ワイン 490

今回の「安旨ワイン探検隊」は、僕達のワイン好きの原点に戻るように、
典型的ブルゴーニュのワインを飲みました~~!!

「オート・コート・ド・ニュイ、ドミニク・ローラン」2014年です~!!
a0353718_19533313.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の「オート・コート・ド・ニュイ」
という地域で造られたピノ・ノワール種のワインです・・・。

造り手は、「ローラン・ペール・エ・フェス」社代表の「ドミニク・ローラン」さん
です! 彼は元々洋菓子職人だったのですが、ブルゴーニュワイン黄金時代
に偉大なる醸造家達から伝統的なワイン造りを独自に習得して、1989年に
ネゴシアン業をスタートさせます。ローランさんのワインは50年以上もの
古木=「ヴィエイユ・ヴィーニュ」と言われるブドウで造られたモノだけを使う
というこだわりで、その後樽で買い付けたワインを自分の気に入った新樽へ
移し変える「新樽200%」という技法も注目されました。その自作の樽への
こだわりもあり、ローランさんの樽技法は「マジック・カスク」とまれ言われ
ています! そして最小の亜硫酸使用、ノンフィルターボトリングなどなど、
今ではブルゴーニュでも5本の指に入る醸造家と言われる程になりました!
そして、2006年から息子の「ジャン」さんと「ローラン・ペール・エ・フェス」を
始めます! 2009年からは特級畑「クロ・ド・ウージョ」や、「エシェゾー」が
加わって、所有畑は9haになりました。

ブドウは除梗せず全房発酵され、瓶詰めまではSO2は添加せずに、新樽で
約12ヶ月の熟成が成されます。(キュヴェによって樽熟成は違います・・・)



「ドミニク・ローラン」さんのワインはいろんなラベルがあるのですが、この
黒ラベルは彼が初期の頃から使っているラベルで、伝統的な味わいになって
いるキュヴェに使用されるフラッグシップ的なボトルらしいです! でも、
「ドミニク・ローラン」さんのワインは、こんなにこだわりのワインなのに、
なぜかとても安い目なのです~。このワインも2千円台後半!!もぅ本当に
素晴しいです~~。黒ラベルをいざっ!、テイスティングです~~。
a0353718_19533927.jpg
このワイン、開けてスグからとても柔らかい果実感の香りが広がります~。
アメリカンチェリーのような果実感と白木のかんな屑のような木の香りが
とても良くかさなっています! 味わいもとても滑らかですが、若いのか
ちょっと酸味が強いですね・・・。でも気にならないぐらいに爽やかな感じ
です。時間が経つにつれて、どんどんバランス良くなっていき、後半には
香ばしい感じも出てきて、とても美味しかったです~~。

こんなブルゴーニュが2千円台後半で買えるのです! ドミニク・ローラン
さんのワインは、どれもコストパフォーマンスが良いので、買いです!!

「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
ワインでも、モルトウイスキーでも、カクテルでも、飲みに来て下さい。
よろしくお願いします~~。 (ファインワインはご予約下さい・・・)







[PR]
# by springbk2 | 2018-03-31 07:51 | お店からのご紹介 | Comments(0)

「カフェ・スプリングバンク」は、4月5日(木)から~12日(木)のあいだの
一週間、春休みを頂きます~。申し訳ありませんがご了承下さい~・・・。
よろしくお願いしますぅ~~。

a0353718_15533828.jpg
今回は、チーム・スプリングバンクとして、遠征に出かけます・・・。
みなさん、どうか探さないで下さい~・・・・。 無事に帰って来たら
またブログに書きます。 よろしくお願いします~~。


また、4月17日~19日は、涸沢ヒュッテさんの小屋開けに行きます。
なので「カフェ・スプリングバンク」の休日や営業日は、ホームページ
をご覧下さい→「SpringBank」。申し訳ありませんがご了承下さい~。

また、こんな「カフェ・スプリングバンク」ですが、春の乗鞍高原へ
お越しの際にはお立ち寄り下さい。ご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。




[PR]
# by springbk2 | 2018-03-30 07:51 | お店からのご紹介 | Comments(0)

先週の土曜日からず~~~っと雲ひとつ無い超快晴の青空が広がっている
乗鞍高原です!! こんなに快晴の天気が続くのは滅多にありません!!
素晴しい紺碧のノリクラブルーの青空が、美しいです~~!!

