人気ブログランキング |

忙しいお盆のホリディウィークが終わってしまいました・・・。
この夏のシーズンに、たくさんの常連のお客様にオミヤゲとして
クラフトビールを頂きました~~。
(これらのビールは、常連のお客様のオミヤゲなので、お店での
販売はしていません。ご了承下さい・・・・。)

1つ目は、「Beer KOBO」のビールです~。
a0353718_21201215.jpg
この「Beer KOBO」は、2010年にビール醸造所併設のレストラン
「高円寺麦酒工房」から始まります。「美味しいビールを飲みたけ
れば、醸造所に足を運べ!」というモットーで「ブリュー・パブ」を
造り、今では東京都内周辺に8ヵ所ものビール工房(レストラン)
を展開されています!! いろ~んな種類のビールをそれぞれの
場所で醸造されていて、とっても面白いです~。

このビールのセットは、常連のNsoさんが新宿の「Beer KOBO」
にてオミヤゲに買って来て下さいました!! 本当にありがとう
ございました~!! 面白い味わいのビールが多くて、とっても
美味しかったです~。


2つ目は、「Hertog Jan(ヘルトグ ヤン)」ですっ!!!
a0353718_21195858.jpg
このビールは、オランダのビールです。ドイツの国境にほど近い
アルセンの街の旧「アルセンス醸造所」で1915年に創業しました。
素晴しいラガーやウィットビア(小麦入りのビール)などを造って
きていて、2度の苦しい大戦を生き抜いてきました・・・。 そして
1995年に、ベルギーのビールメーカー「インベブ」グループに吸収
合併されたときに「ヘルトグ・ヤン」醸造所と名前が変更されました。
(現在はアンホイザー・ブッシュ・インベブ社となり、世界一巨大な
ビールの会社になっています・・・・。)

「ヘルトグ・ヤン」の名前は、ラベルの上に描かれている、ビールの
ジョッキを持ったヒゲの王様「リンブルフ公・ヤンⅠ世」らしいです。
現在の「ヘルトグ・ヤン」醸造所があるリンブルフ州に、かつて存在
していた中世ネーデルランドの王様らしいです~~。

この「ヘルトグ・ヤン」は現在日本では販売されていません!!僕は
昔、ヨーロッパ旅行中に数回飲んだ事があり、とても濃厚で美味な
ラガーだった記憶がありました・・・。こんな素晴しいラガーを飲むと
またラガービールの概念が吹っ飛びますね!! これは常連のAka
さんがオランダ旅行で僕にわざわざオミヤゲとして持ち帰ってくれた
ビールだったのです!! 本当に美味しかったです!!ありがとう
ございました~!!


これからも「カフェ・スプリングバンク」は、美味しい、そして貴重な
珍しい、面白いビールを取り扱って皆様に提供していきたいと思い
ます~。よろしくお願いします。ビールが好きな皆さまのご来店を
お待ちしています~~!!



# by springbk2 | 2019-08-22 10:55 | 趣味の部屋 | Comments(0)

今回のオールド&レアなヴィンテージ・スコッチウイスキーは
特級表示のある、約30年以上前のこのボトルです!!

「ジョニーウォーカー、ブラックラベル」です!!
a0353718_21302150.jpg
「ジョニーウォーカー、ブラックラベル」。通称「ジョニ黒」ですが、
このボトルは普通の「ジョニ黒」ではありません!!このボトルは
特級表示がある、約30年以上も前のオールドヴィンテージボトル
なのです!! この特級表示は、1989年(平成元年)4月に酒税法
が改正されて無くなったので、このボトルは30年以上前のボトル
という事になります。輸入業者は「ユナイテッド・ディスティラー
ジャパン」です。

この約30年以上前のブレンデッドウイスキーは、ブレンドされて
いるモルト原酒が現在のボトルとは少し違っています・・・。なので
色も香りも味わいも少し違います。どちらが美味しいのか?!は、
その人それぞれですが、昔ながらの味わいを体験出来る、貴重な
オールド・ヴィンテージなボトルなのです~~。



a0353718_21302956.jpg
良く見ると、ラベルも、その時の時代で少しずつ違うのです・・・。

左が、今回ご紹介した約30年程前の「ジョニ黒」・・・。
真ん中が、これまでオールド・ヴィンテージ・ボトルとしてお出し
していた約40年程前の「ジョニ黒」。(コールドベック輸入品・・・。)
そして右が現在の現行品の「ジョニ黒」です・・・・。

