先日の乗鞍バックカントリースキーの時にご来店頂いた
全身ミドリ色のVIPなお客様から、オミヤゲでビールを
頂きました~~。 

「八海山、泉ビール」です~~!!
a0353718_21161945.jpg
このビールは、新潟県魚沼市にある、超有名な日本酒、
「八海山」の醸造所が作っているクラフトビールです!!
日本酒の伝統と技術を駆使して、和食とのマッチングが
テーマに造られているらしいです。。ジャーマンスタイルの
ビールで、スムーズで飲みやすく仕上げているのが特徴
らしいです~。

頂いたのは「ヴァイツェン」というタイプのビールで、原料
に小麦が使われているため爽やかでクリーミーな味わい
になります。一般的なヴァイツェンは、クローブ(丁字)や
バナナのような甘い香りがしますが、「八海山・泉ビール」
は、魚沼産のお米が少量使われているようで、これらの
香りが控えめで、誰もが飲みやすく感じるようアレンジが
なされているようです~。

ありがとうございました!!
味わって飲みたいと思います。

       
      
       
       
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-30 07:14 | 日常 | Comments(0)

まだ今日は5月なのですが、もう早くもレンゲツツジが
咲いてきてしまいました~!! 今年の高山植物の
花が咲くのが、メッチャ早いですぅ~・・・。

a0353718_16583578.jpg
現在の乗鞍高原では、オレンジ色が鮮やかで美しい
「レンゲツツジ」があちこちで咲き出してきています!
例年なら6月中旬から咲き出してくる初夏の花の代表
なのですが、今年は本当に花が咲き出すのが早くて、
もうかなり咲いてきています・・・。なのでロードバイク
に乗って、トレーニングがてら、レンゲツツジの偵察に
出かけてみました~~。

a0353718_16584099.jpg
カフェ・スプリングバンクから、お店のある番所地区を
一周してから、サイクリングロードで一之瀬園地まで、
ゆ~っくりと走ってきました~。 現在は、乗鞍高原の
下部辺りがキレイに咲いています。

a0353718_16585086.jpg
そして、サイクリングロードを通って~一之瀬園地へと
登っていきました~。 サイクリングロードの両脇にも
レンゲツツジがキレイに咲いてきています。この時期は
「レンゲツツジ・ロード」と言ってもイイかも知れません~。
それぐらいにたくさん咲いてきてオレンジ色に染まります。

a0353718_1659168.jpg
乗鞍高原のレンゲツツジの見どころといえば、一之瀬園地
の「つつじ園」ですが、ここはまだ咲いていませんでした。
オレンジ色の花は全く無く、まだ灰色のままでした・・・。
でも、もう1週間ぐらいすると咲き始めると思います・・・。

a0353718_1659543.jpg
最後は、乗鞍観光センターから幹線道路の車道を通って
カフェ・スプリングバンクまで下っていきます。その途中の
銀山荘の先の辺りでも、レンゲツツジが満開でした~!
毎年この土手の部分のレンゲツツジは、他の場所よりも
いち早く咲き始めてきます・・・。 日当りが良いからなの
でしょうか?・・・。

a0353718_16591097.jpg
近くで見ると、「咲き乱れる」という言葉がピッタリな感じで
メッチャキレイなのです~~。 思わずウットリしますね~。

これからの乗鞍高原は「レンゲツツジの高原」となります!!
一之瀬園地の「つつじ園」が満開になれば、一面がオレンジ
色に染まります~!! そんな乗鞍高原の一瞬の美しさを
楽しみに来て下さい~。

そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店を
お待ちしています~。 よろしくお願いします~!!

