バックカントリースキーの世界でスティープラインハンター達が
目指す課題である「白馬・杓子岳東壁」・・・。確実に50°を越える
狭い尾根に区切られた厳しい斜面である!!・・・。ここまで僕達
「チーム・スプリングバンク」は北アルプス中心にいろんな山の
斜面を滑ってきたのだが、この「白馬・杓子岳東壁」は、なぜか
まだ未滑降になっていたのだった・・・。なので課題をクリアする
ために、突っ込んでみたのであった~。

(昨日の続きです~~)
a0353718_17292142.jpg
登攀中は真っ白な雲の中だったのだが、奇跡的に山頂に着いた
時ピッタリに一気に晴れてきたのであった!!・・・。もちろん、
このコンディションを僕達が逃すハズは無く、杓子岳東壁へと
ドロップインだ!! しかし、今回も1ミスすれば=即死亡!
という厳しい超急斜面なので、ドロップポイントで雪の状態や
滑走ライン、クレバスなどをチェック・・・。 そしてスキーを
履いて滑走用意をして、目をつぶり深呼吸して集中していく。
「生きて帰る!」と心につぶやいてから、
ドロップ・イン!!!
a0353718_17293593.jpg
まず最初は、AM君のドロップ・インだ!! 杓子岳の左端から
約50°以上の、文字通り「壁」のような斜面へとエントリーだ!!
a0353718_17295296.jpg
この日はとても暖かい日で、そして前日の粒のような15cm程の
積雪があり、どちらかと言うと斜面の雪は不安定な状態だった
ので、スキーのエッジで刻むと足元がドッカリと落ちて流れて
いくので、一緒に流されないようにターンするのが難しかった
のだった・・・。そして自分のターンしたときに流したスラフにも
流されないように滑るラインに細心の注意をしながら1ピッチ目
を下りていった・・・。


a0353718_17300416.jpg
でも、少し下りると斜度が45°ぐらいに落ち着いてきた・・・。
そこからは、スラフで流されないように注意は怠らないが、
ターンが決まるようになってきて、素晴しい山岳スキー滑降
がキマっていったのであった~!! 


a0353718_17301922.jpg
そして僕もAM君の後を追うようにして、僕自身の課題であった
杓子岳東壁の斜面を、いつも通り安全運転スキーで滑っていった
のであった~~。久しぶりの超スティープラインのスキー滑降で
かなり痺れた・・・。


a0353718_17302724.jpg
杓子岳東壁のA尾根の上で、しばし休憩・・・。真ん中のピナクルの
ような尾根がたぶんA尾根。右側が右股ルンゼで、左側がマイナー
ルンゼだと思われる・・・。 この時期の杓子沢のボトムは、雪崩の
デブリと真っ黒な落石地獄になっていたのであった・・・。

この日は暖かくて一気に気温が上がったので、雪の状態があまり
良くなくて、下部のシュート部分ではデブリ地獄のような感じに
なっていて危険だと思われたので、僕たちは比較的キレイな左側
のマイナールンゼへ滑り込んでいった・・・。


a0353718_17305434.jpg
マイナールンゼ上部で AM君の豪快なターンが決まっていった!!
1ターンごとに雪崩れて濁流の滝ように落ちていくスラフに、少しは
ビビりながらも、巻き込まれないようにラインを少しずつずらして
滑って行くのが難しかったのであった・・・。

a0353718_17311077.jpg
そしてルンゼ下部では、上から見えないクレバスがたくさんあり、
大きく口を開けたクレバスを滑りながら見つけて避けて滑るのが
難しかった・・・。この杓子岳東壁のラインも、もう賞味期限が限界
だったのだろうか?!・・・。

そして、滑って行けるところまで、どこまでも滑っていったので
あった~。振り返ると言うか、見上げると、自分達の滑ってきた
杓子岳東壁のラインが、余りにもキレイに見えていたのだった~。


a0353718_17311751.jpg
そして、長走沢のコルに登り返したところで、やっと安全圏内に
なったと思うので、休憩をしたところで2人で記念撮影をした・・・。
バックに聳える一番右側からドロップインして滑ってきたのだ!
そして全身を貫くような素晴しい達成感に満たされたのであった~。


a0353718_17312921.jpg
その後は、長走沢の広い快適な斜面を、それぞれ思い思いに
滑って帰っていったのであった~~。長走沢のスキー滑降は
ストップ雪でもなく、クレバスも落石や雪崩の心配もなくて、
本当に普通に、快適にスキーの快楽に浸って滑れたのであった~。
あ゛ぁ、快感~!!


a0353718_17313691.jpg
そして、長走沢を滑りきって白馬尻下の林道に無事に帰ってくる
事が出来たのであった~。行きの時には真っ暗だったので見えな
かった白馬岳~主稜が、僕達の滑走を祝福してくれているように
紺碧の青空に映えて、思いっきりキレイに見えていたのだった!!


