今年も5月5日から、世界3大自転車ロードレース「グランツール」
のひとつである「ジロ・ディ・イタリア」が始まりました~!!
今年は何と!、100周年記念大会なのです~~!!

a0353718_10262046.jpg
「ジロ・ディ・イタリア」とは、世界3大自転車レースの「グランツール」
の一つなのです!!日本ではまだあまり知られていませんが、フランス
の「ツール・ド・フランス」のイタリア版自転車ロードレースなのです!
そして、「ジロ・ディ・イタリア」は山岳ルートがかなり多いので有名な
「ツール・ド・フランス」よりも過酷でハードなレースなのです!!・・・。
そして約3週間もの間、毎日200km程を走り、3週間で3500~4000km
という途方も無い距離を20ステージに分かれて走りきるのです~!!

今年はサルディーニャ島からスタートしていきました・・・。100周年記念
大会の覇者、栄光のマリアローザは誰なのでしょうか~?!・・・。


a0353718_10263282.jpg
今年の100周年記念の「ジロ・ディ・イタリア」には、非常に残念ながら、
日本人選手は出場していません・・・。ここ数年は日本人選手が出場して
いたのですが、今年は日本人選手が誰も居ないので、ちょっと見ていて
も寂しい気がします・・・。

でも、ココ乗鞍高原にも、
ヒルクライムがあります!
乗鞍高原の日本最高標高コースでの、自転車ヒルクライムレースである
「マウンテンサイクリング in 乗鞍」です!! もうレース申し込みは
3月から始まっていますが、自転車フリークな方はぜひ乗鞍エコーライン
のコースを走りに来て下さい~~。(現在はまだ三本滝までです・・・。)


そして乗鞍エコーラインで自転車ヒルクライム&ライドを楽しんだ後は、
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-07 07:25 | イベント | Comments(0)

今年の春から、~夏を経て、~秋まで1シーズンず~っと・・・、
乗鞍高原にある「いがや・レクリェーションランド」は新しく
なるために、改装工事中になります~・・・。

a0353718_20292379.jpg
「いがやレクリェーションランド」は、もうすでに築20年以上も
経っていて少し老築化してきていたのでした・・・。小さなスキー場
はすでに閉鎖され、娯楽施設なども現在のニーズと合わなくなって
きていて、少し寂しかったのです・・・。 なので今年いっぱい工事
をして、新しい施設へと生まれ変わる予定です~!!

今年の乗鞍高原へ遊びに来て「いがやレクリェーションランド」を
利用予定のお客さまには、大変ご迷惑をお掛けすると思いますが、
リニューアルなので、ご了承下さい。よろしくお願いします~。



a0353718_20293483.jpg
新しい「いがやレクリェーションランド」の完成予想図です~~。
森の中で遊べるようにアスレチック的な遊び場や、キャンプ場や
オートキャンプ場を充実させるようです~。僕たち乗鞍ローカルも
とても楽しみです~~。特にオートキャンプ場は、最近流行って
いたのに今まで無かったので楽しみですね! 車中泊のお客様は、
乗鞍観光センターの駐車場では「車中泊禁止」になっているので、
この新しくなるオートキャンプ場を使って快適に楽しんでほしい
と思います~~。


a0353718_20294354.jpg
現在、工事中なので「いがやレクリェーションランド」に入る事は
出来ません。今まで何も無かったまま営業していたオートキャンプ
の場所は、工事車両で掘り返したり、平たく整地の工事中でした・・・。
ここが芝生を敷き詰めた美しいキャンプ場になるようです~。


a0353718_20295030.jpg
そして僕は、いつもの「いがやレクリェーションランド」の中を
通るサイクリングロードを、来年キレイになる情景を思い浮かべ
ながら、自転車で走り抜けて行きました~・・・。

乗鞍ファンのみなさん!、来年新しくリニューアルオープンする
「いがやレクリェーションランド」にご期待下さい~。 そして
もちろん!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~~。 よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-06 07:28 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ワイン 448

