今回の「チーム・スプリングバンク」の、夏のニューアイテムは・・・、
コレはもう「秘密兵器」と言っても過言ではないかも知れません!!

クライミングの時スタートの前に手に塗って使うリキッドチョーク、
マムート、リキッドマグネシウム、チョーク」です~!!
a0353718_14254967.jpg
最近の僕たちのクライミングは、やっとターゲットのルートの
グレードが「5.11」台になってきていました。5.11グレードと
言うと、もう大きなホールドは無く、大体が極小のカチホールド
なので、ほんの少しでも手が滑ったらフォールしてしまうんです。
そして僕の個人的な体質なのか、いつも手汗でヌメるんです・・・。
それを何とかしたい!と、カモシカスポーツ松本店に行って相談
すると、コチラのリキッドチョークを勧められたので即買いして
みたのでした~!!

先日の「凧(5.11b)」のレッドポイントの時に、この「マムート
リキッドチョーク」を使ってみたのですが、かなりイイ感じです!
コレを塗ると手のひらと指がカサカサして、チョークの保持力も
良くなかなか取れずにず~っと白くて、滑らない感じがします。
ココ一発のトライの時の不安が、少しでも無くなるように感じる
ので、ちょっとこの夏はこの「秘密兵器」でさらに5.11グレード
のルートを完登して行きたいと思います~~!!


クライマーの皆さん、またよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-06-25 07:24 | 趣味の部屋 | Comments(0)

前回レッドポイントし切れなかったルート、「凧(5.11b)」を、
墜とすために、K8と一緒にまたまた鳶岩へと向かったのでした~。

a0353718_13544632.jpg
先週の長野県は、梅雨入りしたのに超快晴の日がず~~っと
10日間以上も続いて、素晴しい晴れの天気だったのでした~。
僕たちがクライミングに行った日も、高速から北アルプスが
全部見渡せました~。メチャキレイでした~~。


a0353718_13543372.jpg
そして、K8の「凧(5.11b)」へのクライミングです~~。
ここ1週間ほど、イメージトレーニングをガッチリしてきて
ムーブを固めてのトライです~。しかし!、どこかで何かが
ズレたり滑ったりして、完登なりませんでした・・・。


a0353718_13542833.jpg
そして、K8の後の、僕のクライミングですぅ~・・・。
僕もこの1週間ほど、目をつぶればそこにこの「凧(5.11b)」が
あるかのように感じるまでイメージトレーニングをしてムーブを
反芻しまくって来てのトライです~!! そしたら、確認作業の
ように全てのムーブが繋がって一気に終了点まで届きました~!!
今回もヤリました~!!
レッドポイントです!!
今回もメッチャメチャ嬉しくて、思わず咆哮してしまったのでした!
この「凧(5.11b)」は、K8が最初に手をつけたので、彼より先に
登れるとは思っていませんでしたが、僕の方が運がよかったみたい
です~~。まさかの4トライ目でのレッドポイントでした!

夏の忙しくなる前に、もう1本「5.11」グレードを登りに行きたいと
思います!! クライマーの皆さん、よろしくお願いします~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!




[PR]
# by springbk2 | 2017-06-24 07:15 | アウトドア | Comments(0)

ワイン 454

今回は、僕達「安旨ワイン探検隊」がなかなか飲む事が出来なかった
ブルゴーニュの隠れた精鋭ドメーヌのワインです~!!

「オート・コート・ド・ニュイ、オーレリアン・ヴェルデ」2014年です!
a0353718_10274796.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地域の、アルスナン村の
東側の畑「レ・プリュレ」で造られたピノ・ノワール種のブドウで
造られたワインです~。

造り手は「オーレリアン・ヴェルデ」です。 ヴェルデ家は17世紀
初頭からアルスナン村に続く名家らしいです~。先代のアランさん
からビオロジックという自然農法でブドウを造っていたのでした。
そして2004年から、息子の「オーレリアン」さんが、父親である
アランさんからこの「オート・コート・ド・ニュイ」の畑を受け継いで
ワインを造り始めたのでした。現在は完全にビオディナミ農法へと
切り替わって、「オーレリアン」さんが造るワインは、より自然な
ワイン醸造になってきています。

