今年の4月は、なぜか「カフェ・スプリングバンク」の定休日の
木曜日に限って天気が悪く、なかなかバックカントリースキーに
行けていませんでした・・・。このままゴールデンウィークに突入
してしまうと、「滑りたい病」が爆発してしまうのでは?という
懸念があったのですが・・・、ちょうど都合良く、BCスキーヤーの
AM君からご来光・乗鞍バックカントリースキーに行きたいという
連絡が入ったので、積雪状況の偵察も兼ねて行って来たのでした~。

a0353718_13032607.jpg
朝というか、まだ真っ暗な早朝3:00にスプリングバンクに集合!
そして3:30頃から三本滝駐車場をスタートして、カモシカ斜面を
登って行ったのでした~。


a0353718_13031987.jpg
この日の早朝は、放射冷却のせいでかなり冷えていて、気温は
マイナス3℃にもなっていました!!・・・。 当然、雪の斜面は
カチカチに凍り付いていて、スキーにシールでの登攀はかなり
苦労しちゃいました~・・・。それでも、バックの東の空は赤く
なってきていて、ご来光を位ヶ原の雪原の上で見たい僕たちの
足取りを急がせたのでした・・・。


a0353718_13034154.jpg
時間はちょうど5:00ぐらいに位ヶ原の雪原に上がると、東の空が
一気に真っ赤になってきました~!! 今回も期待通りの色合い
で、美しいご来光が見れそうになっていきます!!


a0353718_13033248.jpg
南側では、中央アルプスの山々が薄ムラサキ色に染まっていて、
美しい色合いを魅せてくれていました~!!


a0353718_13034844.jpg
そして、5:10頃、一気にご来光が上がってきたのでした~!!
東の山々の稜線には少し雲がかかっていたのですが、ご来光は
キレイに、そして真っ赤になって上がってきたのでした。


a0353718_13035682.jpg
位ヶ原の雪原はアイスバーンになっていて、鏡のようにご来光の光を
映し出して、幻想的に美しかったです~!! このご来光の色合いは
約5分ぐらいの一瞬で、本当に儚くも美しい瞬間です。


a0353718_13040482.jpg
振り返ると、乗鞍岳・剣が峰も、ピンク色~薄ムラサキ色に美しく
染まっていたのでした~。チーム・スプリングバンクのBCスキー部
としてAM君とは、これまでいろ~んな山々へ滑りに行っているの
ですが、今回、ご来光乗鞍バックカントリースキーが初めてだった
ようで、今回のこのご来光の色合いにAM君は感動していました~。


a0353718_13041003.jpg
AM君とは、「チーム・スプリングバンク」のBCスキー部として
これまでいろ~んな山々へ滑りに行っているのですが、ご来光・
乗鞍バックカントリースキーは今回が初めてだったようで、この
ご来光の色合いにAM君は感動していました~。


a0353718_13043588.jpg
しかし、僕たちはバックカントリースキーヤー!!・・・。
このまま、ご来光を見ただけでは終わりませんっ!!・・・・。

位ヶ原山荘周辺の積雪状況や、乗鞍エコーラインの除雪状況も含めて、
(その②)滑走編へと続く~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-04-27 07:02 | アウトドア | Comments(0)

水芭蕉が咲き始めました@オソメジッケ〜♬

a0353718_22082165.jpg
昨日は一の瀬園地へ作業に行ってきました。
GWにちょうど見頃を迎える水芭蕉たち。。。この群生地を
周遊するコースを分かりやすくするための作業です。


a0353718_22130710.jpg
こんな感じのラミネート看板を観光協会で設置しています。
水芭蕉の花期が終わっても、そのまま晩秋まで道順案内として
取り付けてありますので、ルートの目安にしてください。
一の瀬ネイチャープラザの駐車場から、これを辿っていけば、
迷うことはありません^^;;


a0353718_22152087.jpg
水芭蕉は咲きませんが、あざみ池にもちょっと立ち寄ってみたら。。。
すっかり氷は融けて、春の装い。
新緑にはまだ早いですが、水面に景色が映る光景が爽やかです💖


a0353718_22170673.jpg
そのまま一の瀬の奥に向かって進みます。
キャンプ場までは残雪は無くなり、快適に歩くことができます。


a0353718_22183144.jpg
キャンプ場を過ぎると、木道などに雪がまだたくさんあります。
避けて通過できる所もありますが、雪の中を歩かなければならない
区間もありますので、靴は長靴がお薦めです。
雪融けの時期は、ぬかるんで汚れてしまうこともあるので。。。
因みに水芭蕉が群生する「女小屋の森」付近は、多少咲き始めていますが
見頃はもう少し先になりそうです。



a0353718_22202859.jpg
作業する女将さんたちを木の上から見守る「シジュウカラ」さん💓
胸のネクタイが太めなので、雄かしら?