しかし!!、まだまだ滑りたいスキーヤー&スノーボーダーにとっては、
気になるのがゲレンデの雪の状態だと思います~~。なので、Mt.乗鞍の
ゲレンデの状態をお伝えしたいと思います~~。

a0353718_11184881.jpg
今週は本当に一気に暖かくなってきて、雪融けも一気に進んでます・・・。
ところどころハゲてきている箇所もありますが、まだまだ雪はあります。
鳥居尾根ダウンヒルコース以外は、まだ全コース快適に滑れます~!!


a0353718_11185356.jpg
雪はまだまだありますが、標高の高い乗鞍でも、お昼頃の気温は
10℃以上になります・・・。なので、雪の状態は「春のザラメ雪」に
なってきています・・・。朝イチの1時間だけはビシィッとピステン
バーンですが、スグに緩んできてしまいます・・・。なので、快適な
ピステン圧雪バーンは、朝イチの1時間がイイですね!


a0353718_11185886.jpg
コチラは昨日の朝1本目のダウンヒルコース下部のようすです~~。
朝イチ1時間ぐらいは、夜に冷えて硬くなった雪なのでカービング
ターンが決まります!!



そして、少し時間が経ったときのようすです~~。 コチラは、動画で
撮影してみました・・・。だんだんと雪がグザグザになってきているのが
分かります・・・。必死にカービングターンにしようと、頑張っているの
ですが、雪が柔らかいのでエッジが外に逃げていってしまってます・・・。

でも、春の柔らかい雪もとても快適に滑れます~。Mt.乗鞍スノーリゾート
は、ストップ雪はほとんど無くスキー板が快適に走るので、滑っていても
本当に気持ちイイですね~~。Mt.乗鞍スノーリゾートゲレンデの営業は、
来週の4月8日(日)までです。まだまだ滑り足りないスキーヤーの皆さん!
ぜひ!、滑り納めに乗鞍高原へ来て下さい~~。よろしくお願いします~。


そして乗鞍へ滑りに来たら、「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい。
帰りに寄って下さい~~。 よろしくお願いします~~!!



a0353718_11190349.jpg
この週末のイベント用の特大スパインが製作中でした・・・。
「Relax & BBQ②」もぜひご参加下さい~~。詳細はコチラから。





[PR]
# by springbk2 | 2018-03-29 06:17 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

「歴史探索ツアー」とは、地図に載ってはいるが山の奥深くで、
道はすでに廃道となって、入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかどうかも分からない・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです・・・・。


先日、安曇族の祀神である「綿津見神」を追って、北安曇郡池田町にある
「川会神社」へ行ってみたのです・・・。もちろん「川会神社」では安曇族の神
である「綿津見神」が祀ってあったのですが、それ以外にも新たな謎が謎
を呼ぶのでした・・・。(前回の「川会神社」の記事はコチラからどうぞ~)

綿津見神」は、「表津綿津見神」「中津綿津見神」「底津綿津見神」の3つの
神さまが1セットなのですが、なぜ?「川会神社」では「底津綿津見神」の
1神しか祀られていないのか?という疑問と、「なぜ?安曇族の痕跡は
地名以外では、あまり見当たらないのか?」と言う疑問があり、そして
そこから繋がって「なぜ安曇族は滅びたのか?」という、これまた最大の
核心のような疑問があったのでした!!・・・。

そして、その日はそのまま終わらず、それらの疑問に対する推論がある
もう1箇所の神社へと向かっていったのでした~~。

「有明山神社」ですっ!!
a0353718_20304675.jpg
「有明山神社」は、燕岳登山口へ上がる道の山麓にある神社で、信濃富士
と言われる「有明山」を御神体とする、山岳信仰のある神社です。有明山
山頂に奥社があり、毎年7月には山岳信仰のお祭り「奥社祭り」があります。
現在の有明山神社は、明治時代に移転されてこの地に建っているのですが、
最初は少し下の場所にあったらしいです・・・。

駐車場からは、この石造りの大きな鳥居をくぐって入って行きます・・・。

「川会神社」の時の疑問その①、
「綿津見神」は、「表津綿津見神」「中津綿津見神」「底津綿津見神」の3つの
神さまが「本宮」「中宮」「奥宮」という形で1セットなのですが、なぜ?
「川会神社」では、「底津綿津見神」の1神しか祀られていないのか??
という疑問に対しての推論が、ここ「有明山」の山岳信仰にあるのです!

