ワイン 482

今回の「安旨ワイン探検隊」は、何年か前に謎の提供者さんから頂いて
いたけど若かったので置いておいた、秘蔵の(?)ワインです~~。

ハイド&ヴィレーヌ、イザベル」2012年です~~!!!
a0353718_10415634.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州にある「カーネロス」という
地区で造られている、ピノ・ノワール種のワインです・・・。

造り手は「ハイド&ヴィレーヌ」です。世界一高級ワイン「ロマネ・コンティ」
を造っている「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」社の共同経営者である
「オベール・ド・ヴィレーヌ」さんと、カリフォルニアで最高級の「キスラー」、
「パッツ&ホール」などの超有名生産者にブドウを供給をしてきた「ハイド・
ヴィンヤード」の「ラリー・ハイド」さんがタッグを組んで、2000年に創業。
ド・ヴィレーヌさんの奥さん「パメラ」さんがラリー・ハイドさんのいとこに
あたることから、このコラボレーションが実現し、「ハイド&ヴィレーヌ」
を立ち上げたのでした~。創業当初はDRCでワイン醸造を担当してきた
「ジャン・ローラン・ヴァシュロン」さんがワイン醸造を担当されていました
が、現在は「ステファン・ヴィヴィアー」さんが後継者としてワイン醸造を
されています。

ソノマ・マウンテンの「ヴァン・ダー・キャンプ」ヴィンヤードの畑で作られ
ているピノ・ノワールを使います。畑は標高420mの南東斜面でローム質
と火山性土壌が入り混じる土壌らしいです。もちろん化学薬品や除草剤は
一切使用されないでブドウは育てられます。ステンレスタンクで醸造され
ワインは傷まないようにするためポンプを使わずに重力だけで移動される
「グラヴィティー・フロー」システムを採用されています。そして新樽比率
約20%のフレンチオークで約15ヶ月の熟成がなされます。

この「ハイド&ヴィレーヌ」は、DRCの共同経営者の「ヴィレーヌ」さんが
ブルゴーニュ以外の土地で、初めて!ピノ・ノワールのワインを造った
モノなのですっ!! そして生産量は僅か300ケース弱です!!これは
世界一高級なワイン「ロマネ・コンティ」の約半分の生産量なのです!!
それだけ稀少で貴重なワインなのです~~。



カリフォルニアで最高のピノ・ノワールのワイン「キスラー」を作っている
ブドウと、世界一高級なワイン「ロマネ・コンティ」を造っている「DRC」の
情熱を醸造技術のコラボレーション!! こんなスゴイワインがあった
のです~~。謎の提供者さんに敬意を表して、いざ、オ~プンです~!!
a0353718_10420146.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しくフルーティーで香ばしい香りが
グラスに広がってきました!! イチゴジャムのような甘い果実感と
濃い紅茶のような香ばしさ、白木の削りクズ(?)のような香りがあり、
何とも言えない甘い香りです~。味わいもとっても滑らかで、酸味も
穏やか。アルコール度数は14%と高いのにアタックの強さを感じさせ
ません。時間をかけてゆっくりと飲んだのですが、最後の1杯は最高
の香りと味わいに昇華していきました~!!

果実感とアタックが強い印象のカリフォルニアワインと、古典的で
エレガントとフィネスのブルゴーニュワインの、ちょうど中間ぐらい
のワインに感じました。これは高いのですが、ブルゴーニュの高級
ワインに比べたらかなり安いので、「買い」だと思いました~。


乗鞍高原に泊まった夜に、こんな面白いワインはいかがですか~?!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、お待ちしています~~!!
よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2018-02-07 07:39 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今シーズンのMt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデは、コンディションが
メッチャメチャ良いです!! 雪が降れば最高のディープパウダーが
滑れますし、晴れたら圧雪ピステンバーンは最高のカービングターン
を描くことが出来ます~~。

a0353718_10363809.jpg
今年はなかなかMt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデ情報が書けてなかった
のですが、ゲレンデの状態は本当に最高の雪質になっているのです~!!
そして、ディープパウダーのようすは書いていますが、圧雪バーンの事は
まだ書いていなかったので、今回は圧雪ピステンバーンのようすを書いて
みたいと思います~~。