皆さん、今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか??
僕たち「カフェ・スプリングバンク」は、休まず営業中ですぅ~~。

そして今回の「安旨ワイン探検隊」は、これまで450本ほどもワインを
飲んできたにも関わらず、まだ1本も飲んでいなかった超有名AOCです!
わざとではありません!・・・、抜けていたんです!!・・・。

「シャトー・ヌフ・デュ・パプ、クロ・デュ・パプ」2008年です!!
a0353718_12104723.jpg
このワインは、フランスはローヌ地区の、南北に流れるローヌ川に
沿って広がっている地域の中で、地中海に流れ出る河口近くにある
町「アヴィニヨン」北側の郊外にある「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」
という地域で造られたワインです・・。「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」
とは「教皇の新しい城」という意味です。14世紀の頃、フランス王
との権力争いの末にローマ教皇がアヴィニヨンの町に移設された時に
造られた土地なのです。その後、教皇はワイン造りに精を出したので
この地が南フランス随一のワインの産地となったのでした~。

造り手は、「クロ・デュ・パプ」=「教皇の区画」という最高の畑で
ワインを造り続けている「ポール・ヴァンサン・アヴリル」さんです!
「クロ・デュ・パプ」を経営しているアヴリル家は、17世紀にはもう
すでに「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」の有名な造り手として知られて
いてました。そのワインの品質は最高で、エリゼ宮で貴族や王様に
使われたり、シャルル・ド・ゴール大統領やポンピドゥール大統領にも
愛飲されていたのです!!

現在の当主「アヴリル」さんは、「シャトー・ムートン・ロートシルト」
でワイン造りを修行し、ブルゴーニュやオーストラリアなどでも経験
を積んできた方らしいです。畑は、100%完全に自社畑のエステイト!
そしてブルゴーニュの経験からブドウ栽培は「ビオディナミ」を実践。
区画を細かく分け、その土壌に最適な品種を栽培しています!そして
グルナッシュ65%、ムールヴェードル20%、シラー10%、ヴァカレス
コルネーゼ、ミュスカルダン各5%のアッサンブラージュ。新樽比率
約20%のオークの大樽で1年間の熟成をさせるようです・・・。


ワインスペクテイター誌では世界最高のワインでNo,1を獲得していて
ロバート・パーカーさんも大絶賛しているワインなのです!! 今回、 
「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」を飲まなければ!と言うことだったの
ですが、K8が激安で買って来たのは「シャトー・ヌフ・デュ・パプ」の
中でも最高の「クロ・デュ・パプ」だったのです~~。もちろん僕達は
一気に頂いてしまったのでした~~。 オ~プンですぅ~~!!
a0353718_12105220.jpg
このワイン、開けてスグは蒸れたような甘い香りがあります・・・。
アメリカンチェリーのような果実感と干し柿やあんこ?のような
蒸したような甘い香りでしたが、スグにドライマンゴーのような
感じに変わっていきます。酸味も渋みもとてもシルキーで滑らか
ですが、期待していたようには、なかなか爆発的な幸せの香りに
なりません・・・。しかし、最後の1杯は最高のバランスと香りに
なっていきました~。 ちょっと早かったのでしょうか?!・・・。
もう5年は寝かせた方が良かったのでしょうか?!・・・。


ゴールデンウィーク中でもその後でも、ご来店お待ちしています。
乗鞍高原へ来たら、「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り
下さい~。よろしくお願いします~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-05-05 07:09 | お店からのご紹介 | Comments(0)

この春から、また新しいクライミングシーズンが始まるのです!!
なので先日、「カモシカスポーツ松本店」さんの某有名なセールで
新しいフリークライミング用のロープを買ってしまったのでした~。


