秋の涼しい季節になってきたので、そろそろ僕たちも次の5.11へと
挑戦したいと思います・・・。 が、肝心の隊長であるK8がまだ忙しく
なかなかクライミングには行けてません・・・・。

a0353718_13443037.jpg
それでも先日、冬のBCスキーで一緒に行っている、乗鞍ローカルの
KH君がクライミングを始めてみたい!というので、KH君の初めての
クライミングにお付き合いしてきたのでした~!!

早朝練習で向かったのはもちろん、僕達のホームゲレンデでもある
坊抱岩です~。KH君は、初めて使うハーネス、ATCビレイデバイス、
ロープなど念入りに操作を確認して、興味津々のようでした~~。


a0353718_13450266.jpg
そして、KH君初めての
クライミングオン!!
最初は、坊抱岩のAボルダーで、簡単なルートから始めてみました・・・。
初めてのクライミングシューズを履いて、外岩の手触りを確かめながら、
でも気合十分で登っていきました~~!!


a0353718_13453207.jpg
そしてKH君は、何本も何本も一気に気合で登っていました~~。
そして、誰もが最初にクライミングしたら味わうパンプアップを
感じながら、「ウオォォ~~!!」と叫んで登っていってました!


a0353718_13460269.jpg
そして僕は、KH君の気合のクライミングのお手伝い&ビレイをして、
その合間に「石の華(5.10c)」を何とかレッドポイントでした・・・・。

これからの秋のクライミングシーズン、KH君にもお付き合い頂いて、
K8と一緒にもう何本か5.11を登って行きたいな~と思っています~。
クライマーの皆さん、またよろしくお願いします~~。


乗鞍高原にお越しの際には、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-09-13 07:43 | アウトドア | Comments(0)

蓼科山、登山。

「カフェ・スプリングバンク」は、毎年恒例の長い無休の8月が終わり、
やっと9月になり、約1ヵ月半ぶりの定休日となりました~!!

夏の間、みなさんが素晴しい登山をしているのをSNSの投稿で見て
いて歯軋りしていたので、晴れたらどこかの山へ歩きに行きたいと
思っていたのですが、何だか僕達の休みの日に限って天気は不安定。
a0353718_10320710.jpg
でも、天気予報も目まぐるしく変化していて、前日の予報だと晴れの
エリアが広がってきました・・・。そして南部の方が晴れそうな感じに
なっていたので、出来るだけ確率の高い方面へと言う事で、八ヶ岳へ
向かっていったのでした~・・・。 (画像は八ヶ岳です・・・)


a0353718_10323686.jpg
でも朝早くに出発したのですが、諏訪を越えたあたりでは雨!・・・。
前日の雨がまだ残っていたのですぅ~・・・。八ヶ岳のワンデイだと
かなりハード山行になるので、雨だとリスクも高いです。 なので
急遽ターゲットを変更して、「蓼科山」へ登りに行って来たのでした。

「蓼科山」は、白樺湖の南、八ヶ岳の北端に位置する、端正な容姿の
山です。そして、目立たない存在なのですが、「百名山」の一つにも
なっているのです~。 スプリングバンクN は行った事が無いので
今回は「蓼科山」です~~。


a0353718_10330646.jpg
すずらん峠の登山口からスタートしましたが・・・、ついさっきまで
雨が降っていたので、登山道は泥だらけのドロドロ&ヌルヌル!!
腰の辺りまである笹薮も濡れていて、スグにズボンがドロドロ~&
濡れ濡れ~になってしまいました~。モチベーションガタ落ち・・・。


a0353718_10342052.jpg
笹薮セクションを越えて行くと、岩の急登セクションになります!
一気に急な登りになるので、息を整えながら登って行きます・・・。
オマケに岩も濡れ濡れ~なので、滑らないように慎重に一歩ずつ
登って行きました~~。


