乗鞍高原の人里離れた某奥地・・・、毎年7月初旬のこの時期に
ひっそりと、可憐に、そして美しく咲く花があります!・・・。
乗鞍高原で僕が一番好きな花、「ササユリ」さんです~!!

a0353718_11124204.jpg
「ササユリ」は、とても大きなキレイなユリなので、とても
分かりやすくて、僕が一番好きな乗鞍高原の花なのです・・・。
スプリングバンクN 含む女将さんたちは、貴重な高山植物の
小さな稀少な花を好んで探していますが、僕は分かりやすい
「ササユリ」さんがイイですね。

a0353718_11124768.jpg
毎年この時期に咲くので、何だか出会うのがとても楽しみな
感じの花です・・・。なので今年も会いに行ってきたのでした。

a0353718_11125383.jpg
まだまだ咲き始めなので、蕾がた~くさんありました~!!
これからドンドン咲いてくると思います~~。 

このブログでは場所は書くことは出来ません。書いてしまうと
貴重な高山植物を掘り返して盗んでいく輩がいるので採られて
しまう恐れがあるのです・・・。 なので、もし「ササユリ」を
見たい方は、「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい。
カウンターで教えます・・・。


a0353718_11125924.jpg
そしてコチラ「ニッコウキスゲ」さんも、現在の乗鞍高原では
至る所で満開になってきています~!!「ニッコウキスゲ」は
どこでも見る事が出来ます。

a0353718_11130485.jpg
現在の乗鞍高原では、どこでもこの「ニッコウキスゲ」の黄色い
大きな花が一面に咲いているので、スグに分かりますね~~。
コチラもキレイです!! 本当の名前は「ゼンテイカ」と言う
らしいです・・・。


a0353718_11131017.jpg
そして僕は、自転車で「花巡り」を楽しみながらトレーニングも
兼ねて、乗鞍高原内を爽快に走っていきました~~。 7月に入り
雨も多くなってきて、乗鞍高原でもさすがに暑くて半袖ジャージに
なりました~。 でも、ロードバイクで走ると風が本当に涼しくて
とっても快適です~~!! みなさん、乗鞍高原でサイクリング
を楽しみに来て下さい~~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~。
よろしくお願いします~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-07-05 07:11 | お花 | Comments(0)

今回のクライミングで一緒に行ってきたのは、乗鞍ローカルである
No君のクライミングです~。

a0353718_22331023.jpg
今回は、乗鞍ローカルのNo君と一緒に、彼の今シーズン初めて
のクライミングに行ってきたのでした~~。彼はいつも忙しい
ので、なかなか一緒に行く事が出来ないのですが、やっとこさ
6月の最終某日に行けたのでした~。 今回も早朝練習なので
向かった岩場は、長野市の「鳶岩」でした~~。


a0353718_22334332.jpg
もちろん最初は、No君のクライミングです~!! でも最初は
とりあえず、岩に慣れてもらうために僕がトップロープをかけて
登って頂きました~。5.9のルートと「ドラゴンボール(5.10b)」
をシッカリとノーテンションでクリア~。

a0353718_22341329.jpg
僕は、今回はNo君のサポート&ビレイ役でした~。 鳶岩には
僕が登ってみたいと思うルート「フィッシュアイ(5.11a)」が
もう1本あるのですが、それは次回にトライしたいと思います・・・。


a0353718_22344710.jpg
そして、その後No君は、初のリードにトライしていきました!!
彼は今までトップロープでしか登っていませんでしたが、今回は
初のリードに挑戦です!! 登る前にカラビナへの「クリップ」の
練習を何回もして頂き、5.8の優しい目のルートへトライです!!


a0353718_22371629.jpg

1回目はフォールしてオンサイトにはなりませんでしたが、2回目
には、キレイに完登されていました~!!
今回もヤリました~!!
レッドポイントです!!
僕のじゃないけど、パートナーのレッドポイントは僕も嬉しい
です!! 僕もまたNo君の頑張りに刺激を受けて、この夏前に
もう1本5.11をレッドポイントしたいと思いました~!!