アルスナン村の「レ・プリュレ」の畑で、ビオディナミ方法で栽培、
手摘みで収穫されたピノ・ノワールを使い、ステンレスタンクにて
17℃に温度管理された中、野生酵母で発酵。そしてオーク樽に移し
変えてマロラクティック発酵がなされます。その後新樽比率30%で
約18ヶ月の熟成がなされます~~。


この「オーレリアン・ヴェルデ」、最近の若手新鋭ドメーヌの中で
最高評価のドメーヌなのです!!ワイン雑誌「リアルガイドワイン」
の中でも「今回見つけた見事な優良生産者のトップ3の中の筆頭!」
や「フーリエの再来じゃないか?!」とベタ褒めだったのです~!! 
そんなオーレリアン・ヴェルデのワイン、格下クラスの安いワイン
ですが、今回テイスティングです~~。いざ、オープンです~!!
a0353718_10275398.jpg
このワイン、開けてスグから濃厚な香りがグラスに広がってきます!
アメリカンチェリーや完熟プラムのような果実感と、烏龍茶のような
複雑さがあります。味わいもピノ・ノワール種にしては濃厚で、香り
高いです!! 甘みも感じられるようで、酸味が上手い具合に融けて
いる感じです~。 最後はさらにバランス良くなっていきました~。

廉価版なのですが、オーレリアン・ヴェルデの片鱗を感じられて
良かったです!! これは村名や畑名ワインをぜひ飲んでみたく
なりました~~。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」にて飲みませんか?
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~!!





[PR]
# by springbk2 | 2017-06-23 07:26 | お店からのご紹介 | Comments(0)

忙しい春が過ぎて、ようやく落ち着いてきた6月の高原。
暑すぎず、寒すぎず、快適な気候、梅雨もあるのか無いのか?、意外と晴れの日が
続くことが多くて、散策のベストシーズンでもあります。
山肌を昇っていく新緑も徐々に濃さを増していき、眼に優しい色彩になっていきます。


a0353718_19552042.jpg
ある日の朝、牛留池に行ってみたら。。。こんな風景が待っていました*\(^o^)/*
「ミツガシワ」はほぼ咲き終わり、水面を覆うように葉が広がって、逆さ剣ヶ峰は
ほんのちょっぴりだけ映っていました106.png
「モリアオガエル」のコロコロコロ〜♬という合唱が何とも心地よくて、
写真撮影にいらしていた中年ご夫婦と一緒に「綺麗ね〜」と言いながら、
しばし寛いでいました。


a0353718_19552969.jpg
そこに響いてきたのは「アオジ」さんのさえずり♬
少し緑を帯びた黄色のお腹に貫禄を感じる印象的な鳥です。
目の周りが黒いためか、いつもお顔がクッキリ撮れないのが悩みです^^;;


a0353718_19554414.jpg
毎年この頃に必ず出会う「ビンズイ」さん。
7月になって、位ヶ原へのエコーライン沿いを歩いていても見かける鳥です。
木のてっぺんに留まっていることが多いので、発見しやすいのがいいですね。
まるで、これから登って行く山を見上げているような雰囲気でした。


a0353718_19555132.jpg
森の中で出会った「コゲラ」さん。
黒と白の横縞の背中で見分けやすい鳥ですが、キツツキの中で一番小さいので、
近くないと見つけにくいです。この時は「ギイー」という地鳴きで気づきました。


a0353718_19555932.jpg
足元には可愛いお花がどんどん咲いてきました。
「マイヅルソウ」の綺麗なプチ群生に喜んでいたら。。。

a0353718_19560607.jpg
何と!、赤い実を見つけました~!!
昨年の秋の残りものですね、よく残っていたものです146.png

a0353718_19565555.jpg
「ツマトリソウ」の二人羽織。。。?も可愛いな~~110.png


a0353718_19570173.jpg
「ゴゼンタチバナ」もようやく咲き始めた感じです。
朝晩の気温が低い日が続いていたので、少し躊躇しているように感じます。