a0353718_22220193.jpg
看板を辿って水芭蕉群生地「オソメジッケ」に到着!
一の瀬園地で今一番見頃になっているのはココです。
乗鞍岳が見えるポイントもあるので、お薦めです。


a0353718_22244243.jpg
鉄分を含んだ土壌の色と透明な水、そして白い水芭蕉と周囲の景色が
映り込む光景がキラキラして、うっとりします♬


a0353718_22261081.jpg
おそらくここ数日の暖かさで咲いたところなので、小さめの株が多くて、
これからが楽しみな感じです。カメラ必携で観賞に行きましょう!


a0353718_22271939.jpg
いつもセットで咲いている「ショウジョウバカマ」も花が咲き始めた
ばかりのようでした。
「オソメジッケ」は特に水、泥でぬかるんでいるので、必ず長靴で
行きましょう🐾 普通の靴で行くと後悔します。。。>_<


美しい水芭蕉観賞の後は、スプリングバンクでまったりと
ランチやケーキセットをお楽しみください。
休日の昼間から飲むビールやワインもいいですよ〜〜
ご来店お待ちしております!











[PR]
# by springbk2 | 2017-04-26 07:10 | お花 | Comments(0)

最近、お天気が良い日は朝からピーチクパーチクと賑やかです〜*\(^o^)/*
ちょっとサイクリングロードへ作業に行ってみたら。。。

a0353718_11303740.jpg
野鳥の「ホオジロ」さんが元気にさえずっていました!
乗鞍山頂剣ヶ峰をバックに、とても気持ち良さそうに歌っています♬
右側にはこの時期に出現する「雷鳥」さんの雪形があり、
まるで鳥同士で向かい合っているようにも見えました。


a0353718_11304674.jpg
そば処 合掌さんの横に入口があるこのサイクリングロードでは、
雪がだんだん融けてきました。日陰のカーブはまだ残雪が
ありますが、徒歩で乗り越えられるぐらいです。
この道はいがやレクリエーションランドに向かいますが、
今年度は改修工事のため休業しており、サイクリングロードの
出口付近も工事のため閉鎖されているようです。
ですから、通り抜けはできないと思いますので、折り返しの
利用になります。ご注意ください。


a0353718_11305255.jpg
春、熊さんも出没する時期になりましたので、一応熊よけの棒を
設置してあります。2〜3回優しく鳴らしてください♪


a0353718_11305852.jpg
設置作業を終えて、顔をあげたら、目の前に春の花「ダンコウバイ」が
明るい黄色の花を咲かせていましたヽ(^。^)ノ

a0353718_11310422.jpg
カラマツの木の枝が何やら賑やかです。
小さなブツブツがたくさん付いているように見えますが〜〜〜〜

a0353718_11310976.jpg
アップにすると、花が咲き始めていたんですね〜!
コロコロとした雌花は、咲くとピンクとイエローの可愛い
パイナップル型になります。


a0353718_11311890.jpg
スプリングバンクの近くにある「番所大滝」もすっかり春です。
落差40m、雪融け水をたたえて豪快に流れ落ちています。
滝への遊歩道も凍結箇所がそろそろ解消されてくる頃です。

a0353718_11312390.jpg
こちらは先週撮影した「善五郎の滝」の様子です。
氷瀑になっていたことが信じられないぐらい融けて
普通の滝の姿に戻っていました!
それぞれの季節ごとに美しい光景を見せてくれる滝に
感謝です💖 これから新緑のシーズンもお薦めです。


a0353718_11312912.jpg
善五郎の滝の近くで出会った「コゲラ」さん♬
野鳥にとって、春は木々の新芽などがたくさん見つかる
美味しい季節なんでしょうね。上にスイスイと登りながら
ずっと幹を突いて何かを食しているようでした。

a0353718_11313325.jpg
善五郎の滝では、「かもしか」さんも出てきてくれましたv(^o⌒)-☆
こちらも木の幹から、皮をモグモグと食しているようでした。
ゆったり、もったりしたその姿は、天敵のニホンオオカミがいない
せいもあるのかな〜と思ったりもします^^;;

野生動物や野鳥との出会いにドキドキ感があり、木々の葉が茂る前で
観察もしやすいこの季節、高原散策が楽しみです。
水芭蕉と併せて、高原の春を満喫してくださ〜い!

