一昨日の夜は結構イイ感じで雪が降り積もっていたのでした!!・・・。
なので、滑りに行くつもりじゃなかった昨日の朝イチにスクランブル
緊急出動をかけて、重いアタマとフトモモを引きずりながらも、また
ノリクラパウダーを滑りに行っちゃったのでした~!!・・・。

a0353718_12193060.jpg
オープン10分前の朝イチの山麓リフトに並んでいると、やはりこの
ノリクラパウダーを滑ろうという乗鞍ローカルな連中が、集まって
きたのでした~。なので今回は、てれのりのテレマーカーの方々と
一緒にノリクラパウダーを思いっきり喰らって来たのでした~!!



セッション・スタート!!
a0353718_12200535.jpg
まず最初は、てれのりのテレマーカーであるTHさんのテレマーク
ライディングです~!! パウダーが降ったら、やはりカモシカ
斜面ですよね~!! 吹き溜まりに当て込んで、腰パウになって
滑って行かれました~~!!


a0353718_12201252.jpg
カモシカBコースを攻める、スプリングバンクN のテレマークです。
彼女はノートラックパウダー至上主義なので、端っこに残った純白
のホイップクリームのような斜面へ滑り込んで行きました~~。


a0353718_12202024.jpg
コチラは、ゲストハウスR軍団です~!! ドデかいスプレーを
上げまくって、自撮りで動画を撮影しながら滑っていきました~。


a0353718_12202540.jpg
そして、僕もなるべく安全運転で気持ちよく、メチャ軽い極上の
ノリクラパウダーのスプレーを上げて滑って行きましたよ~~。


a0353718_12203173.jpg
広いカモシカ斜面の脇に残ったノートラックをくまなく滑るのは、
てれのりのIkさんです~!! 彼女もメチャ上手いテレマーカー
です~!! どこの斜面でもスプレーを上げまくってパウダーを
滑って行かれていました~~!!


a0353718_12212126.jpg
そして、最後に残ったパウダーゾーンであるチャレンジコースの
ノートラックにTHさんが突っ込んでいかれて、テレマークスキー
の低い姿勢から素晴しいスプレーを上げてくれました~!!この
写真、メッチャカッコイイです~!!


a0353718_12212761.jpg
THさんの後に続いて僕も、出来るだけ大きなスプレーを上げようと
思って、チャレンジコースへと滑り込んで行きました~。ちょっと
逆光だったのですが、イイ感じの大きなスプレーが上がりました!!
a0353718_12213560.jpg
でも、その後のシークェンスでは、スプレーが上がり過ぎて、
真っ白で何の写真か分からなくなってしまったのでした~・・・。
そ、それでもメッチャ気持ちよかったですぅ~(;´Д`)・・・。


a0353718_12214118.jpg
そして!、いよいよ!!、
鳥居尾根ダウンヒルコースは、
来週末オープン予定です!!

鳥居尾根ダウンヒルコースを、高速でカッ飛ばすのが大好きな方!、
この降雪でいよいよオープン出来そうな感じらしいですよ~~!!
ぜひ!滑りに来て下さい~~。


そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店をお待ち
しています~!! お立ち寄り下さい。よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-01-22 07:18 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

先日、乗鞍岳バックカントリーエリアで行われた長野県山岳救助隊の
救助訓練に、僕も参加させて頂いたのでした~・・・。

a0353718_20592980.jpg
登山の世界では、「山岳救助」というのがあります・・・。山で怪我や、
遭難して自分たちだけでは帰れなくなると、警察や消防へ救助要請
をします。その時に救助に来てくれる「山岳救助隊」があるのです!
彼らはこのようにして、いつも訓練をしておいて、いざという時に
怪我人を山の中へ助けに行かれるのです。


a0353718_21010750.jpg
冬山の中の訓練は厳しいです。厳冬期の乗鞍岳BCの極寒の気温や、
暴風雪、深い雪の中のラッセル!・・・。その中での訓練は、本当に
スゴイと思いました・・・。


a0353718_20593654.jpg
そして今回、山岳救助隊の方々との話の中で、遭難される人の話題に
なりました。最近、遭難される方の多くはネットから情報を得て来て、
自分の登山能力や体力に見合っていないコースへ来てしまうという話
があり、僕のこのブログでもいろんな山の話を楽しい事だけを書いて
しまっているので、反省すべき点があると思わされました・・・。