a0353718_10342645.jpg
延々と続く岩の急登をこなして行くと、山頂直下の「縞枯れ地区」と
言う、立ち木が枯れているセクションに来ました~。僕は昔むかし
に冬のBCスキーで来たことがあるのですが、その時には幻想的な
感じだったのですが、今回は霧で真っ白になっていたのでちょっと
不気味な雰囲気だったのでした・・・・。


a0353718_10343219.jpg
「縞枯れ地区」を抜けると、一気に山頂付近の岩場になります!!・・・。
雲に覆われて真っ白の霧の中「晴れないかなぁ~、晴れて欲しいな~」
と思いながら、半ば諦めモードで岩場をこなして、山頂まで上がって
行きました・・・。


a0353718_10343927.jpg
そして、霧で真っ白なまま、山頂小屋に到着してしまいました・・・。
オマケにこの時、横殴りの雨がザーザーと言う勢いで降ってきたの
です!!・・・。 昼頃までには晴れる天気予報だったので回復して
くると思っていたのに・・・・。あぁ・・・(´;ω;`) ブワッ


a0353718_10344416.jpg
雨宿りで山頂小屋に入って、お昼にラーメンを頂いてしまったの
でした~・・・。地元八ヶ岳山麓の渡辺製麺の生麺の暖かいラーメン、
冷えた身体に沁み込む美味しさでした~~。


a0353718_10344836.jpg
そして、雨が止んだ頃を見計らって、山頂の標識があるところまで
上がって行きました・・・。 一応今回も「ヤリました~!!」ですが、
ガスガスの真っ白なので、何だか「ダメだった~...」という気分・・・。


a0353718_10345648.jpg
山頂の三角点の奥に、蓼科神社があるのです。一応そこで「晴れ」を
祈願してみました・・・。

すると!!・・・・、
a0353718_10350721.jpg
ドッカぁーーーン!!!!

一気に雲が抜けてきて、晴れの青空が広がったのでした~~!!!
これは本当に奇跡のような感じで雲が抜けてくれて、時々素晴しい
眺望が見渡せたのでした~~!!!


a0353718_10351368.jpg
それでも雲に入って真っ白になったり、一気に抜けて雲上の景色が
広がったりを繰り返していました・・・。この日は、他の山でも雲が
多かったようで、となりの八ヶ岳は山頂の辺りだけ雲に覆われてて、
今日はコッチ=蓼科山で正解だったかも?と思いました・・・。


a0353718_10354146.jpg
さっき居た、「蓼科神社」が、この平たい岩場の真ん中にあります。
僕の右上方面の人が数人居る辺りが、山頂の標識のある所です・・・。
この「蓼科山」の山頂はとても不思議な景色の山頂です。岩場なのに
丸く円を書くようにクレーター状に平たくて、まるで「賽の河原」?
のような雰囲気でした・・・。


a0353718_10355271.jpg
何度も何度も、雲の中から出てくる紺碧の青空の景色を楽しんだ後は、
また来た道をピストンで帰っていったのでした~・・・。苔生した道は
晴れて日が差してくると幻想的で荘厳な雰囲気を携えていたのでした。


また、乗鞍高原へお越しの際には、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~!!



[PR]
by springbk2 | 2017-09-10 07:31 | アウトドア | Comments(0)

チーム・スプリングバンク
2回目の掲載です~!!

a0353718_12192757.jpg
言わずと知れたクライミング雑誌「Rock & Snow」!! 昨日発売
されたNo,77に、今年の春に僕たちチーム・スプリングバンクが挑戦
した「鹿島槍北壁」の記事を掲載して頂きました~!!