スプリングバンクは木曜定休、4月28日以降 GW中は休まず営業
しております。ぜひお立ち寄りくださいませ。








[PR]
# by springbk2 | 2017-04-25 07:29 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ワイン 446

「カフェ・スプリングバンク」が春休みから営業再開してから、
一発目の「安旨ワイン探検隊」の出動要請がかかりました~。

今回のワイン「シャトー・ド・サントネイ、クロ・フィリップ・
ド・アルディ」2012年です~~。
a0353718_13161728.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方にある「サントネイ」
地区で造られた、ピノ・ノワール種のワインです~。

造り手は「シャトー・ド・サントネイ」です。ブルゴーニュなのに
「シャトー」と名の付くこの造り手は、「クレディ・アグリコール」
と言うフランス大手会社傘下の会社です。「クロ・ド・ウージョ」や
シャロネーズにいろんな畑を持っていて、潤沢な資金を使って良い
ワインを最新の設備で造っているらしいです・・・。そして、なぜ?
「シャトー」の名前が付いているのか?というのは、この畑は元々、
ブルゴーニュ公国初代の公王「フィリップ・ド・アルディ」さんが
所有の畑だったからです!! そう!、このワインは公王所有の
畑だったところから生まれているのです!!

時は11世紀・・・。ブルゴーニュ公国はフランスとは別の国でした。
その時代、ワイン用に栽培されていたブドウは「ガメイ」と言う
ブドウ品種でした。しかしガメイ種は病気に弱く、その時代では
酸味が強いワインしか造れませんでした・・・。公王「フィリップ」
さんは1395年にガメイ種を植える事を禁止する「ガメイ禁止令
を発令!して、ガメイ種を南部の(現在のボージョレー地区に)
押しやってしまいました・・・。そして、ブルゴーニュの北部には
現在使われている「ピノ・ノワール」種を植えてワインの改革を
していったのでした~。この「ガメイ禁止令」が「フィリップ」
さんをブルゴーニュ・ワインの歴代の王の中でも有名にしている
のです~!!

ブドウは、カリテ・フランスと、テラ・ヴィテスという2つの協会
から認証を受けた「ビオロジック」という自然農法で栽培されて、
ワイン醸造は、全自動空気式圧搾機やオート・ピジャージュ機械
など最新の設備で造られます。そして、小さな木樽で熟成させる
らしいです・・・。

こんなに歴史ある畑のワインなのですが、なぜか価格は激安!!
2千円台で見つかるのです~!これを僕達「安旨ワイン探検隊」
が見逃すハズはありません~。 いざっ、オ~プンですぅ~~。
a0353718_13164859.jpg
このワイン、開けてスグはフレッシュな香りがグラスに広がって
きます~。酸っぱいラズベリー系の果実感と青芝のような感じが
します。味わいはちょっと酸味が強いですが、爽やかな若い感じ
がします。酸味以外は良い感じだと思いました~・・・。

こんな面白いワインを「カフェ・スプリングバンク」で飲んで
みませんか~?! 皆様のご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-04-23 07:11 | お店からのご紹介 | Comments(0)

「カフェ・スプリングバンク」の春休み期間中は、あまり天候が
安定せず、急激に晴れたり、巷では30℃にもなるほどにも気温が
上がったり、はたまた北アルプスでは雪がけっこう降ったりして
とても不安定な天気でした・・・。僕達も槍~穂高連峰でのBCスキー
を予定していたのですが・・・、天候も雪崩も怖くて止めました・・・。
あ゛ぁ・・・、残念!・・・。

a0353718_11292337.jpg
でも、それならば!という事で、BCスキーに一緒に行く予定だった
AM君と一緒に、マルチピッチクライミングへと出かけたのでした~。
朝3:30に乗鞍高原を出発!!・・・。高速道路から朝焼けの富士山が
キレイに見えたのでした~!!


