「笠ヶ岳山荘」に到着してから、山荘前で休憩をさせて頂いてから
いよいよ「笠ヶ岳」の山頂へと向かっていきました~~。


a0353718_13470356.jpg
この「笠ヶ岳山荘」で僕たちがゲットしたモノは・・・、魅惑的な
ドリンク、缶ビールでした~!! やはり、汗をかきまくって、
カロリーを消費して、ここまで登って来て山頂で飲みたい物と
言えば、ビールだったのでした~~。


a0353718_14335354.jpg
僕たちは缶ビールを持って、笠ヶ岳山頂へとアタックです~~。
山荘から山頂までの最後の登りは、良い感じの「岩畳」の登山道
でした。でもちょっと浮石に注意でした・・・。


a0353718_14340174.jpg
そして、11:00ちょっと過ぎに、「笠ヶ岳」2898mに登頂です!
今回もヤリました~!!
約5時間ジャストぐらいで「笠ヶ岳」に登頂出来たので、何とか
面目を保てたように思います・・・。来シーズンの冬に来る時の
参考になればイイかな・・・、と思いました。

この登頂の頃から東側の斜面から雲が湧いてきていて、登頂の
後は一気に真っ白になってきてしまったのでした・・・。僕達は
ギリギリセーフで全ての景色を堪能できて本当に良かったです。


a0353718_14340858.jpg
笠ヶ岳山頂の西側は、晴れていたのでした。山頂で缶ビールで
AM君とカンパイをしてから、お昼ご飯を一緒に食べました。
このランチが、ナゼか最高に気持ちよかったのでした!!・・・。
缶ビールのほろ酔いもありますが、最高の景色、最高に気持ち
イイ爽やかな風、そして山頂と、全てが完璧なランチだったの
でした~!!・・・。 もぅ、寝てしまいそうな程でした。

この画像の西側の眺望もとても素晴しくて、雲海の雲の出方が
モクモクしていて、とてもカッコ良かったです。


a0353718_14341902.jpg
笠ヶ岳山頂でランチを食べて缶ビールを飲んでメッチャゆっくり
した後は、やはり帰らなければなりません・・・。標高の高い山頂で
缶ビールを飲んだので、ほろ酔い的な足取りで帰りはユルユルと、
また来た道をピストンで、稜線を歩いて帰っていったのでした・・・。


a0353718_14343273.jpg
帰りの雪渓の上で、何やらこんな物体が!!・・・。僕たちは
雷鳥発見だ~!!
と思ってしまったのですが、ただの雪の塊だったのでした・・・。
コイツは行きの時は雪ダルマだったのです。でも帰りの時には
雷鳥にソックリな、こんな形になっていたのでした・・・。


a0353718_14343943.jpg
ワンデイの日帰りの僕たちは、それからも来た道をそのまま
稜線→杓子平→笠新道→新穂高温泉と、帰っていきました・・・。

この帰り道がツラかったです!!・・・。
登山をしたことが無い人は、下りの帰り道ほうが楽チンなんじゃ
ない?と思われるのですが、急坂登山道の帰り道は本当にツラい
のです!!・・・。足と膝と腰が下りの衝撃で悲鳴を上げてくるの
です。そして、疲れてくるのでだんだんと意識が低下して来る中
滑ったりするので、下りの方が何倍も危険なのです・・・。今回の
僕達も、左俣林道に出る前のラスト20分間の下りは、意識の無い
ぐらいだったのでした~・・・。


a0353718_14344479.jpg
それでも何とか笠新道の下りを終えて左俣林道へ出ました~。
最後はかなり疲れました・・・。 新穂高に着いたのは3:00過ぎ。
全部で10時間程のワンデイ登山となりました~・・・。

左俣林道の奥にあるヘリポートでは、山小屋への荷上げ作業
があり、何度も何度もヘリコプタ-が、スゴい爆音を立てて
飛び回っていました~。僕はこの作業を見ると、自分が春に
していた涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業を思い出します・・・。
(また「涸沢ヒュッテ」に行かなければっ!!・・・。)

僕たちの登山は、忙しい夏を乗り切ってから9月になると
思います。またいろんな山へ登りたいと思います~~。
夏シーズンの「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-07-24 07:33 | アウトドア | Comments(0)

僕たち「カフェ・スプリングバンク」の夏は、皆さんに乗鞍高原へ
遊びに来て頂けるお陰で夏は忙しいのです。ありがたい事です!

