても暖かい日で、そして前日の粒のような15cm程の
積雪があり、どちらかと言うと斜面の雪は不安定な状態だった
ので、スキーのエッジで刻むと足元がドッカリと落ちて流れて
いくので、一緒に流されないようにターンするのが難しかった
のだった・・・。そして自分のターンしたときに流したスラフにも
流されないように滑るラインに細心の注意をしながら1ピッチ目
を下りていった・・・。


a0353718_17300416.jpg
でも、少し下りると斜度が45°ぐらいに落ち着いてきた・・・。
そこからは、スラフで流されないように注意は怠らないが、
ターンが決まるようになってきて、素晴しい山岳スキー滑降
がキマっていったのであった~!! 


a0353718_17301922.jpg
そして僕もAM君の後を追うようにして、僕自身の課題であった
杓子岳東壁の斜面を、いつも通り安全運転スキーで滑っていった
のであった~~。久しぶりの超スティープラインのスキー滑降で
かなり痺れた・・・。


a0353718_17302724.jpg
杓子岳東壁のA尾根の上で、しばし休憩・・・。真ん中のピナクルの
ような尾根がたぶんA尾根。右側が右股ルンゼで、左側がマイナー
ルンゼだと思われる・・・。 この時期の杓子沢のボトムは、雪崩の
デブリと真っ黒な落石地獄になっていたのであった・・・。

この日は暖かくて一気に気温が上がったので、雪の状態があまり
良くなくて、下部のシュート部分ではデブリ地獄のような感じに
なっていて危険だと思われたので、僕たちは比較的キレイな左側
のマイナールンゼへ滑り込んでいった・・・。


a0353718_17305434.jpg
マイナールンゼ上部で AM君の豪快なターンが決まっていった!!
1ターンごとに雪崩れて濁流の滝ように落ちていくスラフに、少しは
ビビりながらも、巻き込まれないようにラインを少しずつずらして
滑って行くのが難しかったのであった・・・。

a0353718_17311077.jpg
そしてルンゼ下部では、上から見えないクレバスがたくさんあり、
大きく口を開けたクレバスを滑りながら見つけて避けて滑るのが
難しかった・・・。この杓子岳東壁のラインも、もう賞味期限が限界
だったのだろうか?!・・・。

そして、滑って行けるところまで、どこまでも滑っていったので
あった~。振り返ると言うか、見上げると、自分達の滑ってきた
杓子岳東壁のラインが、余りにもキレイに見えていたのだった~。


a0353718_17311751.jpg
そして、長走沢のコルに登り返したところで、やっと安全圏内に
なったと思うので、休憩をしたところで2人で記念撮影をした・・・。
バックに聳える一番右側からドロップインして滑ってきたのだ!
そして全身を貫くような素晴しい達成感に満たされたのであった~。


a0353718_17312921.jpg
その後は、長走沢の広い快適な斜面を、それぞれ思い思いに
滑って帰っていったのであった~~。長走沢のスキー滑降は
ストップ雪でもなく、クレバスも落石や雪崩の心配もなくて、
本当に普通に、快適にスキーの快楽に浸って滑れたのであった~。
あ゛ぁ、快感~!!


a0353718_17313691.jpg
そして、長走沢を滑りきって白馬尻下の林道に無事に帰ってくる
事が出来たのであった~。行きの時には真っ暗だったので見えな
かった白馬岳~主稜が、僕達の滑走を祝福してくれているように
紺碧の青空に映えて、思いっきりキレイに見えていたのだった!!


これでまた1つ「チーム・スプリングバンク」のスティープラインの
課題がクリアされたのだった~・・・。 日々自分を鍛え、天気と雪の
コンディションを見極め、体力と技術が信頼できるパートナーたち、
そしてモチベーションを維持し続ける先に、また新たなスキー滑走
のチャンスが巡ってくるのだ・・・。そうして、これからも山をスキー
で滑り続けていくのだろうと思うのだった・・・。





オマケ!!
a0353718_17315349.jpg
杓子岳の雪が積もった登山道で、数羽の雷鳥さんに会えました~。
この最初の1羽は丸々とした大きな雷鳥さんでした!!(゚Д゚;)・・・。

こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-15 07:31 | Comments(0)

ゴールデンウィークの後半は見事に晴れ渡って、まさに山日和!
という快晴が続いてしまったのだった!・・・。僕はお店で忙しい
のに、山スキーヤーの方々が楽しそうに滑っているのをSNSで
アップするもんだから、僕は羨ましくて、悔しくて、嫉妬して、
歯軋りしながら忙しいゴールデンウィーク中は、滑りたい病が
MAXで、気が狂いそうになっていたのだった!!・・・・。

a0353718_19255099.jpg

が、しかし!!、
そんなゴールデンウィークの混雑も一気に過ぎ去り、やっと!、
僕達の番が回ってきたのだった~~。ゴールデンウィーク後の
1発目のバックカントリースキーは、チーム・スプリングバンク
のAM君にお付き合い頂いて、体力の限界のその先まで登って、
この欲求不満を思いっきり滑りにぶつけてやろう!という事で
白馬・杓子岳東壁スキー滑走に挑戦してきたのであった~!!


a0353718_16494399.jpg
朝と言うか、まだ真っ暗な深夜2時に、AM君と某所に集合・・・。
そこから2人一緒に白馬に向かって行った。今回のターゲットは
白馬3山のド真ん中に台形に見える「杓子岳」なので、大雪渓の
下にある猿倉へと上がっていき、そこからスキーにシールを付け
ヘッドライトで、3:30スタートで真っ暗な白馬の山々の中へと
突っ込んでいったのであった~・・・。


a0353718_16495008.jpg
約1時間ほどで白馬尻の辺りに到着した。この手前ぐらいから
一気に明るくなってきて、ご来光が上がるのが近くなっている
のを感じていた・・・。 
そして!!、
a0353718_16495664.jpg
5:00ちょうどぐらいに、白馬大雪渓にご来光のオレンジ色の
光が差し込んできたのであった~!! いつ見てもご来光は
感動的な色合いなのである・・・。


a0353718_16500402.jpg
この5分ほどの一瞬だが、白馬大雪渓がオレンジ色に染まって、
真っ暗な闇が支配する世界が、幻想的&感動的な世界に変って
いく、素晴しい時間なのである!!・・・。

a0353718_16501138.jpg
向かう大雪渓の先も、ピンク色に染まっていったのであった~!!

陽が上がって明るくなると、稜線にはブ厚い黒い雲が掛かっている
のが見える。これがこの後キレイに晴れてくれるのだろうか?・・・。
一抹の不安を感じながら、しかしご来光のピンク色の色合いには
感動しながら、登って行ったのだった・・・。

a0353718_16502976.jpg
誰も居ない白馬大雪渓をガンガン登って行く!! 本当に静かで
誰も居ない、貸しきり状態だ!!・・・。ゴールデンウィーク中は
ココ「白馬大雪渓」も、たくさんの人で賑わっていたのだろうと
思うが、「誰も居ない僕達だけの山」というシチュエーションが
本当の贅沢なのだ!と僕達は、この静かな幸せを噛みしめながら
&味わいながら、それでも思いっきり登って行ったのであった~。


a0353718_16503944.jpg
「葱平」=(ねぶかっぴら)に来ると、さすがに急斜面になって
きたので、スキーシールを諦めてアイゼンに切り替える・・・。
バックは雲の中から時々顔を出す「白馬岳」である。 この時は、
登っていて左側の「杓子岳」方面は、雲の中で真っ白だったので、
どうするか悩んでいた・・・。稜線で爆風が厳しかったら、白馬岳の
2号雪渓スキー滑走でもイイかな?とかも思っていた・・・。


a0353718_16504891.jpg
稜線に出ると、案の定雲の中で真っ白になってしまったので
あった!!・・・。そしてマイナス気温(?)の爆風状態!!・・・。
この日、都会では30℃近かったらしいのだが、北アルプスの
稜線では、まだ真冬のマイナス気温の世界なのであった!!