a0353718_11293153.jpg
で、3時間以上のドライヴで行った先は、スタートのドラム缶で
有名なココ!! 「二子山」中央稜です~。 ここのラインは
これまで行って見たいと思っていたのですが乗鞍高原からだと
けっこう遠いので、なかなか行けずにいたのでした・・・。でも
今回はAM君のオーダーである「マルチピッチ」ということで
グレードも低くてクライミング始動にはピッタリだと言う事で
やっと行ってみる事ができたのでした~~。


a0353718_11293617.jpg
1ピッチ目。外岩始めだという事と、マルチピッチだという事で
最初は少し大げさに慎重な感じで、ここの石灰岩の岩の感触を
確認しながら登っていきました~。


a0353718_11294124.jpg
2ピッチ目。この二子山中央稜ルートも、ほぼ垂直の岩壁なので
少し登るだけで一気に高度感が上がります~!! 眺望も一気に
周りが見渡せるぐらいになって、とても開放感があって、気持ち
よかったです~~。 AM君はサクサクと登ってきました~!


a0353718_11294823.jpg
3ピッチ目。ここがこの二子山中央稜線の6ピッチあるルートの
中で核心のハイライトのピッチになります~。でもグレードは
クラックで5.7と簡単。僕はレイバック気味のムーブで登って
いきました・・・。石灰岩特有のボコボコした岩質でフリクション
があり、全体的にはガバガバなので気持ちよく登っていく事が
できました~。


a0353718_11295430.jpg
3ピッチ目終了点は、広場と言っても過言ではないぐらいの
大テラスです~。ここで、お茶を飲んだり甘いもの食べたり
して、ゆっくりと休憩しました・・・。 バックは二子山西岳
の山頂と岩壁です。 僕は知りませんが、これらの岩壁には
他のルートもあるのでしょうか?!・・・。


a0353718_11300641.jpg
4~5ピッチ目。この辺りは横幅がとても広くて、どこでも
登れそうなので、左側から登ったり右側から登ったりして、
いろんなルートをAM君と2回ずつ登って遊んでいました~。


a0353718_11301325.jpg
そして最終の6ピッチ目。ここも僕たちは出来るだけ面白そうな
ラインを選んで登ってみました・・・。大テラスから上のピッチは
ルート図集の本では「面白くない」みたいに書かれていましたが
グレードは低く簡単なのですが、サクサク登れて面白かったです~。


a0353718_11301960.jpg
そして稜線に到着です~。この後、西岳山頂まで歩いていきました。
ヤリました、完登です~。
山頂に着くまでポカポカ陽気で、これだったら穂高連峰BCスキーへ
行けたんじゃないか?!・・・。と、ちょっと悔しさと残念な感じが、
二子山中央稜ルートの完登の喜びよりも、頭の中に広がっていたの
でした・・・。


a0353718_11315902.jpg
帰りは裏側にある通常登山道を歩いて降りましたが・・・、今回の
核心は、この登山道の下りにありました!!・・・。通常の登山道
なのに、今回登ったクライミングルートのラストピッチよりも
急なんじゃないのか?!というぐらいに急な下り道で、ここで
手や足を滑らせたら終わり!というぐらいの通常登山道だったの
でした!!・・・。 二子山、恐るべし!!でした・・・。

乗鞍高原~乗鞍岳では雪タップリなので、まだまだBCスキーなの
ですが、クライミングも少しずつ慣れていきたいと思います~。
乗鞍に来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい。
よろしくお願いします~。 ご来店お待ちしています~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-04-22 07:48 | アウトドア | Comments(0)

カフェ・スプリングバンクは、
今日から営業開始です~。


a0353718_09141669.jpg
13日~20日の春休みが終わって、今日21日から営業再開です。
みなさまのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。




ですが・・・、
明日22日(土)から運行開始予定だった「乗鞍岳・春山バス」
なのですが、運行が29日(土)に延期されました!・・・。

a0353718_12242673.jpg
今年の乗鞍・位ヶ原周辺は積雪が少し多めらしくて、除雪作業が
間に合わないようなのです・・・。非常に残念なのですが、一週間
延期されました・・・。でもゴールデンウィークには間に合います
ので、みなさんよろしくお願いします~~。

「乗鞍岳・春山バス」に乗って、春山スキーを楽しむみなさん、
その後は「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。







[PR]
# by springbk2 | 2017-04-21 07:23 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

ここ最近、乗鞍高原でもメチャ暖かい日が続いています~。
なので雪融けも一気に進んできて、水芭蕉も咲いてきました!

a0353718_21010501.jpg
水芭蕉が咲き出したのは、乗鞍高原内にある「大野川小中学校」
の近くに有る「宮の原群生地」です~。白い水芭蕉がポコポコと
一気に出てきました~。 ここの「宮の原群生地」が乗鞍高原で
一番最初ぐらいに水芭蕉が咲き出すところなのです~。


a0353718_21011444.jpg
もちろん乗鞍高原の水芭蕉はまだまだ咲き始めなので、これから
ゴールデンウィークがピークだと思います。ゴールデンウィーク
には、水芭蕉ガイドツアーも催行されますので、ぜひ!水芭蕉を
見に、催行に気持ちイイ春の乗鞍高原へ来て下さい~~。

