人気ブログランキング |

涸沢ヒュッテの小屋開けから帰ってきてから、まだ寒い日が続いて
いたのですが、今週になってから一気に暖かくなってきました~。
なので、今シーズン初の自転車に乗ってみました~・・・。

a0353718_13164226.jpg
コースは、カフェ・スプリングバンクから、楢の木坂前へ上り→
いがやレクリェーションランド→一の瀬園地→乗鞍観光センター
です・・・。先日オープンした「乗鞍BASE」では、スタッフの方々が
ゴールデンウィークの準備に忙しそうでした・・・。この日は陽射し
がとっても暖かくて、風を感じながらロードバイクに乗ってても
とても気持ちよかったです~~。


a0353718_13164853.jpg
でも、いがや→一の瀬へと上る道路には、まだまだたくさんの雪が
ありました・・・。マウンテンバイクならまだイイですが、ロードだと
雪の上は走れないのでちょっと困りますね~。対向車に気をつけて
避けて上っていきました。


a0353718_13165298.jpg
いつものコースで一の瀬園地まで走っていきました。この辺りは
もう雪はありません・・・。平坦なコースをスピードに乗せて快適に
走る事が出来ますよ~~。 そして、その後は乗鞍観光センター
までゆっくり走って行って、お店へと帰っていきました~~。

今シーズン初のロードバイクだったので、息が上がってシンド
かったですぅ~・・・。これからまたゆっくりとペースを上げて
行こうと思います~~。自転車ヒルクライマーな皆さん、また
乗鞍高原を走りに来て下さい。よろしくお願いします~~。


a0353718_13165742.jpg
乗鞍高原はまだ草木の芽が出ていなくてちょっと寂しいですが、
小さな花は咲き始めています。黄色い春の花「福寿草」も咲いて
いました~~。


a0353718_13170167.jpg
そして、もちろん春の最初の花「水芭蕉」も、これからの乗鞍高原で
どんどん咲いてくると思います~~。ぜひ!これらの小さな花達を
自転車で走りながら見て楽しんで下さい~~。


自転車を乗りに乗鞍高原へ来たら、「カフェ・スプリングバンク」へも
コーヒーやケーキを楽しみに来て下さい。ご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。





# by springbk2 | 2019-04-25 07:15 | 日常 | Comments(0)

今年の春の乗鞍高原は、去年とは全く逆で、4月になっても雪が
降り積もったりして暖かくなるのがとても遅かったのでした・・・。
なので、水芭蕉の白い花も咲き出すのが遅くなりました~・・・。

a0353718_19430127.jpg
毎年、乗鞍高原内で一番最初に水芭蕉の白い花が咲き出すところは
「宮の原群生地」です~~。乗鞍高原唯一の学校「大野川小中学校」の
近くにある、この「水芭蕉群生地」でやっと咲き出してきたのでした。
去年よりは約2週間ほど遅い感じがします・・・。でも、例年ぐらいで
しょうか??・・・。


a0353718_19431096.jpg
やっとポコポコと白い花が出てきていました。これを見ると、僕達
は乗鞍高原に春が来たんだな~と感じますね~~。

ここ数日は一気に暖かくなってきているので、ゴールデンウィーク
には乗鞍高原の到る所で水芭蕉のキレイな花が咲くと思います~!
ゴールデンウィークの乗鞍高原は、「水芭蕉ガイドツアー」も催行
されます!! 詳細はコチラからどうぞ。→「水芭蕉ガイドツアー
ぜひ!ゴールデンウィークは乗鞍高原の水芭蕉の白い花が咲くのを
楽しみに来て下さい~~。

そして、ゴールデンウィークの「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。




# by springbk2 | 2019-04-24 07:41 | お花 | Comments(0)

乗鞍高原の、遊びの前線基地!「いがやレクリェーションランド」と、
キャンプ場の「乗鞍BASE」が、4月20日からオープンしています~!!

a0353718_10402176.jpg
去年からリニューアルして新しくオープンした「乗鞍BASE」が、先週
の4月20日(土)からオープンしています!!