これでまた1つ「チーム・スプリングバンク」のスティープラインの
課題がクリアされたのだった~・・・。 日々自分を鍛え、天気と雪の
コンディションを見極め、体力と技術が信頼できるパートナーたち、
そしてモチベーションを維持し続ける先に、また新たなスキー滑走
のチャンスが巡ってくるのだ・・・。そうして、これからも山をスキー
で滑り続けていくのだろうと思うのだった・・・。





オマケ!!
a0353718_17315349.jpg
杓子岳の雪が積もった登山道で、数羽の雷鳥さんに会えました~。
この最初の1羽は丸々とした大きな雷鳥さんでした!!(゚Д゚;)・・・。

こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-05-15 07:31 | Comments(0)

ゴールデンウィークの後半は見事に晴れ渡って、まさに山日和!
という快晴が続いてしまったのだった!・・・。僕はお店で忙しい
のに、山スキーヤーの方々が楽しそうに滑っているのをSNSで
アップするもんだから、僕は羨ましくて、悔しくて、嫉妬して、
歯軋りしながら忙しいゴールデンウィーク中は、滑りたい病が
MAXで、気が狂いそうになっていたのだった!!・・・・。

a0353718_19255099.jpg

が、しかし!!、
そんなゴールデンウィークの混雑も一気に過ぎ去り、やっと!、
僕達の番が回ってきたのだった~~。ゴールデンウィーク後の
1発目のバックカントリースキーは、チーム・スプリングバンク
のAM君にお付き合い頂いて、体力の限界のその先まで登って、
この欲求不満を思いっきり滑りにぶつけてやろう!という事で
白馬・杓子岳東壁スキー滑走に挑戦してきたのであった~!!


a0353718_16494399.jpg
朝と言うか、まだ真っ暗な深夜2時に、AM君と某所に集合・・・。
そこから2人一緒に白馬に向かって行った。今回のターゲットは
白馬3山のド真ん中に台形に見える「杓子岳」なので、大雪渓の
下にある猿倉へと上がっていき、そこからスキーにシールを付け
ヘッドライトで、3:30スタートで真っ暗な白馬の山々の中へと
突っ込んでいったのであった~・・・。


a0353718_16495008.jpg
約1時間ほどで白馬尻の辺りに到着した。この手前ぐらいから
一気に明るくなってきて、ご来光が上がるのが近くなっている
のを感じていた・・・。 
そして!!、
a0353718_16495664.jpg
5:00ちょうどぐらいに、白馬大雪渓にご来光のオレンジ色の
光が差し込んできたのであった~!! いつ見てもご来光は
感動的な色合いなのである・・・。


a0353718_16500402.jpg
この5分ほどの一瞬だが、白馬大雪渓がオレンジ色に染まって、
真っ暗な闇が支配する世界が、幻想的&感動的な世界に変って
いく、素晴しい時間なのである!!・・・。

a0353718_16501138.jpg
向かう大雪渓の先も、ピンク色に染まっていったのであった~!!

陽が上がって明るくなると、稜線にはブ厚い黒い雲が掛かっている
のが見える。これがこの後キレイに晴れてくれるのだろうか?・・・。
一抹の不安を感じながら、しかしご来光のピンク色の色合いには
感動しながら、登って行ったのだった・・・。

a0353718_16502976.jpg
誰も居ない白馬大雪渓をガンガン登って行く!! 本当に静かで
誰も居ない、貸しきり状態だ!!・・・。ゴールデンウィーク中は
ココ「白馬大雪渓」も、たくさんの人で賑わっていたのだろうと
思うが、「誰も居ない僕達だけの山」というシチュエーションが
本当の贅沢なのだ!と僕達は、この静かな幸せを噛みしめながら
&味わいながら、それでも思いっきり登って行ったのであった~。


a0353718_16503944.jpg
「葱平」=(ねぶかっぴら)に来ると、さすがに急斜面になって
きたので、スキーシールを諦めてアイゼンに切り替える・・・。
バックは雲の中から時々顔を出す「白馬岳」である。 この時は、
登っていて左側の「杓子岳」方面は、雲の中で真っ白だったので、
どうするか悩んでいた・・・。稜線で爆風が厳しかったら、白馬岳の
2号雪渓スキー滑走でもイイかな?とかも思っていた・・・。


a0353718_16504891.jpg
稜線に出ると、案の定雲の中で真っ白になってしまったので
あった!!・・・。そしてマイナス気温(?)の爆風状態!!・・・。
この日、都会では30℃近かったらしいのだが、北アルプスの
稜線では、まだ真冬のマイナス気温の世界なのであった!!