元々この中房川の扇状地に広がる有明の地は安曇族の拠点だったところ
らしく、そこに古代に移り住み着いた「安曇族」が「川会神社」を建てたと
されています。そして安曇族の元々の「志賀海神社」や「宗像神社」と同じ
ように、安曇族がこの地でも「3社」のスタイルの神社を造ったとすれば、
「川会神社」が本宮で、この「有明山神社」が中宮で、そしてもう一つの
「奥社」が「有明山山頂」ではないか?という事なのです!!・・・。なので
「表津綿津見神」と「中津綿津見神」は、この「有明山神社」と「有明山山頂」
にあったのではないか?というのです~。なので、前回の「川会神社」と、
この「有明山神社」は元々は繋がっていたのかも知れない?!という推論
なのです・・・。


a0353718_20315590.jpg
石造りの鳥居をくぐっていくと、スグに大きな門がありました~!!
これは「裕明門(ゆうめいもん)」という門で、あの!「日光東照宮」の
「陽明門」を模して明治34年に造られたと言われています。門の彫刻は
1本の木から掘り出す「立川流宮大工」という方式で、松本市の宮大工
「清水虎吉」さんという方の作らしいです! 周囲には十二支の彫刻が
あり、内部には格天井絵で龍の絵が描かれています!!

この「裕明門(ゆうめいもん)」は、明治時代に移転した時に造られた
門のようですね・・・。

a0353718_20325235.jpg
そして、内部の格天井絵の「龍の絵」が、メッチャスゴかったです!!
これが全部1本の木から掘り出されているというのが、信じられない
ぐらいに美しかったです~~。


a0353718_20332170.jpg
「裕明門」をくぐって参道を少し進むと、この拝殿が建っています!!
この「有明山神社」の祭神は「手力雄命」、「八意思兼命」、「大日貴命」など
他数柱が祀られています。これは明治時代に移転されて建替えられた
時に新たに「有明山神社」としたので、祭神も変わってしまったらしい
のです・・・。

昔むかしの、安曇族が移り住んできてこの地で繁栄していた頃・・・、
日本の中心は、九州の福岡(邪馬台国かも知れない)から→「倭国」=
「大和朝廷」になっていきました(場所は現在の「大阪」)。倭国では、
安曇宿禰という人が天皇の食事を作る「内膳司奉膳」という長官を
していたらしいです!! しかしその後、いろいろ権力争いがあり
安曇族は朝廷からだんだんと追いやられていったらしいです・・・。
そして、安曇族の本拠地であるこの長野県安曇郡でも「仁科氏」との
争いがあり、坂上田村麻呂の討伐も利用されて、「安曇族」は滅んで
いったのではないか?!という推論もあるのです・・・。

境内の「神楽殿」には、橋本雅邦さんという方の「花鳥風月」の絵が
あるらしいです・・・。


a0353718_20334611.jpg
僕たちは、もちろん「有明山神社」でお参りをしました・・・。
そして珍しく、おみくじを引いてみたのでした~・・・。

疑問その②、「安曇族はどこから来て?、どこへ消えたか??」

「安曇族はどこから来たのか??・・・」
これは、いろんな説があるのですが、その中で今回は「有明山神社」に
ちなんだ、権力争いに負けて「磐井の乱」で負けて敗走してきたという
説をご紹介します・・・。