ここ「乗鞍BASE」には、アドヴェンチャーパ-クやジップラインなど
アスレチックコース、子供用遊具のキッズランド、マウンテンバイク
コース、カフェ・シヨン、マレットゴルフなどがある、まさに!遊びの
前線基地のような施設になっています!! そしてオートキャンプ場
やキャンピングカー専用サイトもあり、とても充実したアウトドアの
施設なのです~!!


a0353718_10403180.jpg
コチラは、アスレチックコースのアドヴェンチャーパークです~。
木の上にワイヤーロープが張ってあり、木の上でのスリルのある
アスレチックを楽しむ事が出来ますよ~~。


a0353718_10403694.jpg
コチラの建物は、総合受付コーナーです。駐車場からカフェ・シヨンへ
向かって入っていくと左側にあります。まずはココで自分のやりたい
事の受付をしましょう~。登山やシャワークライミング、BCスキーも
ガイドツアーがありますので、ぜひ参加してみて下さい~~。


a0353718_10404206.jpg
コチラは、子供専用の「わんぱく広場」です~~。お客様の子供は
もちろんですが、ココは地元乗鞍高原の子供達にも大人気の場所
なのです~。


a0353718_10404764.jpg
遊び過ぎてちょっと疲れたら、「乗鞍BASE」内で一番大きなこの建物
の「カフェ・シヨン」で、コーヒーやスイーツなどを食べての休憩して
して下さい。エネルギー補給しましょう~。


a0353718_10405260.jpg
「カフェ・シヨン」に入ってスグ左側には、僕達の地元乗鞍高原の
ばんとこメリーランドのコーナーがあります~!! 乗鞍高原の
おみやげに、ぜひ!ご利用下さい~~。


a0353718_10410794.jpg
そして!!、まず最初に
「乗鞍BASE」へ行って遊ぶ前に、僕達「カフェ・スプリングバンク」へ
お立ち寄り下さい!! 「乗鞍BASE」のアドヴェンチャーパークの
10%割引チケットをお渡しできます!! ぜひご利用下さい~!!

これからの10連休のゴールデンウィークは、乗鞍高原へ遊びに来て
下さい~~。よろしくお願いします~。「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店もお待ちしています~!!




# by springbk2 | 2019-04-23 07:39 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

いよいよ!、ゴールデンウィーク初日の、今週末の27日(土)から、
「乗鞍岳春山バス」の運行が始まりますよ~~!!
春の乗鞍はいよいよ、
雪の壁の季節です~!!

a0353718_19133034.jpg
春山の乗鞍高原から~標高2350mの位ヶ原山荘へと上がっていく
「乗鞍岳春山バス」に乗って、雪山登山、バックカントリースキー、
スノーハイキング、雪の壁の観光、などを楽しみに来て下さい~。

詳細はコチラからどうぞ。 乗鞍岳 春山バスのページ →こちら
(チラシ右下のQRコードをスマホで読み取ってもOK)
雪の回廊のページもコチラからどうぞ~~。 → 「こちら


そして、「乗鞍岳春山バス」で春山の乗鞍岳~乗鞍高原を楽しんだら、
「カフェ・スプリングバンク」へもお立ち寄りくださいね~。ご来店
お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-04-22 07:13 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

涸沢ヒュッテの小屋開け作業に行って来ました~!!
その②は、雪の中から涸沢ヒュッテを掘り出していく
「作業編」ですっ!!

a0353718_15135001.jpg
涸沢ヒュッテの小屋開け作業の2日目の朝、穂高連峰の山々には
朝日が当ってオレンジ色のモルゲンロートに輝きました~!!
今年も、雲ひとつ無いコバルトブルーに完璧な早朝の青空の中、
奥穂高岳の山頂から少しずつオレンジ色に染まっていく朝焼け。
感動的な瞬間です!! 登山者の皆さんは、これを見に涸沢へ
登っていらっしゃるのです!! 