今回は、真ん中の一番古いボトルが無くなりそうなので、新たに
開けようと思いました~~。今なら3本まとめてテイスティング
出来ますよ~~!! こんな機会は滅多にありません!! ぜひ!
この機会に時代の違う3本の「ジョニ黒」を味わってみて下さい~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~!!
よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-08-21 07:29 | お店からのご紹介 | Comments(0)

やっと忙しいお盆の週が終わって、少し一息つくことが出来たので
昨日の夕方、自転車トレーニングと花の散策を兼ねて、一の瀬園地
へと行って見ました・・・。

a0353718_10133412.jpg
約1週間ぶりの自転車トレーニングは、久しぶりに感じました・・・。
ペダリングするフトモモの筋肉が、何だか慣れない感じです・・・。
疲れているので、LSDにするつもりでしたが、漕ぎ出すとスグに
ガシガシと漕いでしまって、息が上がってしまいます・・・・。


a0353718_10130852.jpg
お目当てだった「アケボノソウ」はまだ咲いていませんでしたが、
一の瀬園地のどじょう池周辺では「コオニユリ」のオレンジ色の花が、
た~くさん咲いていましたよ~!!


a0353718_10131833.jpg
いつもは第3駐車場からスキー場のゲレンデへ入っていった所に
「コオニユリ」は、お花畑のようにたくさん咲いて一面オレンジ色
になっているのですが、今年はちょっと状況が変っているらしく
一の瀬園地の方が咲いていると思います・・・。


a0353718_10132777.jpg
いくつもの株にたくさん花が咲いているのは、キレイに見えますね~。

乗鞍高原・一の瀬園地は、春は水芭蕉、6月はレンゲツツジのピンク色、
そしてこの8月後半は「コオニユリ」さんのオレンジ色に染まります~。
この自然の色合いを楽しみに来て下さい。

そして、コオニユリ散策を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店お待ちしています~。コーヒーやケーキで休憩をどうぞ~。
よろしくお願いします~~!!



# by springbk2 | 2019-08-20 07:11 | お花 | Comments(0)

巷ではまだ猛暑な暑い日が続いているのかも知れませんが、乗鞍高原
では毎年、お盆を過ぎたら、もう秋の冷たい風が吹いてきています~。

そして、もう早くも!、「モンベル」の2019秋~2020冬のカタログが
届きました~~。
a0353718_15415071.jpg
今回の表紙の写真は、冬のツェルマットの夜景ですね・・・。街の
明かりがとてもキレイです。マッターホルンも美しいです!・・・。

今シーズンは、ソフトシェルなどのインサレーションが新しい
モデルが出てきています。もちろん!今までの既存のモデルも
ブラッシュアップされていて、使いやすそうで、カッコ良くて
イイ感じです~~。モンベル、もし良かったらご相談下さい。


a0353718_15415792.jpg
「カフェ・スプリングバンク」は乗鞍高原のモンベル・ショップとして
併設しています。乗鞍高原へ来て、山のウェアが必要な時や、ギア
を忘れた時などにもご利用下さい~。ご来店お待ちしています~~。




# by springbk2 | 2019-08-19 07:40 | お店からのご紹介 | Comments(0)

夏前に注文していた激レアでスペシャルなビールが、このお盆に
やっと入荷してきました~~!!

ソーンブリッジ、キプリング、サウスパシフィックエール」です!!
a0353718_10174275.jpg
「ソーンブリッジ」は、イングランドの「ダービーシャー」という街に
2005年に新しく創業したブリュワリーです!! 新しいビールの
醸造所なのですが、この10年ちょっとで、もう300回以上もの賞を
受賞していてクラフトビールの世界ではもうすでに「伝説」となって
いるほどのビールなのです!!