古代「安曇族」の拠点は現在の福岡市糖糟郡にある「志賀海神社」であった
事は間違いありません。船に乗っていた海人族である「安曇族」がなぜ?
こんな山奥の現在の長野県安曇郡に来たのか?・・・。それにはいろんな 
人の推論がありますが、その中に「磐井の乱」で敗れたので逃げてきたと
言う説があります。
時は継体天皇の21年(527年)・・・。毛野臣が6万の軍を率いて朝鮮半島へ
攻め込む時に、当時の筑紫の国造(くにのみやつこ)「磐井」氏が、朝廷に
反逆してこれを妨害しました! 「安曇族」は同郷の磐井氏に仕えていた
ので磐井氏と一緒に朝廷からやられてしまいます!・・・。その「磐井の乱」
の争いの事は「日本書紀」の中に、「筑紫君葛子、父のつみによりて誅せら
れむことを恐りて、糟屋の屯倉を献りて、死罪贖はむことを求す」と、
書かれているのです。その葛子=王子と一緒に九州を離れて遠く長野県
安曇軍まで逃げてきたというのです!・・・。「葛子」は「八女」の出身らしく
これは現在も同じ八女市の辺りのようです・・・。


a0353718_20335374.jpg
スプリングバンクN の引いたおみくじは・・・、「大吉」でした!!
しかし、「女性は金難あり」らしいですぅ・・・。大吉なのに金難て、
何なんだろ?!・・・。


a0353718_20340776.jpg
そして!、「有明山神社」の、さらに奥に、今回の「安曇族・消滅伝説」の
疑問の核心があるのですっ!!
「魏石鬼岩窟」です!!
「有明山神社」の右奥にもう一つお堂があり、そのさらに右側から1本の
登山道のような道が、奥へ奥へと続いていきます・・・。その登山道には
たくさんの石仏が並んでいます!・・・。これが「魏石鬼岩窟」へと通じる
道なのです~~!!


a0353718_20341496.jpg
お堂から歩くこと10分ほどで、もう一つ小さなお堂が表れてきます!
ここの下が、「魏石鬼岩窟」になっているのです~!!

そして、「安曇族は、どこへ消えたか??」という疑問ですが・・・、

この「有明山神社」周辺には、「八面大王」の伝説があります。昔むかしに
この有明山には「八面大王」という魏石鬼がいて、地域の人に乱暴をして
いました・・・。そこへ、大和朝廷の大将軍で有名な「坂上田村麻呂」が来て
成敗したという話です。
その逸話から実話を引き出そうとしてみると、八面は→「ヤメ」と読めます。
そして安曇族が一緒にこの地へ逃げてきたのは、「葛子」と言う福岡県八女
=「ヤメ」出身の王子なのかも?という事です。なので、もしかしたらこの
「八面大王」というのは、安曇族と一緒にこの長野県安曇郡まで逃げてきた
「八女の王子」ではなかったか?!という説があるのです~!! そして、
平安中期、安曇族は仁科氏との権力争いがあったようです。その仁科氏
が、当時未開拓の地であった「蝦夷(エミシ)」の地で現在の新潟県の地方
へと征伐に出向いてきた「坂上田村麻呂」に、安曇族の征伐をお願いして
一緒に戦ったようです・・・。そしてその戦いが「八面大王」の伝説となって
現在まで残っているのかも?という説なのです・・・。なので、この仁科氏
との戦いで安曇族が滅んだか?、名前を変えて有明の地から逃げたか?、
という説もあるらしいのです!!・・・。

なので今回僕たちは、この「有明山神社」の「八面大王伝説」の説を辿って、
安曇族の地と失われた伝説を探しに、この「魏石鬼岩窟」まで来て見たの
でした~・・・。


a0353718_20342130.jpg
これが「魏石鬼岩窟(ぎしきのいわや)」です~!!!
上記の伝説の「八面大王」が立て篭もったと言われている岩窟です!!
考古学の方では、この地域に少しだけ残る「円墳」(横穴式石室)らしく、
全国的にも珍しい石室の古墳らしいです。盗掘されていたようですが、
中のほうにかろうじて馬具や装飾品が出土したらしいです・・・。