そして!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-04-20 07:00 | お花 | Comments(0)

涸沢ヒュッテの小屋開け作業のようすと、4月の涸沢の美しい
景色の画像をお届けしたいと思います~。

a0353718_13524051.jpg
今年の入山の日は、昼過ぎから一気に晴れてきたので、どんどん
ヘリでの荷揚げが行われていました~。ヘリの真下にハーネスを
付けてぶら下げて飛ぶのです。毎年乗せて頂くのですが、本当に
ヘリはスゴイと思います~。バック右は屏風岩で、奥の山並みは
大天井岳の連なりです~。


a0353718_13524691.jpg
除雪作業は、大型の除雪機が無いと出来ません・・・。ここで使う
除雪機は本当に大きくて、どんな重たい雪でも一気に飛ばして、
どんな硬い雪でも突っ込んでいくので、本当にスゴイです!! 
美しいアーチを描いて飛んでいく雪を見ているとキレイだな~
と思ってしまいます~。 バック右は北穂高岳の東稜です~。


a0353718_13533336.jpg
コチラは、前穂高岳~吊尾根に向かって除雪をしているようす
です~。今年はこの吊尾根ダイレクトも雪が繋がっていたので、
スキーで滑ってみたい!と思ってしまいました~。


a0353718_13531388.jpg
何メートルもの雪を除雪して、やっと出てきた売店の土台です!
左隣りの本館の上から除雪して、この土台が出てくるまで数日も
かかるのです!! たぶん今年は7~8mはあったと思います~。
この売店で夏に飲む生ビールとおでんのセットは最高ですよ~。


a0353718_13532002.jpg
作業の合間にセルフで自撮り・・・。 なかなか難しかったです・・・。
バックは涸沢岳です。尖った涸沢槍が特徴的です。去年のGWは
あそこを滑ったんだと、感慨深かったです~・・・。


a0353718_13535643.jpg
晴れたとき狙って、水を引く作業にでます。どこの山小屋でも
「水」はとても貴重なのです! 涸沢ヒュッテさんでは、この
ようなパイプを使って沢から水を引いてくるのです~。 この
作業もタイヘンな作業なのです・・・。


a0353718_13542315.jpg
涸沢では、涸沢小屋さんの右奥の沢から水を引いてくるのです。
先ほどの丸めてあったパイプをどんどん伸ばして行き、沢の雪を
水が出てくるまで掘って、水を引いてくるのです~。この作業は
チームワークが大切だと思いました。


a0353718_13550279.jpg
そして、2泊3日の小屋開け作業はアァッ!!という間に終りに
なり、最終日は晴れたのでまたヘリに乗せて頂き下山しました。



a0353718_13550891.jpg
今年は入山の時はガスだったので、ヘリからの景色は見えません
でしたが、下山の時は素晴しい景色を見ることが出来ました!!
これは横尾本谷から左側は南岳の東斜面です。本谷のちょうど
真ん中上に、ほんのちょっとだけ「槍ヶ岳」の穂先が見えました!
(分かります??)


今年で3回目となった涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業だったの
ですが、今年もまた改めて、山小屋の小屋開け作業をして管理
や営業をしていくのはタイヘンな事だと思いました! そして
この特別な時間と体験をさせて頂いた涸沢ヒュッテの皆さんに
感謝です!! 

今年は17日から上高地へのシャトルバスはオープンしています!
なので、このブログをご覧の皆様、もし涸沢へ登山に行く事が
あるようでしたら、「涸沢ヒュッテ」さんをご利用下さい~!!
よろしくお願いします。 そして、乗鞍高原にお越しの際には
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-04-19 06:45 | 趣味の部屋 | Comments(0)

今年も行かせて頂きました~!! 穂高連峰の中心地である、
「涸沢ヒュッテ」さんの小屋開け作業です~!!