そしてまた「カフェ・スプリングバンク」への皆様のご来店を
お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-04 04:09 | アウトドア | Comments(0)

今年も現地時間の7月1日から、2017年の「ツール・ド・フランス」が
始まりました~!! 104回目の「ツール・ド・フランス」はドイツの
デュッセルドルフからスタートします!!

a0353718_09554625.jpg
今年のは、「ツール・ド・フランス」ドイツのデュッセルドルフから
スタートして、ベルギー、ルクセンブルクを経てからフランスへと
走ることになるようです~。山岳ステージはフランスのジュラ山脈、
ピレネー山脈、アルプスを登ります!! その中には、かの有名な
コロンビエール峠、ガリビエ峠、イゾアール峠、テレグラフ峠など
があります。そして最終ステージでは個人タイムトライアルがあり
今年のジロ・ディ・イタリアのようなドンデン返しも期待されます!!

そして、総合争いはどうなるのか?! チームプレーも見所です!
もちろん、クリス・フルームの3連覇は成るのか?!誰がフルームを
阻止するのか?!は見所ですが、スプリンター争いも面白いです!


a0353718_09555235.jpg
そして、日本人としては一番の見所は、やはり「新城幸也」選手の
「ツール・ド・フランス」出場でしょう!!! 7回目のツール出場を
決めた新城選手の活躍を期待しながら、見たいと思います~!!


そして、自転車フリークの皆さま、「ツール・ド・フランス」を見て
走りたくてしょうがなくなったら、7月1日からオープンした乗鞍
エコーラインのヒルクライムを走りに来て下さい~!! そして、
「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~!よろしく
お願いします。皆さまのご来店お待ちしています~~。








[PR]
# by springbk2 | 2017-07-03 07:54 | 日常 | Comments(0)

昨日の7月1日から、乗鞍エコーラインのシャトルバスの運行が
始まりました~!!

a0353718_13254089.jpg
乗鞍高原から~畳平間までを走る道路「乗鞍エコーライン」は、
標高2720mまで上がる、日本一高い場所にある道路なのです!
秋~冬~春にかけては雪があるので通れないのですが、毎年この
7月1日に開通するのです。なので、文字通り「天空に上がれる」
シャトルバスなのです~~。

ここ数年は雪の状況だったり落石の危険性などがあったりして
予定通り7月1日に開通出来なかったのですが、今年はバッチリ
オープンする事ができたようです~!! 除雪作業員の方々の
努力の賜物ですね~~。ありがとうございます。


a0353718_13254348.jpg
昨日は大雨だったので、ちょっと残念なスタートとなりましたが
晴れたらこの画像のような最高の山岳景色を見る事が出来ますし、
自転車で走ってヒルクライムで上がっても楽しいですし、登山も
最高です~!!

とりあえず開通して「乗鞍・シャトルバス」もスタートしたので、
また皆さん、乗鞍高原へ遊びに&景色を見に来て下さい~。

そして乗鞍高原へ来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立寄り
下さい~。よろしくお願いします。ご来店お待ちしています~!





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-02 07:25 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

最近、本当に月日の経つのが早いです・・・・。
今年も1年がアァッ!と言う間に過ぎて行き、
もう早くも7月1日になってしまいました!!・・・。

そうなんです!、7月1日は、
カフェ・スプリングバンクの
オープン記念日なのです~!
a0353718_12552080.jpg
「カフェ・スプリングバンク」は、1999年7月1日に乗鞍高原にて、
お昼はコーヒーやケーキと軽いランチ、夜は本格的なバーとして
洋酒やカクテルが飲めるカフェ&バーとして始まりました!・・・。

オープン当初は、5年もつのかな?・・・とか思ったり、でも、もし
乗鞍高原で上手く行ったら、次はもう一回都会で自分の思い通り
の内装のBARを開きたい!とか、いろいろ思っていたのですが・・・、
それから乗鞍のいろんな人達に出会ってからスキーにどっぷりと
ハマってしまい、アウトドアな遊びにもハマり、特に!登山には
ドップリとハマってしまい、アラスカやカナダにもスキー滑りに
いってしまい、果てはエベレスト・トレッキングにも行っちゃって、
最近ではフリークライミングにもドップリハマってしまって!・・・、
そうしたら、北アルプスが目の前にある乗鞍高原の快適な生活=
「スローライフ」から抜けられなくなってしまって、気がついたら
今日でもう18年にもなってしまうのでした~・・・。