a0353718_15142258.jpg
北アルプスの山小屋開け作業は雪との戦いです! 涸沢ヒュッテ
の小屋明け作業でも、何mもの深い積雪の下に埋まっているのを
掘り出していくのです!!・・・。大体は、大型の「除雪作業車」で、
平たく除雪して進んでいくのですが、小屋の屋根に除雪作業車の
ローターが当るとバリバリッと壊れてしまうので、屋根の端っこ
や壁際は手作業で掘り出していくのです。これは屋根の中央部分
を掘って出していく手作業です・・・。


a0353718_15142773.jpg
最後に屋根が出てくる箇所は、人海戦術の手堀りなのです~~。
コチラは「本館」の一番上側の屋根ですね・・・。こうやって少しずつ
掘り出していくのです・・・。


a0353718_15141658.jpg
そして、屋根が出てくると、周りの壁際を掘っていきます・・・。
そうすると屋根には傾斜があるので、屋根の上に乗っている雪が
全部屋根を滑って雪崩のように下側へと落ちていくのです~!!
この瞬間は、小屋開けの除雪の醍醐味ですね~・・・。 


a0353718_15150489.jpg
コチラは、除雪作業車のようすです・・・。壁際のスグ前まではこんな
感じでガリガリッと作業車で一気に雪を飛ばしてもらいます!!


a0353718_15151161.jpg
この、青空の中に放物線を描く除雪作業車の飛ばした真っ白な雪も、
この涸沢ヒュッテ小屋開け作業の風物詩で、とてもキレイです~!!
見ていても、飽きませんね~・・・。


a0353718_15151996.jpg
僕も出来るだけ頑張って、雪を堀り堀りしましたよ~・・・。
今年の雪は3月~4月に降った雪で、そんなに硬くはなく、
中の方はサラサラとした砂のような感じで、不思議な雪質でした。


a0353718_15154196.jpg
そして、やっと本館の建物が分かるぐらいまで進んできました~!
左上の屋根の上から雪を掘り進んできて、やっとここまで来ました。
これで、もう5m以上も掘ってきたことになります!!


a0353718_15160412.jpg
そして、日が暮れて夕方になってきた頃、ようやく「涸沢テラス売店」
の土台を掘り出すことができました~!!今年はやはり雪が多くて
除雪作業がなかなか進まなかったのでした・・・。例年だとこの土台の
上に売店を組み立ててから帰るのですが、今年は土台を掘り出すの
で精一杯だったので、売店の建物を組み立てて帰る事が出来ません
でした・・・。残念でした~。

「涸沢テラス売店」は、涸沢へ来る登山者の人たちの憩いの場所です。
コーヒーやカレーなどのランチはもちろんですが、ここで販売して
いる生ビールとおでんのセットが最高です~!! ぜひ!、今年の
ゴールデンウィークに涸沢ヒュッテさんへ行く方は、僕達が掘り
出した土台の上に建つ「涸沢テラス売店」をご利用下さい~~。


a0353718_15161098.jpg
本館と新館の建物は、たくさんの人達の尽力のお陰で、何とか
形が分かるぐらいに掘り出せたのでした~。

僕は今年でもう5回目の涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業でした。
今年が一番雪が多かったように思いますが、昔に比べたら雪の量
は半分ぐらいだと従業員の方々に言われました・・・。それだけ昔は
タイヘンだったのだと思います。 そして今年もまた特別な時間
を過ごさせて頂きました!・・・。本当に涸沢ヒュッテの皆さんには
感謝です!! ありがとうございました~!!


そして!!、
今年の10連休になるゴールデンウィークは、涸沢もイイですが、
ぜひ!乗鞍高原にも遊びに来て下さい~!! 春山バスも運行
されます。そして乗鞍高原へ来たら「カフェ・スプリングバンク」
へお立ち寄り下さい~。皆さんのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-04-21 07:13 | 日常 | Comments(0)

今年もお誘い頂き、行ってきました~!!
涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業です!!

a0353718_13311646.jpg
僕は、今年もお誘い頂いたので、涸沢ヒュッテさんの小屋開け作業
に行って来ました!! まだ雪深くて、誰も居ない涸沢へ4月中旬
にヘリコプターに乗って入山して、3日間除雪作業をする、とても
特別なお仕事なのです!!・・・・。

上高地への道路が開通した某日に、上高地内にあるヘリポートへと
山小屋関係者の方の車で入って行きます・・・・。当日は、良く晴れて
とても美しい穂高連峰の山々が大正池から見えました!!