しかし、この厳しい状況でもまだ行動できる範囲内だったので、
一応杓子岳へと向かっていくことにした・・・。まだ時間は早いし、
体力も十分。杓子岳がダメだったら、白馬岳か白馬鑓ヶ岳方面へ
と行ってもイイかな~とか思っていたのであった・・・。


a0353718_16515215.jpg
そしたら!!!、
爆風に雲が流れていき、一気に晴れてきた~!!!思わず2人で、
「うおぉぉ~っ!!!」
と、このシチュエーションに咆えてしまったのであった~・・・。
半ば諦めていたところにこの絶景!! コレにも思わず感動して
しまったのだった~!!・・・。

a0353718_16522091.jpg
そして、一瞬だが、「剱岳」も見えたのであった~!!!
来年は剱岳も滑りたいと、強く思う・・・。


a0353718_16522986.jpg
一気に晴れて、頭の上には青空も見えてきた!!・・・。僕達が
杓子山頂に辿り着く、まさにドンピシャな絶妙のタイミングで
一気に晴れてきたのだった~!! もぅ、本当に感動である!

そして「杓子岳」山頂の標識も見えてきて、ラストスパートだ~。


a0353718_16523715.jpg
そして、爆風だけど一気に晴れ渡った中、杓子岳の山頂に到着!!
今回もヤリました!!!
杓子岳山頂では、まさに雲上の人となれました~。

(滑走編へと続く!!)




[PR]
by springbk2 | 2017-05-14 07:45 | アウトドア | Comments(0)

忙しかったゴールデンウィークが明けて、やっと隊長のK8と一緒に
クライミングに行く事ができました~。

a0353718_13250315.jpg
今回の朝練で僕達が行ったのは、僕達のホームゲレンデである
坊抱岩の少し下にある「涼み岩」です。ここは、僕たちはまだ
全然触っていないルートだらけなのです!!・・・。 手始めに
今回K8は、この涼み岩の初登ルートらしい5.10cをオンサイト
狙いでトライして行かれたのでした~~!!

見た目は斜度もあまり無くて、登れるんじゃないですか?と、
ちょっとナメていたのですが、下部から何だかイヤラしい感じ
です・・・。


a0353718_13251226.jpg
それでも、K8はどんどん登っていきます!! そしてここが核心
の一番難しいセクションです・・・。斜度はぜんぜん無いのですが、
手のホールドがほとんど無くて、ここからなかなか進みません・・・。


a0353718_13251851.jpg
しかし、落ち着いて何度かいろんなムーブを試しながら核心を越え
トップまで一気に登って行ったのでした~!!
今回もヤリました~!!
オンサイトです~!!!
今シーズン、いきなり5.10cのオンサイトです!! さすがは
隊長のK8、素晴しいですぅ~~。


a0353718_13252385.jpg
そして、K8と同じ5.10cのルートへ僕もトライしていきました・・・。
そして僕も同じ核心部分で少し戸惑いましたが、何とかギリギリ
オンサイトで完登出来たのでした~。(あぁ~よかった・・・。)


a0353718_13252937.jpg
その後K8は、まだ物足りないらしく、もう1本の5.10cのルート、
「龍君の鼻」へと一気にトライしていきました!!さすがです~。
しかし、2本目のオンサイトは成らず、腕がもう疲れてしまってた
ので、この超オーバーハングは越えられなかったのでした・・・。

a0353718_13253541.jpg
K8に叱咤されて、もちろん僕もトライしていきました~・・・。
でも、やはり僕も、もう腕のチカラが残っておらず、フォール。
僕はこのルートは去年触っているのに、また今回も完登とは
ならなかったのでした・・・・。コチラは何だか悔しい感じでした。


やっと、今シーズンもここからクライミングシーズンが始まると
思います~!! クライマーな皆さん、よろしくお願いします~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
コチラもよろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-05-11 07:20 | アウトドア | Comments(0)

この春から、また新しいクライミングシーズンが始まるのです!!
なので先日、「カモシカスポーツ松本店」さんの某有名なセールで
新しいフリークライミング用のロープを買ってしまったのでした~。