ご興味のある方は、ぜひ!ご購入してクロニクル見て下さい~~。
よろしくお願いします~!! でも記事はブログのと同じです・・・。
ブログの方はコチラからどうぞ~。→「鹿島槍・カクネ里BCスキー

「カフェ・スプリングバンク」にもRock & Snowはありますので、
ご来店して見てって下さい~。よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-09-08 07:25 | 日常 | Comments(2)

僕が今まで、乗鞍からは遠くてなかなか登りに行く事が出来なかった
クラッシック・クライミングの聖地「谷川岳・一ノ倉沢烏帽子岩南稜」
のクライミング!、昨日の続きです~~。

a0353718_11073738.jpg
「5ピッチ目」
5ピッチ目は、画像の右側の稜線を伝って登って行くことになります。
この辺りまで来ると、やっと雲の間から青空が少し見えてきました!
雨の心配も何とかギリギリもってくれて、このルートの全6ピッチが
登れそうな感じになってきました~。


a0353718_11071808.jpg
5ピッチ目の上から見た、僕のクライミングです~~。
氷河に削られている谷底まで、大迫力に切れ落ちています!!・・・。
5ピッチ目のグレードも4級+ぐらいなので、それ程難しくはなく
濡れてなければ快適なクラミングが楽しめそうな感じです~。


a0353718_11074549.jpg
「6ピッチ目」
このピッチが、この「谷川岳・一ノ倉沢烏帽子岩南稜」ルートの最終
ピッチであり、核心部分のピッチらしいです~。グレードは5級・・・。
僕達の前のパーティーのリードがなかなか登れなくて、苦しんでいる
ようすだったので、ちょっとどうかな~と思いましたが、NJさんには
関係ありません。楽そうにサクサク登って行かれました~~。


a0353718_11082628.jpg
そして核心6ピッチ目のYKさんのクライミングです~!! この
「谷川岳・一ノ倉沢」を登るのを課題にしていたらしいYKさんは、
まさにこの瞬間、夢が叶っていたのです!! とっても楽しそう
に登られていきました~~!!


a0353718_11084752.jpg
そして!!、「谷川岳・一ノ倉沢烏帽子岩南稜」完登です~!!
今回もヤリました~!
行く前から雨がとても心配だったのですが、何とかギリギリもってくれて
NJさんのお陰で岩壁が少し濡れてても、全6ピッチ登ることが出来ました!
こんな僕でも、やっと「谷川岳」のクライミングを経験出来たのでした~。


a0353718_14523889.jpg
6ピッチ目を登り終えたら、ここから懸垂下降で帰ります・・・。
下降用のアンカーポイントで懸垂下降の準備中・・・、 そして!、
a0353718_11092085.jpg
奈落の底のに向かって、
さよ~な~らぁ~~・・・。
シュルルゥゥ~~~!!

a0353718_11093088.jpg
最終6ピッチ目から60mロープをダブルでの懸垂下降を3回かけて、
1ピッチ目のスタート地点である南稜テラスへと帰ってきました・・・。
その後、クライミングギアを回収して、登ってきたテールリッジを
またトコトコと歩いて帰っていったのでした~。帰りは岩が乾いて
いたので、歩き易かったです・・・。「テールリッジ」のスラブ状の岩が
濡れていると滑って危険極まりない下りになると、登ってくる時に
心配だったのですが、乾いてて良かったですぅ~~。


a0353718_11093721.jpg
そしてまた、登ってきた雪渓の上を下って帰っていきました~。
この頃には、かなり晴れてきていて、稜線の雲も取れてきていて、
谷川岳・一ノ倉沢の全景も見る事ができました~。やっぱり山は、
晴れているととてもキレイに見えますね~!! 雨に降られずに
最後まで登ることが出来て良かったですぅ~~!!


a0353718_11094418.jpg
「ラストショット」
雪渓の下は洞窟のような大きな穴になっていて、そこから冷気が
吹き付けてきていました~。雪渓の上からは生ぬるい風、下からは
メっチャ冷たい風が吹いていて、それが混ざって吹いてくるので、
とても不思議な感じでした~・・・。


これから秋になって、どんどん登山もクライミングも行きたいです!
こんな「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~~。
乗鞍高原へお越しの際には、ご来店お待ちしています~~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-08-31 07:06 | アウトドア | Comments(0)