なので今回は、注意喚起です!
僕が行く、夏のクライミングや、ヴァリエーションルートのアルパイン
クライミング、そして厳冬期のバックカントリースキーなどは、登山に
慣れているエキスパートな方のみが行く事が出来る登山なのです!・・・。
ピッケルやアイゼン、ロープやカラビナやハーネスを使いこなすコトが
出来るスキルが必要ですし、冬のバックカントリースキーは、雪崩知識
と危険回避のスキル、冬山登山なのでマイナス10℃以下の極寒の気温で
行動できるスキルとエキスパートなスキー滑走技術が必要です!! 

もし、このブログを見て同じルートで行って見たい!と思われた方は、
必ず!冬山登山やクライミング、BCスキーなどの、専門のガイドさん
と一緒に行って下さい! 実際の登山やBCスキーは、ネットの情報の
ように簡単には行く事は出来きません!! 僕のブログが山での遭難の
キッカケにならないように、くれぐれもよろしくお願いします~。


そして、登山やBCスキーの話は、お店でいろいろ出来ると思います!
乗鞍へお越しの際には「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
山好きなお客様のご来店お待ちしています。よろしくお願いします~。




# by springbk2 | 2019-01-21 07:00 | 日常 | Comments(0)

妙高山の外輪山、「神奈山」から、北側のホイップクリームのような
ノートラック斜面へ、
ドロップ・イン~!!

a0353718_21364170.jpg
AM君の1本目のシェプールの後に続いて、僕もドロップイン!!
サラッサラのディープパウダーで、素晴しいスプレーが上がって
いったのであった~!!!


a0353718_21371595.jpg
1番手は、AM君のライディングだ!! いつも通り思いっきりの
良いライディングで、腰まで埋まるスプレーを上げてくれたので
あった~!!!
a0353718_21374201.jpg
そして、その後もスピードに乗せてどんどん腰パウになっていき、
a0353718_21380291.jpg
最後は登ってきた広い尾根上へと上がり、フトモモさんが続く限り
どこまでもスプレーを巻き上げながら滑っていったのであった~~。



a0353718_21382773.jpg
2番手は、NJさんのテレマークライディングだ!! テレマークは
ターン時の姿勢が低いので、肩パウ~!!!
a0353718_21383498.jpg
そしてNJさんも、どこを滑っても腰まで埋まるディープな雪に
埋まり、どこまでもディープなライディングを楽しまれて行かれ
て行ったのであった~~!! 


a0353718_21385827.jpg
そして、最後は僕の、安全運転スキー滑走ですぅ~・・・。
僕は、先日白馬で行われた「フリーライド・ワールドカップ・ツアー」に
刺激されて、下界から見える「神奈山」の中央に広がる約45°程の広大な
ノートラック斜面へと
ドロップ・インっ!!!
a0353718_21390596.jpg
ドロップ・インしてスグにトップスピードに乗せていってしまって、
いつもの僕の安全運転スキーの領域を超えて、麻薬のような快楽の
領域へと突入して滑っていったのであった~!!!
a0353718_21391221.jpg
そして、左側の尾根上へと上がるポイントまで、フォールラインに
向かってトップスピードのまま一気に滑って行ったのであった~!!
ぐあ゛ぁ、快感っ!!!
このために、激ラッセルにも耐えて、標高差約1000mを登りきり、
これまで何万ターンも繰り返してきた、その全てを濃縮した数十秒
の一瞬の快感なのであった!!・・・・。


a0353718_21394161.jpg
快楽の後は、大体苦行が待っているものである・・・・。

あのまま、サラッサラのディープパウダーのまま、ブナ林の中も
滑って帰れると思っていた僕たちだったのだが、日中の陽射しで
気温が一気に上がったせいで、雪が激重のモコモコになっていて、
普通にターンが出来ないぐらいの粘土のような雪になっていたの
であった~・・・。 ここまででもフトモモをかなり使って登って
滑ってきたのに、さらにここから超重い雪と格闘しながら下まで
帰らなければならないのであった~・・・。

さすがは日本海側の雪だな!!・・・。と、最後の最後で北側の雪
を思い知らされた感じだったのであった~・・・。


こんな「カフェ・スプリングバンク」へのご来店をお待ちしています。
本州で最高のパウダーを自認している乗鞍へ滑りに来たら、お店へ
お立ち寄り下さい~~。 よろしくお願いします~~!!