「ベアール、フライヤー、10.2mm」です~~。
a0353718_21121913.jpg
クライミングロープは、クライミングをやらない人から見ると、
見た目は全く同じなのですが、いろいろ違いがあるのです!・・・。
いろんなメーカーの特色、素材、太さや長さ、そして重量など、
一言にロープと言っても何十種類もあるのです。 僕たちの使う
ロープはフリークライミング用の「シングルロープ」と言われる
1本で使うモノで、この「フライヤー」は10.2mmの太さです。
(7~8mmと細くて軽い、2本で使うダブルロープと言うのも
あります・・・。)

僕たちは、フリークライミングに使いやすい10mm前後の太さ
を基準にしているのですが、偶然「カモシカスポーツ松本店」
さんの某セールで、この「フライヤー、10.2mm」が出ていた
ので、思わず衝動買いしちゃったのでした~・・・。
お~か~い~あ~げ~~。



a0353718_21122417.jpg
この「ベアール」というメーカーは、ロープ1本を売るたびに、
木を1本植樹して、自然環境保護活動をしているらしいです~。
環境問題や自然保護に出来るだけ努めたい僕たちにはピッタリ
だと思っています~。 前回のロープもこの「ベアール」だった
ので、僕たちが使っているロープは偶然ですが全て「ベアール」
になってしまったのでした~~。


ゴールデンウィークが終わったら、またこれからのクライミング
シーズン、頑張って登りたいと思います~。クライマーな皆さん、
よろしくお願いします~。「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 お立ち寄り下さい~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-05-04 07:11 | 日常 | Comments(0)

「歴史探索ツアー」とは、地図には載っているが山の奥深くで、
道はすでに廃道となって入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかも分からない・・・、でもそこには歴史の跡が残って
いる!・・・。そんな乗鞍高原にまつわる「歴史の史跡」を探索
しよう!というものです~・・・。

乗鞍高原の伝説と言えば、「秀綱伝説」と「龍神伝説」です!!
その「龍神伝説」とは、乗鞍岳には龍神様が住んでいるという
伝説で、頭は乗鞍岳の権現池にあり、胴体は乗鞍高原の「御池」
にあり、心臓はその御池の真ん中にある「祠」らしく、尾っぽは
諏訪湖にまで繋がっている!という伝説です!!

今回は「乗鞍・龍神伝説」のもう一つの神様である「瀬織津姫」
の話をある所の情報スジから聞いたので、「瀬織津姫」の話を
追ってみたいと思って、行って来ました~・・・。

a0353718_13283031.jpg
行った先は、松本市神林にある、小さな「神林神社」です!!・・・。
ここには、しっかりと「瀬織津姫」の伝説が残っているのです!

この「神林神社」は、日本全国の神林神社の総鎮守らしいです!
書いてある縁起によれば、承安三年(1173年)に地頭平野刑部が
この地に鶴岡八幡宮を勧請したのが始まりだとされています・・・。
その後諏訪明神を合祀して、堰堤の開墾によって梓川の水を引き、
神林の地が豊かな穀倉地帯となったことを感謝して「梓水神」を
併せ祀ったとされているようです・・・。


a0353718_13283636.jpg
ここにしっかりと「瀬織津姫(梓水神)」と書かれています!・・・。

「瀬織津姫」(せおりつひめ)は、水の神様です。祓の神や龍神、
川神ともされているようです。しかし古事記や日本書紀などには
名前は出こない神名らしいです。神道の大祓詞に登場する神様で、
「天照巫女伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記」、「倭姫命世記」など
の中に名前が出てくるそうです・・。
そして、「瀬織津姫」の別名は「梓水神」!!、梓水神と言えば、
もちろん乗鞍高原にある「梓水神社」です!! 「瀬織津姫」は
水の神=龍神様であったことから、乗鞍・龍神伝説の神様は、この
「瀬織津姫」の事ではないのか?と考える学者の方も多いらしい
のです~!!