   
   
        
     
     
      
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-29 07:57 | お花 | Comments(0)

春というよりは、もう真夏のように暑くて、初夏な感じです!
今年は本当に季節の移り変わりがとても早くきています・・・。
そんな新緑が眩しいほどに美しいこの季節なのですが・・・、
カフェ・スプリングバンクの重役役員たちは、遅めの春眠を
貪って、ダラァ~~・・・、デレェ~・・・としていて、全くと言って
もイイほど動こうとしません!・・・。

でもこの春は、乗鞍ローカルの「ボスのTさん」から、緊急の
連絡があると言うので、何とかみんなを集めて、梅雨前に
「ミーティング」を開いてくれました~・・・。

a0353718_16334032.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「この春の乗鞍高原の営業について」(お客さんが来ないと→僕たちのお店が困る!)
「自然保護、環境問題について」(春は黄砂と一緒にPM2.5が中国から飛んでくる~)
「夏のダブル衆参議院選挙はどうなる?!」(僕たちに選挙権はなぜ無いのか?・・・)
「オバマ大統領の広島訪問は今日だ!」(謝罪ではなく、それよりも大切な事がある)
「岡崎のレスター優勝は凄過ぎる~!」(イギリスサッカーくじ、買っとけばよかった・・・)
「乗鞍の春といえば、やはり山菜の季節っ!」(やっぱり山菜は天ぷらが一番~!!)
などなど・・・・。

どれもこれも地球規模の目が回るぐらい大変な問題?・・・・です・・・・。
(えっ?違う??・・・)
・・・・・・・、、、、、。



そんなミーティングが行われている中、先日は乗鞍ローカルの
みんなで集まって、またお好み焼きパーティーをしました~~。
a0353718_1638070.jpg
お好み焼きパーティーの時間が楽しく過ぎていって、最後に
我らがボスのTさんから、重大発表があったのでした~・・・。

ボスのTさん、「乗鞍を離れます!!」

乗鞍のみんな、「えぇぇ~~?!」

僕たち「カフェ・スプリングバンク」よりも昔から、長い間乗鞍に
居て、僕たちのボスだった「Tさん」は、一身上の都合で、この
乗鞍高原を離れることになったそうです・・・。これまで僕たちは
一緒に山に行き、スキーを滑り、一緒にゴハンを食べ、そして
思いっきり限界に挑戦して遊んで来たのですが、ボスのTさん
とは、これでお別れになってしまうのです・・・。 とても淋しい
のですが・・・、彼には彼の人生があり仕方がありません・・・。
これからもお互いに精一杯頑張って生きていくしかありません。
そんな、出会いと別れがある春のミーティングだったのでした~。

そして今日、この日!!、
ボスのTさんは旅立たれて
行ったのでした~・・・。


でも、「カフェ・スプリングバンク」は、これからも通常通り営業
していきますので、乗鞍ファンのみなさん!これからもよろしく
お願いします~!! ご来店お待ちしています~~。

   
    
    
     
        
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-28 07:32 | イベント | Comments(0)

今年は本当に雪の少ないシーズンで、ここ乗鞍岳BCでも
この1週間で一気に雪融けが進んでしまっています・・・。

そんな中、今回は何と!、一年中スノーボードで滑っている
「かぐらローカル」の方たちが、また乗鞍岳BCを滑りに来て
くれたので、一緒に行ってきたのでした~~。

a0353718_21353187.jpg
朝イチの乗鞍岳・春山バスで大雪渓まで上がっていきます。
今週からは春山バスの運行が、大雪渓下の「肩の小屋口」
まで伸びていますので、大雪渓の駐車場からスタートです!
少しの差ですが、これがとても楽チンなのです~~。

a0353718_2135356.jpg
今回のメンバーは、一年中滑走シーズンだという全身ミドリの
ミドリンさんと、同じくかぐらローカルのHgさんです~~!!

彼らは冬はかぐら、春からはかぐらから、→月山、→乗鞍BC
と、ず~~っと滑りっぱなしというのは、本当にスゴイ事です!

この日は大雪渓がスタートだったので、ゆっくりと景色も楽しみ
ながら登っていきました~。

a0353718_21353993.jpg
ミドリンさんのバックには、オーラのような雲が出ていました!
やはり1年中スノーボードで滑走している人には、このような
強大なオーラが出るのでしょうか?!・・・。 僕も早くこんな
オーラが纏えるようになりたいモンですぅ~・・・。


a0353718_21354432.jpg
そうこうしていると、ゆっくりと登っていっても1時間半ほどで
山頂に到着しました~!! 3人みんなで記念撮影です!
やはりピークに立てるのは、イイ気分ですね~。

a0353718_21355045.jpg
今回は、乗鞍山頂小屋の前からドロップ・インです!!
シールを剥がして、ブーツのバックルを締めて、ゴーグルを
装着!、全てのスキー滑降の用意をして、GOです~!!