a0353718_19573617.jpg
「スズラン」もコロコロと小さな鈴をぶら下げるように咲いていますヽ(^。^)ノ
リンリンという音が聴こえてきそうです♬
きっとゲレンデでもたくさん咲いている頃でしょう。


a0353718_19571265.jpg
冒頭の牛留池に行ったのは、この「ギンリョウソウ」チェ〜ック114.png
のためでした・・・。原生林の径を少し歩いてみましたが、まだ少し
早かったようです。頭を出している姿をいくつか見つけました。
雨が降って、来週にはもっと成長した姿を見れそうな気がします。


a0353718_19571849.jpg
最後は「かもしか」さんに出会いました~~113.png
観光センターの横を流れるわさび沢という川を遡っているところでした。
川沿いの草の新芽をムシャムシャと食みながら、ゆっくり進んで行きました。
暖かい日だったので、何だかとても気持ち良さそうでした!


こんな動植物の営みが日常的に観察できる環境が素晴らしい乗鞍高原。
ゆっくり息抜きに来ませんか〜?デジタルデトックスにも最適らしいですよ。
そして散策を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!






[PR]
# by springbk2 | 2017-06-22 07:54 | お花 | Comments(0)

乗鞍高原で悠久の天の川に出会う旅、「スターライトツアー」の
第1回目が、今週末の6月24日(土)に開催されます~~。

a0353718_13012158.jpg
乗鞍高原は、日本でも有数の天体観測スポットなのです~!
なので、地元乗鞍高原の星空ガイドと星景写真撮影講師の人が
同行し、とっておきの星空をおたのしみ頂けるツアーとなって
います~。日程は、星空観察に適した「新月」に近い土曜日を
セレクト! 肉眼でも「天の川」がクッキリ見えるので圧巻の
星空を楽しむことが出来ます! そして、デジタル一眼カメラを
お持ちの方には、「天の川」などの美しく幻想的な星景の撮影
をサポート!! 星が見えない日には、まいめの池付近を
「ナイトウォーク」する予定のようです~~。                            
                         
今週末の6月24日から始まり、今年は7月22日、9月16日、9月23日、
合計4回の開催が予定されています。 晴れたら、このポスターの
ような満天の星空を見ることが出来ますよ~~


a0353718_13012733.jpg
*「天の川観察コース」:¥1500-/1名様。(定員30人)。
*「天の川撮影サポートコース」:¥2000-/1名様。
  ※デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼を持参の方のみです。
どちらのコースも、ホットドリンク、一口軽食付きです~。
最低催行人数:5名様から~。乗鞍高原観光協会加盟施設にご宿泊の
お客さま限定のツアーとなっています。

*申し込み方法:乗鞍高原観光案内所へ電話でご予約下さい。
                  TEL 0263-93-2147。
乗鞍公式ホームページはコチラからどうぞ。→「スターライトツアー

星空観察の絶好の地である乗鞍高原で、絶景の星空を楽しんで下さい!
そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店をお待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2017-06-21 07:00 | Comments(0)

6月16日~18日までの週末に、日本最大のニューモデルスキーの
展示会である「カスタムフェア」が安曇野市で開催されてました
ので、来シーズンモデルがとっても気になる僕は、ちょっとだけ
見に行ってきちゃったのでした~~。

a0353718_10383662.jpg
「カスタムフェア」は、ICI石井スポーツさんが毎年開催している
来シーズンモデルのスキー用具の展示会です。東京、名古屋、大阪
などの都会はもちろん、北海道などのスキーの地であるところでも
開催されているのです~。なのでもちろん!長野県でも白馬に近い
安曇野市で開催されるのです~。