この乗鞍高原のある安曇地域に残る「安曇村誌」という本の中には
「梓水神の鎮座地は霊山としての乗鞍岳」と記されていて、信濃国
においては梓水神は乗鞍岳の神とみられていたようです。調べれば
いくらでも「瀬織津姫」と「乗鞍・龍神伝説」の繋がりが見つかるの
です!!・・・。これは偶然の一致なのでしょか?!・・・。


a0353718_13284226.jpg
この拝殿は、「切妻造」という建築様式で「唐破風付」と言われる
屋根の煉瓦に諏訪上社の紋章が入っているらしいです!・・。そして
本殿は、「一間社流造」という社殿建築様式で、龍6体を含む水に
関係ある優れた素木彫刻があるらしいです!!・・・。やはり、この
龍神伝説は、乗鞍から諏訪大社まで繋がっているのでしょうか?!


a0353718_13285175.jpg
こちらが奥にある本殿ですが、一般には立ち入れなくなっています
ので、龍6体の彫刻を確認することはできませんでした・・・。


みなさん「瀬織津姫」の伝説、どう思われますでしょうか?!・・・。
「瀬織津姫」が「梓水神」なのは間違いが無く、「乗鞍・龍神伝説」
が「瀬織津姫」に繋がるとは思いませんか?!・・・。瀬織津姫の事
は、梓川流域にある他の神社にもたくさんあるらしいのですので、
この部分に関しては、もう少し詳しく調べて行きたいと思います!
なので、みなさん!「歴史探索チーム」の事も、よろしくお願い
します~~。

乗鞍高原随所にある「乗鞍・龍神伝説」を楽しんで歩いた後は、
ゴールデンウィーク中の「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-03 07:27 | 趣味の部屋 | Comments(0)

先日の某日・・・、僕が、乗鞍高原の中で水芭蕉が一番キレイに見れる
と思っている一の瀬園地の奥にある「女小屋の森」へと、水芭蕉の
咲き具合の偵察に、自転車に乗って行って来ました~。

a0353718_20224099.jpg
この日は、前日に乗鞍高原上部から山頂方面で雪が降り積もった
みたいで、また山頂方面が真っ白になっていたのでした!!・・・。


a0353718_20220826.jpg
一の瀬園地のネイチャープラザからテクテク歩いて30分ほど・・・。
一の瀬園地奥のキャンプ場を過ぎていくと、一番奥で木道になり
「女小屋の森」に到着です~。スグに一周出来る水芭蕉鑑賞コース
なのですが、この時期のこの場所は、静かで、落ち着いた佇まいで
と~ってもキレイなのです!


a0353718_20221443.jpg
まるで、深い森に包まれているような雰囲気で、満たされたような
気分になれるのです。そして湿地帯の苔生した絨毯のような所に、
真っ白な水芭蕉の花がポコポコと咲いているのです~。 何だか、
ウットリしてしまうのです~~。


a0353718_20221951.jpg
ゴールデンウィークの水芭蕉の鑑賞は、ココ「女小屋の森」が最高
です~!! この時期だけの、この森に包まれるようなウットリ感
を堪能して欲しいと思います~~。

今年の水芭蕉はこれからがピークになると思いますので、ちょうど
このゴールデンウィークに一番見頃がピッタリきていると思います。
この「女小屋の森」の水芭蕉を見に行くガイドツアーも開催されて
いますので、ぜひご利用下さい。→「水芭蕉鑑賞ガイドツアー
乗鞍高原観光案内所でも、当日申し込むことが出来ると思います。
ぜひ!乗鞍高原へ水芭蕉を見に来て見て下さい~~。


a0353718_20222897.jpg
帰り道に「ルリビタキ」さんに会いました!! 真っ青な美しい
色合いはオスです。美しい色合いの鳥なのでスグに分かります!! 

a0353718_20223367.jpg
そしてコチラがメスの「ルリビタキ」さんです~。
なぜか、メスは地味な色合いなのですね~・・・・。


春の乗鞍高原で、水芭蕉の鑑賞&野鳥観察などを楽しんだ後は、
「カフェ・スプリングバンク」で、ケーキやコーヒーをどうぞ~。
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-05-02 07:21 | お花 | Comments(0)