山に登る人たちには、いつかは登りたいと思う憧れのルートや山頂が
あります・・・。通常の登山だと、奥穂高岳や槍ヶ岳、剱岳や富士山など。
ルートだと、表銀座や裏銀座や、南アルプス縦走などがあります・・・。

垂直の岩壁を登るクライマーにとっての憧れのクラッシックルートは、
屏風岩や前穂高東壁、小川山や瑞牆山のマルチピッチなどがあります。
そしてやはり、クライマーとして避けては通れない山があるのです!
それは「谷川岳」なのですっ!!・・・。

a0353718_11013273.jpg
「谷川岳」は、群馬県と新潟県の間にある、日本のクライミングの
歴史の中で、クライミングの聖地になっているほどの山なのです!
戦後の昔のクライミングはこの「谷川岳」の岩壁を登ることを目標に
して行われてきました・・・。気象が厳しくて、遭難者が続出している
らしく、この遭難者の多さではギネス記録に認定されている程らしい
です!!・・・。こうした事から、「谷川岳」は、「魔の山」、「人喰い山」
「死の山」と呼ばれていたようです。そして百名山にもなっています・・。

そして僕も現在はクライミングをしている中で、「谷川岳」の名前は
もちろん耳にしていました・・・。 しかし、乗鞍高原から谷川岳へは
1日で登りに行くにはかなり遠くて、なかなか行く機会は無かった
のでした・・・。
が、しかし!!、
先日の某日、僕がいつも行くカモシカスポーツの屈強な従業員さん
から連絡があり!、その「谷川岳」クライミングに行くので「一緒に
行きませんか?!」と連絡があったのです!!・・・。なので、夏なの
ですが、ここは思い切ってそのお誘いに乗っかって、クライミング
の聖地「谷川岳」へと初めて行ってみたのでした~!!・・・。


a0353718_11014061.jpg
前日の仕事を早めに終わらせて、深夜1時に乗鞍高原を出発・・・。
松本市某所でNJさんと合流してから、高速を飛ばしていきます。
そして、「谷川岳」登山の玄関口である土合に4:30に到着でした。
そこでカモシカスポーツ従業員であるYKさんと合流し、そこから
自転車に乗り換えて、一の倉沢へ上がりました~・・・。しかし!、
この時点で、まさかの雨がパラパラ降ってきていたのでした!!
、、、・・・・・・・・・・・。
谷川岳・一の倉沢の看板の前で、どうしようか?と3人で会議・・・。
でも、せっかくここまで来たんだから、行ける所まで行って
みたい!というYKさんの意見で「続行」が決定~。 ここで
装備を変えて、ヘルメットとハーネスをつけて、一ノ倉沢を
歩いて登って行ったのでした~・・・。


a0353718_11020624.jpg
一ノ倉沢を歩いて登って行くと、途中からは大きな雪渓の上を歩く
ことになります。この雪渓がまたカチカチのツルツルで!、通常の
アプローチシューズでは登り難かったです・・・。


a0353718_11023253.jpg
そうしてやっと!「テールリッジ」という、氷河に削られた岩の上を
歩くセクションに到着しました・・・。ここから見上げる「谷川岳」の
メインの岩壁「衝立岩」は、圧倒的な大迫力がありました!!・・・。

歩き始めてからも、雨がポツポツ降ったり止んだりしていましたが、
時々陽射しも出てきていて、僕たちの心の中にも少しずつですが、
最終ピッチまで登れればイイなぁ~という期待感が出てきていた
のでした~・・・。


a0353718_11024624.jpg
「テールリッジ」は、氷河に削られた溝と溝の間の岩筋峰という感じ
のセクションです・・・。氷河に削られて磨かれているので、基本的に
「スラブ」=岩がホールドが無くツルッとしているのです・・・。斜度は
そこまで急ではないのですが、滑って滑落したら→即死になるので、
一応ロープを繋いで登って行きました。


a0353718_11032815.jpg
「テールリッジ」をアプローチで約1時間ほど登ってきて、やっと
南稜テラスに到着です。ここからやっと「一ノ倉沢烏帽子岩南稜」
のクライミングが始まります!!