この画像は3日(土)晴れた日のようすなのですが、前日に降雪があった
ので、その雪がピステンで踏んで圧雪されていて、バーンの状態は何でも
出来そうなぐらいの最高の状態でした~!!


a0353718_10364560.jpg
見て下さい!!、このダウンヒルコースのまるで絨毯のような圧雪の
グルーミング跡を!!・・・。こんな日は、GSレーシング用スキー板で
キレッキレな大回りの高速カービングターンで、スピードに乗って
いけば、とっても気持ちイイと思います~~。



と、言う事で、GS用レーシングスキーでの大回りをちょっとやって
みました~。今回は動画での、いつもの僕の安全運転スキーです・・・。
(ちなみにスキー板は、サロモンの2V と言う昔のGS用のスキーです。)

動画というコトで、ちょっと丁寧に滑ってみたのですが、ゲレンデ
の状態が最高だということが伝われば良いと思いました~。でも僕の
スキーは相変わらずダメダメですね・・・。雪が良いのにコレでは・・・。
また練習し直してきますぅ~・・・。


最高に気持ちイイ、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデで滑って
楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~!!
よろしくお願いします~。 お待ちしています~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2018-02-06 07:35 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

去年の年末に発売されて、ウイスキー専門誌「ウイスキー・ガロア」で
絶賛されていたボトルを、新しく取り寄せてみたのでした~・・・。

ボウモア、18年、ディープ&コンプレックス」です~!!
a0353718_19194634.jpg
この「ボウモア」というシングルモルトウイスキーは、スコットランドの
西海に浮かぶヘブリティーズ諸島の南端にある「アイラ島」のボウモア町
にある蒸留所で造られるウイスキーです。創業は1779年。アイラ島で
最古のウイスキー蒸留所でデヴィット・シンプソンさんが創業しました。
「ボウモア」とは、ゲール語で「大きな岩礁」という意味らしく、蒸留所は
海に突き出ている所に建っています。そして、1994年にはサントリーが
買収したので、現在はサントリーの所有となっているのです。蒸留方法
で特筆すべきは、現在でもフロアモルティングで原料のモルトを仕込んで
いる事で、全体の約4割ものモルトを自社のフロアモルティングで賄って
いるのです! そして、かつては約70%をブレンド用に他社に回していた
のですが、現在は逆に90%を自社の「ボウモア」のシングルモルトとして
販売しています!! 特にサントリーの力が強いのか、日本国内で販売
されているシングルモルトウイスキーの中で、このボウモアは第4位!!
そしてアイラモルトではもちろん堂々の1位です~!



a0353718_19200567.jpg
この「ディープ&コンプレックス」というボトルは、免税店限定の商品で、
12年、15年と続くシリーズの最終版の18年モノ! しかもこのボトルは、
オロロソとペドロヒメネスのシェリー樽を使って熟成させたスペシャル
ヴァージョンなのです~!! 最近、シェリー樽熟成のモルトウイスキー、
しかもアイラモルトは劇的に高騰してきています! シェリー樽自体が
かなり貴重なのです!・・・。その中でもこの「ディープ&コンプレックス」
は貴重なシェリー樽熟成のボトルでも比較的安かったのです~~。

そして!、、
この「ディープ&コンプレックス」が、年末に発売されたウイスキー専門
雑誌「ウイスキー・ガロア」でベタ褒めの絶賛!だったので、限定ボトル
なのですが、久しぶりにオフィシャルボトルの「ボウモア」を取り寄せて
みたのでした~~!! たぶん!、
これは美味しいです!!

こんな面白い&美味しいモルトウイスキーを飲みに来て下さい~~!!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~!!