a0353718_13423454.jpg
冬の間、何メートルもの雪の中に埋もれた「涸沢ヒュッテ」を
ゴールデンウィークの営業開始に向けて掘り出す作業です!!
この特別な作業に、今年もまたお手伝いさせて頂きました~。
この4月半ばのこの時期に、涸沢に行けること自体が特別な事
なのです!! なので今年もまた皆さんに、涸沢ヒュッテの
小屋開けのようすをお届けしたいと思います~~。


a0353718_13424313.jpg
カフェ・スプリングバンクの春休み中の某日、朝早くに上高地
へと入り、山小屋用の物資を運ぶヘリポートへと集まります!
みんなで荷物をまとめていると、大きな爆音と共にヘリコプター
が下りてきました~!!


a0353718_13425088.jpg
ヘリに乗り込む前に、乗り込み方の簡単な説明がありました。
今年は特に安全には注意して入山、という事だと思います・・・。


a0353718_13425753.jpg
今年のヘリは、前席に乗せて頂きました!! 前席に乗ると
スゴイ迫力です!!
一気に上昇していき、Gがかかったと思ったら目の前で穂高の
山並みが大迫力で通過していくのです!! これは、通常の人は
もしかしたらスゴく怖いかもしれません・・・。

a0353718_13430278.jpg
入山の日は、下界では晴れていましたが穂高連峰の山頂方面では
ガスが掛かっていました・・・。この画像は「前穂高岳東壁」です。
この山のスグ横を飛んでいくのです~~。


a0353718_13430806.jpg
でも、ヘリで飛んでいくと、本当にアッ!という間に涸沢に
到着してしまうのでした~・・・。景色もゆっくり楽しむ時間も
ないぐらいの驚異のスピードなのでした。


a0353718_13432940.jpg
涸沢に到着して雪を掘る作業を開始すると・・・、一気に晴れて
きたのでした~!! 思わず「おぉ~!」と声が上がります!
やはり、せっかく涸沢に来たからには、この景色は見たいと
思いますよね~!! 今回も素晴しく美しかったです~。


a0353718_13433835.jpg
山小屋を雪の中から掘り出す「除雪作業」は、大きな除雪機が
メインとなります・・・。スコップで掘り出す人が小屋の屋根の
四方を決めて掘り出して、周りの雪を大型の除雪機でガンガン
飛ばして除雪していきます。


a0353718_13434502.jpg
もちろん!!、
僕も、雪を掘って掘って!、堀まくってきました~!!!
身体が続く限り、頑張って&楽しんで、除雪作業をしてきました。

作業&景色編へ、続く~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-04-18 07:40 | 趣味の部屋 | Comments(0)

ワイン 445

今回のワインは、「ペンション・カムス」で皆で飲みました~。

「シャンボール・ニュジニィ、ジャン・ジャック・コンフュロン」2001年です。
a0353718_15325618.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の一大銘醸地である
「シャンボール・ミュジニィ」村で造られた、ピノ・ノワール種
のワインです。

造り手は「ジャン・ジャック・コンフュロン」です。このドメーヌは
何と!18世紀からワインを造り続けている老舗中の老舗ドメーヌ
なのです。現在このドメーヌでワインを造るのは「アラン・ムニエ」
さんと、シャルル・ノエラの孫娘であり妻の「ソフィー」さんです。
彼らは「ジャイエ・ジル」の当主「ロベール」さんの下でワイン醸造
を学び、コンフュロンとシャルル・ノエラから受け継いだ有名畑で
ワインを造っています。

ワイン醸造は、1991年から「ビオロジック」の有機農法を導入し、
2003年からは馬を使っての耕作も始めています。「テロワール」を
最大限に生かしたブドウ造りです。醸造は、低温マセレーションの
後に約2週間ほどのアルコール発酵。2000年台半ばまでは100%の
新樽比率での熟成の、「アラン」さんが造る濃厚なワインでしたが、
現在の「ソフィーさんが造るワインは、新樽比率が30%~70%に
なっているようですね・・・。樽での熟成期間は15ヶ月~20ヶ月ほど
です・・・。


このワインのヴィンテージは2001年なので、「アラン」さんが造る
昔の濃厚な味わいのタイプです!! これは、なかなか飲めなくなる
ワインなので、かなり期待大ですね~。いざ、オープンです~~。
a0353718_15332682.jpg
このワイン、開けてスグからと~っても香ばしくて複雑な香りが
グラスに広がりました!! 穏やかなイチゴ風味と酸味、ジャム
のように濃厚な感じがあります。そして香ばしいオーク樽由来の
ロースト香が絶妙な複雑さを醸し出しています!! このワイン、
とっても良い熟成をしていて、美味しかったです~!!


こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店
下さい~~。よろしくお願いします~~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-04-17 07:29 | お店からのご紹介 | Comments(0)