「1ピッチ目」
南稜テラスでクライミングの用意をして、ここから1ピッチ目です。
NJさんのリードでクライミングが始まりましたが、少し前に他の
パーティーが先に登っていたので、少し待たなければなりません
でした・・・。さっきまで降ってきた雨のせいで、岩壁が濡れていて
ヌルヌルで滑り易くて、難しい&恐怖感極まりないクライミングを
強いられてしまいます!!・・・。 岩壁が乾いていれば何も問題は
無いグレードなのですが、滑るのが怖くてしょうが無かったです!


a0353718_11034390.jpg
「2ピッチ目」
それでもNJさんは、細心のクライミングで濡れた岩のデリケートな
クライミングにも関わらず、サクサクと登って行かれていました~。
このルンゼも水が流れてきていて濡れ濡れなのに、見ていても普通に
登ってる感じで、改めてスゴイなぁ~と思わされてしまいました・・・。


a0353718_14534341.jpg
コチラは僕の2ピッチ目のクライミング画像です~~。
この「谷川岳、一ノ倉沢烏帽子岩南稜」は、簡単なグレードの人気の
ルートなので、たくさんの人が登るので、岩のホールドが丸まって
いて尖っていないのです!! 大勢の人が登って触ると岩がこんな
にも丸くなるのだと、ちょっとビックリでした!!・・・。

a0353718_11035792.jpg
2ピッチ目を上側から見たらこんな感じです・・・。昔、岩が氷河に
削られて溝になっている地形が良く分かります。氷河に削られた
箇所は溝になっていて、残った箇所は凸状の峰になっています・・・。

そして、ここを登っている最中にも、右上に見える雪渓が崩壊して
「ドゴガガァァーー!!」
と、カミナリが落ちたような轟音が鳴り響いていて、僕たちは
恐怖感を煽られていたのでした・・・。凄まじい轟音でした・・・。


a0353718_11042080.jpg
「3ピッチ目」は、草付きの登山道のような道のトラバースです・・・。

そして4ピッチ目。
南稜の真ん中に突き出た岩を左に回りこむようにして登って行きます。
グレードは4~5級グレード程なので、そんなに難しくはないのですが、
雨に濡れた岩がツルツル&ヌルヌルなので、とてもデリケートな感じ
のクライミングで依然として怖かったです・・・。


a0353718_11042622.jpg
ビレイ中のYKさんです~。バックには3ルンゼが大迫力で見えてます。
依然、稜線は雲の中だったのですが、少しずつ天気は良くなってきて
いて、ちょっと陽射しがあると焼かれているように暑くなって、滝の
ように汗が流れていきました・・・。 乗鞍高原に住んでいる僕にとって
この日はこの夏で一番暑い日になりました・・・。こんなにも汗が出るの
だとビックリな程でした~・・・・。

その②へ続くっ!!




[PR]
by springbk2 | 2017-08-30 07:00 | アウトドア | Comments(0)

山に住んでいると、季節の移り変わりは本当に早いのです・・・。
忙しいお盆の行楽シーズンを過ぎると、山はもう秋の雰囲気に
包まれてきていて、風がヒンヤリしてきています~~。

そして、毎年同じように、今年もモンベルの2017~2018秋冬
シーズンのカタログが届いています~!!

a0353718_22060659.jpg
2017~2018秋冬カタログの表紙の写真は、またしても「立山」の
紅葉の写真だったのでした~。これで3年連続で立山の写真です。
モンベルさんは、「立山」が好きなのでしょうか?!・・・。一度は
乗鞍岳の写真も使っていただけたらなぁ~と、いつも期待して
いますが・・・・。 いつかは、よろしくお願いしますぅ~・・・。