# by springbk2 | 2019-01-20 07:36 | アウトドア | Comments(0)

今シーズンは、ここまで雪が少なくて、なかなか深いパウダーの
バックカントリースキーに行けてないのである!!・・・。
しかし!、皆さんがアップしているSNSなどを見ていると、雪の
少ない今シーズンでも長野県北部や新潟県では、もう何mも雪が
降り積もっているらしいのだった!・・・。

そして今回、僕の友人であるNJさんから連絡があり、ディープで
ハードコアなバックカントリースキーに行こうと言う!!・・・。

なので、ホレた大波を求めて彷徨い旅をするサーファーのように、
ディープなパウダースノーを渇望している僕たちBCスキーヤーも、
また深くて良い雪を求めて、今回は彷徨い走るのであった!!・・・。
激深いパウダーが降り積もった北へ!!・・・。
a0353718_21264841.jpg
やっと今シーズン初めて、チーム・スプリングバンクのBCスキーの
パートナーが集まったこの日、超ディープで深いパウダーを求めて
どんどん北へと車を走らせて行った・・・。そして!、今回僕たちが
目指したのは、道路脇に2mもの雪の壁が出来上がっているという
情報があった「妙高」である!!・・・。 しかし、僕達のターゲット
である「高妻山」や「妙高山」は山頂が雲に霞んでいたのであった・・・。
そしてこの日の天気予報は午後から下り坂・・・。なのでターゲットを
少し変更して、妙高外輪山の一つである「神奈山」へと向かったので
あった~~!!


a0353718_21265661.jpg
朝日が当って世界がオレンジ色輝いている中、ツアースタートだ。
バックカントリースキーは、このドキドキ感がたまらない!・・・。

今回のパートナーは、去年カナダ・ウィスラーへ一緒に行ったAM君、
そして、NJさんという、チーム・スプリングバンクの屈強なメンバー
が揃った!! これで天気がもてば、楽しい事間違いなしだ~。


a0353718_21270589.jpg
この「神奈山」へ上がるルートの下半分は、美しいブナ林の雪の中を
歩いて登って行く・・・。青い空に映えてとても美しく輝いていた・・・。

そして、足元は膝まで埋まる超深い雪!! こんなに深い雪は僕達の
地元乗鞍ではなかなか無い!!・・・。この激深い雪の中の久しぶりの
ラッセルにフトモモさんを酷使してしまい、早くも悲鳴を上げていた
のであった~・・・。


a0353718_21271202.jpg
それでも、3人で交代で先頭ラッセルを繰り返して、ようやくブナ林
を抜けて、今回スキーで滑るターゲットの斜面が見えてきた~!!
この紺碧の青い空に、美しいノートラックの急斜面!!・・・。思わず
「うおぉぉ~~!!」と歓喜の声が漏れてしまうのであった~~。


a0353718_21272853.jpg
尾根上に出てもけっこう深いラッセルは続く・・・。そして斜度は
だんだん急斜面になっていく・・・。振り返ると僕たちがスタート
した場所が、遥か彼方の下の方に見える。素晴しい景色の広がり
である!!野尻湖、野沢温泉や志賀高原方面、その向こう側には
苗場や谷川岳方面も見えて、そして八ヶ岳や富士山まで見えた
のであった~!! 悪くなる天気予報は誰が出したんだ?!・・・。


a0353718_21273511.jpg
比較的広い尾根上を、スキーシールのままどんどん登って行く。
ここまで来て、やっとターゲットの神奈山山頂の全容と、山頂
から右側へ落ちていく滑る斜面が見えてきた!! 足元は依然
パウダーが深い!! これは期待が高まるというモノだ!!・・・。


a0353718_21275819.jpg
そして、AM君の、「男は黙って直登!!」が実践されていく!!
通常なら尾根上は固くアイスバーンになっている事が多いのだが、
今回の「神奈山」は尾根の急斜面でもサラッサラのパウダーだった
ので、このままスキーにシールで山頂まで行けそうだ!・・・。