しかし、この厳しい状況でもまだ行動できる範囲内だったので、
一応杓子岳へと向かっていくことにした・・・。まだ時間は早いし、
体力も十分。杓子岳がダメだったら、白馬岳か白馬鑓ヶ岳方面へ
と行ってもイイかな~とか思っていたのであった・・・。


a0353718_16515215.jpg
そしたら!!!、
爆風に雲が流れていき、一気に晴れてきた~!!!思わず2人で、
「うおぉぉ~っ!!!」
と、このシチュエーションに咆えてしまったのであった~・・・。
半ば諦めていたところにこの絶景!! コレにも思わず感動して
しまったのだった~!!・・・。

a0353718_16522091.jpg
そして、一瞬だが、「剱岳」も見えたのであった~!!!
来年は剱岳も滑りたいと、強く思う・・・。


a0353718_16522986.jpg
一気に晴れて、頭の上には青空も見えてきた!!・・・。僕達が
杓子山頂に辿り着く、まさにドンピシャな絶妙のタイミングで
一気に晴れてきたのだった~!! もぅ、本当に感動である!

そして「杓子岳」山頂の標識も見えてきて、ラストスパートだ~。


a0353718_16523715.jpg
そして、爆風だけど一気に晴れ渡った中、杓子岳の山頂に到着!!
今回もヤリました!!!
杓子岳山頂では、まさに雲上の人となれました~。

(滑走編へと続く!!)




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-14 07:45 | アウトドア | Comments(0)

ゴールデンウィーク明けは、また天気が不安定になっていたの
ですが、昨日は久しぶりにキレイに晴れたので雪の壁の状態を
見に行ってきました~。


a0353718_17501235.jpg
朝イチの「乗鞍岳・春山バス」に乗って、キレイに青空の広がる
位ヶ原山荘まで上がっていきました。位ヶ原山荘周辺の雪の量は
去年よりはかなり多く、位ヶ原山荘周辺だけは例年よりも多いと
思いました~。

a0353718_17503674.jpg
位ヶ原山荘周辺の「雪の壁」は、高い所で5mぐらいはあると
思います。位ヶ原山荘から先の道路をテクテクと歩いていくと
こんな感じに見ることができます~。

a0353718_17504599.jpg
この先のカーブのところに、工事用のバリケードがあります。
そこまでは歩いて行って、この「雪の壁」を見たり触ったり
して楽しんで下さい~~。

もうスッカリ暑くなった都会を抜け出して、ヒンヤリとする
乗鞍岳にいらっしゃいませんか?!真夏でも寒い!と感じる
こと間違いないですよ~~~。
a0353718_17505223.jpg
現在の除雪作業は、位ヶ原から先の8号カーブの辺りで進んで
いました。今年は雪が多めでタイヘンそうですが、スキーヤー
にとっては、恵みの残雪ですね~~。 ぜひ皆さん、春~夏の
乗鞍BCにすべりに来て下さい~~。


a0353718_17510117.jpg
今年は雪タップリです!!
ぜひ!スキーヤーの皆さん、春~夏の乗鞍に滑りに来て下さい~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店よろしくお願い
します~!! お待ちしています~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-13 07:48 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

眩しい程緑溢れる美しい乗鞍高原の森の奥へと案内してくれる、
乗鞍高原・自然保護センターのガイドツアーが開催されます~。

a0353718_20405621.jpg
開催日:5月14日(日)、5月28日(日) です。
時間: 9:00~11:00 の2時間程。
集合場所:乗鞍高原、一の瀬ネイチャープラザ。
参加費:¥400- (小学生以下¥200-(保険料)
お問い合わせ:自然保護センター、0263-93-2045

この時期の乗鞍高原は、新緑の緑がとってもキレイなんです!!
自然保護センターの職員さんによるガイドツアーで、いろんな
花や野鳥、森の話などなど、とっても楽しいと思いますので、
ぜひぜひご参加下さい~~。

そして新緑の森を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」で
コーヒーやケーキをどうぞ~。ご来店お待ちしています~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-12 07:39 | イベント | Comments(0)

忙しかったゴールデンウィークが明けて、やっと隊長のK8と一緒に
クライミングに行く事ができました~。

a0353718_13250315.jpg
今回の朝練で僕達が行ったのは、僕達のホームゲレンデである
坊抱岩の少し下にある「涼み岩」です。ここは、僕たちはまだ
全然触っていないルートだらけなのです!!・・・。 手始めに
今回K8は、この涼み岩の初登ルートらしい5.10cをオンサイト
狙いでトライして行かれたのでした~~!!