ワイン 447

ゴールデンウィーク直前に、また「安旨ワイン探検隊」として
レアなワインを飲んじゃいました~。

今回のワイン「ブルゴーニュ、ルー・デュモン」2014年です!!
a0353718_19362346.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュの「ニュイ・サン・ジョルジュ」
村近郊で造られた、ピノ・ノワール種のワインです・・・。

造り手は「ルー・デュモン」というドメーヌの日本人「仲田晃司」さん
がブルゴーニュに立ち上げたワイナリーです!! 「仲田晃司」さんは
大学生時代にアルバイト先だったフレンチレストランでワインに出会い、
「いつか自分の手でワインを造ってみたい!」という夢を抱いて修行を
重ねます。そして1995年、頼るつても無く単身フランスへと渡ります!
フランス語の勉強をしながら各地の醸造所の門を叩いてワイン造りの
修行を重ね、2000年7月7日にようやくブルゴーニュに自分のドメーヌ
「ルー・デュモン」を設立したのでした~!!

「仲田晃司」さんのワイン造りは、まさしく日本人の職人的と言うべき
ほどの醸造で、周りが呆れる程細部まで徹底的にこだわる仕事への執念
だそうです!!仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で
樽の選定やいろんな熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。そして
2003年5月に、在りし日のワインの神様と呼ばれた故アンリ・ジャイエ
さんより「自信のアイデンティティをワインに表現せよ!」との薫陶を
受け、「日本人であるという事」と、「自然と人間に対する真摯な尊敬
の念」の象徴として、「天・地・人」のラベルが生まれたのでした!!
2008年には、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを設立
されています!!

そしてこのラベルのワインは、仲田さん自身が畑で造ったブドウを使った
エステイトボトルなのです! 2012年に購入したニュイ・サン・ジョルジュ
村の「レ・ザルジリェール」と「レ・コルニロ」という畑でビオロジックで
栽培されたブドウを使い、除梗率は50%。天然酵母のみでマルサネ社製
ジュピーユ森産の新樽100%内で発酵させます!! そして同じマルサネ
社の樽と、ガヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%で18ヶ月間の熟成が
なされます!!・・・。無濾過、ノンフィルターで瓶詰めです!!


これは仲田晃司さんの夢のワインなのです!!今まではネゴシアン物の
「ルー・デュモン」のワインは僕たちも何度も飲んだ事があるのですが、
これはエステイトボトルの特別なラベルのワインなのです!! なので
期待感は超特大です!! イザッ、オ~~プンですぅ~~!!
a0353718_19363494.jpg
このワイン、開けてスグからむせ返るように濃厚なイチゴの香りが
グラスいっぱいに広がってきます!! そしてイチゴ風味の裏側に
ほんのりとオーク樽由来の白檀のような木の香りがあり、複雑さと
奥行きを与えています。味わいもとてもバランスよく、軽い味わい
なのですが決して薄いと言うワケではなく、素晴らしいイチゴ風味
が最後まで残っていたのでした~!!

仲田晃司さんの夢のワイン、ブルゴーニュクラスなのに素晴しい
ワインだったのでした~~。

ゴールデンウィーク中は乗鞍高原「カフェ・スプリングバンク」で
こんな面白いワインはいかがですか? ご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。



[PR]
# by springbk2 | 2017-05-01 07:34 | お店からのご紹介 | Comments(0)

松本市から乗鞍高原へ向かう途中にある、国道158号線沿いにある
隠れた桜の名所!「島々谷」の桜並木が満開になっていました!!

a0353718_12352093.jpg
ここは、川沿いに桜の並木があり、この桜の時期はとっても
キレイなのです~。先日の大雨の影響が心配だったのですが、
杞憂でした。今年も素晴しくキレイでした~。


a0353718_12353751.jpg
今週中が満開のようで、これから散っていくのだと思いますが、
僕たちはちょうど満開の時に見に行ったので、淡いピンク色の
桜の花はモリモリでした!!