[PR]
# by springbk2 | 2018-02-05 07:18 | お店からのご紹介 | Comments(0)

船越ノ頭バックカントリースキー、昨日の続き「スキー滑走編」です!!

a0353718_13363164.jpg
この白馬の山々の広大な山岳景色を堪能した後は、いよいよ僕たちの
本領である、スキー滑走ですっ!! 少し雪庇になったこの稜線から、
約35~38°程の広大な「船越ノ頭」のオープンバーンへと
ドロップインですっ!!


a0353718_20311660.jpg
この「船越ノ頭」の斜面は、つい先週に雪崩の死亡事故があった所です・・・。
なので僕たちも、入念なピットチェックを行い雪の状態を確認し、もし
雪崩が起きたら!という救助オペレーションも3人で確認して、ビーコン
のスイッチも確認してから、ドロップインしました~~。


a0353718_20314719.jpg
まず最初は、強靭テレマーカーYSさんのドロップインからですっ!!
少しパックした上に10~15cm程のパウダーで、所々吹き溜まっている
難しいコンディションの中、思いきりのイイ、そしてメチャカッコイイ
ライディングを魅せて頂きました~!! もぅさすがです~~。


a0353718_20312567.jpg
2番手は、チーム・スプリングバンクの常連のAM君のドロップイン~!!
AM君も素晴しく思いっきりのイイドロップインで一気に落ちて行って、
a0353718_20313900.jpg
吹き溜まったパウダーゾーンへ突っ込んでいき、スプレーを上げながら
ボトムまで一気に滑って行ったのでした~~!! さすがです~!!



a0353718_20322852.jpg
そして、メンバー2人に刺激を頂いての、僕の滑りですぅ~~・・・。
アルパインエリアの超広大なオープンバーンを滑るのは久しぶりだった
ので最初はちょっとビビりましたが、次第に気持ちイイターンが決まって
いったのでした~~。
a0353718_20323490.jpg
そして僕も、ピーク・トゥ・ボトムで、スピードに乗せて尾根上の安全圏
まで一気に滑って行ったのでした~~!! ボトムに辿り着いた時には
ドライヴの利いたターンの快感と、滑りきった達成感で、最高に気持ち
良かったです~~!!!
あ゛ぁ、最っ高です!!



a0353718_20324948.jpg
そこから下の斜面でも、今回は雪質がかなり良くて、どこを滑っても
どうやってターンしても、パウダーでスプレーが上がって、メッチャ
気持ちよかったです~!! このAM君のライディング画像がそれを
物語っていますね~~。


a0353718_20325953.jpg
YSさんも、パウダーの吹き溜まった場所を繋ぐようにしてテレマーク
ターンを決めていかれていました~~。


a0353718_20330855.jpg
バック右に切れてしまっていますが、僕たちが滑ってきた斜面があり、
左側に見えるちょっとだけ尖った山が「小蓮華山」です~。「小蓮華山」
には、また春の時期に白馬沢へ滑って行きたいと思いました~~。


a0353718_20332166.jpg
その後僕達は、右側の金山沢へとは落さずにスキーヤーズレフトへと
進路をとって、栂池自然園へと帰っていったのでした~。 広大な
栂池自然園を歩くのも、達成感に浸りきっている僕たちには、何だか
とても気持ちよかったのでした~・・・。


a0353718_20332766.jpg
そして!、栂池自然園の「栂池ヒュッテ」に到着!! 今回も大成功の
「船越ノ頭」バックカントリースキーだったのでした~~!!

今回は前日の天気予報が悪くて、行く時はちょっと諦めモードだったの
ですが、フタを開けてみれば薄曇りでも白馬の山が全て見渡せる晴れの
天気で、風も全くなくとても穏やかで、最高のバックカントリースキー
が出来たのでした~!! やはり、誰かの言葉通り「求めるなら、動け!
という事なのだと思いました!!