もう僕の人生の1/3は、ここ乗鞍で住んでいるコトになりました。
全く、人の人生の時間の流れは短すぎて、切なくて、儚くて・・・、
本当に燃え尽きる流星のように感じますね~・・・。


a0353718_12552425.jpg
なので、僕達はこれからも乗鞍高原へ遊びにいらっしゃるお客様の
ために、気軽に立ち寄れるお店として、暖かいコーヒーとケーキや、
ランチの軽食などなど、そして夜は!他では飲めないレアで稀少な
モルトウイスキー、ビールやワイン、カクテルなどを楽しんで頂ける
お店を創っていきたいと思っています~~。

これからも「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~。
乗鞍高原へお越しの際には皆様のご来店をお待ちしています~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-07-01 07:19 | 日常 | Comments(0)

またやってくれました!!
美ヶ原ヒルクライムレース、
Mr.Cが3位入賞ですっ!!

a0353718_10095110.jpg
先週末に美ヶ原で行われた自転車ヒルクライムレースで、
チーム・スプリングバンクの自転車レース部隊長のMr.C が、
何と!年齢別クラス3位入賞!! 表彰台ゲットです~!!

今年の春も、八ヶ岳7位、榛名山10位とイイ感じで来ていて、
美ヶ原での3位入賞!!また今年もポディウムゲットです~!


a0353718_10095633.jpg
これは、本当に本当にスゴイ事なのです!!ヒルクライムレース界
の中でも「マウンテンサイクリング in 乗鞍」や「富士山」とかと
同じレベルのビッグレースである「美ヶ原ヒルクライム」での3位
入賞!! いやぁ~・・・、本当にスゴイです~~。

当日は雨のレースになってしまい、最後の美ヶ原に上がった高速の
セクションでは濃霧で前が見えないぐらいだったらしいのですが、
それでも最後まで自分を追い込んでの3位!! 何度も言いますが
本当にすごいです~~。この勢いで、本命の乗鞍でも入賞目指して
頑張って欲しいと思います~!!


a0353718_10100161.jpg
去年に続いてのポディウム、表彰式の彼は光っていますね~!!
このレースの詳細は、彼のブログを見て下さい→「Aziminist


そして、もちろん大本命は「マウンテンサイクリング in 乗鞍」です!
今年もチーム・スプリングバンクの自転車レース部のMr.C から目が
離せませんね~~。自転車ヒルクライマーな皆さん!、乗鞍高原へ
走りに来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~。
よろしくお願いします。ご来店お待ちしています~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-06-30 07:08 | イベント | Comments(0)

意外と涼しかった6月のせいで、なかなか満開になってこなかった
一の瀬園地の「つつじ園」のレンゲツツジが、やっと満開になって
きました~!!

a0353718_12132983.jpg
6月の朝晩はとても寒いぐらいで、霜にヤラれてしまってないかと
ちょっと心配していた一の瀬園地のレンゲツツジだったのですが、
やっと満開になってきて、とってもキレイです~!!


a0353718_12133563.jpg
今年も何だかんだ言いながら、結局例年よりも少し遅れた感じ
ですが、やはり満開になって、一の瀬園地が一面オレンジ色に
染まると、とってもキレイです!!


a0353718_12134082.jpg
アップにするとこんな感じです。今年は今が一番キレイです!!


a0353718_12134444.jpg
そして今回も僕は、レンゲツツジが満開になっている一の瀬園地を
涼しい風を感じながら自転車で爽快にサイクリングしながら、見に
行ってきたのでした~!! と~っても爽やかですよ~~。

もう都会では30℃を越える暑さで汗ダクなのでしょうが、乗鞍高原
は、素晴しいほどの爽やかさです!! なので、都会を抜け出して
乗鞍高原へ遊びに来て下さい~。

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-06-29 07:12 | お花 | Comments(0)