a0353718_13312285.jpg
上高地ヘリポートで、荷揚げをする荷物の荷造りをしていきます。
これをヘリコプターで釣り上げて運んでいくのです!! 本当に
ヘリコプターという乗り物はスゴイですね~!!


a0353718_13312761.jpg
荷造りが出来上がった頃に、ヘリコプターがやってきました!!
そして、乗り降りの説明を一通り受けます・・・。やはり安全第一
が大切なのです。


a0353718_13313345.jpg
そして、ヘリコプターに乗り込んで、一気に入山です~!!
フワッと浮いたかと思うと、一気にGが掛かってスピードが
出たかと思うと、一気に高度が上がって行きました~!!


a0353718_13314638.jpg
今年は天気も良く風もあまり無かったようなので、吊尾根越えで
入山していきました~!! 僕はここ5年程涸沢ヒュッテさんの
小屋開け作業に行っていますが、吊尾根経由で飛んでの入山は、
初めてでした!! 僅か5分ほどのフライトなのですが、穂高の
山々の景色がとっても楽しみです~!!

ほんの僅か1~2分ぐらいで西穂高~岳沢の上空に一気に飛んで
いきます! そして上空からの景色は、スゴイ大迫力でした!!


a0353718_13315142.jpg
写真を撮っている短い時間も無いぐらいで、一気に吊尾根を越えて
いきました~!! 本当に一瞬で飛び越えていきました!!・・・。
真ん中の巨大な山が「奥穂高岳」で、真ん中の稜線が「吊尾根」です!
そして、左が「ジャンダルム」、右側の山が「涸沢岳」ですね~~。

僕達チーム・スプリングバンクは、この奥穂高岳の山頂から左側へ
落ちる絶壁のような「扇沢」の斜面のスキー滑走に、2016年に成功
しました・・・。「奥穂高岳・扇沢BCスキー
そして、右側の奥穂高岳・直登ルンゼのスキー滑走には、同じ年の
5月中旬に成功しました・・・。「涸沢BCスキーツアー


a0353718_13315634.jpg
一気に吊尾根を越えて、圧倒的な迫力の奥穂高岳を回りこんで行き、
その後も一瞬で涸沢へと降りて行きました~。この時の降下のGが
ものスゴかったです!!・・・。素晴しい上空からの山岳景色です!!


a0353718_13320881.jpg
上空から、雪に埋まった涸沢ヒュッテ(のある場所)が見えました。
雪の上で除雪作業の跡以外は、まだ何もありません・・・。これから
この辺りの雪を除雪して涸沢ヒュッテを掘り出していくのです~。


a0353718_13321349.jpg
そして、約5分ぐらいの一瞬で!、雪に埋まった真っ白な涸沢に
到着しました~!! ここまで歩いてくると6時間程もかかるの
ですが、ヘリコプターだと本当に一瞬でしたっ!!

雪に埋まったこの4月中旬にヘリコプターに乗って涸沢へ来れる
事自体が、本当に特別なこのなのです!!


a0353718_13321856.jpg
到着したらスグに用意をして、除雪作業開始です~!!
今年も僕は、身体の動く限りガンガン雪を掘りまくって
除雪作業頑張ってきましたよ~~。 

この超素晴しい景色を見たら!、スキーで滑りたい欲望が
抑えきれません!!・・・。 でも、ここには僕のスキー板は
無いのです・・・。どうしょうもないですね~。小屋開け作業
は仕事なのです。なので、僕のBCスキーはまた違う機会に
行って来たいと思います~~。

作業編へと、続くっ!・・・。



# by springbk2 | 2019-04-20 06:29 | 日常 | Comments(0)

ここ5年ほど、僕達「カフェ・スプリングバンク」のカウンターで販売
してきた、テレマークスキーのテル先生の造る「黒にんにく」が今回
新しくリニューアルされました~!!