これからもチーム・スプリングバンクは、安全で快適なバックカントリー
スキーを、そして冒険とロマンのアルピニズムを追及していきたいと
思います~~。YSさん、AM君、またよろしくお願いします~~。


こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
乗鞍高原へ来たらお立ち寄り下さい~。よろしくお願いします~。




[PR]
# by springbk2 | 2018-02-04 07:25 | アウトドア | Comments(0)

先日の2月の最初の木曜日も、天気予報は「曇り/雪」の予報でした・・・。
晴れの予報だったら「高妻山」へ行きたかったのですが、どうしようかと
悩みに悩んだ末、白馬・栂池から白馬乗鞍岳へと上がるコースに決めて
行ってきました~。栂池から白馬乗鞍岳コースだと、天気が悪かったら
鵯峰」を滑って帰ることができ、万が一山が見えていたら、白馬乗鞍岳
の大斜面をカッ飛ばして滑ろう!、というフレキシブルなプランを立て
られるのです~。 なので、ダメ元でも登って滑ろうと言うカンジで
行ってきたのでした~~。

a0353718_20220641.jpg
まだ真っ暗な早朝に乗鞍高原を出発して、メンバーと白馬・栂池で合流!
この時は薄く雲が出ていて、山全体を覆っていて薄白かったのです・・・。
でも、とりあえず栂池からゴンドラに乗ってゲレンデトップへ上がって
行ったのでした~~。

今回のパ-トナーは、「チーム・スプリングバンク」の常連のAM君と、
強力テレマーカーのYSさんです!! 今年一番の屈強なメンバーが
揃ったのでした~~。


a0353718_20221269.jpg
しかし!、栂池のゲレンデトップから林道を歩いて登って行くと・・・、
何とビックリ!!、
標高2000mより上は雲海!
晴れていたのでした~!!
そしてバックには白馬三山もキレイに見えていたのでした~!!
これには僕たちもテンションMAXになってしまいました~~!!


a0353718_20221872.jpg
バックには雲海が広がってきていて、もう栂池スキー場のゲレンデは
雲の中で真っ白になってしまっていました・・・。 雲海は僕たちの後を
追ってどんどんと迫ってきていたのでした~! 雲海が追いつくのが
早いのか?!・・・、それとも僕たちが逃げるのが早いのか?!・・・。
勝負ですっ!・・・。


a0353718_20222377.jpg
雲海は、とても幻想的で素晴しかったです。薄く雲が出ていて空も
白かったので、空のスカイラインと雲海がくっついていて、境界線
が分からない感じになっていました。このままスキーで滑って行く
ことが出来そうなカンジでした~~。あまりに下界が一気に真っ白
になってしまったので、ちょっとビックリする程でした・・・。


a0353718_20223266.jpg
それでも、雲海の上に島のように浮かんた白馬の山々は、とても
美しく見えていました!!・・・。バックの一番右は、去年東壁を
滑った「杓子岳」です・・・。登って滑ってシェプールを描いた山は、
「あそこを滑ったんだなぁ~。」と言う思いが重なって、見え方が
変わりますね~・・・。感慨深いのです。


a0353718_20223887.jpg
10cmぐらい積もったパウダーをラッセルしながら、雲海に追いつかれ
ないようにして「天狗原」をどんどん進んでいきます~~。この雪山での
青い空は最高に美しいです!! 久しぶりの青空でのバックカントリー
スキーだったので、登っていても気持ちよくて、最高の気分でした!!


a0353718_20225301.jpg
天狗原の上の白馬乗鞍岳のオープンバーンを、YSさんのラッセルの
ラインが引かれていきます!・・・。やはり「男の直登」ラインですね!!
ここを滑れるという事が、僕たちの足取りを速めてしまいます!・・・。
雲海にはまだ追いつかれていなかったのでした~~。


a0353718_20225975.jpg
白馬乗鞍岳のオープンバーンを登り上げると、バックには頚城山塊が
これまた雲海の上にドォ~~ンと大きく聳えて見えていました~!!