なので、夏は忙しいのでなかなか夏山登山に行けてないのです。
それでも少ないチャンスで登ろうと、今年の夏山登山は今まで
ほとんど行けていなかった岐阜県側の山々へと、登りに行って
来ました~!! 

a0353718_11312692.jpg
今回の僕たちのターゲットは、「笠ヶ岳」ですっ!!・・・。
なぜ「笠ヶ岳」なのか??・・・。それは、やはり冬の山スキーで
来シーズンこの「笠ヶ岳」を山頂から→穴毛谷を、滑りたいと
思っているからです~。 今まで「チーム・スプリングバンク」の
バックカントリースキーでは、長野県側の山々を滑ってきたの
ですが、来シーズンは裏側(?)の岐阜県側も滑りたいと思って
ます~・・・。 なので下見も兼ねて今回は「笠ヶ岳」へと行って
きたのでした~~。

朝5:00に新穂高温泉を出発しての、ワンデイで「笠ヶ岳」へと
トライです~!!


a0353718_11313025.jpg
登り始めてスグの「左俣林道」は、砂利とアスファルト舗装の
入り混じった広い林道を歩いて行きます・・・。これから登って
いく左側の山肌が、垂直の岩壁が所々突き上げるように聳えて
いて、メッチャカッコ良かったです。

今回の夏山登山のパートナーは、冬にバックカントリースキー
でいつも一緒に滑ってもらっているAM君です! 彼は体力が
あって若いので、僕の足腰と体力が付いていけるかどうか不安
ですが、頑張ってきました・・・。


a0353718_11313528.jpg
早足で歩いていくと、30分もしないウチに「笠新道」の分岐点に
到着しました~。ここに水場があるので、水筒を美味しい水で
満タンにして、笠新道を上がって行きました~。


a0353718_11313974.jpg
「笠新道」は、これまた超急登で、一気に高度が上がって行きます!
少し登ると視界が一気に開けてきて、我らが乗鞍岳も見えました!
急登なのですが、岩の階段がとても歩きやすい歩幅で作られていて
とてもイイ感じでした。 


a0353718_11314751.jpg
「笠新道」の上部は、岩がゴツゴツしている中を登って行きます。
向かう先にはバットレスのような岩峰が見えてきました!!・・・。
この辺りでは陽射しがとても強くてメチャ暑かったのですぅ~。


a0353718_11315919.jpg
バック(東)を見ると、槍~穂高連峰が全て見渡す事が出来ます!
この眺望は、本当に素晴しくて最高です!!! いつも僕たちが
長野県側から見ているのと逆の裏側の景色に感動ですね!!・・・。


a0353718_13462383.jpg
そして!、「笠新道」を抜けてコルから「杓子平」に到着です~!!
到着すると向こう側の景色がまた一気に開けて、向かう「笠ヶ岳」
が見えました!! 圧倒されるぐらいの広がりがある景色です!

