人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)

塗り替えられないたくさんの失敗と、いつまでも心の底を掻き乱す悔恨の傷。
永遠に続く時の流れの中で、止められない後悔の痛みは枯れた心を蝕む。

人生は、終わりが見えているという苦悩に抗う旅である。
だが、最期に達するまでは自由であるなら、
僕達はその先の景色を見てみたいと思っただけなのだった・・・。

瞼の裏に迫る闇は沈まぬ太陽のようにいつまでも僕達の不安を炙り続ける。
奔放が罪なら、この人生は業に焼かれて跡だけが残る哀しみのひとしずく。
それは黒い炎に一瞬で消し去られ跡形も残らない方が幸せだったのか。

これらの想いと問いを胸に、出るはずの無い答えを探すべく、
また僕達は夢を求めて、極北の地へとさすらいの旅に出たのた・・・。

ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09430550.jpg
ヨーロッパ最北の、そして最果ての美しい山々にシェプールを描くため、
僕達はここ、ロフォーテン諸島まで旅してきたのだった・・・。

そして、ロフォーテン諸島での5本目のBCスキーは、やっと快晴の青空が
広がったのであった!! やっと青空の下でスキーが出来るのだと思った。
朝焼けを横目に見ながら、BCスキーの登攀準備をしていき、昨晩に調べて
おいたトレイルヘッドから僕達はまた雪の斜面をスキーで進んでいったの
であった~。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09431235.jpg
今シーズンのノルウェーは異常な程雪が少なかったのだ・・・。僕達が
ロフォーテン着くまで、約3週間ぐらいは雪が降っていないらしい。
なので、最初は雪がある場所を繋いで藪ヤブの中を進んでいった・・・。

北極圏なので太陽が横に上るから、2時間ぐらいも朝焼けの色に染まり
続けている山の峰を見ながら、フィヨルドの入り組んだ海沿いを進んで
いく・・・。これから僕達が登って滑る予定の山の色が、何とも言えない
神秘的に美しい色合いだった。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09431524.jpg
海沿いを最奥まで進んで行き、凍った場所で渡渉出来そうな部分があり、
やっと海を渡って山の裾に取り付いていった・・・。このスノーブリッジも
僕達の通った後は、もうスグにでも崩れ落ちそうな気がした・・・。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09431802.jpg
ロフォーテン諸島では、槍ヶ岳のような山がい~~っぱいあった!!
この山も、槍ヶ岳の3倍ぐらいの大きさの山なのだが、この写真では
伝わらないのが残念だ・・・。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09433769.jpg
藪ヤブセクションを越えていき、やっと山に取り付いた。そしてやっと
自分達の登って滑る山の山頂が見えてきたのであった~。この日僕達が
登って滑る山は、「エリスカーティンデン(Hellskar-tindan)」らしい・・・。
この山の山頂から、見えているド真ん中のオープンバーンを滑ってやる
のだ!!


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09434146.jpg
ノルウェー、ロフォーテン諸島の山はどこも、登って行くたびに山の
景色がどんどん拓けていって、ドンドン絶景になっていくのである!!
最初に見えてきたのは、僕達の左手に広がってきたドロミテのような
岩峰の連山である!! このエリスカーティンデンでも、登るたびに
山の絶景に感動していたのだった。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09434403.jpg
そして、バックにもヨーロッパアルプスをさらに尖らせたような山々が
広がってきた~!!この日は快晴の青空だったので、もうどこを見ても
感動しっぱなしだった!!


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09434831.jpg
そして、3段ぐらい登ってくると、バックには自分達がスタートした海が
見えてきたのであった~!!! この海から突き出ている切り立った岩峰
が、ロフォーテン諸島を象徴する景色だと思う。この見ているだけで感動
出来る程の絶景は、幾多のトラブルや長い時間をかけてでも見に来る価値
があると思った。そして僕達には、スキーで登って滑る価値があると思う
のであった!!・・・。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09440768.jpg
もう、何回も振り返って、同じ景色の写真を撮ってしまった・・・。
この海と雪の岩山のコラボレーション、アラスカでもなかなか見る
事は出来ないような絶景なのであった。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09442143.jpg
そして、稜線に上ってからは雪が硬くなってシールが効かなくなって
きたので、最後はスキー板を担いで山頂へとラストスパートしていった
のであった~!!スッパリと切れ落ちている稜線にシビれながら僕達は
それぞれの想いを胸に、山頂へと登り詰めて行ったのであった・・・。


ノルウェー遠征BCスキーツアー! (スキー滑走篇④-1)_a0353718_09462834.jpg
そして、海からスタートして4時間弱で、エリスカーティンデンの山頂に
辿り着くことが出来たのであった~!!
今回もヤリましたぁ!!
エリスカーティンデンの山頂には、大きな四角いケルンがあった!!
でもケルンはガッチガチに凍り付いていたので、僕達はこのケルンに
新たに石を積み上げる事は出来なかったのであった~・・・。

エリスカーティンデンでの、スキー滑走は、滑走篇の④-2へ、
続くっ!!・・・・



by springbk2 | 2024-04-17 07:01 | アウトドア | Comments(0)