見た目は斜度もあまり無くて、登れるんじゃないですか?と、
ちょっとナメていたのですが、下部から何だかイヤラしい感じ
です・・・。


a0353718_13251226.jpg
それでも、K8はどんどん登っていきます!! そしてここが核心
の一番難しいセクションです・・・。斜度はぜんぜん無いのですが、
手のホールドがほとんど無くて、ここからなかなか進みません・・・。


a0353718_13251851.jpg
しかし、落ち着いて何度かいろんなムーブを試しながら核心を越え
トップまで一気に登って行ったのでした~!!
今回もヤリました~!!
オンサイトです~!!!
今シーズン、いきなり5.10cのオンサイトです!! さすがは
隊長のK8、素晴しいですぅ~~。


a0353718_13252385.jpg
そして、K8と同じ5.10cのルートへ僕もトライしていきました・・・。
そして僕も同じ核心部分で少し戸惑いましたが、何とかギリギリ
オンサイトで完登出来たのでした~。(あぁ~よかった・・・。)


a0353718_13252937.jpg
その後K8は、まだ物足りないらしく、もう1本の5.10cのルート、
「龍君の鼻」へと一気にトライしていきました!!さすがです~。
しかし、2本目のオンサイトは成らず、腕がもう疲れてしまってた
ので、この超オーバーハングは越えられなかったのでした・・・。

a0353718_13253541.jpg
K8に叱咤されて、もちろん僕もトライしていきました~・・・。
でも、やはり僕も、もう腕のチカラが残っておらず、フォール。
僕はこのルートは去年触っているのに、また今回も完登とは
ならなかったのでした・・・・。コチラは何だか悔しい感じでした。


やっと、今シーズンもここからクライミングシーズンが始まると
思います~!! クライマーな皆さん、よろしくお願いします~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
コチラもよろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-11 07:20 | アウトドア | Comments(0)

超久しぶりに、乗鞍高原の空全体が燃えるような色合いに
焼けました~!! と言っても、今回は朝焼けです~~。

a0353718_12483464.jpg
昨日の早朝5:00頃・・・・、トイレに起きてしまったのですが、
窓を見るとピンク色に染まっていたのです!!・・・。急いで
カメラを持って外に出てみると、素晴しい色合いの朝焼けで
空全体がピンク色になっていたのでした~!!


a0353718_12483909.jpg
コチラは東の空です・・・。素晴しい朝焼けの色合いなのですが、
電線がとても邪魔ですぅ~・・・。


a0353718_12484455.jpg
「カフェ・スプリングバンク」の前にあるドイツトウヒの森も、
黒いシルエットになっていて、ちょっと幻想的でした~。


a0353718_12484823.jpg
そして、その3分後には、乗鞍岳がピンク色に染まりました~!!
今回もまた、約5分ぐらいの最高の朝焼けの色合いでした~~。


これからの春から~夏の季節は、こんな感じで朝焼けや夕焼けで
空全体が燃えるようにピンク~オレンジ色に染まることが多く
なってきます!! ぜひ!皆さん乗鞍高原に一泊して、こんな
素晴しくキレイな朝焼けを見て下さい~。 そして、僕たちは
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-10 07:47 | 日常 | Comments(0)

ワイン 449

ゴールデンウィーク明けて一発目のワインは、謎の提供者さんに
提供して頂いた、オールドヴィンテージ・イタリアンです~!!

「バローロ、ボルゴーニョ、レゼルヴァ」1971年です~!!!
a0353718_10132305.jpg
このワインは、イタリア北部ピエモンテ州にある「バローロ」と言う
地域で造られる、イタリア固有ブドウ品種「ネッビオーロ」で造られた
ワインです。この「バローロ」というワインは「イタリアワインの王様」
と言われている高級ワインの銘醸地なのです。