a0353718_21355744.jpg
まず最初に、Hgさんのドロップ・インです!! 山頂小屋の
前から臆することなく軽快な滑り出しをキメてくれました~。
a0353718_2136221.jpg
そして、もう雪融けが激しくてアミダくじのように入り組んで来た
乗鞍岳BCの沢を、どこまでも落ちていったのでした~~。


a0353718_2136791.jpg
2番手は、ミドリンさんです~。滑走日数がハンパ無い彼も、
ドロップ・イン直後の急斜面をスピードに乗せて一気に滑って
行かれました~~!! もう本当にさすがです~~。


a0353718_21361363.jpg
そして、いつもニコニコ安全第一の僕の滑りですぅ~~・・・。
地元乗鞍ローカルの威信をかけて、かぐらローカルの皆さんに
頑張って滑って、ついて行ったのでした~~。


a0353718_21362084.jpg
みんながボトムまで辿り着いたときには、凄まじい達成感が
湧き上がってきて、3人でハイタッチして喜びを爆発させたの
でした~~。 そして、今滑ってきた斜面の自分のラインを
眺めて、優越感にも浸ったのでした~~。



a0353718_21362738.jpg
その後は、まだ5月だと言うのに、大雪渓下のところに出来て
いた「コブコブライン」を滑りにいったのでした~。3人みんなで
登り返し合戦が勃発ですっ!!・・・。

a0353718_21363230.jpg
僕は、Mt.乗鞍スキー場のゲレンデで滑ってから約2ヶ月間も
滑っていなかったモーグルのようなコブコブラインを、果たして
滑れるのか不安だったのですが、ツアービンディングのファット
スキーでも何とか滑れたので、「ホッ!」と胸を撫で下ろしたの
でした・・・。 とても楽しかったので、サマースキーの大雪渓に
コブコブラインを攻めにまた来るかも知れません・・・。


乗鞍岳BCでは、大雪渓の上部の雪の斜面が、もうかなり狭く
なってきています。 たぶん来週の週末には途切れてしまうと
思います!! なのでこれからは、登山道を登って肩の小屋
まで行って、そこから登山道を登るようにして下さい。スキーの
方は、大雪渓を中心に滑るスタイルになっていくと思います。
くれぐれも砂礫やハイマツの中を歩かないようにお願いします。

そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」で皆さまのご来店を
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~!!

    
     
     
      
      
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-27 06:51 | アウトドア | Comments(0)

今年は、もうすでに都会では30℃を越えていて、暑い夏の
予感がするほどの気温になってきていますが、そんな中、
とても爽やかなエールが、届きました~~。

「トゥアタラ、アウトリガー」です~!!!
a0353718_8384160.jpg
このビールは、ニュージーランドの首都「ウェリントン」から
海沿いに行った郊外の町、「カピティ・コースト」で造られる
クラフトビールです。今回日本初上陸らしいです~~。

そのカピティ・コーストのエンジニアだった「カール・ヴァスタ」
さんが、自分が本当に飲みたいビール!を造るためにこの
ビール会社を2000年に設立。以来、素晴らしいエールを
造ってきています!! そしてもうすでにニュージーランド
の数々のビールの中でも注目のビールになってきているの
です~!!


a0353718_8384530.jpg
「トゥアタラ」というのは、ニュージーランドに住む「ムカシトカゲ」
の現地呼称らしく、ボトルネックはトカゲのような背のゴツゴツ
があります!! こんな遊び心もニュージーランドならではの
ユニークさですよね~~。

味わいは、オーストラリア産のギャラクシーホップを使っている
パシフィックペールエールなので、グレープフルーツのような
爽やかな感じがあり、夏にピッタリのエールだと思います~!!
それでも、IBU:20なので苦くなく、とても美味しいビールです。

ぜひ!この機会に「トゥアタラ、アウトリガー」を爽やかな乗鞍
高原で飲んでみてください~。「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。 

       
      
       
        
        
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-26 08:51 | お店からのご紹介 | Comments(0)

ゴールデンウィークが明けて、いよいよ!クライミングの
シーズンになってきましたが、今シーズンはタイミングが
合わずに、ここまではなかなか行けてなかったのです・・・。