ここでやっと休憩&カロリー補給をしました・・・。新穂高温泉を
スタートして、ここまでで3時間かかりませんでした!


a0353718_13463154.jpg
休憩でリフレッシュしてから、「笠ヶ岳」を目指して「杓子平」を
登って行きます・・・。ここの景色は本当に最高なぐらいに美し
かったです~! この斜面を雪のある時に思いっきり滑ったら、
どれだけ気持ちイイんだろうか?!という話ばかりしてました。


a0353718_13464041.jpg
「杓子平」を登り切ってやっと「笠ヶ岳」へと続く稜線に出ました!
ここまで来ると、やっと「笠ヶ岳」が近づいてきたように思えたの
でした~。 稜線に出ると冷たい風が吹いていてメッチャ気持ち
良かったです~!!


a0353718_13464866.jpg
目の前に「笠ヶ岳」を見ながらの、この稜線歩きが、もうトンデモ
ないぐらいに気持ちよかったのでした!! 歩きはもう平行移動
で楽チンだし、風が冷たくて気持ちイイし、景色は最高だし!で、
乗鞍高原と同じように、天空の楽園のようでした!


a0353718_13465526.jpg
所々、まだ雪渓が残っていました。緩い斜面のトラバースですが、
雪が硬くて、一度滑ったら止まれない感じだと思いました・・・。
でも僕たちはスキーヤーなので、スキー板が無いのが残念でした。


a0353718_13470356.jpg
そして!、新穂高温泉を出発して約4時間半ほどで「笠ヶ岳小屋」
に到着出来ました~!! AM君の予想通り、5時間ぐらいで
何とか山頂に登頂できそうです~~。 (良かった・・・・)


写真の都合で、
登頂はその②へ続く!!・・・・。






[PR]
by springbk2 | 2017-07-23 07:32 | アウトドア | Comments(0)

先日の某日・・・、お店のバータイムのオープン時に外を見てみると、
少しだけオレンジ色に色付いていたので、カメラを持って外に出て
久しぶりに夕焼けを写真に収めたのでした~・・・。

a0353718_10500130.jpg
今年はなかなか夕焼けの写真を撮る機会がなかったのです・・・。
この日も色付きは淡い感じだったのですが、それでも美しい、
空に近い乗鞍高原の夕焼けなのでした~~。


a0353718_10501014.jpg
飛行機雲でしょうか?・・・・。筋状の雲も、少しオレンジ色になって
いて、儚くも美しいかったです~。


a0353718_10501400.jpg
そして、漆黒のシルエットになった乗鞍岳を見上げると、
夕焼けはどんどん最後のチカラを振り絞ったような、濃い
色合いになっていったのでした~~。

a0353718_10501810.jpg
いつも書いているのですが、朝焼けや夕焼けの色づきは、約5分
程の、とても短くて、とても儚く、とても美しい瞬間なのです!
心がジ~~ンとしてしまいます・・・・。

ぜひ、乗鞍高原に1泊して、こんな美しい夕焼けを見て下さい。
感動すること間違いなしですよ~~。夕焼けを楽しんだ後は、
ぜひ!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~!!




[PR]
by springbk2 | 2017-07-22 07:49 | 日常 | Comments(0)

戸隠山、登山(その②)

戸隠山山頂で景色を見ながらゆっくりと休憩した後は、稜線を縦走
するように歩いて、「九頭竜山」→「一不動」→「戸隠牧場」→「奥社」
と進んでいったのでした~。

a0353718_19504052.jpg
戸隠山~九頭竜山~一不動の稜線歩きは、けっこうアップダウンが
ありました・・・。そして時々、この画像のように右側がスッパリと
断崖絶壁に切れ落ちているところがたくさんありました! 覗いて
みると遥か下方まで垂直に落ちているので、足がすくんでゾクゾク
としてしまいます!!・・・。


a0353718_19513913.jpg
「戸隠山」を過ぎてから30分ほどで「九頭竜山山頂」に到着です。
でも「九頭竜山山頂」は、登山道横の広場のような感じの広場だけ
だったので、何だか山頂という雰囲気ではなかったです・・・。


a0353718_19511021.jpg
「九頭竜山山頂」を過ぎても、かなりアップダウンを歩きます・・・。
最後は一気に下っていき、疲れたなぁ~と思った時に「一不動」の
避難小屋に到着しました~。ここでも大休止をして、お昼ご飯を
補給したのでした~。