今までは1パック=5~6個入って¥1200-だったのですが、新しい
のは1パック=4~5個で¥800-と、お買い求めやすい価格になって
おります~~。 ぜひ日々の健康にどうぞ~~。
a0353718_13232718.jpg
「黒にんにく」は、身体に非常に良い最高の健康食品らしいです!!
驚異の抗酸化力があるらしく、身体の中のサビ=(老廃物)を落とす
らしいです!! にんにくだけでも素晴しい健康食品なのですが、
「黒にんにく」はそれを何十倍にも熟成させてパワーアップした物
らしいです~!!

僕たちチーム・スプリングバンクの登山やバックカントリースキー
のパワーは、この「黒にんにく」の毎日食べているお陰なのです!!
僕たちはこの「黒にんにく」からパワーをもらっていると言っても
過言ではありませんっ!!

テル先生が畑から加工まで全て手造りされている「黒にんにく」!
1パック=¥800-と安くなりましたので、ぜひこの機会に試して
みて下さい~!! 身体が気持ち良く健康になれる事間違いなし
ですよ~~。ラベルには乗鞍岳の絵も書いてあるので、もちろん
乗鞍高原のお土産にもオススメです~~。無料の試食も出来ます
のでお申し付け下さい~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。




# by springbk2 | 2019-04-19 07:22 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今回の歴史探索ツアーは、松本市内から乗鞍高原へと上がってくる
国道158号線の山麓地域「波田地区」の第3弾です~!! この波田と
言う地域には、とてもディープな歴史と伝説がまだまだた~くさん
埋もれているのです!! 前回の波田の歴史探索ツアーでは、信濃
の日光とまで言われた伝説の壮大な「若澤寺」のことを書きましたが、
今回の第3弾は、明治の「廃仏毀釈」で破壊されてしまった「若澤寺」
から秘密裏に観音堂を移築した先、「盛泉寺」へと行って来ました~。
(前回の、信濃の日光と謳われた「若澤寺」の事はコチラからどうぞ。)


「歴史探索ツアー」!!・・・。それは、地図にも載っていないかも
知れないほどの山の奥深くで、道もすでに廃道となっていたりで、
入る人も居なくなって、存在するのかも分からない!・・・、そんな
乗鞍高原周辺の気になる「歴史の足跡」を探索しようというツアー
なのです~・・・。

今回のターゲットは、波田地区の「盛泉寺(じょうせんじ)」です!!
a0353718_13374016.jpg
「盛泉寺(じょうせんじ)」は、上波田地区の山麓の最奥に建っています。
曹洞宗の寺院で、山号は「天陽山」。信濃三十三観音霊場の一つであり、
25番札所になっています。

寺伝によると、建立は1552年。最初は、「常泉寺」だったようですが、
万治2年に寺の隆盛を期して寺名変更を願い出て現在の「盛泉寺」へと
改められたようです。そして、あの!明治3年松本藩令の「廃仏毀釈」
で、「若澤寺」など辺りのお寺が破壊されていく中も、この「盛泉寺」は
天領の和田家に檀家があり破壊から逃れられたようです・・・。そして、
その後の明治時代には、「明智学校」の校舎として使われたりしていた
ようです~・・・。


a0353718_13374505.jpg
最初の門をくぐると、左手にた~くさんの石仏が並んでいます!!
これは、あの「若澤寺」から移されてきた石仏群のようですね・・・。
石仏は、手がたくさんある「千手観音像」の形をしたモノが多いです。
これは、この辺りのお寺をたくさん興した「坂上田村麻呂」が造った
とされる「千手観音像」に起因しているようですね・・・。

この他にもたくさんの石仏や地蔵像があり、「六地蔵」の石碑は
長野県最古のモノらしいです~~。


a0353718_13375024.jpg
石の階段を上がっていくと、大きな拝殿があります・・・。ここには
「坂上田村麻呂」の兜に付けられていたと言われのある「千手観音像」
が祀られていると言われていますが・・・定かではありません・・・。

この辺りの「安曇郡」という土地に色濃く残る「坂上田村麻呂」の伝説
「坂上田村麻呂」は、八面大王を征伐するため桓武天皇の命を受けて
この地へ来た・・・。八面大王は福岡の八女の大王だと言う説がある。
なので八面大王にまつわる話は、八女の大王と一緒にこの地へ来た
「安曇族」たちなのだという説があり、「坂上田村麻呂」に滅ぼされた
という話も、この地域の神社仏閣にはたくさんあるのです!・・・。