「ベアール、フライヤー、10.2mm」です~~。
a0353718_21121913.jpg
クライミングロープは、クライミングをやらない人から見ると、
見た目は全く同じなのですが、いろいろ違いがあるのです!・・・。
いろんなメーカーの特色、素材、太さや長さ、そして重量など、
一言にロープと言っても何十種類もあるのです。 僕たちの使う
ロープはフリークライミング用の「シングルロープ」と言われる
1本で使うモノで、この「フライヤー」は10.2mmの太さです。
(7~8mmと細くて軽い、2本で使うダブルロープと言うのも
あります・・・。)

僕たちは、フリークライミングに使いやすい10mm前後の太さ
を基準にしているのですが、偶然「カモシカスポーツ松本店」
さんの某セールで、この「フライヤー、10.2mm」が出ていた
ので、思わず衝動買いしちゃったのでした~・・・。
お~か~い~あ~げ~~。



a0353718_21122417.jpg
この「ベアール」というメーカーは、ロープ1本を売るたびに、
木を1本植樹して、自然環境保護活動をしているらしいです~。
環境問題や自然保護に出来るだけ努めたい僕たちにはピッタリ
だと思っています~。 前回のロープもこの「ベアール」だった
ので、僕たちが使っているロープは偶然ですが全て「ベアール」
になってしまったのでした~~。


ゴールデンウィークが終わったら、またこれからのクライミング
シーズン、頑張って登りたいと思います~。クライマーな皆さん、
よろしくお願いします~。「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 お立ち寄り下さい~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-05-04 07:11 | 日常 | Comments(0)

「カフェ・スプリングバンク」の春休み期間中は、あまり天候が
安定せず、急激に晴れたり、巷では30℃にもなるほどにも気温が
上がったり、はたまた北アルプスでは雪がけっこう降ったりして
とても不安定な天気でした・・・。僕達も槍~穂高連峰でのBCスキー
を予定していたのですが・・・、天候も雪崩も怖くて止めました・・・。
あ゛ぁ・・・、残念!・・・。

a0353718_11292337.jpg
でも、それならば!という事で、BCスキーに一緒に行く予定だった
AM君と一緒に、マルチピッチクライミングへと出かけたのでした~。
朝3:30に乗鞍高原を出発!!・・・。高速道路から朝焼けの富士山が
キレイに見えたのでした~!!


a0353718_11293153.jpg
で、3時間以上のドライヴで行った先は、スタートのドラム缶で
有名なココ!! 「二子山」中央稜です~。 ここのラインは
これまで行って見たいと思っていたのですが乗鞍高原からだと
けっこう遠いので、なかなか行けずにいたのでした・・・。でも
今回はAM君のオーダーである「マルチピッチ」ということで
グレードも低くてクライミング始動にはピッタリだと言う事で
やっと行ってみる事ができたのでした~~。


a0353718_11293617.jpg
1ピッチ目。外岩始めだという事と、マルチピッチだという事で
最初は少し大げさに慎重な感じで、ここの石灰岩の岩の感触を
確認しながら登っていきました~。


a0353718_11294124.jpg
2ピッチ目。この二子山中央稜ルートも、ほぼ垂直の岩壁なので
少し登るだけで一気に高度感が上がります~!! 眺望も一気に
周りが見渡せるぐらいになって、とても開放感があって、気持ち
よかったです~~。 AM君はサクサクと登ってきました~!


a0353718_11294823.jpg
3ピッチ目。ここがこの二子山中央稜線の6ピッチあるルートの
中で核心のハイライトのピッチになります~。でもグレードは
クラックで5.7と簡単。僕はレイバック気味のムーブで登って
いきました・・・。石灰岩特有のボコボコした岩質でフリクション
があり、全体的にはガバガバなので気持ちよく登っていく事が
できました~。


a0353718_11295430.jpg
3ピッチ目終了点は、広場と言っても過言ではないぐらいの
大テラスです~。ここで、お茶を飲んだり甘いもの食べたり
して、ゆっくりと休憩しました・・・。 バックは二子山西岳
の山頂と岩壁です。 僕は知りませんが、これらの岩壁には
他のルートもあるのでしょうか?!・・・。


a0353718_11300641.jpg
4~5ピッチ目。この辺りは横幅がとても広くて、どこでも
登れそうなので、左側から登ったり右側から登ったりして、
いろんなルートをAM君と2回ずつ登って遊んでいました~。


a0353718_11301325.jpg
そして最終の6ピッチ目。ここも僕たちは出来るだけ面白そうな
ラインを選んで登ってみました・・・。大テラスから上のピッチは
ルート図集の本では「面白くない」みたいに書かれていましたが
グレードは低く簡単なのですが、サクサク登れて面白かったです~。