この裏手に、携帯トイレ用の小屋がありました。 戸隠周辺では
携帯トイレの施設がとても充実しています。携帯トイレ用小屋も
もちろんですが、使用済み携帯トイレを捨てるゴミ箱もちゃんと
設置されていて、登山者は快適に感じます。これは乗鞍高原でも
参考にしなければならないと思いました!


a0353718_19521053.jpg
「一不動」の避難小屋から~「戸隠牧場」までは一気に下ります!
沢状の登山道を少し下ると「氷清水」という水場があり、そこから
水が流れて川になるので、川の中を歩くことになります・・・。靴が
ゴアテックスの防水でなければ、水びたしになってしまいます!
ここを歩く時は、完全防水の靴が必須ですね!・・・。


a0353718_19524046.jpg
川の中を歩いて下っていくと、その川が滝になっている箇所が
ありました~!! これは「不動滝」です。登山道はこの滝の
上に出るのですが、左へと巻いて下っていくのです~。

a0353718_19534118.jpg
不動滝をこの鎖に沿って下りて行きます・・・。足元が濡れた岩場
なので、細心の注意が必要です!!滑ったらアウトですね・・・。


a0353718_19541577.jpg
「不動滝」で滝セクションは終わりかと思っていたら、もう1箇所
小さな「滑滝」を下りるセクションがありました~。 ここでは
滝のスグ横に鎖があって、そこを降りて行くのでした~。スリル
満点でした~~。


a0353718_19544648.jpg
滝セクションを過ぎても、何度も川の中を歩いたり渡ったり
しながらドンドン歩いて下りていきます・・・。そしたら今度は
沢の深部に「雪・セクション」がありました~! 標高は低い
のにたくさん雪が残っている事に、ちょっとビックリでした。


a0353718_19553168.jpg
その後は、眩しい程の新緑の美しい森の中を抜けていく登山道
を気持ち良く歩いて下っていきました~。でも、ここまででも
もう6時間ほども歩いてきているので、足は痛かったです・・・。


a0353718_19560220.jpg
戸隠牧場に到着です~~。緑溢れる新緑の季節はと~っても
キレイにみえますね~。牧場の施設には、牛さんも馬さんも
いましたよ~~。


a0353718_19564756.jpg
戸隠牧場から~奥社の参道までは「ささやきの小径」を歩いて
帰っていきました~。約3kmの森の中の道なのですが、かなり
疲れていたので、とても長く感じました・・・。


a0353718_19571824.jpg
そして、スタート地点である「奥社」参道の入り口に帰って
きました~。ゴールです~!!無事に帰ってくる事が出来て
よかったです~。

今回の登山は、今シーズン1回目の夏山登山だったのですが、
スプリングバンクN が現在ハマっている岩場歩きも兼ねて、
「戸隠山」になったのでした・・・。危険箇所な岩場で有名な
「蟻の塔渡り」も何とか無事に切り抜けられて良かったです。
この某日は、僕たちが稜線を歩いている時に、県警のヘリが
飛来していたので遭難があったのかな?と思っていたのです
が、西岳へ向かう稜線で滑落死亡事故があったようです・・・。
それを帰ってから聞いたのですが、僕たちもさらに安全登山
を心がけたいと思いました~・・・。

またこれからも、いろんな山へ行って楽しみたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~~。






[PR]
by springbk2 | 2017-06-27 07:49 | アウトドア | Comments(0)

戸隠山、登山(その①)