そしてもう一つ。奥の山形村にある「清水寺」には、この寺にあった
「千手観音像」を、「坂上田村麻呂」が京都に帰る時に持って行った事
から、京都のあの有名な「清水寺」が建てられたという伝説も残って
いるのです!・・・。なので京都の清水寺のルーツ(元祖)は、長野県の
山形村にある「清水寺」なのかも知れない?という伝説もあるのです。
(「清水寺」の詳細は、コチラからどうぞ~。)


a0353718_13375600.jpg
拝殿の左側には、いくつもの末社があります。左側が「薬師堂」で、
右側が「平和堂」です・・・。


a0353718_13380111.jpg
そして、拝殿の左側の奥にある石の階段を登って行った先に今回の
ターゲットはありました!!・・・。これが「水沢観音堂」です~!!

「水沢観音堂」は、廃仏毀釈により取り壊されてしまった「若澤寺」に
あった「救世殿」が、ここ「盛泉寺」に移築され再建された観音堂なの
です!! その時に「若澤寺」にあったあらゆる菩薩像や弥勒像など
を持ってきているらしく、たくさんの長野県宝になっている仏像や
菩薩像などを収蔵しているようです!!

この「盛泉寺」が、「信濃三十三観音霊場」の第25番札所になっている
のも、この「若澤寺」から移蔵されたものがあるからだそうです!・・・。
これだけ大きな観音堂が、数キロ先の「若澤寺」から移築されたという
こと自体がスゴイ事だと思いますし、その当時の宮大工の技術に関心
してしまいますね~!!・・・。そして「若澤寺」跡の廃墟では感じる事
が出来なかった当時の面影を、この「水沢観音堂」から見られたのだと
思いました~~。


a0353718_13380697.jpg
「水沢観音堂」正面には立体に彫られた「龍の壁画」のような木彫刻が
ありました・・・。やはり!、信州の寺院には「龍神伝説」があるので
しょうか?! これは乗鞍龍神伝説から来ているのか?!それとも
諏訪大社の神様「建御名方神」が龍の姿になって出雲の神様の集まり
へ飛んでいったことに因んでいるのでしょうか?!・・・。この辺りの
「龍神伝説」の謎は、尽きる事がありませんね~~。

今回は、「盛泉寺」の「水沢観音堂」を見る事ができて、廃墟だけしか
無かった「若澤寺」の繁栄していた時の面影を感じる事が出来ました。
この大きな観音堂が「若澤寺」跡地の石碑があった場所に建っていた
のですね~。何だかとても感慨深いです・・・。そして、これからも
これらの歴史的な建物や仏像などは、ここ「盛泉寺」で未来へと引き
継がれていくのだと思います~~。


これで、「若澤寺」などの波田地区の歴史探索ツアーは、一旦終了と
なると思います~。ここから先の探索は、「坂上田村麻呂」繋がりで
→「安曇族はどこへ消えたのか?」という壮大なテーマになるのです。
これも、もし追いかける事が出来れば、最後まで追及してみたいと
思います~~。 また歴史ロマン溢れる安曇地区へ来て、歴史的な
お寺や史跡を楽しんで下さい。そして「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店もよろしくお願いします~。お立ち寄り下さい~!!



# by springbk2 | 2019-04-18 07:35 | 歴史探索 | Comments(0)

松本のローカルクラフトビールである「松本ブルワリー」では、新しい
ビールがど~んどん造られています~!! なので僕達も、今年の
ゴールデンウィーク用に、新しいエールを取り寄せてみました~!!

「松本ブルワリー、セッションIPA」です~!!
a0353718_11161753.jpg
「松本ブルワリー」は、僕達の町である松本市に2016年に創業した
松本市のローカルビールです。それまでは松本にはローカルビール
は無かったのですが、僕の知人や松本のバーテンダーの方達などが
集まって自分達松本市のオリジナルビールを造ろう!という事で
始まりました~。そして2018年からは松本駅前にある信濃毎日新聞
のビル「メディアガーデン」内に自社工場とタップルームをオープン
させて、今はそこで醸造されているのです!!