長野県・安曇野開催のカスタムフェアも、メチャたくさんのお客さん
で混雑していました!! 低迷していると言われているスキー業界
なのですが、こんなにたくさんのお客様がいらっしゃっているのに
ちょっと驚いてしまったほどでした!!・・・・。


a0353718_10384281.jpg
僕がチェックしたのは、もちろん!来シーズンフルモデルチェンジ
する「ATOMIC」です!! スキー板は真っ赤な「RED STAR」と
なり、今までの「D2構造」から「サーボテック構造」になります!
あのATOMICがフルモデルチェンジなので、期待しちゃいますね!!
落ち着いたコスメもGood!なので、僕の心はグッと鷲掴みにされて
しまったのでした~・・・。


a0353718_10384709.jpg
来シーズンモデルの「ATOMIC」は、スキー板以外のギアたちも、
劇的にモデルチェンジしていました!! 乗鞍のプロスキーヤー
Iさんもいらっしゃったので、いろんな話を聞いてきました~!!
僕の物欲は、もうリミットを越えてしまいそうですぅ~・・・。


a0353718_10385244.jpg
そして!、あの「FOORUSH」の西沢ハヤトさんにもお会い
しちゃいました~!! チクビポーズで一緒に写真を撮って
頂きました~~。 そして来シーズンは一緒に山を滑ろう!
と約束をしちゃいました!!・・・。夏はまだなのに、早くも
来シーズンの冬がとても楽しみです~~!!

僕はまだ2017シーズンを終えていないので、もう少しだけ
乗鞍BCで滑ると思いますが、次の冬まで、あと5ヶ月です!!
もう少しの辛抱ですね~・・・。 みなさん、また乗鞍高原で
会いましょう~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~。 よろしくお願いします~~!!





[PR]
# by springbk2 | 2017-06-20 07:37 | イベント | Comments(0)

昨日の6月18日に「乗鞍・天空マラソンが」開催されました~!!
今年は、雨が降らなくて本当に良かったです~!!・・・。

a0353718_15464558.jpg
乗鞍高原から日本一標高の高い道路である乗鞍エコーラインを走る
「乗鞍・天空マラソン」です!・・・、今までは30kmだったのですが、
今年はついに!42.195kmのフルマラソンになったのでした~!! 
標高2600m!、標高差1100mを登る、文字通り日本一過酷な(?)
マラソンになってしまったのでした~。

それでも、やはりたくさんのランナーの方々が天空マラソンを走りに
乗鞍高原へ集結されていました!!


a0353718_15465416.jpg
レースは7:30スタートです。まず最初に35kmコースの選手人たちが
大集団でスタートされていきました!!そして、その10分後の7:40に
フルマラソンコースの選手の方々がスタートしていきました~!!

レースは、今年もトップの選手が1人だけブッチ切りの独走になって、
一の瀬園地を回る頃には、一人旅になっていらっしゃいました~~。


a0353718_15470141.jpg
コチラは、フルマラソンコースで走る、一の瀬園地のようすです。
42.195kmのフルマラソンコースは、観光センターからスタート
して、まず一の瀬園地までの往復を走ることになります~。今の
時期の一の瀬園地は、レンゲツツジが咲いているので、晴れたら
青い空、白い乗鞍岳、オレンジ色のレンゲツツジ、その中を走る
ランナー!、という構図を撮影しようと思ったのですが、当日は
残念ながらちょっと曇っていたのでした・・・。(;´Д`)


a0353718_15470629.jpg
それでも、新緑のミドリとレンゲツツジのオレンジ色の花畑の中を
走るのは、とっても気持ちイイと思います~。フルマラソンの人は
この後観光センターへと折り返して、エコーラインを大雪渓駐車場
までランニングで登り、また観光センターへと帰ってゴールです・・・。
この後にシンドいのが待っているのですぅ~・・・。

そして!、トップの選手は、2時間42分でゴールしたらしいです!!
もう、驚愕のタイムですね!!・・・。尋常じゃありません!!・・・。
山頂方面の画像はありませんが、今年は雨が降らなかったので本当に
良かったと思います~!!


乗鞍・天空マラソン」・・・。日本最高の自転車ヒルクライムレース
マウンテンサイクリング in 乗鞍」と2大エンデュランスレースに
なっています!! このブログを見て、日本最高標高のマラソンに
挑戦してみたい!!と思われた方は、来年エントリーして下さい!
よろしくお願いします~~。

そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-06-19 07:45 | イベント | Comments(0)

以前から注文していた、レアでスペシャルなモルトウイスキーが
6月に入って、やっと届きました~!!