今回のチームメンバー構成で僕たちが行きたいと思っている「高妻山」
も見えちゃっていました・・・。 「高妻山に行けばよかったかな?・・・。」
と、ちょっと後ろ髪引かれるような心の疼きを感じながら、この景色
に感動しながら登って行きました~。


a0353718_20230856.jpg
白馬乗鞍岳山頂の平坦な稜線に出ても、全く風も無く超穏やかで、
薄曇りではありますが雲も上がってこなくて、まるで冬山の天国
のようなコンディションだったので、稜線の向こう側に聳えている
「船越ノ頭」の広大なバーンをを滑ってやろう!という事になった
のでした~!!


a0353718_20231677.jpg
そして、広大な「船越ノ頭」への最後の稜線へと登って行ったのでした。
本当に風も無く、とても穏やかで、ラッセルする自分のシールの足音が
シュー、シュー、と自分の心の中に響いているような感じでした・・・。

バックカントリースキーでの登りの時は、僕はいつも、いろんな事を
考えます・・・。もちろん滑りの事を考えて足裏からの雪質のチェック、
天気や風のコンディション、自分たちのスキルと向かう山のレベル、
そして仲間が居ればこそのパートナーの心境、そして自分の人生の中
でこのバックカントリースキーと言うアルピニズム的行為が生み出す
冒険とロマン・・・。 この無音で広大な雪の斜面の中を歩いて行くと、
常に思考がシンプルになっていくのです・・・。


a0353718_20234188.jpg
そして、「船越ノ頭」への、AM君の最後のアタックです~~!!
栂池のゴンドラを降りた所から、この「船越ノ頭」まで、約3時間
ジャストで到着しました~~!! メチャ速かったです~!!
さすがは、今シーズン一番の屈強なメンバーだったのでした~。


a0353718_20234757.jpg
船越ノ頭に到着です!!
今回もヤリました~!!
今回は天気予報がとても悪くて、前日にはちょっと諦めモードが漂っていた
のですが、登ってしまえば風も無く穏やかで最高のコンディションだったの
でした~~!! 

やはり「求めるなら、動け!」という事でしょうか?!・・・。それとも、冬山の
女神さまが、今シーズンまだ青空の中BCスキーに行けて無い僕を可哀想だと
思ってお恵みを下さったのか?!・・・。


「滑走編」へ続く!!




[PR]
# by springbk2 | 2018-02-03 07:19 | アウトドア | Comments(0)

2018年1月から、アニメ専門チャンネル「AT-X」やTOKYO-MXなどで
放送されている「宇宙よりも遠い場所」というアニメがあります!・・・。
その中で、僕たちの「乗鞍高原」が舞台として出ているのですっ!!

アニメ「宇宙よりも遠い場所」は、女子高生など4人の女の子が南極大陸を
目指すという、冒険(?)に行こうとする物語らしいです・・・。

そして、ココ乗鞍高原は、
実際に「南極地域観測隊」の
訓練の場所として使われて
いる所なのですっ!! 
なので、アニメも事実に基づいて作られているので登場しているのだと
思います・・・。 厳しい大自然、極寒の気温、そして美しい山岳風景・・・、
やはり乗鞍高原は、スゴイところなのです~~。


a0353718_13551747.jpg
「カフェ・スプリングバンク」のブログでは、1シーンだけご紹介したい
と思います~~。 この1シーン、乗鞍高原の某所なのですよ~~。
かなり忠実に描かれていますので、乗鞍高原によく来る人には分かる
と思います~~。
(僕たち「カフェ・スプリングバンク」は出て来ないのかなぁ~・・・・。)

乗鞍ファンの方はぜひ!、アニメ「宇宙よりも遠い場所」見て下さい。
乗鞍高原に来たことが無い方は、ぜひ!このアニメを見て、乗鞍高原
へ来てみて下さい~!! アニメに出てくる場所の聖地巡礼です!!
よろしくお願いします~~。


そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆さまのご来店をお待ち
しています~~!! よろしくお願いします~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2018-02-02 07:54 | 趣味の部屋 | Comments(0)

先週末のある夜、暗闇の中にヘッドライトでスノーシューを履いて
出かける集団・・・。。。

しかし、怪しいものではありません129.png コレはのりくら観光協会の
「のりくら天空ふぁんCLUB」の冬のツアーに参加された方々です~。

a0353718_22271785.jpg
これは、「のりくら天空ふぁんCLUB」の「女将と夜遊び」と題しての、
一夜限りでライトアップされた善五郎の氷瀑を見に行くツアーが行われた
のでした~~。