造り手は「ボルゴーニョ」です! 「バローロ」には「ボルゴーニョ」
と言う同名の造り手がたくさんあるので、かなり紛らわしいのです・・・。
このラベルの「ボルゴーニョ」は1848年創業のようですが、それ以前
からもワインを造っていて、すでに1761年にはワインを造っていたと
いう記録が残っているようです。この「ボルゴーニョ」のワイナリーは
小規模ながら歴史と品質の高さは広く知られていて、1861年のイタリア
統一の祝賀会などの重要なイベントで飲まれていたり、1867年のロシア
皇帝が建国を祝ってロッコギーニ城での晩餐会に供せられたほどだった
らしいです~。

以前の「ワイン412」でも、同じ「ボルゴーニョ、バローロ」を飲んだ
のですが、コチラは「1971年レゼルヴァ」のオールドヴィンテージ!!
その頃の造りは分かりませんが、現在の「ボルゴーニョ」では、手積み
したネッビオーロを、22℃~29℃で発酵を12日間、そして22℃という
一定温度で約30日間ものマセレーションが行われます。 その後さらに、
マロラクティック発酵を22℃で15日間も行われます!! そして熟成は
4500Lの超巨大なスラヴォニア産オーク樽で4年間も行われるのです!
まさに、イタリアでも古典的なバローロの造りなのです~!!


45年以上も昔のオールドヴィンテージ!、しかも1971年のリゼルヴァ
ですっ!! このボトルを謎の提供者さんが僕達がゴールデンウィーク
を頑張って仕事をしたご褒美に頂きました~!ありがとうございます!
一気にオープンです~!!!
a0353718_10132830.jpg
このワイン、45年前のモノなのでコルクが抜けるのか不安だった
のですが、何とか無事に抜くことが出来ました~・・・。開けてスグ
から繊細でか細い香りがします。革製品、腐葉土、麝香、森林浴、
ゴム製品(?)などのとても複雑な香りです・・・。 飲んでみると
味わいは甘酸っぱいような感じで干し柿のような感じと、プラム
のような感じもします。とても滑らかでした~。 最後の1/4は
細かい澱があり濁っていて飲むことはできませんでした~・・・。
でも!、45年モノの古いボトルの中で生きていたのがスゴイ!と
思いました~!!

ワイン飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
(古いヴィンテージボトルはいつもありません。ご予約下さい)






[PR]
# by springbk2 | 2017-05-09 07:12 | お店からのご紹介 | Comments(0)

ゴールデンウィークの後半は、最高に気持ちイイ晴れの天気が
続いて暖かくなったので、乗鞍高原の桜の花も一気に咲いて
きました~!!

a0353718_11053518.jpg
このゴールデンウィーク明け、もう静かになった乗鞍高原・・・、
現在は僕達のお店「カフェ・スプリングバンク」よりも下の
地域では、桜の花が一気にピンク色に咲いてきました~!!
コチラは「カフェ・スプリングバンク」から200mぐらい下
にある公民館の桜の花です。まだ3分咲きぐらいですか?・・・。


a0353718_11054209.jpg
コチラは、番号⑥晩標識の脇道の桜並木の場所です。ここには
約10本ぐらいの桜の木があるので、この時期はとてもキレイに
ピンク色に染まります~~。

a0353718_11055907.jpg
アップにするとこんな感じです。ここの桜の花は、乗鞍高原でも一番
早くに咲きます。陽当たりや風の抜け具合など、違うのでしょうか?
この樹だけ咲き出すのが早いのです・・・。

a0353718_11055449.jpg
この1本の樹は、濃い目のピンク色で、と~ってもキレイです~!


a0353718_11055074.jpg
桜の花はまだまだ3分咲きぐらいです。乗鞍高原内ではこれから
来週ぐらいにはどんどん見頃になってくると思います~。
都会ではもう1ヶ月前ぐらいに終わった桜の花ですが、標高の高い
乗鞍高原では、これから満開になっていくのです~!! なので
ゴールデンウィーク明けにもう1回「花見」なんて、いかがですか?


a0353718_11060438.jpg
道路脇には水仙の黄色い花が満開になっています~~。
コチラもとってもカワイイですね~~。


これからどんどん花満開になっていく乗鞍高原です!!
もちろん高山植物の貴重な花も咲いていきます~~。
この新緑と花満開の乗鞍高原へ、ぜひ遊びに来て下さい~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-08 07:04 | お花 | Comments(0)