元々は、ビール愛好家の「ジム・ハリソン」さんと奥さんの「エンマ」
さんが、ダービーシャーの街の郊外にある100エーカーもの広大な
「ソーンブリッジ・ホール」という荒廃していた建物を購入したこと
から始まりました。彼らのビールへのこだわりはとてつもなくて、
普通のビールを造る事は全く念頭に無く、とにかく自分達が飲み
たいと思う最高に美味しいビールだけを造ろう!という思いから
始まっているのです!! そしてイギリスビール醸造の世界では
珍しくイタリア人の「ステファノ・コッシ」さんを醸造長に迎えて
ビール醸造チームを組みました! そして採算度外視のこだわり
抜いた最高のビールだけが造られていったのでした~!!

広大な「ソーンブリッジ・ホール&ガーデン」には、ビールの醸造に
使用するためのハーブがたくさんの種類植えられていて、貯蔵庫
にはステンレスタンクや、長期熟成用の木樽もあるらしいです!
そしてこの「ソーンブリッジ・ホール」は、ライヴなどのイベントに
も使われているようです。そして建物の中には「クリケット・イン」
と言うホテルもあるらしいです~~!!


a0353718_10174718.jpg
この「キプリング、サウスパシフィックエール」は、ニュージーランド
の代表的なホップである「ネルソン・ソーヴィン」を使用して醸造され
ています!! なので、パッションフルーツやベリー系、マンゴー
などのフルーツ香と、グレープフルーツのようなホップの爽やかな
苦味が利いた後味のバランスが最高のペールエールです!!そして
「RateBeer.COM」では、最高に近い94点だったそうです!!

名前の「キプリング」は、イギリスの小説家「ラドヤード・キプリング」
の事でしょうか?!・・・。この「ソーンブリッジ」のビールの名前には
他にも「ジャイプルー」などインドの地名も多いので、たぶんインド
生まれであった「ラドヤード・キプリング」のことだと思います・・・。


こんな面白いビールを、乗鞍高原にお泊りの夜に飲みに来て下さい!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~!!
よろしくお願いします~~!!





# by springbk2 | 2019-08-18 07:17 | お店からのご紹介 | Comments(0)

9月7日(土)に開催の「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル」
に合わせて、9月7日~8日の週末に「乗鞍アウトドアフェスティバル」
が開催されます~!!

a0353718_10395180.jpg
毎年カナダ・バンフで開催される世界一のアウトドアフィルムの祭典
「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル」のジャパンツアー!!
今年も乗鞍高原からスタートするのですが、その9月7日~8日の週末
に、アウトドアのイベント「乗鞍アウトドアフェスティバル」が同時
開催されます~!! (詳細は上部リンクをクリック~~)

乗鞍”YAMA RUN」というチーム対抗のトレイルランニングレース、
MUSIC Festival」では、野外でのレゲエスタイルの音楽イベント!
梓湖SUPツーリング」は、通常は入れないダム湖の「梓湖」の水面上を
を「SUP」に乗ってツーリング出来る湖上ツアーが開催されます~!!
その他にもシャワークライミングやアドベンチャーパークなどなど
楽しいイベントがいろいろ開催されますよ~!!
最高に楽しいアウトドアフィールドの乗鞍高原で、バンフ映画祭
の最高のアウトドア映画を見てエキサイティングして、乗鞍高原
のアウトドアイベントも楽しんでみて下さい~~!!

そして僕たちは「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店を
お待ちしています~!! よろしくお願いします~~!!




# by springbk2 | 2019-08-17 07:38 | イベント | Comments(0)

このブログで書くのが遅れてしまいましたが、今年もこのお盆の
週になってから、やっと!、幻の野菜「番所きゅうり」が、僕たち
「カフェ・スプリングバンク」にも入荷してきています~~!!

a0353718_12430368.jpg
この「番所きゅうり」は、日本中でもココ乗鞍高原だけでしか栽培
されていない、とっても珍しいきゅうりなのです! 乗鞍高原で
しか食べられない貴重なきゅうりなので、巷では「幻のきゅうり」
と呼ばれているのです~!!(諸説あり・・・) いつ頃から乗鞍高原
で栽培され始めたのかは分りませんが、かなり昔から栽培されて
いるようです・・・。そして2010年に「信州伝統野菜」として長野県
の認定を受けました!! 
ちょっと太っちょで格好は良く無いけれど、食べると甘みがあり
瑞々しくって、とってもフルーティーです! 味噌やマヨネーズ
を付けて丸かじりが最高に美味しいです~!! この広い日本で
乗鞍高原だけの、短い夏だけの限定の味わいです~!!