a0353718_11301960.jpg
そして稜線に到着です~。この後、西岳山頂まで歩いていきました。
ヤリました、完登です~。
山頂に着くまでポカポカ陽気で、これだったら穂高連峰BCスキーへ
行けたんじゃないか?!・・・。と、ちょっと悔しさと残念な感じが、
二子山中央稜ルートの完登の喜びよりも、頭の中に広がっていたの
でした・・・。


a0353718_11315902.jpg
帰りは裏側にある通常登山道を歩いて降りましたが・・・、今回の
核心は、この登山道の下りにありました!!・・・。通常の登山道
なのに、今回登ったクライミングルートのラストピッチよりも
急なんじゃないのか?!というぐらいに急な下り道で、ここで
手や足を滑らせたら終わり!というぐらいの通常登山道だったの
でした!!・・・。 二子山、恐るべし!!でした・・・。

乗鞍高原~乗鞍岳では雪タップリなので、まだまだBCスキーなの
ですが、クライミングも少しずつ慣れていきたいと思います~。
乗鞍に来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい。
よろしくお願いします~。 ご来店お待ちしています~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-04-22 07:48 | アウトドア | Comments(0)

カフェ・スプリングバンクは、
今日から営業開始です~。


a0353718_09141669.jpg
13日~20日の春休みが終わって、今日21日から営業再開です。
みなさまのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。




ですが・・・、
明日22日(土)から運行開始予定だった「乗鞍岳・春山バス」
なのですが、運行が29日(土)に延期されました!・・・。

a0353718_12242673.jpg
今年の乗鞍・位ヶ原周辺は積雪が少し多めらしくて、除雪作業が
間に合わないようなのです・・・。非常に残念なのですが、一週間
延期されました・・・。でもゴールデンウィークには間に合います
ので、みなさんよろしくお願いします~~。

「乗鞍岳・春山バス」に乗って、春山スキーを楽しむみなさん、
その後は「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。







[PR]
by springbk2 | 2017-04-21 07:23 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

涸沢ヒュッテの小屋開け作業のようすと、4月の涸沢の美しい
景色の画像をお届けしたいと思います~。

a0353718_13524051.jpg
今年の入山の日は、昼過ぎから一気に晴れてきたので、どんどん
ヘリでの荷揚げが行われていました~。ヘリの真下にハーネスを
付けてぶら下げて飛ぶのです。毎年乗せて頂くのですが、本当に
ヘリはスゴイと思います~。バック右は屏風岩で、奥の山並みは
大天井岳の連なりです~。


a0353718_13524691.jpg
除雪作業は、大型の除雪機が無いと出来ません・・・。ここで使う
除雪機は本当に大きくて、どんな重たい雪でも一気に飛ばして、
どんな硬い雪でも突っ込んでいくので、本当にスゴイです!! 
美しいアーチを描いて飛んでいく雪を見ているとキレイだな~
と思ってしまいます~。 バック右は北穂高岳の東稜です~。


a0353718_13533336.jpg
コチラは、前穂高岳~吊尾根に向かって除雪をしているようす
です~。今年はこの吊尾根ダイレクトも雪が繋がっていたので、
スキーで滑ってみたい!と思ってしまいました~。


a0353718_13531388.jpg
何メートルもの雪を除雪して、やっと出てきた売店の土台です!
左隣りの本館の上から除雪して、この土台が出てくるまで数日も
かかるのです!! たぶん今年は7~8mはあったと思います~。
この売店で夏に飲む生ビールとおでんのセットは最高ですよ~。


a0353718_13532002.jpg
作業の合間にセルフで自撮り・・・。 なかなか難しかったです・・・。
バックは涸沢岳です。尖った涸沢槍が特徴的です。去年のGWは
あそこを滑ったんだと、感慨深かったです~・・・。


a0353718_13535643.jpg
晴れたとき狙って、水を引く作業にでます。どこの山小屋でも
「水」はとても貴重なのです! 涸沢ヒュッテさんでは、この
ようなパイプを使って沢から水を引いてくるのです~。 この
作業もタイヘンな作業なのです・・・。


a0353718_13542315.jpg
涸沢では、涸沢小屋さんの右奥の沢から水を引いてくるのです。
先ほどの丸めてあったパイプをどんどん伸ばして行き、沢の雪を
水が出てくるまで掘って、水を引いてくるのです~。この作業は
チームワークが大切だと思いました。


a0353718_13550279.jpg
そして、2泊3日の小屋開け作業はアァッ!!という間に終りに
なり、最終日は晴れたのでまたヘリに乗せて頂き下山しました。



a0353718_13550891.jpg
今年は入山の時はガスだったので、ヘリからの景色は見えません
でしたが、下山の時は素晴しい景色を見ることが出来ました!!
これは横尾本谷から左側は南岳の東斜面です。本谷のちょうど
真ん中上に、ほんのちょっとだけ「槍ヶ岳」の穂先が見えました!
(分かります??)