ワイン 455

6月のイベントの仕事を何とかこなして、先日の僕の5.11bの
レッドポイントした祝杯をK8と一緒に飲んだのでした~~。

「ベンチ、ピノ・ノワール」2014年です~!!
a0353718_19342649.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州のソノマコーストで
造られたピノ・ノワール種のワインです・・・。

造り手は、「ブラック・マウンテン」です。25年もの間建設業だった
「ジェイソン・イーノス」さんと「クリス・フィッツジェラルド」さん
が2人組んで2008年に立ち上げられたばかりのブランドなのですが、
すでに各コンペで賞を受賞していて、17ものブランドのワインを
立ち上げて成功している驚異的なワイナリーなのです!! そして
ワインを醸造するのは、ジェイソンの義理の息子である「ダニエル」
さんですが、彼は大学を卒業後、あのカリフォルニアピノ・ノワール
で最高の「ウィリアム・セリエム」にて天才醸造家の「ボブ・カブラル」
にピノ・ノワールのワイン造りを教わります!! その後もナパの
名門「ロバート・シンスキー」、オーストラリア最高のピノ・ノワール
「コールドストリームヒルズ」でも修行し、カリフォルニアに戻って
「ペレグリーニ」のヘッドメーカーに抜擢されます!そして2016年
のSFCワインコンペでも2本のピノと1本のシャルドネがダブル受賞
して、ソノマ随一の実力者になっていったのでした~。

ブドウは、サン・パブロ湾北側の「サン・ジャコモ・アマラル・ランチ」
から供給され、そこへ「ルシアン・リバー・ヴァレー」エステイト産の
ブドウをブレンドして使われます。天然酵母を使って発酵させますが、
30%は全房発酵です。マロラクティック発酵も100%成されます!
そして、新樽比率30%のフレンチオーク樽で約11ヶ月の熟成です~。


こんなに面白いカリ・ピノがまだまだあったんですね~!!本当に
カリフォルニアワインは、隠れた逸品の宝庫です!! 元々僕達は
カリ・ピノ大好物なので、一気にテイスティングです~。オープン~。
a0353718_19343383.jpg
このワイン、開けてスグからとても芳醇で濃い香りが広がります!
完熟プラムやアメリカンチェリーのような果実感いっぱいです!!
味わいも、イチゴのような甘ささえ感じられるぐらいで濃厚です!
酸味も穏やかにあり、森林浴のような複雑さもあり、とっても美味
でした~!! 最後の1杯は素晴しいワインに変化していきました。

「ベンチ」はこれで3千円台!! これはメチャお薦めピノです!


乗鞍高原にお泊りの夜に、こんなワインはいかがですか~?!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-06-28 07:32 | お店からのご紹介 | Comments(0)

戸隠山、登山(その②)

戸隠山山頂で景色を見ながらゆっくりと休憩した後は、稜線を縦走
するように歩いて、「九頭竜山」→「一不動」→「戸隠牧場」→「奥社」
と進んでいったのでした~。

a0353718_19504052.jpg
戸隠山~九頭竜山~一不動の稜線歩きは、けっこうアップダウンが
ありました・・・。そして時々、この画像のように右側がスッパリと
断崖絶壁に切れ落ちているところがたくさんありました! 覗いて
みると遥か下方まで垂直に落ちているので、足がすくんでゾクゾク
としてしまいます!!・・・。


a0353718_19513913.jpg
「戸隠山」を過ぎてから30分ほどで「九頭竜山山頂」に到着です。
でも「九頭竜山山頂」は、登山道横の広場のような感じの広場だけ
だったので、何だか山頂という雰囲気ではなかったです・・・。


a0353718_19511021.jpg
「九頭竜山山頂」を過ぎても、かなりアップダウンを歩きます・・・。
最後は一気に下っていき、疲れたなぁ~と思った時に「一不動」の
避難小屋に到着しました~。ここでも大休止をして、お昼ご飯を
補給したのでした~。