「セッションIPA」というビールは、ホップを多量に使ったアルコール
度数のちょっと高い「インディアン・ペールエール」のアルコール度数
を低くして、セッション=会議中でもゴクゴク飲めるように造って
あるビールの事です~。


a0353718_11162280.jpg
この松本ブルワリーの「セッションIPA」は、アメリカンホップを使って
爽やかに造られていて、とっても爽やかな香りと味わいになっています。
この春にピッタリなのではないか?と思って、ゴールデンウィーク用に
仕入れてみました~~。

皆さん!ぜひゴールデンウィークは乗鞍高原へ春山スキーや水芭蕉鑑賞
などを楽しみに来たら「カフェ・スプリングバンク」でこの松本ブルワリー
の「セッションIPA」を飲んでみて下さい~! ご来店お待ちしています。
よろしくお願いします~~!!
(左側のトラディショナル・ビターも、もちろんありますよ~~)




# by springbk2 | 2019-04-17 07:15 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今年の「カフェ・スプリングバンク」の春休み期間中に、以前から行って
みたい!と思っていた若鶴酒造さんの「三郎丸蒸留所」の見学に、行って
きました~!!

a0353718_19043332.jpg
「三郎丸蒸留所」は、富山県砺波市にある老舗酒蔵「若鶴酒造」さんが
ウイスキーを造っている蒸留所です。

「若鶴酒造」は、1862年から日本酒を造っている老舗酒蔵で、戦後
の1952年に、二代目の「稲垣小太郎」さんがウイスキー造りに参入。
当時では最新のアロスパス式蒸留器などを揃え、蒸留技師には満州
キッコーマンで工場長をしていた「深澤重敏」迎えて、万全の体制で
スタートしました。しかし、1953年の5月に工場が大火災で焼失!
それでも蒸留所を再興して、再びウイスキーを造っていくのです。
そして1960年にオリジナルウイスキーの「サンシャインウイスキー」
を販売していったのでした~。そして、80~90年代はウイスキーの
大不況時代で長らく製造されてこなかったのですが、5代目に当たる
「稲垣貴彦」さんが2016年にクラウドファインディングで老朽した
蒸留所をリニューアルされます!! そして翌2017年7月に新しく
オープンしたのが、画像の新生「三郎丸蒸留所」だったのです~!!

この画像の「三郎丸蒸留所」の建物は、富山市の金属加工メーカーの
工場を戦前にこの場所へ移築したもので「木造洋式トラスト」という
珍しい建築様式の、築90年以上の建物らしいです! それを現在
改修工事をしてそのまま残されて、蒸留所になっているのです!!
歴史と伝統を感じられる、ロマン溢れる素晴しい建物でした!・・・。


a0353718_19044577.jpg
蒸留所見学は、「大正蔵」というエントランスの別の建物で受付を
して3分間の短いムービーを見てからスタートします。その後に
この「三郎丸蒸留所」へ来て始まります・・・。

最初は、蒸留工程の最初である粉砕機からです。スコットランド
から運んできた粉砕機で、これで麦芽を自分達の蒸留に合わせて
粉にしていくのです~・・・。


a0353718_19050652.jpg
その後、1階の奥の小さな部屋で、蒸留器を見る事が出来ました!
これが「三郎丸蒸留所」のポットスチルです!!この形のスチルは
世界で唯一の形の蒸留器で、ステンレス製です!!そして約30年
も前から使っているモノらしいです・・・。しかし!、ステンレスと
いう金属はウイスキーの蒸留には合わないらしく、現在は使われて
無くて、奥の部屋に分解されて置いてあったのでした!・・・。僕が
行った時はまさに改修中で、これから新しい銅製のスチルに変わる
そうです~・・・。