先週の僕たち「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日は、
梅雨の最中ですがまた晴れたので、今シーズン初めての夏山登山に、
スプリングバンクN のオーダーで戸隠山へと登ってきました~~。

a0353718_08431372.jpg
やっと北アルプスでも雪が融けてきて、夏山のシーズンになって
きました。なので今シーズン最初の夏山登山はどこにしようか?、
と考えていたところ、スプリングバンクN がワンデイで行きたい
山、「戸隠山」へと行ってきたのでした~。 1日でちょうど良い
コースタイムと、行った事が無い山というのと、岩場が登れると
いう事で、戸隠山に決まったのでした~~。


a0353718_08432065.jpg
奥社の入り口の駐車場に車を止めて、そこから登山がスタートです。
荘厳な雰囲気の、大きな杉並木の参道を奥社へと歩いて行きます・・・。
途中には「随神門」という、大きな萱葺屋根の朱色の門を通ります。
「となりのトトロ」が本当に出てきそうな、そして自分の心が神に
触られているかのような荘厳な雰囲気があります!!・・・。


a0353718_08432815.jpg
そして「随神門」からもう少し行くと、「戸隠奥社」に到着です。
もちろん僕たちは、この日の安全登山祈願をしました~・・・。


「戸隠奥社」
日本神話にある「天照大神」が天の岩屋にお隠れになった時、無双の
神力を持って「天の岩戸」をお開きになった「天手力雄命」をこの
戸隠山の麓に奉斎した事に始まるらしいです。この時の「天の岩戸」
が戸隠山になったとのがい伝えです。 さらに西暦800年代の中頃、
「学門」という名の行者が法華宗の功徳によって、9つの頭を持つ龍を
退治してこの岩戸に閉じ込めたという言い伝えもあるらしいです・・・。
そして、平安末期の後白河法皇によって編集された歌謡集「梁塵秘抄」
に「信濃の戸隠」が登場しているようです。それから1200年もの間
修行の山となり、信仰の山と神社として現在まで在るのです~!


a0353718_08433526.jpg
奥社の左横から戸隠山へと登山道は始まります。が、いきなりの
超急登が延々と続いていきます!!・・・。そして1時間程経った頃、
このような岩場が急に登場してきました~。この岩場の横を通る
セクションは「百間長屋」と名前が付いていました。


a0353718_08434336.jpg
「百間長屋」の先の岩壁に、一筋の鎖がぶら下がっていました。
上を見ると大きな穴が開いていて、その中に古い建物のような
屋根が見えました・・・。僕はどうしても気になってしまったので
鎖でのクライミングをして垂直の岩場の登って、何があるのか
見に行ってしまったのでした~・・・。


a0353718_08435422.jpg
岩室の中には、お地蔵さんが並んでいました・・・。これは、昔の
岩室の中で修行した修行僧の名残りですかね??・・・。


a0353718_08451719.jpg
その先は、一気に岩場&鎖場の連続する登山となりました!!・・・。
僕はちょっと怖かったのですが、スプリングバンクN は岩場登山が
楽しいらしく、このセクションもけっこう楽しんでいたのでした・・・。


a0353718_08452690.jpg
そして岩場セクションのハイライトの一つである「胸突岩」です。
ここは、一気に空へと続くような長い鎖を使って真っ直ぐ登って
行きます!!・・・・。


a0353718_08453458.jpg
そして「胸突岩」の後、スグに悪名高い最難関「蟻の塔渡り」が
出てきました~!! 50m程のナイフリッジな感じの岩場です!
スプリングバンクN は座ったり跨いだりして、何とかズリズリと
越えていったのでした~。

この岩場セクションの頃から、白い雲が湧いてきたのでした・・・。
戸隠側の景色は白く曇ってしまって、残念ながら見えなくなって
しまいました・・・。


a0353718_08454920.jpg
「蟻の塔渡り」を越えると、スグに稜線に出ます。稜線に出たら
向こう側には雲は無く、スッキリ青空で晴れたいたのでした~。
そして、稜線の分岐を右へと進んでいくと、スグに「戸隠山山頂」
に到着しました~~。
今回もヤリました~!!
バックには「高妻山」が迫力ある姿を魅せてくれていました~~。


a0353718_08455857.jpg
稜線の向こう側で晴れてくれて良かったです!! 稜線からの
景色も白馬方面まで見渡すことが出来ました~。(頭上部分の
白い山々が白馬連峰です・・・)岩場セクションを楽しめたので
スプリングバンクN はご満悦な様子でした~~。

この後、戸隠山の稜線を縦走して帰っていったのですが・・・、
まだまだいろんなセクションがありました~・・・。
続くです!!








