人気ブログランキング | 話題のタグを見る

乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!

11月の某日、やっとやっと!行ってきました〜!!
乗鞍山麓 五色ヶ原の森」へ......
それは乗鞍岳の向こう側 岐阜県にある特別なエリアなのです。

乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17563624.jpg
五色ヶ原の森の入口は、岐阜県側の国道158号を走っていると見える
この建物が本拠地です。ここがガイドツアーがスタートする拠点なのです。
五色ヶ原のエリアは、ガイド同行の入山が義務付けられている特別な
山域なので、勝手に入って歩くことができませんからチャンスが無くて、
今まで行ったことがなかったのです・・・。

でも今回は、以前に実施されていたクラウドファンディングの返礼品と
してツアーにペアで参加することができるので、それを利用してツアー
に参加してきました~~。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17564658.jpg
この階段が森への入口です。今回は案内人であるZさんにガイドして
いただきました。
晩秋となって、他にツアーの申し込みが無いタイミングでしたが、
前日申し込みにも快く対応してくださり、急遽ガイドさんを手配して
くれました。感謝です。
ペア参加のチケットでしたので、乗鞍のMmちゃんに同行してもらい
いざ!、初めての五色ヶ原へ出発です~~!!


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17570119.jpg
今回の「久手御越滝コース」は、ゆっくりと3時間ほどで往復できる
入門的なコースです。 案内人Zさんの説明を聞きながら、落ち葉の
絨毯になった森を進んでいきます。
途中には沢を渡るために、こんな橋がいくつもありますが、それが
とても素敵なのです。"豪華"という意味ではなくて、いかにも現地の
自然の材を利用して、負荷のかからない工法で造られている という
印象でした。案内人同行が条件なので、通常設置されている案内の
看板類もなく、森は自然のままの雰囲気でありつつ、歩く人の安全
に配慮がされた素晴らしい空間でした。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17571431.jpg
途中には、こんなマンモス君がいました~~^^
こんなのを見たら、体験学習などで来た子供たちはきっと大喜びする
ことでしょうね。コロナの影響を受けて、修学旅行などで来る学生が
減ってしまったようですが、緊急事態宣言の解除を受けて、10月は
数多くの学生団体が来訪して、大変忙しかったそうです。

案内人Zさんの説明は、森の成り立ちや具体的な植物や動物、この地
の暮らしにまつわるお話など多岐にわたり、興味深いものでした。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17572655.jpg
案内人Zさんにたくさんのお話を聞きながら、予定よりも遅れて
「久手御越滝」が見えるポイントに到着しました。
ここからさらに滝壺まで進みます。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17573090.jpg
これが「久手御越滝(くてみこしだき)」、落差58mの大きな滝
でした! 黒い岩の上を流れる白い滝水が綺麗でしたが、水量が多い
時には中央の割れ目もなくなり、水しぶきが凄くて、滝壺に近づく
のが難しい時もあるそうです。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17573599.jpg
滝まで到達し、復路は川の反対側を歩いて戻ります。往復とも同じ道を
歩かなくてもいいように、一周するコースを新しく作ったそうです~。
そちらも程よい整備で歩くやすくなっていて、最近登山道などの整備
に関心が深い同行のMmちゃんは、感心することしきりで、色々と質問
責めにしていました。


乗鞍岳の向こう側 五色ヶ原へ~!_a0353718_17574064.jpg
時々小雪が舞う寒い日でしたが、無事にセンターに戻って来ました。
アンケートに協力してから解散です。

今回は午後に予定があったので、急いで帰りましたが、センター内の
展示物をじっくり見たいし、他のコースも行ってみたいと思いました。
特に春のお花の時期は素晴らしいであろうことが、晩秋の森を見ても
想像できました。

コースはたくさんあって、半日コースだけでなく、1日かけてじっくり
奥地まで歩くコースもあります。興味や体力にあわせて選ぶといいでしょう。
今シーズンは11/14で閉山ですが、下記のページを見て来シーズン是非
訪れてみてください👇 絶対オススメです!!

乗鞍山麓 五色ヶ原の森」の公式ホームページ 
五色ヶ原案内人の会」公式フィスブック



by springbk2 | 2021-11-14 07:00 | アウトドア | Comments(0)