僕は、このステンレス製の超変形型のポットスチルを見たいために
この「三郎丸蒸留所」へ来たのです・・・が、現在は使われていなくて
奥の部屋でひっそりとしていたのを見ると、ちょっと寂しい感じが
しました・・・。でも、美味しいウイスキーを造るためには、やむを
得ないのかも知れませんね~・・・。


a0353718_19051402.jpg
ウォッシュバックは、新しく新設した三宅製作所のステンレス製
のモノになってました。ウォッシュバックの側面は、「高岡銅器」
という着色技術を応用して「Orii」が独自に開発した「斑紋孔雀色」
という銅の色合いらしいです!!・・・。


a0353718_19053409.jpg
その後2階へ上がっていくと、2階は三郎丸蒸留所の歴史や蒸留工程
などの展示室になっていました・・・。

1960年から発売された「サンシャインウイスキー」の名前は、公募で
募集した中から選ばれたのですが、その「サンシャイン」という名前を
考えた人は誰なのか?、ず~っと分からなかったようです・・・。それが
去年(2018年5月)になってようやく名付けた人である「片山忠男」さん
が見つかった話など、面白かったですね~~。


a0353718_19053987.jpg
展示品の中に、こんな錆びた直径80cm程もある円盤がありました。
これは、1953年に初代蒸留塔が火災で消失した後に、当時最新鋭
の蒸留器として導入された「アロスパス式蒸留器」の「シートトレイ」
だそうです!! 建物の改築時に掃除をした時に、この銅製の部品
がもみがらに埋もれているのが見つかったのです! 調べてみたら
この部品は連続蒸留器のA塔のトレイだそうです!! こんな部品、
僕もこれまで見た事がありませんでしたし、どうやって使うのかも
分からないですね・・・。


a0353718_19054607.jpg
2階の展示室を見た後は、再び1階奥へと下りていきます。そこは
樽貯蔵室になっていました。大手のウイスキー蒸留所のようには
大量生産されていないので、樽はそんなにたくさんは無かったの
ですが、いろんな種類の樽がありました。


a0353718_19055139.jpg
熟成に使われる樽は、アメリカのバーボン樽が80%、残り2割が
いろんな種類の樽らしいです。この画像は富山県産の「ミズナラ」
の新樽です!! これはとても楽しみですね~!! これらの樽
の他にも「バッファロートレース」社の樽や、「ジム・ビーム」の樽も
ありました!!


a0353718_19060670.jpg
この建物は入って最初のエントランスにある「大正蔵」という建物です。
「大正蔵」は、大正11年に酒造りの建物として建設されました。当時は
北陸でも一番の大きさの酒蔵だったそうです! それが平成22年には
「とやまの近代歴史遺産百選」に選定され、さらに翌年の平成23年には
「砺波市ふるさと文化財」にも登録されました。

a0353718_19061540.jpg
そして平成25年に、若鶴酒造創業150年と、北陸コカコーラ50周年
の事業として大改修され、現在の「大正蔵」の中は、公演や演奏など
映画を見れるスペースや、蒸留所見学の受付、お土産の売店や試飲
コーナーになっています~。 古き良き建築と現在のリノベーション
が融合した素晴しい建物でした。


a0353718_19062167.jpg
蒸留所見学の最後は、やはり試飲ですよね~~。僕は運転手なので
スプリングバンクN が「サンシャインウイスキー・プレミアム」など
いろいろ飲んでました~~。蒸留所で飲むウイスキーは思い入れが
あって、一味違いますよね~~!! 至福のひとときでした~~。



そしてっ!!・・・
a0353718_20014148.jpg
もちろん買ってきましたよ~!!、蒸留所限定ウイスキー!!
ブレンダーズ・トライアル、Vol,3」です~~!!

このウイスキーは、ココ三郎丸蒸留所で造られた原酒のブレンデッド
ウイスキーで、富山県産のミズナラ樽熟成のグレーンウイスキーと、
ピーテッドモルトウイスキーをブレンドした、蒸留所限定品です!!
熟成は1年2ヶ月らしく、第3弾のボトリングで、550本の限定ボトル
なのです~。これを買ってきましたので「カフェ・スプリングバンク」
でお飲み頂けます!! 300mlの小瓶なので、約10杯だけの限定!!
この機会に、ぜひ!「三郎丸蒸留所」の味わいを飲んでみて下さい~!
ご来店お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-04-16 07:02 | 趣味の部屋 | Comments(0)