[PR]
by springbk2 | 2017-06-26 07:42 | アウトドア | Comments(0)

ゴールデンウィークが過ぎ去って、また静かな乗鞍高原に戻った
のですが、静かになったのをイイ事に、相変わらずダラダラ~っと
お店のカウンターの隅っこで惰眠を貪っているスプリングバンクの
重役役員たちです・・・。でもこのままだと5月病になってしまうので、
またミーティングを開いて頂きました~~。

a0353718_09075526.jpg
議題はいろいろ~~・・・・・。
「この春の乗鞍高原の営業について」(お客さん来ないと→僕達のお店が困る)
「自然環境保護問題について」(中国の川は水質汚染で赤い川になっている!)
「北朝鮮はミサイル打ちまくり!」(僕達が束になっても叶わないのか?!)
「フランス大統領選挙でマクロンさん勝利」(投票率が78%ってのがスゴイ!)
「安倍政権は問題発言ばっかり」(でも核心は安倍首相本人の森友学園問題!)
「春は美味しいモノの季節~」(やっぱり山の春は、山菜天ぷらでしょ~!)


どれもこれも地球規模の目が回るぐらいタイヘンな問題??・・・、です・・・・。
(えぇっ?!、違う???・・・・。)
・・・・・・・・・、、、、、、、、、、。








今回のミーティングは「春」なので、春の環境問題といえば、やはり
中国から飛散してくる「黄砂」と「PM2.5」などだと思います・・・。
なので今回は「大気汚染問題」にフォーカスしたいと思います!・・・。
a0353718_10061779.jpg
大気汚染と言えば、僕達日本人は中国が最悪だと思い浮かびますが、
大気汚染は、アフリカやインドでも凄まじいレベルになっているの
です!!・・・。 特に、人口増加が激しいインドで去年から大気汚染
が凄まじいらしく、汚染物質PM2.5は政府基準の16倍もあり、これは
世界保健機構(WHO)の基準の約70倍!!、普通に生活しているだけ
で1日にタバコ2箱を吸っているレベルだそうで、もう街全体が煙って
いて、青空はほとんど見えないようです!!・・・。

これは、他の国の話ではなく、僕達の住む地球全体の問題なのです。
空気も水も、国境はありません。どこかの国の汚染は、自分の住む
地球の問題なのです!!・・・。 なので、これを知って、日本に住む
僕達も出来るだけ謙虚に、慎ましく、自然環境に優しい「ECO」な
生活をしなければならないと思います~~。原発に頼っていては
イケませんね・・・・。


これからも僕達「カフェ・スプリングバンク」は、自然環境問題に
敏感に、そして出来るだけエコに頑張って生きたいと思います~。
みなさんよろしくお願いします~。ご来店お待ちしていますぅ~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-05-17 07:07 | 日常 | Comments(0)

眩しい程緑溢れる美しい乗鞍高原の森の奥へと案内してくれる、
乗鞍高原・自然保護センターのガイドツアーが開催されます~。

a0353718_20405621.jpg
開催日:5月14日(日)、5月28日(日) です。
時間: 9:00~11:00 の2時間程。
集合場所:乗鞍高原、一の瀬ネイチャープラザ。
参加費:¥400- (小学生以下¥200-(保険料)
お問い合わせ:自然保護センター、0263-93-2045

この時期の乗鞍高原は、新緑の緑がとってもキレイなんです!!
自然保護センターの職員さんによるガイドツアーで、いろんな
花や野鳥、森の話などなど、とっても楽しいと思いますので、
ぜひぜひご参加下さい~~。

そして新緑の森を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」で
コーヒーやケーキをどうぞ~。ご来店お待ちしています~~。