今年で3回目となった涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業だったの
ですが、今年もまた改めて、山小屋の小屋開け作業をして管理
や営業をしていくのはタイヘンな事だと思いました! そして
この特別な時間と体験をさせて頂いた涸沢ヒュッテの皆さんに
感謝です!! 

今年は17日から上高地へのシャトルバスはオープンしています!
なので、このブログをご覧の皆様、もし涸沢へ登山に行く事が
あるようでしたら、「涸沢ヒュッテ」さんをご利用下さい~!!
よろしくお願いします。 そして、乗鞍高原にお越しの際には
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。





[PR]
by springbk2 | 2017-04-19 06:45 | 趣味の部屋 | Comments(0)

今年も行かせて頂きました~!! 穂高連峰の中心地である、
「涸沢ヒュッテ」さんの小屋開け作業です~!!

a0353718_13423454.jpg
冬の間、何メートルもの雪の中に埋もれた「涸沢ヒュッテ」を
ゴールデンウィークの営業開始に向けて掘り出す作業です!!
この特別な作業に、今年もまたお手伝いさせて頂きました~。
この4月半ばのこの時期に、涸沢に行けること自体が特別な事
なのです!! なので今年もまた皆さんに、涸沢ヒュッテの
小屋開けのようすをお届けしたいと思います~~。


a0353718_13424313.jpg
カフェ・スプリングバンクの春休み中の某日、朝早くに上高地
へと入り、山小屋用の物資を運ぶヘリポートへと集まります!
みんなで荷物をまとめていると、大きな爆音と共にヘリコプター
が下りてきました~!!


a0353718_13425088.jpg
ヘリに乗り込む前に、乗り込み方の簡単な説明がありました。
今年は特に安全には注意して入山、という事だと思います・・・。


a0353718_13425753.jpg
今年のヘリは、前席に乗せて頂きました!! 前席に乗ると
スゴイ迫力です!!
一気に上昇していき、Gがかかったと思ったら目の前で穂高の
山並みが大迫力で通過していくのです!! これは、通常の人は
もしかしたらスゴく怖いかもしれません・・・。

a0353718_13430278.jpg
入山の日は、下界では晴れていましたが穂高連峰の山頂方面では
ガスが掛かっていました・・・。この画像は「前穂高岳東壁」です。
この山のスグ横を飛んでいくのです~~。


a0353718_13430806.jpg
でも、ヘリで飛んでいくと、本当にアッ!という間に涸沢に
到着してしまうのでした~・・・。景色もゆっくり楽しむ時間も
ないぐらいの驚異のスピードなのでした。


a0353718_13432940.jpg
涸沢に到着して雪を掘る作業を開始すると・・・、一気に晴れて
きたのでした~!! 思わず「おぉ~!」と声が上がります!
やはり、せっかく涸沢に来たからには、この景色は見たいと
思いますよね~!! 今回も素晴しく美しかったです~。


a0353718_13433835.jpg
山小屋を雪の中から掘り出す「除雪作業」は、大きな除雪機が
メインとなります・・・。スコップで掘り出す人が小屋の屋根の
四方を決めて掘り出して、周りの雪を大型の除雪機でガンガン
飛ばして除雪していきます。


a0353718_13434502.jpg
もちろん!!、
僕も、雪を掘って掘って!、堀まくってきました~!!!
身体が続く限り、頑張って&楽しんで、除雪作業をしてきました。

作業&景色編へ、続く~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-04-18 07:40 | 趣味の部屋 | Comments(0)

今シーズンの最終週に、
またひとつ、僕の夢が
叶ったのでした~!!

a0353718_11205492.jpg
先週の事ですが、Mt.乗鞍スノーリゾートのラストイベント、
「モーグル・チャレンジ&フリーライドセッション」の後に、
イベントで参加されていた、あの!「FOORUSHの吉田竜弥」
さんから僕に連絡があり、乗鞍岳バックカントリースキーへ
一緒に行ってきたのでした~!!