今年は7月はず~~っと雨だったので、「番所きゅうり」の収穫が
かなり遅れたらしく、今が一番の旬らしいです~!! なので、
夜のバータイムの「カフェ・スプリングバンク」にご来店頂ければ、
この「番所きゅうり」をお通しでお出ししています!!ぜひ、この
日本中で乗鞍高原でしか栽培されていない「幻のきゅうり」である
「番所きゅうり」を、食べに来て下さい~!! ご来店お待ちして
います~~。 よろしくお願いします~~!!




# by springbk2 | 2019-08-16 07:42 | お店からのご紹介 | Comments(0)

ワイン 546

夏は忙しい季節なので、僕達「安旨ワイン探検隊」はなかなか出動
出来ていませんが、何とか時間を作ってまたワイン飲みました~。

「ドメーヌ・トゥルノン、ヴィクトリアンシラーズ、マチルダ」2011年です。
a0353718_15120596.jpg
このワインは、オーストラリアの南部ヴィクトリア州にあるワイン
産地「マウント・ベンソン」で造られる、シラー種のワインです。

造り手は、フランスはローヌ地方で3本の指の最高の造り手である
「ミッシェル・シャプティエ」です!!シャプティエさんの詳しくは
コチラから以前の記事をご覧下さい。→「ワイン 532」 単一品種
のワイン醸造、ビオディナミでのブドウ栽培、テロワールの表現、
自然酵母での発酵、新樽100%熟成などなど、どこまでも完璧主義
な、スゴ過ぎるドメーヌなのです~!!

その「ミッシェル・シャプティエ」さんは、南半球のオーストラリア
で、シラー種のブドウをビオディナミ(自然農法)での栽培に適して
いるヴィクトリアに1997年からワインの生産事業を始めました。
そして2007年からマウント・ベンソンの「トゥルノン・エステート」
を立ち上げて造っているのが、この「トゥルノン」というワインなの
です~!!
もちろんブドウ栽培はビオディナミ農法。「トゥルノン」で使われる
のはシラー種100%。低収量で完熟まで育てられ、オーストラリア
のテロワールを表現されるらしいです! そしてコンクリートの
大型槽で3週間から~1ヶ月間ほど醸造され、プレス後にワインは
新樽比率約20%のフレンチオークの樽で10~18ヶ月間の熟成が
なされます。



この「トゥルノン、2011年」は、あの!「ロバート・パーカー」さんが
驚異の94点を付けたことで、一躍注目を集めたのですが、価格は
4千円程と、メチャメチャお買い得なワインになっているのです!
その真意はどうなのか?! 今回も僕たち「安旨ワイン探検隊」は
そこのトコロへと突入していきました~!いざ、オープンです~。
a0353718_15121127.jpg
このワイン、開けてスグからとても芳醇な香りがグラスに広がって
きます!!ダークチェリーの果実感やブルーベリージャムのような
果実感と、濃厚デミグラスソース(?)、ブラウンエールのビール?、
焦がした焼き菓子、とにかく素晴しい香りのオンパレードです!!
味わいもとっても滑らかで、シルクのような舌触りで、酸味も渋み
も溶け合っています!最後の官能的な部分だけ、まだちょっと若い
のかなぁ~と思いましたが、メチャ美味しかったです~!!

このワインは原価で4千円ほどなので、これはメチャお買い得で
オススメの安旨ワインだと思います!! (4千円のワインが安い
と思えればですが・・・・)

夏山シーズン真っ盛りですね~!! 乗鞍高原へ遊びに来た夜には
こんな美味しいワインを飲みに、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~~。



# by springbk2 | 2019-08-15 07:10 | お店からのご紹介 | Comments(0)

今年の6月~7月の僕たちチーム・スプリングバンクは、瑞牆山へと
クライミングに通っていたのでした・・・。そして、改めて花崗岩の
岩触りの良さやフリククション、ルートの面白さにワクワクして
いて、いつの間にか「瑞牆山」のディープなクライミングの世界に
ドップリとハマっていったのでした・・・。