「グレンファークラス1990(27年)、トーマス・カーライル」です~!!
a0353718_14304361.jpg
この「グレンファークラス」というシングルモルトウイスキーは、
スコットランドはスペイサイド地区で造られている、大麦だけを
原料に造られたモルトウイスキーです。

「グランファークラス」は、日本ではあまり知られていませんが、
モルトウイスキーの世界では、トップレベルの味わいのウイスキー
なのです! 特にこのスペイサイド地区では、3本の指に入る程の
「トップドレッシングモルト」なのです~!!

イギリスのサッチャー元首相も、かつて「好きな飲み物は何ですか?」
とインタビューで聞かれた時には、「グレンファークラス105!」と
答えていたらしいです~。

現在も大手会社ではなく家族経営されていて、スペイサイド地区で
一番大きなポットスチルで蒸留され、シェリー樽熟成にこだわって、
10年物から12、15、17、21、25、30年物と、数多くの素晴しい
ラインナップをオフィシャルボトルで揃えてリリースしています!
そして限定品も数多く! こんなにいろんなボトルがオフィシャル
で揃うモルトウイスキーは、他にはなかなかありません~。


a0353718_14304890.jpg
「トーマス・カーライル」さんは、スコットランド・ダンフリース市
出身の有名な歴史家、作家、評論家です・・・。「フランス革命史」や
「オリバークロムウェル」が有名らしいです・・・。そして彼の言葉、
「世界の歴史は英雄によって創られる」が残っているようです~~。

「グレンファークラス」の偉人シリーズは、スコットランド出身の
偉人を集めたシリーズで、ボニー・チャーリー、ジェームス・ワット、
ジェームス・ブキャナン、ロバート・スチーブンソンなどがあります。
このトーマス・カーライルはエディションNo,21で、27年物です・・・。

左の「2000年ミレニアム」ボトルもまだあります。現在は最高の
味わいとなっています!!! 皆さん、ぜひ!飲見に来て下さい~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-06-18 07:29 | Comments(0)

6月に入ってから「カフェ・スプリングバンク」の定休日である
木曜日はず~っと天気が悪くて、乗鞍BCスキーに行けてません
でしたが、今回は突き抜けるように青い青い快晴になりました!
なので、もちろん行って来ました、乗鞍バックカントリースキー
です~!!

a0353718_20480439.jpg
今年の乗鞍岳BCの大雪渓周辺では、比較的残雪が多いのです。
なので、まだまだ滑れます!! 中央の蚕玉岳のルンゼから
左下へと流れるように、まだ雪の斜面は繋がっているのです~。
山頂付近の稜線からボトムまで滑れるのなら、スキーヤーなら
滑りに行くでしょう!!、という事で行っちゃったのでした~。

今回は、夏の乗鞍大雪渓ローカルであり1年中滑り続けている
ミドリンさんが今シーズン初の乗鞍BCにいらっしゃったので、
一緒に行ってきたのでした~~。


a0353718_20483425.jpg
でも、ミドリンさんは大雪渓下のコブコブラインを滑られるので
僕は1本、乗鞍岳剣ヶ峰山頂から滑りに、登って行きました・・・。
今回は1人だったので、景色を楽しみながらゆっくりと登って
行ったのでした~。 北アルプス・穂高連峰方面でも、雪融けが
一気に進んで、残雪が少なくなったのが分かります・・・。


a0353718_20490569.jpg
そして、大雪渓下の道路からスタートして、剣ヶ峰山頂までで
43分でした・・・。 自分的にはけっこう速かったとは思います。
雲ひとつ無い超快晴の青空で、御嶽山も素晴しい眺望でした!


a0353718_20515042.jpg
そして!、今回も蚕玉岳の稜線から一気にボトムまで行きます!!
ドロップ・イン~!!
思いっきりスピードに乗って滑りきってやろう!と思っていたの
ですが、残雪の斜面は大波だらけの様相でボッコボコでした・・・。
なので、とりあえず安全第一で滑りきっていったのでした~・・・。
ボトムの乗鞍エコーラインの道路まで、3分半もかかってしまった
のでした~・・・。 ラストはフトモモパンパン=MPPでした・・・。


a0353718_20493439.jpg
その後、大雪渓前でコブコブラインを眺めながら、お昼ご飯に
お湯を沸かしてラーメンを作り、ゆっくりと食べて、食後には
デザートとコーヒーもゆっくりと味わって頂きました~~。