が、しかし!、いつもお付き合い頂いているクライマーの
NJさんから連絡があり、超プロ級クライマーの方と一緒に
クライミングに行くのに一緒に行かないか?!と、お誘を
い頂いたので、久しぶりのクライミングに行って来ました~。

a0353718_20553219.jpg
今回、みなさんに連れられて向かった先は、瑞牆山です!!
ここは山全体が大きな岩というぐらいの山で、マルチピッチが
有名なのですが、フリーのルートもたくさんあるのです~!!
今回はその瑞牆の中でも奥側の、良い感じのフリーのルートが
たくさんある、コロッセオ岩エリアへ連れて行って頂きました・・・。

アプローチは新緑が眩しい登山道をゆっくりと登っていきました。

a0353718_20553951.jpg
最初は、ウォーミングアップも兼ねて「トレビの泉(5.10a)」に
トライです。 一番最初は、NJさんのクライミングです~!!
もちろんスルスルっと簡単に完登。 そしてNJさんは、この後
どんどんヒートアップしていき、5.11dまでトライされてました!
もぅ、本当にスゴイですぅ~~。


a0353718_20554862.jpg
そして、初めて「コロッセオ」岩に来た僕のクライミングです~。
もちろんこの「トレビの泉(5.10a)」も初めてのトライです!・・・。
このルートは横にトラバース系のルートなのですが、この高度!
高度感がハンパ無いです!!・・・。
a0353718_20555326.jpg
ホールドは基本的に大きな「ガバ」なので、ラストのセクションだけ
慎重にこなして、オンサイトできました~。 まあ、5.10aなので、
当たり前ですね・・・。 ★付きの楽しいルートでした!


a0353718_20555941.jpg
その後僕は、2本目「真実の口(5.10d)」へとトライしました・・・。
さすが「コロッセオ」というエリアだけあってルート名もイタリアン~。
このルートも、一応オンサイト・トライを試みてみました!!・・・。
a0353718_205632.jpg
下部はテクニカルながらもサクサクと登れる気持ちのイイルート
なのですが、上部は極小の「カチ」ホールドの続くフェースルート。
そして、その上部のフェースの中に直径10cm以上の大きな穴!、
これが「真実の口」だ!と言わんばかりに開いているのです・・・。

僕はカチ・ホールドに苦しんで、このルートの罠にかかるように
堪らずこの「真実の口」のポケットに手を伸ばしていきました・・・。
絶対に「ガバ」=(大きなホールド)だと思った真実の口は、緩い
スローパー系=(手が引っ掛からない)のホールドで、ズルっと
滑ってフォールしてしまいました・・・・。 

このルートの「真実の口」は、嘘つきだったのでした・・・。
騙されたぁ~。


a0353718_20561055.jpg
そして一緒に行ったKさんは、そんな僕の情けないクライミング
を横目に、「レマンサル(5.13a)」へとトライされていました!!
5.13aですよ!!!
サーティーン!!!

僕たちにとっては、5.13はもう神の領域です!!!・・・・。
a0353718_20561654.jpg
Kさんは、最初の1本目はホールドとムーブを確認しながらの
ゆっくりとしたクライミングで、2本目はその確認したムーブを
繋げて行くように登られていました・・・。そしてラストの3本目!
レッドポイント・トライをされて、この日初めて触った「レマンサル」
=5.13aを完登されました~!!!

これには僕も、本当にビックリでした!! 僅か1日で5.13aを
レッドポイントされるなんて!!、 本当にスゴ過ぎます!!!
そして、それを見て僕は、Kさんからレッドポイント=完登の仕方
を教わったような気がしたのでした・・・。 次のクライミングの時
に試してみようかと思います~~。


a0353718_20575183.jpg
瑞牆山では、ピンク色の「シャクナゲ」の花が綺麗に咲いてました~。
でも僕の、「真実の口」が登れなかった悔しい想いは、そのままに
残ったまま帰って行ったのでした・・・。 この悔しさを次に繋げたい
と思います~~。 クライマーな皆さん、「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~。こんな情けない僕にクライミング
を教えて下さい~~。 よろしくお願いします~。
   
   
   
    
    