そして今回、ついに!、コアなクライマー御用達の、あの禁断の!
クライミングルート図集である「瑞牆 クライミングガイド」という
本を、買ってしまったのでした!!・・・。

a0353718_15181379.jpg
この本は、この瑞牆山に通うクライマーにとってはバイブル的な
本です!! アプローチからマルチピッチやスポートルートの
内容とグレード、そして開拓の歴史まで、とても詳しく詳細が
書かれている、瑞牆山クライミングの完全攻略本なのです!・・・。

上記で「禁断の」と書いたのは、この本を読んでしまうと、どんどん
クライミングの世界に引きずりこまれてしまうからです・・・。困難で
あればある程、難しければ難しい程、高尚で尊く、そして素晴しい
という、山を登る原点である「アルピニズム」=「クライミング魂」が
文面の言葉からほとばしる程の内容の本なので、興奮と恐怖が織り
交ざった狂気にも似たクライマーの精神世界に、圧倒されてしまう
のだと思います・・・。一旦読んでしまうと、もう後には引き返せなく
なってしまうのではないか?と感じる程なのです・・・。なので今まで
僕達は、5.11台のルートを登れてから買おうと思っていたのですが、
そんな畏れから、これまでは手を出さなかったのです・・・。

しかし今回、瑞牆のカサメリ沢のルートのいくつかを登っていると、
どうしてもルート図が必要になってきていて、期待と興奮のほうが
大きくなってきてしまって、隊長のK8の「GO!」サインも出たので、
ついに!今回、購入してしまったのでした~・・・・。これで僕たちも
後戻り出来ない領域にまで足を突っ込んでしまったのでしょうか?
それとも、僕たちの身体のどこかにまだフロンティア・スピリッツ
のカケラが少しでも残っているのでしょうか?!・・・・。 そして、
この本の言葉「クライマーは言葉ではなく登ったルートで語るもの」
や、「ミニマムボルトのルートで激しいランナウトの末に勝ち取る
レッドポイントの意味!」など・・・、こんなヘッポコなクライマーな
僕達にも、いつかそんな事が感じられる日が来るのでしょうか?・・・。


これを読みながら、クライミングに行けない8月を歯軋りしながら
過ごして、また9月になったら瑞牆でクライミングを再開したいと
思います・・・。またクライマーの皆さん、よろしくお願いします~。
そして乗鞍高原へ来たら、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
下さい~~。 お待ちしています~!!



# by springbk2 | 2019-08-14 07:15 | 趣味の部屋 | Comments(0)

真夏の乗鞍高原の風物詩ですが、お蕎麦の白い花が満開になっていて
乗鞍高原が一面真っ白になってきていますよ~~!!

a0353718_11082582.jpg
コチラは、「カフェ・スプリングバンク」の隣にある大きな蕎麦畑なの
ですが、現在!お蕎麦の白い花が満開になっていて、一面真っ白に
なっています~!!! と~ってもキレイですよ~!!


a0353718_11083227.jpg
「一面が真っ白になった!!」と書くと、「夏なのにパウダーが降った
のか?!」と思われる方は、真のパウダージャンキーだと思います・・・。
もちろんこの僕も、そんな記事を見ると、「何っ?!こんな40℃近い
真夏なのに、乗鞍岳山頂ではパウダーが降ったのか?!・・・」などと、
一瞬同じように考えてしまうのだと思いますが・・・。 

でも、お蕎麦の畑の一面が真っ白になるのは、とてもキレイです・・・。


a0353718_11083889.jpg
この本当に小さな小さな白い花が、秋には美味しいお蕎麦になるの
ですね~~。これがあるから、収穫の秋も待ち遠しい季節なのです。



a0353718_11085455.jpg
そして、8月に入ってからのここ1週間半ほどは、毎日夕焼けが
と~ってもキレイです!!・・・。だいたい、朝~昼は快晴!!、
夕方には夕立ちのような雨、そして空一面が燃えるような夕焼け
で、夜はまた星空、と言ったパターンの毎日ですね~・・・。
気温も30℃にはならず、湿気が無いので涼しくて気持ちイイ
ですよ~~。

涼しくて快適で、青空も夕焼けも星空も最高にキレイな乗鞍高原
へ遊びに来て下さい~。そして「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~!! よろしくおねがいします~~!!




# by springbk2 | 2019-08-13 07:07 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)