なので、これはもしかしたら八女の王子「葛子」のお墓なのでしょうか?
それとも、この「魏石鬼岩窟」は古墳なので、「安曇族」の族長か誰かの
お墓なのでしょうか??・・・。そうすると、「安曇族」の滅んだ場所が、
この「有明山神社」周辺になると言うことなのでしょうか?!・・・。
古代ロマンの謎が、僕の身体を貫いて一瞬で去っていくのでした~・・・。


a0353718_20342798.jpg
いろんな説がありますが、九州の志賀海神社からこの長野県安曇郡へ
辿り着き、その後も大和朝廷との権力争いもいろいろあって、最後は
この「有明山神社」周辺で仁科氏と坂上田村麻呂に滅ぼされたかも?!
と言う説があり、今回はこの「有明山神社」へ現地調査に行ってみたの
でした~~。


日本の初期を創ったと言われている「安曇族」ゆかりの地である長野県の
「安曇地」・・・。そんな古代歴史ロマンを感じに乗鞍高原へ来て下さい~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~!!
よろしくお願いします。旧安曇村の乗鞍高原へ来たらお立ち寄り下さい。




[PR]
# by springbk2 | 2018-03-28 07:29 | 歴史探索 | Comments(0)

先週のカフェ・スプリングバンクの定休日も、天気が悪かったのと、
姪っこ達が春休みでインドアのボルダリングに連れてって欲しいと
言われていたので、僕も練習再開を兼ねて「エッジ&ソファ」さんへ
行って来たのでした~~。

a0353718_12224703.jpg
今回はウチの家系の姪っこ達3人と一緒に、行って来たのでした~~。
彼女たちは、カラフルなホールドが付いたインドアのジム壁を登る
ボルダリングがず~っとやってみたかったらしいです・・・。テレビ
などで見ているのだと思います。こんなところでもクライミングが
少しずつメジャーになっているのを感じますね・・・。

最初に登っているのは、一番お姉さんのKNちゃんです~。やはり
一番お姉さんなのか運動神経が良くて、一番完登していました!!


a0353718_12230463.jpg
2番手は、髪の毛がメチャ長い次女のNDちゃんです~~。彼女も
難しいラインへと果敢に挑戦していました~!! やはり子供は、
テレビゲームなんかよりも身体を動かして遊ぶ方が、絶対に楽しい
と思いますよね~~!! トライするのがメチャ楽しそうでした~。


a0353718_12225976.jpg
3番手は、三女のMSちゃんです~~。彼女はまだ身体が小さいので
なかなか届かないルートがたくさんあって、ちょっと苦労してたの
ですが、それでも登れるルートがあり、小学生のチャレンジルート
を3つも完登していました~~。


a0353718_12231120.jpg
そして、最後は僕のヘッポコクライミングですぅ~~・・・。
この日の「エッジ&ソファ」さんは、先週開催されたコンペ大会のままの
ルートがそのままだったので、コンペ用のルートしかなくて、とても
難しかったのでした~・・・。 は5級は登れますが、4級~3級になると
急に難しく感じます・・・。未だにボルダーは上手くなってませんね・・・。


a0353718_12234748.jpg
ラストのこのムラサキのルートは、ゴールのホールドに片手が届くのに
最後の一手が届きませんでした~。また情けないクライミングなのでした・・・。
それでも、いくつかの課題のルートが登れていました・・・。
雨の日には、また練習しに来ようと思います~~。

今年はまた、いくつかの5.11に挑戦していきたいと思います~~。
隊長のK8は僕をおいて、5.12に行ってしまうのでしょうか?!・・・。






[PR]
# by springbk2 | 2018-03-27 07:21 | アウトドア | Comments(0)

来週末の3月31日は、Mt.乗鞍スノーリゾートの最後のイベント!!
「Relax & BBQ 2」です~!!

a0353718_10442909.jpg
1月と2月のブログ記事でも書きましたが、Mt.乗鞍スノーリゾートの
今シーズンの最後で最大のイベント!「Relax & BBQ②」が、来週末の
3月31日(土)に開催されます!! バーベキューをみんなで美味しく
楽しみながら、会場の前に造られた特設ジャンプ台でプロライダー達
が飛ぶエアを見て楽しめます~! これは面白い事間違いないです!!