    
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-25 06:50 | アウトドア | Comments(0)

ワイン 399

いよいよ400の大台の手前になってきました~!!
僕たち「安旨ワイン探検隊」も、ついにここまで来て
しまいました~・・・。 これからもどんどん皆さんに
安くても美味しいワインをご紹介して行きたいと思い
ますので、よろしくお願いします~~。

今回のワイン、「ラシラー・ド・タレス」2014年です~。
a0353718_1928923.jpg
このワインは、フランスの南部のワイン産地「ラングドック」で
造られた、シラー種のブドウで造られたワインです。

造り手は「フレデリック・コサール」さんです。 彼は元々酪農家の
家系に生まれたので、「ENIL」という国立乳産業学校で乳醗酵を
学んでいた方でした。 しかしワインの仕事に非常に興味があった
らしく、若干23歳でワインの世界に飛び込み醸造学校へ行ったり
クルティエの仕事で働きます! その間、ブルゴーニュのワインは
全て飲み尽くした!らしいです!・・・。その後、やはり自らの理想の
ワインを造るために、1996年に自分のドメーヌ、「シャルソネイ」を
立ち上げるのです! そして2005年新たにワイン醸造所を建設し、
その翌年にネゴシアン業「フレデリック・コサール」もスタートさせた
のでした~~。

ラングドックで造られたシラー種をブルゴーニュのドメーヌに運んで
醸造されます。木桶タンクで28日間のマセレーション、自然醗酵で
24日間、新樽比率20%で12ヶ月、その後ステンレスタンクで2ヶ月
の熟成が成されます。

ラベルにある「3本の糸杉」は、フランスの村では「ようこそ!」という
意味らしいです・・・。


ブルゴーニュの奇才「フレデリック・コサール」さんが造る、シラー種
100%のワイン、これはどんなワインになっているのか非常に興味
がありました!! なので、400を前にこのミッションを完了させて
しまおうという次第です!! いざっ、オ~プンですぅ~~。
a0353718_19282133.jpg
このワイン、開けてスグからシラー種らしいスパイシーな香りが
グラスに広がります! 高級ウーロン茶(?)、革製品、タバコの
葉っぱ(?)、明らかにシラー種のブドウで造られたワインの香り
です。味わいはとても滑らかでシルキー!! 酸味のバランスも
とても滑らかです~。この価格のワインでこの味わいは驚異だと
思います!! これで3千円ピッタリ!!、素晴らしいワインだと
思いました~~。

次はいよいよ「400」の大台です!! どんなワインになるのか、
僕たち自身も、とても楽しみです~~。 なので、ワイン好きな
お客様、「カフェスプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。 
     
    
     
      
        
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-24 07:29 | お店からのご紹介 | Comments(0)

季節の進みが本当に早い今シーズン、乗鞍高原の
お花たちの開花が止まりません~~~。^^;;

a0353718_16362126.jpg
いがやのバッハアルプ湖からの風景はすっかり6月の雰囲気です。
晴れた日のこんな綺麗な光景は、是非一度は見て頂きたいものです。

a0353718_16371089.jpg
高原内のあちらこちらで「ウワミズザクラ」が満開です。
白いブラシのような花房が風に揺れているのが気持ち良さそうです♪

a0353718_16371549.jpg
ピンク色の山桜の後に咲く「桜」が、この「ミヤマザクラ」です。
蕾は可愛くて清楚な雰囲気ですが、咲くとモリモリ&フワフワな感じ
になります~~。

a0353718_16372122.jpg
その「ミヤマザクラ」と一瞬間違えそうになるのが「アズキナシ」。
同じバラ科の中でも、サクラではなく、ナナカマドの仲間だそうです。

a0353718_16373050.jpg
そして、スモモの後に開花が待たれていた「コナシ」も咲いています。
これは「コナシ」のうち、少し花が大振りの「エゾノコリンゴ」です。

a0353718_16373623.jpg
こちらは「ズミ」という花です。 ピンク色の蕾が特に美しいです。
先ほどの「エゾノコリンゴ」と合わせて「コナシ」と呼ばれています。