地元のガイドに案内されて、向かった先は。。。
a0353718_22273057.jpg
ドッカ〜〜〜ンと闇夜に浮かぶライトアップされた「善五郎の滝」です。
そうです、ライトアップされた氷瀑を見に行くナイトツアーだったのです。
こんな見ごたえのある姿になっていますが、実は・・・1週間ほど前に、
雨と気温上昇により一度氷瀑が全面的に崩落してしまいした145.png
ツアーまでに再び凍りついてくれるのか、本当に気をもんでいましたが、、、


a0353718_22272411.jpg
こんなに見事な氷瀑に復活してくれて、本当に良かったです~~113.png
厳冬期でも、左側の水の流れは露出していることが多く、こんなに横幅いっぱいに
しっかりと凍っている写真は中々撮れていなかったので、とてもラッキーでした。
この1週間続いた痛〜いほどの寒波が幸いしてくれたようです。


a0353718_22273689.jpg
ライトアップされた氷瀑を前に、ポーズをとって写真を撮りっこしたり、
皆さん楽しんでいらっしゃいました~~。 氷瀑には新しい純白の雪が
ふんわりと乗っていますが、その下の氷は青白くてとても美しい色合い
でした。この幻想的な空間は、まさに感動モノの非日常です~~!!


a0353718_22274260.jpg
この日も雪が少しだけ舞っていましたが、冷え込みはそれほど酷くなく、
木々に囲まれたこの滝壺の空間は夜間にもかかわらず、意外と快適でした。
このツアーでは、女将さんたちスタッフが手配した地元乗鞍高原の手作り
絶品チーズケーキとりんごパウンドケーキ、そして女将のお薦めチャイで、
おやつタイムも楽しみました。生姜の効いたチャイに皆さんほっこりでしたね111.png


a0353718_22274780.jpg
天空ふぁんCLUBの冬のツアーは「女将と夜遊び」と題して これで3回目。
極寒の高原のナイトツアーを毎回違うパターンで企画してきました。
嬉しいことに、毎年参加してくださる方もいらっしゃいます。
来年はどんなツアー、コースにしようか。。。。
今から またあれこれ妄想が始まります128.png


次回の「天空ふぁんCLUB」のツアー、ぜひぜひご参加下さい~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~!
よろしくお願いします~~!!






[PR]
# by springbk2 | 2018-02-01 07:26 | イベント | Comments(0)

今年の冬の乗鞍高原の
JR東日本のポスターは、
最高の星空ですっ!!!


a0353718_22262105.jpg
現在、JR東日本の各駅に貼られている乗鞍高原の冬のポスターは、
この超美しい「最高の星空」の画像です!! 皆さん、どうですか!?
これはいつものTKさんの写真で、場所はいがや音楽堂です~~。
メッチャキレイだと思いませんか?!

このポスターを見つけた人は、もしよろしければコメントで連絡
下さい~~。よろしくお願いします~~。


a0353718_22262746.jpg
今年の冬の乗鞍高原のポスターは3ヴァージョンあり、全て星空の画像
なのです!! これは2枚目のヴァージョン「天の川」です~!!
このポスターに
「ここは未来と現在が繋がる場所。
 凛とした空気に引き締まる想い。」
と書かれているのです~。 

そして、あともう一枚はシークレットにしておきます!! ぜひ皆さん、
3枚の冬の乗鞍高原のポスターを見つけて見て下さい~~!!



a0353718_22433189.jpg
そして最後は、乗鞍高原の温泉のポスターです~!!
今までの写真などを使ったポスターではなく、絵で描かれている
ポスターです。デザインは「MON DESIGN」というグラフィック
デザインをされていた、現在乗鞍高原在住のMONさんが作られた
のです~!!  MONさん曰く、、、
「温泉も自然の一部。乗鞍高原の大自然にウットリして、たっぷり
自然を満喫した後に入る温泉は、「とどめの一発!」という感じで、
もう、最高の心地よさなわけです。感動したり、癒されたり、力を
もらったり、ワクワクしたり、ホッと緩んだり・・。そんな雰囲気を
感じられるポスター」らしいです~~。