[PR]
by springbk2 | 2017-05-12 07:39 | イベント | Comments(0)

忙しかったゴールデンウィークが明けて、やっと隊長のK8と一緒に
クライミングに行く事ができました~。

a0353718_13250315.jpg
今回の朝練で僕達が行ったのは、僕達のホームゲレンデである
坊抱岩の少し下にある「涼み岩」です。ここは、僕たちはまだ
全然触っていないルートだらけなのです!!・・・。 手始めに
今回K8は、この涼み岩の初登ルートらしい5.10cをオンサイト
狙いでトライして行かれたのでした~~!!

見た目は斜度もあまり無くて、登れるんじゃないですか?と、
ちょっとナメていたのですが、下部から何だかイヤラしい感じ
です・・・。


a0353718_13251226.jpg
それでも、K8はどんどん登っていきます!! そしてここが核心
の一番難しいセクションです・・・。斜度はぜんぜん無いのですが、
手のホールドがほとんど無くて、ここからなかなか進みません・・・。


a0353718_13251851.jpg
しかし、落ち着いて何度かいろんなムーブを試しながら核心を越え
トップまで一気に登って行ったのでした~!!
今回もヤリました~!!
オンサイトです~!!!
今シーズン、いきなり5.10cのオンサイトです!! さすがは
隊長のK8、素晴しいですぅ~~。


a0353718_13252385.jpg
そして、K8と同じ5.10cのルートへ僕もトライしていきました・・・。
そして僕も同じ核心部分で少し戸惑いましたが、何とかギリギリ
オンサイトで完登出来たのでした~。(あぁ~よかった・・・。)


a0353718_13252937.jpg
その後K8は、まだ物足りないらしく、もう1本の5.10cのルート、
「龍君の鼻」へと一気にトライしていきました!!さすがです~。
しかし、2本目のオンサイトは成らず、腕がもう疲れてしまってた
ので、この超オーバーハングは越えられなかったのでした・・・。

a0353718_13253541.jpg
K8に叱咤されて、もちろん僕もトライしていきました~・・・。
でも、やはり僕も、もう腕のチカラが残っておらず、フォール。
僕はこのルートは去年触っているのに、また今回も完登とは
ならなかったのでした・・・・。コチラは何だか悔しい感じでした。


やっと、今シーズンもここからクライミングシーズンが始まると
思います~!! クライマーな皆さん、よろしくお願いします~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています。
コチラもよろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-05-11 07:20 | アウトドア | Comments(0)

超久しぶりに、乗鞍高原の空全体が燃えるような色合いに
焼けました~!! と言っても、今回は朝焼けです~~。

a0353718_12483464.jpg
昨日の早朝5:00頃・・・・、トイレに起きてしまったのですが、
窓を見るとピンク色に染まっていたのです!!・・・。急いで
カメラを持って外に出てみると、素晴しい色合いの朝焼けで
空全体がピンク色になっていたのでした~!!


a0353718_12483909.jpg
コチラは東の空です・・・。素晴しい朝焼けの色合いなのですが、
電線がとても邪魔ですぅ~・・・。


a0353718_12484455.jpg
「カフェ・スプリングバンク」の前にあるドイツトウヒの森も、
黒いシルエットになっていて、ちょっと幻想的でした~。


a0353718_12484823.jpg
そして、その3分後には、乗鞍岳がピンク色に染まりました~!!
今回もまた、約5分ぐらいの最高の朝焼けの色合いでした~~。


これからの春から~夏の季節は、こんな感じで朝焼けや夕焼けで
空全体が燃えるようにピンク~オレンジ色に染まることが多く
なってきます!! ぜひ!皆さん乗鞍高原に一泊して、こんな
素晴しくキレイな朝焼けを見て下さい~。 そして、僕たちは
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。





[PR]
by springbk2 | 2017-05-10 07:47 | 日常 | Comments(0)