a0353718_16374068.jpg
新緑が眩しい「カラマツ」の枝に、パイナップルのような実が
ついていたり・・・。 面白いです。

a0353718_16374571.jpg
「まだ咲いちゃだめよ!」と言い聞かせている「レンゲツツジ」。
6月の中旬〜下旬に見頃になるメインのお花ですが、既に蕾が
膨らんできているので、例年よりも早く見頃を迎えそうです。

a0353718_16374935.jpg
休暇村より上部の、乗鞍エコーラインの道路脇の足元には、
「マイヅルソウ」の絨毯が所々に見られます。葉が出揃って、
可愛い蕾を付けて、開花の時を待っています。

a0353718_16375349.jpg
そして、高原の下部では「ベニバナイチヤクソウ」の開花が始まって
いるようです。今年もピンクのベルがたくさん咲きそうで嬉しいです!

a0353718_16375882.jpg
「コミヤマカタバミ」も恒例の春のお花。 四つ葉のクローバーの
ような葉の上に咲くお花は、白色だけでなく少しながらピンク色も
あります。 探してみてくださいね~~。

乗鞍高原のお花は、今シーズンは待ったなしで続々と開花しています。
残雪の乗鞍岳を眺めながらの高原散策が、最高に気持ち良いシーズン
になってきています~~。 散策の後には、「カフェ・スプリングバンク」
で、まったりコーヒータイムをどうぞ~~~。
ご来店お待ちしております♫  
    
     
   
    
       


 
 
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-23 07:33 | お花 | Comments(0)

今冬シーズンは、記録的に雪の少ないシーズンでした・・・。
なので春山の残雪も、記録的に少なかったのでした!・・・。
でも、それでも!
乗鞍岳の「雪の壁」は
見ることができます!!


a0353718_10395663.jpg
昨日、今週末の21日(土)から、乗鞍岳・春山バスの運行が
大雪渓の「肩の小屋口」のバス停の所まで延長されました!

そして「雪の壁」は、大雪渓手前の4号カーブの大きなヘアピン
カーブの所で少し見ることができます。一番高い箇所で約8m
ぐらいあるそうです~~。

a0353718_1040586.jpg
その「雪の壁」の中を春山バスが通っていくので、大迫力です!
この4号カーブの周辺で、毎年10m以上もの雪の壁になるの
です。今年はメッチャ暖かくて、都会ではもう真夏のように暑い
ぐらいで、雪融けがと~っても早いので、「雪の壁」を見に来たい
お客様は、出来るだけ早い目がイイかと思います~~。

a0353718_10401530.jpg
ここが、運行が延長された、大雪渓前の「肩の小屋口」バス停
です。 ここには少しだけ広くなった感じの駐車場と、避難小屋
と、トイレがあります・・・。 スキーヤーや登山の方々はここから
登って行かれます。

a0353718_10402221.jpg
この看板から先は、まだまだ除雪作業中なので、雪が無くて歩け
そうでも、作業は危険なので入らないようにお願いします!!・・・。

登って行く中で雪が無くなって、ハイマツや砂礫の中を歩くとかも
先日のブログでお伝えしたように、高山植物や雷鳥を守るために
禁止されています!! 100人中、1~2人でもローカルルールが
守れないと、スキー禁止などの規制がかかってしまいます・・・。
そうならないように、よろしくお願いします~~。→「注意点


a0353718_10403251.jpg
雪の壁が乗っている春の乗鞍高原のパンフレットですが、なかなか
自然は思うようにはいきませんね~。 高い「雪の壁」はまた来年
期待しましょう~~。

「雪の壁」観光を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。

       
      
     
        
        
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-22 07:32 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

5月から流れている、日焼け止めの「アネッサ」のCM、
真木ようこさんがあまりにもカワイ過ぎるので、ついつい
彼女に目が奪われてしまいますが、この「火を起す」編
のバックの景色・・・、どこかで見たことがある!と思い
ませんか??・・・。

(約15秒ぐらいから「火を起す」編は始まります・・・・)

そう!、このCM、
乗鞍高原で撮影
されたのです!!


アネッサを塗って!キャンプしに、乗鞍高原へ来てください~。
でも、真木ようこさんはいらっしゃいません・・・。あしからず。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~!!
    
    
      
     
[PR]
# by springbk2 | 2016-05-21 07:25 | イベント | Comments(0)