彼との繋がりは、3年ぐらい前の「輪ゴムでバンジー」の時で、
それから毎年「機会があれば一緒に滑りましょう~」と言って
いたのですが彼はプロライダーなのでいつも忙しく、これまで
一緒にスキー出来る機会が無かったのです・・・。が、しかし!、
今回はイベントの後の貴重な時間を縫って、一緒に行く事が
出来たのでした~~。


a0353718_11210415.jpg
ツアーコースを一気に抜けていき、一瞬で位ヶ原の屋根板の
雪原に出ました~!! ここまでで約1時間で到着ですっ!!
さすがはプロライダーですね~。登りもメッチャ速いです!!

これまでいろんなパフォーマンスを乗鞍高原にてチャレンジ
してきた吉田竜弥さんですが、厳冬期の乗鞍バックカントリー
スキーは行った事が無かったらしいです!・・・。なので今回は
僕が一緒に行ったのでした~。

a0353718_11212000.jpg
この日の天気予報は、昼から崩れてくるという予報だったので
猛プッシュして出来るだけ短い時間で、一気に登っていったの
でした・・・。午前中は素晴しい青空のコンディションだったので
本当に雪が降ってくるのかな??と、僕たちは天気予報をあまり
信用していなかったのですが・・・。この後一気に雲が湧いてきたの
でした・・・。


a0353718_11211118.jpg
今回も富士見岳からドロップ・インを目指して、摩利支天岳の
尾根を登って行きました~。 そして!富士見岳のドロップ
ポイントに辿り着いたのは、ゲレンデトップから約1時間50分
だったのでした!! もぅ、メチャ速かったです~!!


そして、広大な富士見岳の沢へと、吉田竜弥さんが、
ドロップ・インです!!
a0353718_11213932.jpg
富士見岳のトップの雪庇から大きくジャンプしてドロップ・イン
してくれたのですがあまりに速くて!、僕のコンパクトデジカメ
では追いきれず、彼を撮影することが出来なかったのでした・・・。
あ゛ぁ、残念!!・・・。


a0353718_11214682.jpg
それでも、富士見沢の下部では、ちゃんと彼のライディングを捉える
事が出来たのでした~!! さすがはフリーライドチャンピオンシップ
白馬の3位、そして「Liberty ski」のプロライダー、スキーはメッチャ
上手くて速かったです!!! 


a0353718_11215234.jpg
そして僕の滑りですぅ・・・・。今回僕は吉田竜弥さんと滑るのは
初めてでしたが、プロスキーヤーの彼に呆れられないように
頑張って滑っていきました~・・・・。


a0353718_11215840.jpg
そして、吉田竜弥さんにライディングの写真を撮影して頂きました。
何だか、とても感動的な夢の時間が流れていったのでした~~。


a0353718_11220698.jpg
あの!超有名な「FOORUSH」の大黒柱である吉田竜弥さんと
滑る乗鞍バックカントリースキー・・・。プロスキーヤーと一緒に
行けて、とても贅沢な時間だったのでした~。

(吉田竜弥さん、本当にありがとうございました~!! また何か
 機会があれば一緒にセッションしましょう~。また、これからも
 よろしくお願いします~。)

こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-04-10 07:19 | アウトドア | Comments(0)

もしかしたら鹿島槍ヶ岳北壁を、僕たちチーム・スプリングバンクで
初滑降出来るかも知れない?と思っていたのだが、そんなに簡単では
無かった・・・。甘かったのだ!!・・・・。
 
今回は雪のコンディションが非常に難しく、そして日中はかなり気温が
上がったので雪崩の連発が起きて、結局僕たちも、加藤直之、山木匡浩、
広田勇介さん達3人とほぼ同じポイントまでしか行く事が出来なかった。
今回も敗退だ!!・・・。

a0353718_12472879.jpg
敗退が決まっても、カクネ里からは簡単には帰れないのである!・・・。
四方が山に囲まれている「カクネ里」から脱出するには、もう一度
登り返さなければならないのである・・・。この時点で、時間は10:40。
もうここまでで約12時間行動しっぱなしなのである・・・。ヨレヨレの
僕たちは、もう一回帰りの登攀に集中し直して、ヨロヨロと60°程の
斜面に取り付いて行った・・・。