a0353718_21280688.jpg
滑る予定の極上のクリームを乗せたようなノートラックの斜面を
見ながら、左から巻いて登って行く・・・。僕達のフトモモさんには、
もうかなりの乳酸が溜まっているダルく鈍い感覚があったのだが、
AM君のラストスパートがかかってガンガン登って行く!!・・・。
ヨレヨレの僕達は、頑張ってついて行くしか無いのであった~・・・。


a0353718_21282373.jpg
山頂まであと1歩!! バックには、素晴しい景色が広がっていた
のであった~!! そして雲がメチャ近かった~。


a0353718_21283150.jpg
そして、スタートしてから3時間ちょっとで「神奈山」山頂手前の
ドロップ・ポイントへと到着したのであった~!!・・・。
今回もヤリました~!!
爆風の中、何とかして3人で記念撮影・・・。カメラなどの荷物が
フッ飛びそうなぐらいだったが、何とかバックに妙高山を入れて
撮影できたのであった・・・。



(山頂付近からの景色です・・・。)
a0353718_21284179.jpg
妙高山」
火山である「妙高山」は、大きな外輪山のある、本当に特徴的な形で
ある・・・。この後スグに雲が湧いてきて、妙高山の山頂は雲の中へと
隠れてしまったのであった・・・。何とか間に合った感じであった。


a0353718_21285009.jpg
大毛無山
この画像の真ん中にある白い山は、ARAIスキー場のある「大毛無山」
である。ここからでも、スキー場のリフトやスキー場下のホテルが
見えた・・・。左側の一際白い山は、「三頭山」だろうか??・・・。

②の滑走篇へと続く!!




# by springbk2 | 2019-01-19 07:25 | アウトドア | Comments(0)

a0353718_22290844.png
もうご覧いただいたでしょうか〜?
スプリングバンク のHPが昨年新しくなりました。→ こちら

青い魔法使いさんに教えていただいた WiX.com で作りました。
HP作成ソフトを買わずに、パソコンとネット環境さえあれば誰でも簡単に作れる というのは
すごくありがたいですね。

前とあまり変化もないHPですが、今回 新しく作ったページがあります。
それはトップページ下にある「泊まって 飲むならココ!」です。

バーテンダーがいるスプリングバンク としては、夜のバータイムにじっくり飲んでいただきたい
というのが切なる願いです^^
そして夜にお酒を飲むには、やはりお近くに泊まっていただくのが一番です!

ということで、、、、

「スプリングバンクでバータイムにゆっくり&じっくり飲みたい!
という方にはのりくら高原内の宿泊施設のご利用をお薦めしています。
お好みのスタイルの宿をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせ
ください。​歩いてご来店できる宿もありますし、送迎可能な宿もあります。」


近くのお宿さんや、いつもお客様を紹介してくださっているお宿さんに掲載の許可を
いただき、紹介ページを作りました。
現在9軒のお宿さんをご紹介しています。

殆どのお宿さんが 温泉付き!! というのが嬉しいですね。
チェックインして、ゆったり温泉に入って、美味しい夕食をいただいて、
その後、スプリングバンク へ飲みに来ていただいたら、嬉しいです。

以下、各お宿さんの外観写真とお風呂の写真など、2枚ずつアップしました。
泊まって 飲むならココ!」のページには、紹介文もありますので、
ぜひご覧になって、お泊まりくださいませ。




a0353718_22304433.jpg


a0353718_22324503.jpg


信州乗鞍高原温泉 緑山荘(りょくざんそう)
a0353718_22314167.jpg


a0353718_22315558.jpg


a0353718_22464244.jpg

a0353718_22465190.jpg


a0353718_22471835.jpg


a0353718_22472625.jpg


a0353718_22473902.jpg

a0353718_22474657.jpg


a0353718_22475724.jpg

a0353718_22481474.jpg



a0353718_22482669.jpg

a0353718_22483287.jpg


a0353718_22484121.jpg

a0353718_22485079.jpg


a0353718_22490447.jpg

a0353718_22490977.jpg



# by springbk2 | 2019-01-18 07:38 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今回のスペシャルなウイスキーは、地元長野県のウイスキーです!!

駒ケ岳、2018リミテッド・エディション」です~!!
a0353718_19240878.jpg
このウイスキーは、長野県・宮田村にある「マルスウイスキー・信州」
の蒸留所で造られているウイスキーです。