今年のモンベルの秋冬用ウェアは、個々の製品のブラッシュアップ、
そして帽子やグローブなどの小物も新しくなっていますよ~~。
僕もぜひ使ってみたいウェアがたくさんあり過ぎて、カタログを
見ていると、メチャ欲しくなってしまいます~・・・。



a0353718_22061421.jpg
「カフェ・スプリングバンク」併設の「モンベルショップ」では、
シャツやフリース、防水レインウェア、タイツや靴下などなど~、
いろいろ販売しています~。乗鞍高原にお越しの際にはお気軽に
お立ち寄り下さい~~。

そして、モンベルのカタログは「カフェ・スプリングバンク」の
カウンターで見る事ができます~~。気になっている方は、ぜひ!
見てって下さい。ご来店お待ちしています。よろしくお願いします~。





[PR]
by springbk2 | 2017-08-26 07:04 | お店からのご紹介 | Comments(0)

大人気で、スグに予約が埋まってしまうぐらいのイベントに
なってきている「ヨガ・リトリート in 乗鞍」が、今年の秋は
10月の追加開催が決まりました~!!

a0353718_20325664.jpg
「ヨガ・リトリート in 乗鞍」とは、乗鞍高原内の大自然の中で、
自然をいっぱい感じながらヨガをしよう!というイベントです!
大自然の中でヨガをして、乗鞍高原のホテルで1泊2日ゆっくり
しながら心と身体を癒す体験が出来る、とっても素敵なイベント
です~~。

プログラムは、誰でも参加出来る初心者向けなので、初めての方
でも安心して参加出来るようです。「朝の森林浴ヨガ」、「外ヨガ」
「夜の安眠ヨガ」などなど、今年もいろんなスタイルのヨガをして
楽しめるみたいです~。


a0353718_20283678.jpg
10月の開催日程は、10月28日(土)~10月29日(日)です。

宿泊の「プチホテル・アルム」さんには、木造りの露天風呂の
温泉もあり、出来るだけ地元の食材を使ったお料理も楽しめ
ます~。→「プチホテル・アルム

お申し込みフォームと詳細はコチラからどうぞ!→「コルリ

ヨガに興味のある方も、最近疲れが溜まっている方も、身体の
硬い方も、健やかになりたい方も、皆さんのご参加お待ちして
います~。

そして僕は「カフェ・スプリングバンク」にて、皆様のご来店を
お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-08-08 07:26 | イベント | Comments(0)

今年の北アルプスは、ず~~っと不安定な天気が続いていて、
乗鞍岳の登山のガイドの仕事も、予定は入っていたのですが、
雨で中止になったりして、なかなか行けていませんでした・・・。

でも先週やっと少し晴れたので、小学生のみなさんのガイドを
させて頂きました~~。
a0353718_15182207.jpg
朝イチで畳平へと上がります。畳平に到着したら結構晴れてた
ので、お客様のバスが到着する前に少しだけ「お花畑」を偵察しに
行って来ました。もう一気に雪が融けていて、高山植物の花が
満開になっていました!!


a0353718_15183051.jpg
乗鞍岳「畳平」のお花畑は、木道が整備してあって、とっても
気持ちよく歩けます。1周約20分ぐらいですが、高山植物の
花を写真に撮ったりしながらゆっくり歩くと、半日でも楽しむ
ことが出来ます。標高2700mなので、ちょっと寒いぐらいです。


a0353718_15183752.jpg
今が一番の最盛期を迎えているのは、「クロユリ」さんです!
とても貴重な高山植物の花なのですが、乗鞍岳・畳平のお花畑
には、たくさんモリモリと咲いています~!!


a0353718_14005228.jpg
そして!、今年は「コマクサ」さんも大盛況で咲いています!!
畳平周辺の砂礫地は、まるでピンク色の絨毯のようになっていま
した~!! 今が一番キレイだと思います!!