コブコブラインは、もうしっかりと3本出来ていました!!
時期的にはちょっと早いのですが、滑りにいらっしゃる方々が
あるのだと思います。とてもキレイなラインなので滑走意欲を
くすぐられますね!!・・・。


a0353718_20500444.jpg
ランチを食べた後は、ミドリンさんと一緒に、コブコブラインを
攻めてみたのでした~。真っ白に輝く1本のコブコブライン!!、
そして帽子やスマホ、スキー板、ストック、グローブに至るまで
全身がミドリ色のミドリンさんのターンが決まります!!


a0353718_21002760.jpg
僕も、ミドリンさんの気合の滑りに負けないように、ツアー用の
ファットスキーだったのですがコブコブラインを頑張って滑って
行ったのでした~・・・。 でも現在の乗鞍BCでは、このコブコブ
ラインが一番滑り易かったと言っても過言ではありません!!・・・。
なので、意外と気持ちよく滑れたのでした~・・・。


a0353718_20503435.jpg
滑ったら、また登る・・・。  登ったら滑ります!!・・・。
紺碧の青空に包まれた、乗鞍大雪渓の雪の斜面に立ち、
大自然に心を満たされて、慎ましく自我の追求を求めて、
また登っては滑るのを、繰り返していくのです・・・。


a0353718_20531159.jpg
乗鞍岳BCは、大雪渓の左上はまだ繋がっています。ここが切れたら
剣ヶ峰山頂へは肩の小屋経由で登山道を回って歩いて登って下さい。
蚕玉岳から乗鞍エコーラインの斜面も、今年はまだ繋がっています!
ここも来週までは確実に滑れると思います~~。
そしてコブコブラインのシーズンはこれからが本番ですね~!!


春山バスで乗鞍岳BCへ滑りにいらっしゃるお客さま、滑った後は、
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~。コーヒー&ケーキにお立ち寄り下さい~。






[PR]
# by springbk2 | 2017-06-17 07:46 | アウトドア | Comments(0)

先日の甲府幕岩では、みごとに跳ねっ返されてしまった、僕たち
「チーム・スプリングバンク」のクライミング部だったのです・・・。
なので、また朝練に、長野市の鳶岩へと行ってきたのでした~~。

a0353718_22403270.jpg
狙いは、隊長のK8の鳶岩での課題である「凧(5.11b)」です。
先日初めて触ったルートなのですが、オンサイトはならずだった
ので、今回はカラビナを掛けた後、トップロープでムーブなどを
探っておいて、その後一撃必殺のトライをかけてみたのでした・・・。


a0353718_22403873.jpg
そのK8のクライミングです!!・・・。「凧」というルートは
ショートルートなのに(5.11b)グレードなので、ホールドは
極小のカチとクラック、そしてムーブが難しいと感じます。
でもK8は、一気に登って行き、もうレッドポイントなるか!
と思うところまで行ったのですが、僅かに足がズリ落ちて
フォール!!・・・。
もう、メッチャ惜しい感じだったのでした~。メチャ悔しそう
でした・・・。


a0353718_22404498.jpg
K8が登るのを見てて、その後の僕のクライミングですぅ~・・・。
僕はこのルートはまだ全然ムーブが繋がっていなかったのですが、
K8が登るのを見ていたので、何となくですがムーブが繋がって
きました・・・。僕も落ちてレッドポイントはなりませんでしたが、
やっと1テンションだけでトップアウトすることが出来ました~。

次来たら、墜とせそうな感じになってきました!! なので、
次回もこの「鳶岩」へと通いたいと思います~~。

クライマーの皆さん、こんな「カフェ・スプリングバンク」を
よろしくお願いします~。ご来店お待ちしています~~!!
乗鞍高原へお越しの際にはお立ち寄り下さい~~。





[PR]
# by springbk2 | 2017-06-16 07:39 | アウトドア | Comments(0)