こんな乗鞍高原の4つの源泉の温泉に、ココロも身体も浸りに来て
下さい~~。そして温泉の後の「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。よろしくお願いします~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2018-01-31 07:43 | 日常 | Comments(0)

新年が明けて1月、年始から~連休やその後のイベントをこなしてきて、
やっとちょっとゆっくりしてきたトコロへ、某洋酒メーカーから1本の
メールが入ったのでした・・・。

それは、以前から欲しかった人気のビールのオファーだったのです!!
メールを見た後スグに急いで返信して、そのビールを取り寄せたので
した~~!!

前回は手に入らなくて、僕自身が悔しい思いをしたビールが入荷です!
「アドナムス、ゴーストシップ」です~~!!
a0353718_19155631.jpg
この「アドナムス」というビール会社は、イギリスはロンドンから北東に
ある、海岸線の町「サウスウォルド」に、1872年に設立された古い醸造所
です。地元の町でもかなり人気のローカルビールだったのですが、現在
ではクラフトビールが人気になり、この「アドナムス」のビールも世界中
で知られるほどになっているようです~。そして現在「アドナムス」では
ビールの技術を使って蒸留酒のジンやウォッカも造っているのです!!
会社はパブも経営していて、幽霊が出る村としてもイギリス国内で有名
な「ウォルバーズウィック」村にある600年もの歴史を持つ「The Bell」と
いうパブもあります!!

「ゴーストシップ」は、香ばしい甘美な麦芽のフレーバーがとても良い、
イギリス伝統的なペール・エールです。アメリカ産の「シトラ」ホップを
使って造られているので、しっかりビターな味わいと麦芽の甘い感じの
フレーバーが合わさって、とても美味しいです!!4.5%のアルコール
なので、ゴクゴクいけるエールです~。 


a0353718_19160751.jpg
この「ゴーストシップ」は、イギリスでも幽霊が出る村のパブとして有名な
「The Bell」にちなんでネーミングされているのです! 「幽霊船」といえば、
僕はやはり、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の「フライング・ダッチマン」号
を思い浮かべてしまいますね・・・。

「アドナムス」のビールは、「モザイク」や「イノベーション」などが有名ですが、
この「ゴーストシップ」もメッチャ人気で、生産量が少なくて結構入手困難な
ビールなのでした・・・。今回は日本に入荷してきて、しかも今までは500ml
だったのが、飲みやすい330mlのボトルになっていたのでした~。


このアドナムスのビール「ゴーストシップ」を、ぜひ!飲みに来て下さい!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2018-01-30 07:14 | お店からのご紹介 | Comments(0)

先日オーストリア、ゼーフェルトで行われたスキー・ノルディック複合
ワールドカップで、日本人渡部暁人選手が優勝!! 前回の第10戦
11戦も優勝されているので、オリンピック直前で3連勝ですっ!!!

a0353718_12013004.jpg
「ノルディック複合」というスキー競技は、「King of Ski」と言われる程の
難しい競技なのです! 前半はスキージャンプ、後半はクロスカントリー
のマラソンのような持久戦!、どちらも世界レベルの強さが求められる
過酷なスキー競技なのです!! 渡部暁人選手はこのノルディック複合
で、強豪のノルウェーとドイツの独占の中、日本人として孤高の戦いを
している選手なのですっ!! その中での3連勝、メッチャ凄いです!!

前回のソチ・オリンピックでは銀メダルだったので、今回は金メダルを
ド本命で狙っていらっしゃるのです~~。そして、オリンピック直前の
ワールドカップで3連勝!! ちゃんと標準をオリンピックに合わせて
きていらっしゃるのを感じますね~!! 頑張って欲しいと思います!

今年の平昌オリンピックでは、僕たちスキーヤーとしては、モーグルと
このノルディック複合のメダルを期待したいですね~!!(もちろん!
スキーはアルペン競技も応援したいです!!)





[PR]
# by springbk2 | 2018-01-29 07:00 | 趣味の部屋 | Comments(0)