頭上には「アラ沢の頭」が青い空に聳えていて、僕たちの沈んだ心
とは裏腹に、とても美しかった!・・・。でも、あそこまで登り返さな
ければイケないのだった!!・・・。なので、見上げると山は美しいの
だが、僕たちの心はさらに重さを増してしまうのであった・・・。


a0353718_12480009.jpg
永遠とも思える時間の中、ただひたすらピッケルを差し込んで、
アイゼンを蹴り込むのを繰り返すマシーンのようだった。
所どころ出てくるトラバースセクションがメッチャ怖かった・・・。


a0353718_12562763.jpg
それでも何とか、約2時間ほどで「天狗の鼻」の少し上部の
尾根に到着した。もう、足も太腿も手も肩も、全てが痛くて
ダルくて疲労困憊だが、ここからの「アラ沢」スキー滑降が
待っているのである!!・・・。

バックには最後の「鹿島槍北壁」が見えていた・・・。この辺り
から天候が急変してきて、暗い雲が掛かってきて一気に白く
なっていったのであった! 僕達を嘲笑うかのようだった・・・。


a0353718_12482256.jpg
それでも、カクネ里から約2時間ほどもかかったけど、やっと
天狗尾根の稜線に出ることが出来た!! この日たぶんラスト
になるであろうドロップ・ポイントに到着した~!! これで
もう登り返さなくてもイイのだという開放感にも似た安堵感が
全身を貫いていた・・・。
長かった!!・・・、
カクネ里からは、脱出だけでも本当にタイヘンなのであった!・・・。


a0353718_12490529.jpg
そして「アラ沢」へと
渾身のドロップイン!!
目をつぶり、大きく深呼吸をして、意識を滑りに集中させて、
凄まじいほど圧倒的な迫力がある「アラ沢の頭」をバックに、
滑り込んだ・・・。

a0353718_12500128.jpg
しかし!、ノートラックに見える斜面は南斜面なので、太陽の
影響を思いっきり受けていて、超クラストしていたのだった!!
バリバリで踏み抜くとザクザクのメッチャ難しい斜面!!・・・、
なので、スキーをフォールラインに向けて思いっきり滑る事は
出来なかったのであった・・・。


a0353718_12502342.jpg
そして、NJさんも「アラ沢」へとドロップイン!! NJさんが
滑り込んだ時には、一気に暗く白い雲が山を覆ってきていたので、
斜面が見づらい感じだったと思うのだが、それでもテレマークを
決めて滑って行かれたのであった~。

a0353718_12505359.jpg
そして、すこぶるアルパインチックな「アラ沢の頭」をバックに、
クラストの雪ブロックを裂氷船のように豪快に飛ばして、滑って
行かれたのであった~!! 


a0353718_12513173.jpg
そして「アラ沢」出合いに合流してからは、雪崩のデブリだらけの
部分は横滑りで何とか下り、デブリの無いキレイな一枚バーンの所は
これまでのフラストレーションを吐き出すように、思い切って大きく
ターンをキメて滑っていった!・・・。


a0353718_12515288.jpg
そして最後に「アラ沢」下部で振り向いて山を見上げると、また
厳しく美しい「アラ沢の頭」が、青い空に突き上げるようにして
聳えていたのだった!!・・・。

ここまで来て、やっと「生きて還れる」という実感が湧いてきて、
同時に敗退したという悔しさと情けなさが、水面の墨汁のように
心の中にジンワリと広がっていき、そしてまた雪のコンディション
が良ければもしかしたら登れていたかも?と言う可能性を感じて、
何とも言えないような全て出し切ったという満足感のような感情が、
湧き上がってきていたのだった・・・。

そして!、またいつか・・・、僕たちの経験と体力と技術、そして
全てのコンディションが揃った時に、また挑戦しようと思った!
また来よう!、と誓ったのだった・・・。


a0353718_12530160.jpg
大川沢の出合いから、大谷原・駐車場までは、融けてグザグザに
なった雪の上を、またフラフラになりながら1時間以上も歩いて
帰って行ったのであった・・・。 全工程で16時間のツアーだった。


より困難を求めようとする登山の在り方は、アルピニズムの本質。
それを一緒に共感出来る、そして信頼出来る経験と技術と体力の
ある素晴しき仲間が居る事! そしてバックカントリースキーに
一緒に行けるという事は、何と素晴しい事なのだろう!と思うの
だった。そんな素晴しき仲間と、挑戦したいと思わせてくれる程
美しき大自然に感謝せずにはいられない・・・。今回の経験をまた
積み上げて、また次の機会、次の課題へと挑戦していくのだ・・・。


そんな「カフェ・スプリングバンク」をこれからもよろしくお願い
します~~。乗鞍高原に来たらお立ち寄り下さい~。ご来店お待ち
しています~~!!





[PR]
by springbk2 | 2017-04-05 07:45 | アウトドア | Comments(0)