この裏手に、携帯トイレ用の小屋がありました。 戸隠周辺では
携帯トイレの施設がとても充実しています。携帯トイレ用小屋も
もちろんですが、使用済み携帯トイレを捨てるゴミ箱もちゃんと
設置されていて、登山者は快適に感じます。これは乗鞍高原でも
参考にしなければならないと思いました!


a0353718_19521053.jpg
「一不動」の避難小屋から~「戸隠牧場」までは一気に下ります!
沢状の登山道を少し下ると「氷清水」という水場があり、そこから
水が流れて川になるので、川の中を歩くことになります・・・。靴が
ゴアテックスの防水でなければ、水びたしになってしまいます!
ここを歩く時は、完全防水の靴が必須ですね!・・・。


a0353718_19524046.jpg
川の中を歩いて下っていくと、その川が滝になっている箇所が
ありました~!! これは「不動滝」です。登山道はこの滝の
上に出るのですが、左へと巻いて下っていくのです~。

a0353718_19534118.jpg
不動滝をこの鎖に沿って下りて行きます・・・。足元が濡れた岩場
なので、細心の注意が必要です!!滑ったらアウトですね・・・。


a0353718_19541577.jpg
「不動滝」で滝セクションは終わりかと思っていたら、もう1箇所
小さな「滑滝」を下りるセクションがありました~。 ここでは
滝のスグ横に鎖があって、そこを降りて行くのでした~。スリル
満点でした~~。


a0353718_19544648.jpg
滝セクションを過ぎても、何度も川の中を歩いたり渡ったり
しながらドンドン歩いて下りていきます・・・。そしたら今度は
沢の深部に「雪・セクション」がありました~! 標高は低い
のにたくさん雪が残っている事に、ちょっとビックリでした。


a0353718_19553168.jpg
その後は、眩しい程の新緑の美しい森の中を抜けていく登山道
を気持ち良く歩いて下っていきました~。でも、ここまででも
もう6時間ほども歩いてきているので、足は痛かったです・・・。


a0353718_19560220.jpg
戸隠牧場に到着です~~。緑溢れる新緑の季節はと~っても
キレイにみえますね~。牧場の施設には、牛さんも馬さんも
いましたよ~~。


a0353718_19564756.jpg
戸隠牧場から~奥社の参道までは「ささやきの小径」を歩いて
帰っていきました~。約3kmの森の中の道なのですが、かなり
疲れていたので、とても長く感じました・・・。


a0353718_19571824.jpg
そして、スタート地点である「奥社」参道の入り口に帰って
きました~。ゴールです~!!無事に帰ってくる事が出来て
よかったです~。

今回の登山は、今シーズン1回目の夏山登山だったのですが、
スプリングバンクN が現在ハマっている岩場歩きも兼ねて、
「戸隠山」になったのでした・・・。危険箇所な岩場で有名な
「蟻の塔渡り」も何とか無事に切り抜けられて良かったです。
この某日は、僕たちが稜線を歩いている時に、県警のヘリが
飛来していたので遭難があったのかな?と思っていたのです
が、西岳へ向かう稜線で滑落死亡事故があったようです・・・。
それを帰ってから聞いたのですが、僕たちもさらに安全登山
を心がけたいと思いました~・・・。

またこれからも、いろんな山へ行って楽しみたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-06-27 07:49 | アウトドア | Comments(0)

戸隠山、登山(その①)

先週の僕たち「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日は、
梅雨の最中ですがまた晴れたので、今シーズン初めての夏山登山に、
スプリングバンクN のオーダーで戸隠山へと登ってきました~~。

a0353718_08431372.jpg
やっと北アルプスでも雪が融けてきて、夏山のシーズンになって
きました。なので今シーズン最初の夏山登山はどこにしようか?、
と考えていたところ、スプリングバンクN がワンデイで行きたい
山、「戸隠山」へと行ってきたのでした~。 1日でちょうど良い
コースタイムと、行った事が無い山というのと、岩場が登れると
いう事で、戸隠山に決まったのでした~~。


a0353718_08432065.jpg
奥社の入り口の駐車場に車を止めて、そこから登山がスタートです。
荘厳な雰囲気の、大きな杉並木の参道を奥社へと歩いて行きます・・・。
途中には「随神門」という、大きな萱葺屋根の朱色の門を通ります。
「となりのトトロ」が本当に出てきそうな、そして自分の心が神に
触られているかのような荘厳な雰囲気があります!!・・・。


a0353718_08432815.jpg
そして「随神門」からもう少し行くと、「戸隠奥社」に到着です。
もちろん僕たちは、この日の安全登山祈願をしました~・・・。