毎年桜の花を見るたびに、バックカントリースキーヤーの僕は、
「今年も無事に桜の花を見る事が出来たなぁ~・・・」と思って
しまうのでした・・・。


a0353718_12353276.jpg
ゴールデンウィークに乗鞍高原へお越しのお客様は、途中にある
この「島々谷の桜並木」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

そしてもちろん!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店も
お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-04-30 07:33 | お花 | Comments(0)


いよいよ本日から
スタートです!!
乗鞍岳春山バス!
昨日試運転がありましたので、その様子をご紹介したいと思います~。

a0353718_20183005.jpg
10時頃に観光センターを出発した春山バスが位ヶ原山荘に到着したのは、
11時半過ぎでした。毎年、要所での確認や宣伝用の写真の撮影、そして
テレビの取材などをしながら、1時間半ほどもかけて登って行くのです。
素晴らしい天候に恵まれ、絶景が迎えてくれました*\(^o^)/*
12時の気温は+1℃でした、防寒着必須ですよ〜〜〜。


a0353718_20184136.jpg
「雪の壁」の高さは、冷泉小屋の上でこのぐらいの感じです~~。
今年は本当に雪が多く、九十九折りで道路幅の狭い乗鞍エコーラインの
除雪作業はとても大変だったようです~・・・。


a0353718_20184612.jpg
標高2300mぐらいになると、見渡す景色もスーパービュー!!
という感じになります。除雪された乗鞍エコーラインがクッキリと
見えていて、壮観です。

水曜日に高原では雨が降りましたが、山頂方面では雪だったので、
再び白銀の世界となり、雪化粧した山、樹々がとても美しい景色を
魅せてくれました!


a0353718_20185350.jpg
雪の壁の高さを位ヶ原山荘の少し下で計測すると、5mの計測棒では
足りませんでした!・・・。およそ5.5mぐらいだったようです~。


a0353718_20185970.jpg
雪の回廊を縫って走って行くアルピコのバス。。。
何だか気持ち良さそうに見えます^^
この試運転の状況で運行開始できるかが決定するので、運転手さんは
きっと大変な気苦労だろうな〜とお察しします。


a0353718_20190444.jpg
取材で同行された報道陣のカメラマン&記者の皆さんも仕事とはいえ、
こんな素晴らしい日に天空の絶景を見ることができて
きっと嬉しかったに違いありません !^^!

a0353718_20191167.jpg
積もった雪の壁の中から、ニョキニョキと枝を天に向かって伸ばしている
ダケカンバたち。厳しい冬を乗り越えた、お待ちかねの春ですね~~。
これから新緑、開花、結実、紅葉と季節を進めていきます。


a0353718_14380697.jpg
「位ヶ原山荘」には、活躍した除雪車たちが待機していました。
まだまだこの先、畳平までの除雪がた〜っぷり残っています!
例年5月下旬に春山バスの終点「大雪渓肩の小屋口」バス停まで
区間延長します。最大の見どころ、4号カーブの雪の壁は一体
何メールぐらいあるのか?!その時が楽しみです。


a0353718_20192070.jpg
そして、山荘前から見上げる富士見岳の斜面には、水曜日に降った
パウダーを楽しんだ人たちのシュプールが何本も入っていました!

さあ〜〜〜!!
乗鞍岳の春スキーは
ここからが本番です!

雪の回廊をまったり楽しむのも良しヽ(^。^)ノ
春山スキー&スノーボードに汗をかくのも良し(*´∀`)

それぞれの楽しみ方で天空の白い世界を満喫してください!
乗鞍岳山頂方面のの冷気に触れたら、高原へと戻ってきて
「カフェ・スプリングバンク」で、ゆったりランチや
ケーキセットはいかがですか〜?!
ゴールデンウィークは
休まず営業しています、
ご来店お待ちしています!