場所は、Mt.乗鞍スノーリゾート最下部にある「山麓リフト」の奥側の、
少し広くなっているところでジャンプ台が作られます。BBQもそこで
開催されます~。
時間は、3月31日(土)、AM10:00頃から開催される予定です~~。

そして、この「Relax & BBQ②」に、僕達「カフェ・スプリングバンク」も
参戦しますっ!! と言っても、ジャンプ台で飛ぶエアでの参戦では
ありません~。このイベント「Relax & BBQ②」でドリンクバーを僕達
カフェ・スプリングバンクでブースを出すのです~!! スペシャルな
ビールやカクテルも用意する予定です~。 皆さんのご来店をお待ち
しています~~!!


a0353718_15230212.jpg
普段見る事が出来ないプロライダー達がキッカー(ジャンプ台)を飛ぶのを
見るだけでも、驚きと感動があり、とても楽しいと思います!! なので、
スキーヤーやスノーボーダーとか関係なく、初心者や上級者も関係なく!、
みんなで楽しくBBQ~!!という感じで、気軽にご参加下さい~~。

画像は、地元乗鞍のリバティースキーのプロライダー「斉藤悠士」さんです。
去年のBBQの時の、クォーターパイプのエアのようすです~~。


a0353718_15230695.jpg
もし、3月31日(土)当日、風が無く穏やかなコンディションだったら・・・、
「カフェ・スプリングバンク」のドリンクバーはこんな感じでテントを建てて
カウンターを作って、スペシャルビールやカクテルを販売する予定です!
なので皆さん、大勢でご来場下さい~。よろしくお願いします~~。
(画像はイメージです・・・。)

3月31日(土)は、Mt.乗鞍の
Relax & BBQへ集合で!!
よろしくお願いします!!






[PR]
# by springbk2 | 2018-03-26 07:41 | イベント | Comments(0)

ワイン 489

世間では、もうサクラの花見の季節なのですが、ここ乗鞍高原では、
まだまだスキーが出来る冬と春の境目の季節なのです~~。僕達は
花見ではないですが、また良いワイン飲んじゃいました~~。

「リヴァース・マリー、スーマ・ヴィンヤード」2012年です~!!
a0353718_20370188.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州の、一大ピノ・ノワール種の
銘醸地である「ソノマ・コースト」で造られるワインです!!

造り手は「トーマス・リヴァース・ブラウン」さんです!! 彼は現在最も
注目を集めている醸造コンサルタントで、カリフォルニア4大RP100点
満点を獲得している醸造家の一人で、しかも!ナパ・カベルネ史上最多
にして唯一の8度も【RP100点】を誇る「シュレーダー」を造る醸造家と
しても知られる人なのですっ!!! 彼が他にも携わるワイナリーは、
「ハンドレッド・エーカー」や、「ヘスタン」、「ジョーンズ・ファミリー」
「ホーベル」、「アウトポスト」なと、錚々たる超有名銘柄ばかりです!!
そのトーマスさんが、奥さんの「ジュヌヴィエーヴ・マリー・ウェルシュ」
さんと自分の名前を冠したプライベートレーベルのピノ・ノワールが、
この「リヴァース・マリー」なのですっ!!

このピノ・ノワールは、ソノマ・コースト地区の特に最高な畑「スーマ・
ヴィンヤード」の単一畑のブドウを使って造られます。この畑のブドウ
は、「ウィリアム・セリエム」、「ロバート・ミューラー」、「リトライ」と
最高のワイナリーに供給されている程のピノ・ノワールなのです!!
このワインは、その「スーマ・ヴィンヤード」のブドウを使って造られ、
新樽比率25%ほどのフレンチオーク樽100%の熟成です!!