「戸隠奥社」
日本神話にある「天照大神」が天の岩屋にお隠れになった時、無双の
神力を持って「天の岩戸」をお開きになった「天手力雄命」をこの
戸隠山の麓に奉斎した事に始まるらしいです。この時の「天の岩戸」
が戸隠山になったとのがい伝えです。 さらに西暦800年代の中頃、
「学門」という名の行者が法華宗の功徳によって、9つの頭を持つ龍を
退治してこの岩戸に閉じ込めたという言い伝えもあるらしいです・・・。
そして、平安末期の後白河法皇によって編集された歌謡集「梁塵秘抄」
に「信濃の戸隠」が登場しているようです。それから1200年もの間
修行の山となり、信仰の山と神社として現在まで在るのです~!


a0353718_08433526.jpg
奥社の左横から戸隠山へと登山道は始まります。が、いきなりの
超急登が延々と続いていきます!!・・・。そして1時間程経った頃、
このような岩場が急に登場してきました~。この岩場の横を通る
セクションは「百間長屋」と名前が付いていました。


a0353718_08434336.jpg
「百間長屋」の先の岩壁に、一筋の鎖がぶら下がっていました。
上を見ると大きな穴が開いていて、その中に古い建物のような
屋根が見えました・・・。僕はどうしても気になってしまったので
鎖でのクライミングをして垂直の岩場の登って、何があるのか
見に行ってしまったのでした~・・・。


a0353718_08435422.jpg
岩室の中には、お地蔵さんが並んでいました・・・。これは、昔の
岩室の中で修行した修行僧の名残りですかね??・・・。


a0353718_08451719.jpg
その先は、一気に岩場&鎖場の連続する登山となりました!!・・・。
僕はちょっと怖かったのですが、スプリングバンクN は岩場登山が
楽しいらしく、このセクションもけっこう楽しんでいたのでした・・・。


a0353718_08452690.jpg
そして岩場セクションのハイライトの一つである「胸突岩」です。
ここは、一気に空へと続くような長い鎖を使って真っ直ぐ登って
行きます!!・・・・。


a0353718_08453458.jpg
そして「胸突岩」の後、スグに悪名高い最難関「蟻の塔渡り」が
出てきました~!! 50m程のナイフリッジな感じの岩場です!
スプリングバンクN は座ったり跨いだりして、何とかズリズリと
越えていったのでした~。

この岩場セクションの頃から、白い雲が湧いてきたのでした・・・。
戸隠側の景色は白く曇ってしまって、残念ながら見えなくなって
しまいました・・・。


a0353718_08454920.jpg
「蟻の塔渡り」を越えると、スグに稜線に出ます。稜線に出たら
向こう側には雲は無く、スッキリ青空で晴れたいたのでした~。
そして、稜線の分岐を右へと進んでいくと、スグに「戸隠山山頂」
に到着しました~~。
今回もヤリました~!!
バックには「高妻山」が迫力ある姿を魅せてくれていました~~。


a0353718_08455857.jpg
稜線の向こう側で晴れてくれて良かったです!! 稜線からの
景色も白馬方面まで見渡すことが出来ました~。(頭上部分の
白い山々が白馬連峰です・・・)岩場セクションを楽しめたので
スプリングバンクN はご満悦な様子でした~~。

この後、戸隠山の稜線を縦走して帰っていったのですが・・・、
まだまだいろんなセクションがありました~・・・。
続くです!!








[PR]
# by springbk2 | 2017-06-26 07:42 | アウトドア | Comments(0)