[PR]
# by springbk2 | 2017-04-29 07:27 | アウトドア | Comments(0)

ご来光の神秘的な色合いに感動した僕たちは、スキー板を担いで
アイゼンに履き替えて、剣が峰を目指しました!・・・。

a0353718_13381111.jpg
最近ガッツリと滑れていなかったので、ちょっとでも高みから
思いっきり滑ってやろう!と気合十分で登っていったのでした~。
(でもこの後、この気合が裏目に出ることに・・・・。)


a0353718_13382462.jpg
この日も穏やかな快晴で、槍・穂高連峰までキレイに見えました。
青い空に白い雪山・・・。いつ見ても、いつ来ても感動しますね~。


a0353718_13383741.jpg
そして、7時ジャストぐらいに乗鞍岳・剣が峰に到着しました~。
今回もヤリました!!
三本滝駐車場を3:30にスタートして、3時間半で到着でした。
山頂に上がると、岐阜県側からは一気に雲が湧いてきていて、
素晴しい雲海になっていました~!! しかし、その雲海は
一気に僕たちのいる剣が峰の山頂をも飲み込みそうな感じに
なってきていたので、真っ白になったらスキー滑走が楽しむ
ことが出来なくなるので少しの休憩だけでスグに用意をして
いったのでした・・・。


a0353718_13384525.jpg
本当なら、山頂で少し休憩をして雪が緩んでくるのを待って
いたかったのですが、一気に来た雲に覆われそうだったので、
ドロップ・イン~!!


a0353718_13385239.jpg
もちろん!まず最初は、AM君のライディングからです~!!
春雪がガヂガヂになったアイスバーン状態の剣が峰の斜面に
いつも通り思い切りの良いターンをキメていってくれました!
少し白く曇っているのは、稜線から雲が湧いていたからです。
a0353718_13385961.jpg
それにしても、斜面の雪の状況は、凄まじいほどのガヂガヂの
アイスバーンで、僕たちでもちょっと滑落が怖かった程だった
のでした~・・・。


a0353718_13390808.jpg
そして、僕の滑りですぅ~・・・。 4月のなかなか滑れていない
フラストレーションを思いっきり滑って吐き出してやろう!と
思っていたのですが、思いっきりタテに滑っていったら、この後
思いっきりコケてしまいました!・・・。やはり、安全運転スキーが
僕には合っているのだと思いました~・・・。


a0353718_13391846.jpg
超アイスバーン状態の剣が峰を何とか滑りきった後、僕たちは
除雪状況を見に、「位ヶ原山荘」へと下って行ったのでした~。
屋根板から位ヶ原山荘へと下る斜面では、もう雪が緩んでいて
とっても気持ちイイターンが決まって、超楽しかったです~~。
やはり春山スキーは昼前後ぐらいが雪が緩んでいてイイですね。
バックの剣が峰は、もう真っ白な雲の中でした~・・・。


a0353718_13392765.jpg
除雪作業は、もう「位ヶ原山荘」までは辿り着いていました!!・・・。
あとは山荘周辺をかいて、道路の両脇の狭くなった雪の壁のところを
広げて、仕上がるようです。たぶんゴールデンウィークにはちゃんと
間に合うみたいです~!!

a0353718_13393373.jpg
今年は、この位ヶ原周辺では積雪が多いので、位ヶ原山荘の
周辺でも「雪の壁」がかなり高いのが見れると思われます!
乞うご期待です!!


a0353718_13394061.jpg
そして僕たちは、いつも通り「至福のコーヒー」を頂いたのでした~。
 
この後、僕は「カフェ・スプリングバンク」をちゃんと10:00オープン
に間に合うように帰っていって、ちゃんと仕事をこなすことが出来た
のでした~~。 これが本当の朝メシ前BCスキーなのでした~。

こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
まだまだ春山を滑りたい皆さん!、ゴールデンウィークに滑りに
来て下さい~!! ご来店よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-04-28 07:37 | アウトドア | Comments(0)