「マルスウイスキー」は、1872年に鹿児島に創業した焼酎メーカー
「本坊酒造」のウイスキーです。最初は焼酎やみりん、合成酒、梅酒
などを製造・販売していたのですが、ウイスキーの需要が高まる戦後
の1949年にウイスキー製造免許を所得し、その頃ワイン製造で買収
した「富士葡萄酒」の山梨県の石和工場の土地にウイスキー蒸留所を
1960年に建設したのでした~。 この時陣頭指揮をとっていたのが、
当時の社長「本坊蔵吉」の義父、「岩井喜一郎」さんなのです!!

「岩井喜一郎」さんは、もう一人の日本のウイスキーの父と言われて
いて、ニッカの創始者であり日本の最初のウイスキー蒸留所である
サントリー山崎蒸留所を造った「竹鶴政孝」さんをスコットランドへ
送り出したのが、当時の摂津酒造の上司だった「岩井喜一郎」さんなの
です!!・・・。竹鶴政孝さんはウイスキー製造のための経験や実習を
2冊のノートにまとめて「岩井喜一郎」さんへ提出しています。これが
「竹鶴ノート」と言われているモノで、これを元にして日本の蒸留所
が建設されていったのでした。もちろん1960年に建設された「石和
工場」もこの竹鶴ノートを元にして岩井さんが造っているのです!!

その後、1985年にワイン醸造で手狭になった石和工場から、全ての
設備が宮田村へと移されて、マルス信州蒸留所が出来たのでした~。
しかし80年代後半から~90年代は日本のウイスキーの大不況時代で、
信州蒸留所も1992年3月に閉鎖されてしまうのでした!・・・。そして、
その後19年間は1滴のウイスキーも造られませんでした。しかし!、
世界中の爆発的なウイスキーブームにより、ジャパニーズウイスキー
が数々の賞を受賞して復活!!このマルス信州蒸留所も2011年から
設備を新しく入れ替えて再開されたのでした~!!

その後「本坊酒造」は新たに、本家本元の土地鹿児島に「津貫蒸留所」も
オープンさせます。現在は、フル稼働でモルトウイスキーが造られて
いるのです~!! (1年前に行った「津貫蒸留所」は、コチラから見て
下さい・・・。)


a0353718_19241650.jpg
「駒ケ岳」とはもちろん!宮田村から~千畳敷カールまでロープウェイ
のある木曽駒ケ岳です。 信州蒸留所で造られるモルトウイスキーに
この「駒ケ岳」という名前が付けられているのです。しかし、その原酒
の大体はマルスウイスキーのブレンデッドに使われるので、モルトの
「駒ケ岳」のボトルは結構レアなのです! この「2018年リミテッド」は、
バーボンバレルとアメリカンホワイトオーク樽の熟成のヴァテッドの
ようですね~・・・。

この機会に、ぜひ「駒ケ岳、2018リミテッド・エディション」を飲んで
見て下さい~。 「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-01-17 07:22 | お店からのご紹介 | Comments(0)

いやぁ~、3連休はどこも快晴の青空で、晴れ渡りましたね~!!
こんな最高の天気の日にバックカントリースキーに行きたいぃ!!
と、歯軋りしながらお店で仕事をしていました~・・・。 Mt.乗鞍へ
来たら、そんな「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~。

a0353718_22090516.jpg
3連休が明けて昨日、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデの様子を
見に滑りに行ってきました~。雪は降っていませんが降雪作業は
夜中にしているので、雪が少ないせいでゲレンデがハゲて砂利が
出てきていた部分も、少しずつ収まってきています・・・。


a0353718_22091695.jpg
肝心の「ダウンヒルコース」のようすです。ここは先週オープンした
時には、コース内にかなりブッシュや砂利などが出ていたのですが、
今回滑ってみると、ほぼフラットな圧雪で素晴しい状態でした!!
まだまだ薄いとは思いますが、降雪作業のお陰で砂利の出ている所
は、かなり無くなっていて快適に滑れると思います~!!


a0353718_22091946.jpg
そして、カモシカ斜面です!! ここはゲレンデ上部なので、もう
雪は十分なように思います~。あとは、パウダースノーがたくさん
降り積もってパウダー天国になる日を待つのみですね~!!