この「リヴァース・マリー」は、「ワイン 413」の記事でも飲みました。
が、前回飲んだ広域の「ソノマ・コースト」と、ソノマ地区で最高の畑
である「スーマ・ヴィンヤード」では全く違うと言ってもいいぐらいに
格が違います!! そして奇才「トーマス・ブラウン」さんの自分自身
のプライベートレーベルのワインなのですっ!! こんなワインは
なかなかありません~。通常だと顧客リストの人だけしか買えない
ぐらいに生産量も少ないらしいです。これを今回は隊長であるK8が
また激安で購入してきたのでした~! いざ、オープンです~!!
a0353718_20370596.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!!
カリ・ピノ特有のイチゴやラズベリーヨーグルトのような乳酸菌飲料
系の果実感と甘さがあります! そして杉林のような感じや、オーク
樽由来のロースト香がほんのりとあり、とてもバランス良く、非常に
美味しいです!! 味わいもとっても滑らかで渋みと酸味が旨みの
中に溶け込んでいるかのようです~~。時間が経つとさらに甘みが
増してくるような感じもあり、それでいてブルゴーニュ系のピノの
ようなエレガントな複雑さも増してきて、とても美味しく昇華して
いきました~~!!

これは美味しいです!! 下手なネゴシアン系ブルゴーニュを買う
よりも同じ値段ならコチラの方がオススメですね~。でもちょっと
高いですぅ~・・・。

乗鞍高原でお泊りの夜に、こんな面白いワインを飲みませんか~?
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~!!
よろしくお願いします~~。(高級ワインはご予約下さい~。)






[PR]
# by springbk2 | 2018-03-25 07:36 | お店からのご紹介 | Comments(0)

春になって暖かくなってきたら、巷では「サクラの花見」だと思いますが、
僕たち「チーム・スプリングバンク」では、クライミングシーズンの始まり
なのです~~!! 僕たちには休むヒマはありませんっ!!・・・。
今シーズンも、マルチピッチ・クライミングで行きたいルートがあるので、
また新しくギアを1点買い足してしまいましたぁ~・・・。

「ブラックダイアモンド、キャメロットC4、0.75」です~!!
a0353718_19163705.jpg
クライミングをしている人は、良く使うギアの一つだと思いますが、
クライミングをしたことが無い人には、見た目だけでは何に使うのか
分からないようなギアの一つです。

これは「カム・デバイス」というクライミング用のギアです。これを
岩と岩の割れ目に挟んで、カラビナ(安全環)にロープを通して自分が
落ちないようにするプロテクションです。

「ブラックダイアモンド」の「キャメロット」シリーズは、カムヘッドの
軸が2軸のダブルアクスル機構になっていて、カムの広がり幅が広く、
落下したときの保持力も強いらしいです。そして使いやすいです!!


a0353718_19164292.jpg
今まで無かった0.75番を買って、これで僕もやっと、0.3番サイズから~
3番サイズまで一揃えが揃いました~~!! キャメロットC4 の他にも、
オメガパシフィックのリンクカムも少々ありますので、これで今シーズン
行きたいと思っているクラッシックルートへと挑戦したいと思います~。
またクライマーの皆さん、よろしくお願いします~~。


そして皆さん、乗鞍高原へ来たら「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています!お気軽にお立ち寄り下さい。よろしくお願いします~。




[PR]
# by springbk2 | 2018-03-24 07:15 | 趣味の部屋 | Comments(0)

昨日のブログでは、一昨日降ったパウダースノーの記事を書きました。
しかし昨日も、朝イチで起きてみたら、お店の入り口が埋まりそうな
ぐらいに雪が降り積もっていました~!!・・・。

2日連続の南岸低気圧
またパウダーキタ!!
a0353718_19573473.jpg
毎年、乗鞍高原では、3月の終わりになってからも、ドカ雪が降り積もる
のです!! そして今シーズンも、やはり!ドカ雪がキタのでした~!!
今回が、正真正銘のラストパウダーかも?!です~~。


a0353718_19574217.jpg
が、しかし!!、、、
シットリと重めの雪が屋根から落ちてきていて、入り口には山のような
雪が積もっていました!・・・。入り口には約1mほどの雪山になっていて
僕たちの行く手を思いっきり阻んでいたのでした!!・・・。


a0353718_19574812.jpg
しかし!!・・・、今シーズンのラストパウダーかも知れないこの機会を
逃したら、PJ=パウダージャンキーの名が廃る!という事で、僕達は
除雪を全て放っといて、先に車だけ掘り出してMt.乗鞍スノーリゾート
のカモシカ斜面へとパウダーを滑りに行っちゃいました~~!!