a0353718_15190447.jpg
そして僕は、ガイドの仕事で小学生の団体様を乗鞍岳の剣ヶ峰
へとご案内しました~。 畳平周辺では晴れ間も出ていたので、
ある程度は景色もキレイに見えました~。


a0353718_15191511.jpg
でも、肩の小屋の辺りからは、白い雲が上がってきて、一気に
白くなってきてしまいました~・・・。それでも小学生はとても
元気なのと、あともうちょっとで山頂に着くので、みんなで
頑張って登って行ったのでした~。


a0353718_15192905.jpg
そしたら・・・、蚕玉岳から~剣ヶ峰山頂の辺りだけ、雨が降って
しまいました!・・・。なので、急いで山頂へ登り、みんなで写真
を撮影して、下山していったのでした~。


a0353718_15193475.jpg
濡れた岩の下りの登山道は、急いで下りると滑って危険なので、
雨が降っているので早く下りたい気持ちを抑えて、安全第一で
下って帰っていきました~。

山頂で雨が降って、真っ白で景色が見えなかったので、ちょっと
残念ですが、まあこれも登山の一面ですね~。天気だけは、もう
しょうがないです・・・・。僕は出来るだけ楽しんでもらえるように
いろんな話をしながらガイドをしてきたのでした~~。

今シーズンは本当に天気が不安定で、なかなか晴れてくれない
のですが、晴れたら最高の山歩きが出来ると思います~。ぜひ
この夏は涼しくて最高に気持ちイイ乗鞍へ遊びに来て下さい~。
乗鞍岳に登りに来たら、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-08-07 06:00 | 日常 | Comments(0)

梅雨が明けたらしいのに、梅雨明け宣言されてから雨ばかりで
湿気を感じる先週の乗鞍高原でした・・・。 でも、そんな中でも
楽しめることはたくさんあるのです~~。

雨が止んでちょっと陽が射してきた時間を狙って、僕は自転車
に乗って、今が一番「見頃」の高山植物の花を見に行ってきた
のでした~。

a0353718_20235777.jpg
涼しい乗鞍高原で気持ちイイのは、サイクリングです~~。
風が冷たくて爽やかで、と~~っても気分がイイですね~。

a0353718_20241648.jpg
「オカノラノオ」
虎の尾っぽのような形をしているから、このような名前がついた
らしいです・・・。 その中にも小さな花がい~っぱい集まって
咲いています。今の乗鞍高原では、この「オカノラノオ」が
満開になっています!!


a0353718_20242159.jpg
「オオバギボウシ」
小さなランの花がたくさんまとまって咲く薄紫色のキレイな花です。
地元乗鞍高原の人は、ナゼか「ウリッパ」と呼んでいるらしいです。


a0353718_20242779.jpg
「ノアザミ」
ウイスキーの聖地であるスコットランドの国花である「アザミ」。
葉っぱにトゲトゲがあり、触ると痛いです・・・。
その棘のせいでイングランドから攻めて来た兵士が逃げ帰ったので、
スコットランドの国花になったとか・・・。


a0353718_20243340.jpg
「ウツボグザ」
足元に小さく咲いているムラサキ色の花です。ワサビの茎の
ようなところからムラサキ色の花びらが出ていて特徴的です。
「ウツボグサ」という名前は、海の怪物ウツボからではなく、
昔 武士が弓矢を入れて背中に背負った道具「靫」=「ウツボ」
から来ているらしいです・・・。


a0353718_20243804.jpg
「ヤマホタルブクロ」
コチラも非常に特徴的な丸い袋のような形のムラサキ色の花です。
「ヤマホタルブクロ」は道路脇にたくさん見る事ができます~。

a0353718_20244320.jpg
「カラマツソウ」
まるで打ち上げ花火のような形をしている「カラマツソウ」です。
針葉樹の唐松の葉と感じが似ているから、この名前なのでしょう。


a0353718_20244991.jpg
「ヤブカンゾウ」
何枚も花びらが重なっている八重の形の「ヤブカンゾウ」です。
とっても鮮やかで主張が強いオレンジ色をしている大きな花です。

a0353718_20245446.jpg
「キリンソウ」
この日見つけた唯一の黄色い花だった「キリンソウ」。コチラも
乗鞍高原のいろんなところに咲いています。とても小さい花です。


a0353718_20250091.jpg
「ヤナギラン」
現在の乗鞍高原のどこでも見る事ができます。辺り一帯に咲く
のでムラサキ色がまとまっていて、とてもきれいです~~。