そして、ダウンヒルコース下部の僕の失敗な滑りですぅ~・・・・。
言い訳ですが、まだ砂利があるとスキーにキズが付くのがイヤだった
から古いボロなスキー板で行ったので、固く締まった斜面にボロボロ
のエッジがグリップしなくて、内倒気味ですぅ~。下手ですね・・・。
でもダウンヒルコースの状況はかなり良い感じだったので、ちゃんと
良いエッジのスキー板で滑れば良かったですね~・・・。

雪は最高の状態です!!
しかし、この後雪の降る予報なので、今日はどうなったのか?!
本当に今年は長野県全域でまだまだ雪不足なので、ドッサリと
雪が降り積もって欲しいですね~~。

ぜひぜひMt.乗鞍スノーリゾートへ滑りに来て下さい~。そして、
乗鞍に来たら「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~~!!
よろしくお願いします~。お待ちしています~~!!



# by springbk2 | 2019-01-16 07:08 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

次の週末の19日~20日は、いよいよ「テレマークスキー体験試乗会」
が開催されますよ~!!

a0353718_10322088.jpg
Mt.乗鞍スノーリゾートに集まるテレマーカーの集団である「てれのり」。
その「てれのり」の皆さんによって手作りで開催されているイベントが、
この「テレマークスキー体験試乗会」なのです!! 今年の日程は・・・、

2019年1月19日(土)、AM10:00~12:00、PM13:00~15:00.
そして、20日(日)、AM10:00~12:00、の、計3回です~!!

場所:Mt.乗鞍スノーリゾート、「レストランのりくら」です。
予約などは一切不要です。当日ご来場して参加下してさい~~。

参加費:¥500-。テレマークスキー用具一式の貸し出し、
    ご希望の方へのプチレッスン、傷害保険料込みです。

踵の上がるテレマークスキーの貸し出し用具は、BCクロカン板、
スキージャンプ用の板、タンデムテレマーク板、NTNビンディング
などなど、いろんなタイプのテレマークスキー板がたくさん揃って
いますので、すでに現役テレマーカーの人でも、かなり楽しめると
思います!! もちろんテレマークスキーをしたことが無い方は、
ぜひ!この機会に一度試してみて下さい~~!!

*チラシを拡大して見たい方はコチラ! →「てれのり体験試乗会


a0353718_10322638.jpg
当日は、「てれのり」メンバーのテレマーカーの人たちが集まって
滑っていますので、みんなで楽しく一緒に滑りましょう~~!!
そして、テレマークスキーをしたことが無い全くの初心者の方でも
メンバーの皆さんや、TAJ公認指導員であるテル先生にしっかりと
教えてもらえるチャンスです~!! ぜひ!この機会にMt.乗鞍へ
来て、この「テレマークスキー体験試乗会」でテレマークスキーを
試しに履いてみて下さい~。みんなで楽しくワイワイしましょう~。


そして踵の上がらない僕は、「カフェ・スプリングバンク」で皆様の
ご来店をお待ちしています~!! よろしくお願いします~!!




# by springbk2 | 2019-01-15 07:31 | イベント | Comments(0)

去年の秋に取り寄せた究極のブランデー「ラフォンタン、1997年」が
なくなったので、また新しく、今度は違うヴィンテージで取り寄せて
みました~!!

ラフォンタン、1989年」ですっ!!・・・。
a0353718_15160037.jpg
このブランデーは、フランスの西部に広がるアルマニャック地方で
造られたブランデーです・・・。

ラフォンタン」は、アルマニャック地方の中でも最高級産地として
知られる「バス・アルマニャック」地区の「ノガロ」村に1897年に創業。
それ以来、究極のブランデーだけを全て手作業で造っています!!
そして、通常のブランデーだとVSOPやナポレオン、XOなどの表示
でランク付けされているモノが販売されていますが、「ラフォンタン」
は全て200mlの小さなボトルにヴィンテージごとに瓶詰めされるの
です! バス・アルマニャック地区の畑で収穫されたユニ・ブラン種、
フォル・ブラン種、コロンバール種のブドウを使って醸造。その後
3基の蒸留器(アトス、ポルトス、アラミス)でそれぞれを蒸留。そして
ガスコーニュの森で育った樹齢100年以上のオークで作られた木樽
で熟成が成されます!!そして熟成の極みに達した樽のブランデー
だけをブレンドしないで、そのままのヴィンテージごとに200mlの
小瓶に入れて販売しているのです!! 現在でも、100年以上前の
ヴィンテージのボトルが手に入るらしく、これが究極のブランデー
と言われる所以なのです~!!