a0353718_19575338.jpg
僕たちの行く手を阻む雪山を無視して後回しにして、朝イチのリフトに
乗り込んで、まず最初はリフト線下のブッキーコースのパウダーへと
突っ込んでいきました~~。パウダー祭りの始まりですっ!!


a0353718_19575985.jpg
雪はシットリ激重だったのですが、そんな事はPJなスプリングバンクには
関係がありませんっ!! 雪が重いのでなかなかスピードに乗れませんが、
何とかスプレーを上げながら滑って行くことができました~~。


a0353718_19580403.jpg
そして、その後オープンしたカモシカ斜面へ上がって行きました~!!
カモシカ斜面はクリーミーパウダーに覆われていました!! これが、
今シーズン最後かも?知れない貴重なパウダーなので、慈しむように、
そして愛でるように(?)、思いっきり滑り込んで行きました~!!

a0353718_19580999.jpg
ブッファァ~~!!
膝~腿パウになれて、イイ感じのスプレーが上がっていったのでした~~。
シットリ重めの雪とか、薄パウとか、そんな事はPJな僕たちには関係が
ありません!! PJたる者、新雪だったら何でも好き嫌い無く頂きます!!
パウダースキーは、いつでもサイコーです~~!!


本当に今回が、今シーズン最後のパウダーなのか?!・・・。
標高の高い乗鞍なら、まだパウダーは降り積もってくれるのか?!・・・。
今シーズンのゲレンデも、あと残り僅かになってきていますが、
最後のパウダー滑りに、Mt.乗鞍スノーリゾートへ来て下さい~~。

PJな皆さん、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。帰りにでもお立ち寄り下さい~~。



[PR]
# by springbk2 | 2018-03-23 07:56 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)

昨日の早朝から雪が降り始めて、みるみる積もっていきました!!・・・。

巷ではサクラの花が開花してきて、気温も20℃を越えてきていたので、
もう今シーズンはパウダーを滑れないのか?!・・・。そう、半ば諦めて
いたのでした・・・。

が、しかし!、今年も、
ラストパウダーが来た!!
a0353718_10545089.jpg
昨日の朝イチにやっと降り始めだったのですが、8:30頃にはもう
薄っすらと白くなっていました~!!「カフェ・スプリングバンク」
の営業の用意(仕込み)をして、急いでスキーの用意を車に積んで、
Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデへと上がって行きました!・・・。


a0353718_10545664.jpg
朝イチのゲレンデには、薄っすらとではありますが、パウダースノー
が積もっていました~!! 久しぶりにパウダーに覆われたゲレンデ
が、何だかとてもキレイに見えました・・・。


a0353718_10550000.jpg
先週はとっても暖かくて、もう暑いぐらいだったので、ゲレンデは
所々ハゲかかっていたので、4月8日の来週日まで大丈夫か?!と
思いましたが、この新雪でまたリセットされていました~!!


a0353718_10550577.jpg
昨日の朝イチの積雪は、薄っすらとの5~10cm程だったのですが、
とても柔らかいクリーミーパウダーで、気持ち良かったです~!!
スプリングバンクN のテレマークターンも、水を得た魚のようでした~。


a0353718_11011973.jpg
そして僕は、もうスグ滑れなくなる「鳥居尾根ダウンヒルコース」を
中心に、未圧雪のチャレンジコースやアルペンコースへと落として
行って、なるべくパウダーが溜まっている箇所を探しながら滑って
いきました~~。 コチラもパウダーは15cmぐらい積もっていて、
とっても気持ちよかったですぅ~~!!!


a0353718_10550989.jpg
このブログは昨日書いたモノですが、昨日からの降雪は今日までは
降り続いていて、今日も朝イチからパウダー天国になっているハズ!!
皆さん!、「雪が降ったら、ノリクラパウダー!!」ですよ~~。


そして乗鞍に来たら「カフェ・スプリングバンク」へお立ち寄り下さい~。
よろしくお願いします~~。 ご来店お待ちしています~~!!







[PR]
# by springbk2 | 2018-03-22 07:54 | 乗鞍高原情報 | Comments(0)