乗鞍高原の高山植物&山野草の花は、今がピークです~!!
ぜひこの可憐な花たちを見に来てコンプリートして下さい~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-07-30 07:22 | お花 | Comments(0)

今年の春~夏にかけて、もう1本5.11グレードを墜とそうと思い、
今シーズンは甲府幕岩へと2回通いました・・・。でも、ナゼか一手
どこかで滑ってしまい、未だにレッドポイント出来ていません!
・・・・・・・、、、。
このままでは、僕達は8月の夏シーズンは忙しくてクライミング
には行けないので、秋シーズンに持ち越しになってしまうのです・・・。
でも、登れなかったイメージを引きずって悶々としながら、夏の
忙しい仕事をこなすのはイヤだ!・・・と言うことで、夏前の最後の
トライをしに、また甲府幕岩へと向かっていったのでした~。

a0353718_09302650.jpg
今回もトライするルートは、甲府幕岩の「ブラッキー(5.11b)」です。
ここまで僕達は、5.11a~11bぐらいのルートは、数回のトライで
レッドポイント出来ているのですが、なぜかこの「ブラッキー」は
極小の窪みのようなホールドなのでどこかで滑って、フォールして
いるのです・・・。 もうホールドもムーブも分かっているので全てが
繋がればレッドッポイント出来ると思うのですが・・・出来ません。

今回も忙しい中K8に時間を作ってもらって、雨の多い日々の中、
朝日が上がる前に乗鞍高原を出発して、クライミングに行って
きました~・・・。



a0353718_09303501.jpg
この真ん中の四角いブロック状ルートが「ブラッキー」です!!
5クリップで10~12mぐらいです。左手はカンテ(角)を使って
登ります・・・。 カラビナをボルトに掛けてから、いざっ!、
クライミング・オン!!


a0353718_09304156.jpg
まずは、チーム・スプリングバンクのクライミング部隊長である
K8のクライミングです~~。彼も僕と同じで、どこかで滑って
全てが繋がらずにレッドポイント出来ないでいました・・・。一回
でも全部繋がればイイのにな~と思うのです。 そして、最後の
トライで核心を越えて5ピン目まで行き、レッドポイントか?!
と思ったのですが、最後の最後の一手が滑って
フォール~!!・・・。
メッチャ悔しい終わり方になってしまったのでした~・・・。


a0353718_09304509.jpg
そして、僕のクライミングですぅ~~・・・。
僕も何回もトライを繰り返してみたのですが、どこかで一手が
滑ってしまいフォールしてしまいます・・・。カンテ(角)を持つ
左手が、上部で苦しくなってどこかで一手が離れてしまうの
でした・・・。

a0353718_09305121.jpg
これでレッドポイント出来なかったら、本当に夏の間持ち越し
してしまう!!という危機感から焦って、ガムシャラに登った
のですが、どんどん乱雑なクライミングになってしまい、結局
3本トライしたのに、同じようなところでフォールしてしまい
レッドポイントできなかったのでした~・・・・。
あ゛ぁぁ!!・・・。
悔しいぃ~!!
今回は絶対に墜とそうと思って意気込んで行ったのに、またもや
フォール続きで、レッドポイントにはなりませんでした~・・・。
また「ブラッキー」は秋シーズンに持ち越しですぅ~・・・。
とっても情けないです・・・。


こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
クライマーの皆さん、よろしくお願いしますぅ~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-07-29 07:27 | アウトドア | Comments(0)