ブランデーと言うと「コニャック」と言うのが有名です。ヘネシーや
レミーマルタン、カミュ、マーテル、クルボアジェなど、これらの
有名なブランドは全て「コニャック」地方のブランデーなのです・・・。
しかし、その「コニャック」地方と並んで双璧のブランデーを造って
いるのがこの「アルマニャック」地方なのです! フランスの古文書
では、「1411年にアルマニャック地方にてアクア・ヴィテ(命の水と
言う意味の蒸留酒の事)が造られた!」、と言うコトが書かれていて、
これが最初に造られたブランデーの記述らしいです~!! なので、
ブランデーが最初に造られたのは、この「アルマニャック」地方なの
だと言う事なのです!! そして!、この「ラフォンタン」は、その
アルマニャック・ブランデーの中でもヴィンテージごとにボトリング
される最高級品なのです!!


a0353718_15160601.jpg
そして!!、前回のボトルは1997年ヴィンテージの20年モノ・・・。
今回のボトルは、1989年ヴィンテージの、30年熟成品ですっ!!!
これは、究極のブランデーと言われるボトルでも、前回のモノとは
熟成期間が違い、否が応でも期待が高まりますっ!!

ぜひ!皆さん、この機会に「ラフォンタン、1989年」をご賞味下さい!!
このボトルは200mlの小瓶なので、スグに無くなってしまうかも・・・。
どうしても飲んでみたい!と思われる方は、お急ぎ下さいぃ~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店をお待ちしています~!!
よろしくお願いします~~!!




# by springbk2 | 2019-01-14 07:14 | お店からのご紹介 | Comments(0)

先日・・・、僕はいつものようにMt.乗鞍スノーリゾートで朝イチスキー
を楽しんでいたら、どこからともなく匂いを嗅ぎつけたように、乗鞍
ローカルのフリーライダーが集まってきて、フリーライディングの
セッションになってしまったのでした~!!

a0353718_12404733.jpg
今回集まってきたのは、リバティスキーのプロライダーであるUC君、
ゲストハウス雷鳥さんのオーナーのYmさんと、若手フリーライダー
であるShn君です~!! 彼らと一緒に滑っていると、みんなリフト
の線下のギャップでガンガンジャンプを飛んでいくので、安全運転
スキーヤーの僕も引っ張られて同じように飛んじゃったのでした~!!


a0353718_12405524.jpg
UC君は、さすがにプロライダー!! パークのキッカーでも無い
のに、このギャップで大きく飛び、
バックフリップっ!!!
をキメて滑っていってしまいました~!! 本当にスゴイです!!


a0353718_12410181.jpg
ゲストハウス雷鳥のShn君も、思い切りの良い大きなジャンプで、
X-UPワンハンドをキメて、飛んで行ってしまったのでした~!!


a0353718_12410864.jpg
そして、コケたくない安全運転な僕のストレートジャンプですぅ・・・。
でも、ここのギャップは思ったよりもかなり飛んでしまうのです・・・。
それでも僕は、何とかコケずに皆さんに付いて滑って行けました~。

やっぱり上手いスキーヤーの人たちと一緒に滑ると、楽し過ぎます!!
そして、盛り上がってついつい引っ張られてしまいますね~~。


Mt.乗鞍スノーリゾートを滑っていると、こんなスゴイ乗鞍ローカル
スキーヤーの滑りやジャンプを見る事が出来るかも知れません!!
偶然見れた人は、ラッキーですね~~。ぜひ!こんな楽しみもある
Mt.乗鞍スノーリゾートへ滑りに来てみて下さい~~。そして僕は、
「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店をお待ちしています~。
乗鞍に来たら、お立ち寄り下さい~。よろしくお願いします~~。




# by springbk2 | 2019-01-13 07:39 | 日常 | Comments(0)